FXチャート実践帳

クラッチ リバース (FX)

クラッチ リバース (FX)

1993/8/7 富根~二ツ井

Yahoo! JAPAN

オーディオのかたやAVアンプのかたは、大半、RCAピン-RCAピンのケーブルのはずです。機材の端子形状の把握をされたうえ、ご注文お願い致します。 プラグの種類一覧 .

  1. https://www.amazon.co.jp
  2. > フラッターケーブル-KYOTO-Gotham(ゴッサ.

Gothamゴッサムオーディオケーブル RCAペア (1.0m ペア)

  1. https://www.amazon.co.jp
  2. > フラッターケーブル-KYOTO-Gotham(ゴッサ.

Gothamゴッサムオーディオケーブル RCAペア (1.0m ペア)がRCAケーブルストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。

  1. https://bbs.kakaku.com
  2. > 掲示板
  3. > 家電
  4. > スピーカー
  5. > クチコミ

Gothamゴッサム)のケーブルについて - クチコミ掲示板

  1. https://bbs.kakaku.com
  2. > 掲示板
  3. > 家電
  4. > スピーカー
  5. > クチコミ

2010/9/23 - はじめまして。最近、手持ちのPCからPCオーディオを始めたルーラーシップ頑張れ!と申します。変な感じです。笑 トータル予算40万円程度でのシステム .

  1. https://www.navitime.co.jp
  2. > poi

シンセイゴッサムオーディオケーブル」(名古屋市港区 - NAVITIME

  1. https://www.navitime.co.jp
  2. > poi

シンセイゴッサムオーディオケーブルのスポット情報です。シンセイゴッサムオーディオケーブルの住所、電話番号、営業時間、地図などの情報を見ることができます。

B767-281のブログ

高校2年の1972年頃から鉄道写真、旅客機の写真は1980年代中盤から撮って来ましたが、それらのコレクションと日々刻々と変化する乗り物を追っかけ、写真を中心に載せているBlogです。興味のある方はお立ち寄り下さい。過去ログは年代別にupdateサイトから見ることが出来ます。また鉄道、航空機別にカテゴリーにも分かれて記事に辿り着くことが出来ます。

2020年5月20日 (水)

2019年8月の岡山・広島・鳥取・兵庫旅行 10 クラッチ リバース (FX) 津山まなびの鉄道館 展示車両 13 キハ33 1001

津山まなびの鉄道館の展示車両、最後は キハ33形 気動車です。

Dsc02292


2019/8/3 津山まなびの鉄道館

Dsc02293


キハ33形と聞いてすぐその出自が分かる方はかなりの気動車通、客車通、若しくは山陰本線沿線在住者ではないかと思います。

地方都市圏の旅客輸送用として使用されてきた車両は 1920年代から1960年代 製造の鋼製客車で客用扉の幅は狭く乗降に時間がかかり、かつ自動扉ではないため走行中に乗客や荷物が転落する危険性もありました。動力近代化の方針からは客車の新製は極力抑制し、電車化、気動車化すべきでしたが、貨物輸送量の減少で機関車の余剰が発生していたこともあり、これらを有効活用するために普通列車用として新製されたのが クラッチ リバース (FX) 50系客車 (オハ50、オハフ50、オハ51、オハフ51、マニ50、スユニ50)でした。
1977年 から開発がスタートし、 1978年3月 、筑豊本線・芸備線で運用が開始されました。 1982年 までに953両が製造され、 1983年 時点では34区所に配置されました。
しかし、その後は急行列車の削減等で余剰となった急行電車、急行気動車車両がローカル列車に転用され、車齢5年ほどの車両が余剰になるケースが発生しだしました。

50-930807-edit


1993/8/7 富根~二ツ井

最初に50系客車を気動車に改造したのがJR西日本のキハ33形でした。改造は 1988年 で後藤車両所が手がけ、オハ50 5とオハ50 6を種車にキハ33 1001,1002の2両が竣工しました。エンジンは新潟鐵工所製のDMF13HS(250ps)、台車は廃車発生品のDT22、TR51を履き、変速機も廃車発生品のTC2A・DF115Aを搭載しました。
JR西日本では改造内容が多く、コストがかさむこと等で改造は2両に留まりました。
米子運転所に配置され境線の普通列車、伯備線・山陰本線(生山~伯耆大山~米子間)の普通列車として運用されましたが、 2003年10月 のダイヤ改正で定期運用から外れ予備車となりました。
2004年8月頃 、西鳥取車両支部に転配され、 キハ47 とペアで山陰本線浜坂~鳥取間普通列車として運用される日々を送りました。 2010年3月13日 のダイヤ改正で定期運用から退き、 同年3月30日 付で廃車となりました。

1412-020825


2002/8/25 札幌 キハ141-2他

JR北海道では余剰となった50系客車オハフ51にDMF13HSエンジン(250ps/2000rpm)を搭載した キハ141形 、 キハ142形 さらに出力増強タイプのN-DMF13HZDエンジン(450ps/2000rpm)を搭載した キハ143形 が誕生しました。尤も、北海道では1960年代初頭に気動車不足を補うために鋼体化客車オハ62形にDMH17エンジンを搭載した キハ40形、キハ45形 (いずれも初代)後に キハ08、キハ09 に改められた車両がいました。

2017年7月11日 (火)

秋田旅行 車両個別編 高頻度輸送のための701系 基本番台

秋田駅で撮影した車両シリーズ、今回は奥羽本線、羽越本線の旅客輸送を担う 701系 電車基本番台の話題です。

Ed75_786_7903

1979/3 鶴形~東能代

国鉄時代、奥羽本線や羽越本線のローカル列車には 1920年代から1960年代 にかけて製造された「雑客」と言われた旧形客車が使用されていました。これらの旧形客車は製造されて20年、40年が経過し、老朽化、陳腐化が進み、乗客の不評は顕在化し、さらに自動扉を持たないことから乗客や荷物の転落する危険性があり、保安上問題となっていました。

Ed75_745_rt


動力近代化計画には矛盾するものの、機関車の余剰問題や、労働組合の反対(組合は余剰人員が発生するので電車化/気動車化には反対していました)などや、動力装置の不要から客車は低コストで製造可能なことで、 1977年 からは新系列客車として 50系客車 が製造され、従来の旧形客車を置き換えました。

701_n1_151221_4

2015/12/21 千刈踏切

701_n2_170702

2017/7/2
N1とN2編成はN-1,N-2とハイフン入りの編成標記となっています。

こういった客車列車の置き換えを目的として、2,3,4両編成を単位とし、JR東日本の交流区間の標準車両して 1993年から2001年 まで製造されたのが 701系 です。

701_n11

2015/12/22 蟹田 N11編成 川崎重工の特徴的な妻面

701_n28_170702_7

2017/7/2 N28編成

701_n11_151222

2015/12/22 クラッチ リバース (FX) 青森 N11編成車内の様子 トイレはクハに設置されています。

701_n28_170702_2

<電源・制御方式>
架線からの単相交流20 kVを主変圧器で降圧した上で、主変換装置で直流に整流、その後三相交流に変換して主電動機を制御するVVVFインバータ制御方式です。
主電動機は新開発のかご形三相誘導電動機MT65形 (125 kW) を搭載、209系のものを基本としましたが、小型軽量化され、耐雪構造となりました。主変換装置はパワートランジスタ (PTr) 素子 VVVF クラッチ リバース (FX) クラッチ リバース (FX) インバータを搭載し、GTO素子の209系と同様の制御方式です。補助電源装置には、0番台では電動発電機となっています。

701_n14_101023_2

2010/10/23 弘前 N14編成

701_n38_170630_2

2017/6/30 N38編成

2013年4月24日 (水)

1974,1975 北海道へ 9 50系客車

50系客車は国鉄が主に地方都市圏の通勤・通学時間帯の普通列車に使用する目的で、 1977年 より設計・製作した一般形客車の系列です。その塗装から「 レッドトレイン 」とも称されていました。

50_930807_2

ED75 700に牽引される奥羽本線普通列車 1993/8/7 富根~二ツ井

本州以南用の 50形 と、北海道用の 51形 がありますが、基本的な構造、仕様は同一です。

1970年代前半 まで、地方都市圏の旅客輸送には 1920年代から1960年代 にかけて製作された鋼製客車が多く使用されていました。これらの車両は優等列車の電車化や気動車化および 12系客車 の登場によって転用されたもので、製造後20年から40年以上を経て老朽化、陳腐化が進行していました。自動扉をもたないことから走行中でも客用扉を開閉できるため乗客や荷物が転落する危険があり、保安上の問題となっていました。

50_930807_2_2

地方部の通勤・通学時間帯に多く運転されていた比較的長編成の客車普通列車の置き換え用として、1両当たりの製造コストが気動車や電車よりも格段に安かったため、余剰の電気機関車やディーゼル機関車を有効活用し、輸送力増強やサービス改善を低コストで行うために客車の新形式を開発する方針が採られました。

レッドトレイン 1993/8/7 鶴形~富根

最初の車両は 1977年-1978年 に製造され、筑豊本線・芸備線・東北本線(仙台地区)などの線区で、特に朝夕のラッシュアワーに使用されました。製造は クラッチ リバース (FX) クラッチ リバース (FX) 1982年 まで続き、同様の条件の他の交流電化区間や非電化区間にも投入されました。 1979年 には鉄道友の会よりローレル賞を授与され、オハフ50 1の車内に記念プレートが取付けられました。

50_911112


DE10重連に牽引されて青森駅に入線する快速「海峡」編成 1991/11/12

50_911112_2

国鉄末期以降、各地で「短編成・高頻度」型のフリークエント・ダイヤへの転換が相次ぐと、折り返し駅で機関車を付け替える必要がない電車・気動車への転換が進み、客車列車の本数は著しく減少しました。また、急行列車の大幅な縮小によって余剰となった急行型車両が普通列車に転用されたため、 1986年11月 のダイヤ改正では早々と余剰車が発生しました。 それらは開通目前の津軽海峡線向けに転用されることになり、国鉄時代末期に転用改造が行われて函館運転所に転属しました。

青森を発車してゆく快速「海峡」 1991/11/12

JR移行直後、四国配置車に早くも大量の余剰車が発生する状況になり、他社においても徐々に余剰化が進行しました。一部の車両が キハ141系・キハ33形 への改造に充てられた以外は転用されず、 1989年 以降淘汰が進みました。 1992年4月1日 には高徳線の普通列車が全列車気動車化され、JR四国管内での本系列の定期運用は消滅し、東日本地区でも 1993年6月23日 に羽越本線(酒田駅 - 秋田駅間)の普通列車がすべて電車化され、 同年12月1日 には、奥羽本線(新庄駅 - 秋田駅間・追分駅 - 青森駅間)、八戸線の本系列および12系客車を使用した普通列車はすべて701系電車と気動車に置き換えられました。 1997年3月22日 のダイヤ改正で山陰本線から12系客車の普通列車運用を終了したことにより、JRグループでの客車による普通列車は津軽海峡線の快速「海峡」とJR九州管内の一部のみとなりました。 2001年10月6日 に筑豊本線の折尾駅 - 桂川駅間(福北ゆたか線)が交流電化されたことによって50形客車の運行を終了することとなり、直方車両センター配置の14両は12系客車12両とともにすべて廃車となり、一般仕様車はこれを最後にすべて廃車となっています。

快速「 海峡 」が最後の定期列車でしたが、 2002年11月30日 で廃止になり、定期列車の運用は消滅しました。現在、JRグループの路線で営業運転に使用される車両はJR北海道の「ノロッコ号」、JR九州の「SL人吉」号など、観光を主目的とした不定期の列車に限られています。

客用扉は、幅を1,000mmに拡大した片引戸で半自動操作も可能な自動扉としました。ドアエンジンを動作させる圧縮空気は、空気圧を供給する空気圧縮機やその動力源も搭載されていないため、機関車から元空気溜管(Main Reservoir Pipe:MRP)を介して供給する必要があります。このため牽引用機関車は、AREBブレーキに改造された20系客車やCLEブレーキと空気ばねを備える 10000系高速貨車 などと同様、MRPへの空気圧供給が可能なタイプに限定され、しかも旧形客車と混結する際には、旧形客車はブレーキ管(Brake Pipe:BP)と蒸気暖房用の蒸気管や電気暖房用の給電回路のみ引き通し、客用扉操作用回路や車内放送用回路とMRPの引き通しがないため、編成中で50系車両を機関車に続けて連結し、50系の車掌室・業務用室から自動扉を一括操作する必要がありました。扉の操作回路には、車軸からの速度検出による戸閉保安装置が追加されています。なお、車内のサービス用電源は従来通り各車に搭載された車軸発電機と蓄電池を用ています。

オハ50形
編成の中間に組成する座席普通車で、 1978年- 1982年 に335両 (オハ50 1 - オハ50 335) が製作されました。

オハフ50形
前位側に業務用室、後位側に専務車掌室をもつ緩急車で、トイレも備えました。 1978年-1982年 に488両 (オハフ50 1 - オハフ50 488) が製作されました。 主に列車の最前部、最後部に連結されるほか、自動ドア等客扱いの利便性のため編成中間に連結されることもありました。

50_911112_3


50系客車4両編成 1991/11/12 青森

1979年 までに製作された初期車 (1 - 10) は、車体側面の戸袋窓が小型で、オハフ51形では床下水タンクの装架位置が異なりました。札幌圏で運用した車両には、機関車に出発合図を送るためのブザー回路が追加されました。

オハ51形(二代)
編成の中間に組成する座席普通車で、 1978年-1982年 に62両 (オハ51 1 - オハ51 62) が製作されました。

オハフ51形 クラッチ リバース (FX) クラッチ リバース (FX)
車掌室をもつ緩急車で、 1978年-1982年 に68両 (オハフ51 1 - オハフ51 68) が製作されました。

マニ50形
老朽化したマニ60形・マニ36形など旧形車の置き換え用として開発された荷物車で、 1977年-1982年 に236両 (マニ50 2001 - マニ50 2072・マニ50 2101 - マニ50 2264) クラッチ リバース (FX) が製作されました。乗務員室扉は車体前後に設けられ、各々に車掌室と業務用室を配しました。荷重は14tで、外部塗色は青15号です。全車が電気暖房装置を備え、番号は2000番台を付番しました。 1979年 製からはブレーキシリンダの配置など細部が変更され、番号を2101以降として区別しました。 1986年 に鉄道荷物輸送が廃止されたことで本来の荷物車としての用途はなくなり、製造年が新しいにもかかわらず大量に廃車となりましたが、「 MOTOトレイン 」(乗客とバイクを同時に輸送する、いわゆるバイクトレイン)用や、救援車の代用としてJR旅客6社に63両が承継されました。しかし現在までにバイクトレインはすべて廃止され、営業運転に使用されることはほとんどありません。現在使用頻度の高い車両は、工場入出場時の控車として使用されるごく一部である。 特異なものとして、24系客車の電源車マニ24形500番台への改造車・「 リゾートエクスプレスゆう 」用電源車への改造車が存在します。

50_2186_911101

「リゾートエクスプレスゆう」用電源車として現在も現役のマニ50 2186 クラッチ リバース (FX) 1991/11/3 水戸

スユニ50形
スユニ60形などの旧形郵便・荷物合造車を置換えるため計画された郵便荷物合造車で、 1978年-1981年 に80両 (スユニ50 2001 - スユニ50 2063・スユニ50 501 - スユニ50 517) が製作されました。 台枠も含めて車体は完全に新製されましたが、台車のTR47および自動連結器一式は廃車となったスハ43形やスハネ16形などから流用したもので、名義上は新製ではなく、種車になった車両の改造扱いです。 本州以南用の0番台と北海道用の500番台があります。0番台は全車電気暖房を備えており、番号は2000番台となっています。外部塗色は青15号です。 技術力の維持と向上をはかるため、本形式はすべて国鉄工場で施工しています。当初は100両改造される計画でしたが、郵便・荷物輸送の低迷により80両に下方修正されました。 1986年 の郵便・荷物輸送の廃止とともに大部分が廃車されており、JRへの承継は北海道3両、東日本4両にとどまりました。現存している車両は北海道・東北で救援車代用として配置されています。

「日本海モトとレール」用マニ50形
1988年 、大阪 - 函館間の寝台特急「日本海」でツーリング客向けに夏季期間中に限りオートバイの輸送を実施するため、宮原客車区(現・宮原総合運転所)マニ50形2両を改造したもの。 車内にオートバイの緊結装置を取付けたほか、特急列車に連結することからブレーキ装置を改良し110km/h走行対応化も実施されました。そのほか、電照式の愛称表示器が貫通路に設置されています。このバイク輸送列車は当初は「日本海モトトレイン」と称していたが、のちに「モトトレール」→「モトとレール」と改められています。 1998年 シーズンを最後に「日本海モトとレール」が運転中止となり、翌 1999年 に廃車となりました。 マニ50 2230・マニ50 2256→マニ50 5001・マニ50 5002

2424_930807_1


24系24形 寝台特急「日本海」の最後尾にぶら下がるモトトレイン用に改造された車輌 1993/8/7 鶴形~富根

50形5000番台 青函トンネルを含む津軽海峡線の快速「海峡」(青森 - 函館)用として改造された車両です。改造工事は 1987年 のJR発足以前にすべて完了し、JR北海道が全車を承継しました。 クラッチ リバース (FX) 側面窓は固定式の大型一枚複層窓に交換され、外部塗色は青色地に白帯の塗装に変更されました。車内には青函トンネル内での現在位置を表示する装置を取り付け、座席は全席とも新幹線0系電車の廃車発生品の転換クロスシートに取り替えられました。AU13AN分散式冷房装置を5基屋根上に搭載しました。電源は ED79形電気機関車 が備える電気暖房用電源を冷房用電源として兼用し、自車に冷房用電源装置は装備しません。このため改造種車はすべて電気暖房装置付き車両です。 津軽海峡線内での高速運転に備えてブレーキ装置の改良が実施され、最高速度110km/hでの走行に対応しています。

50_911112_3_2


上の写真の続きのショットですが、画面をよく見ると当時の青森駅に集まるメンバーがよく見えます

快速「海峡」の増発対応として 1990年 に51形を改造した車両です。塗装や車内は50形5000番台とほぼ同等ですが、オハフ51形にはトイレ対向部にベビーベッドを設けて、乳児の世話に対応しました。 当初は冷房装置を搭載していませんでしたが、のちにAU51集約分散式冷房装置を2基屋根上に搭載しました。50形5000番台と同じく機関車から給電される電気暖房用電源を冷房用電源としても用いるため、暖房は電気暖房式に改造されました。 台車やブレーキ装置も当初は改造がなされず最高速度95km/hのままでしたが、 1996年から1997年 にかけて、オハ51形は、台車を14系客車の廃車によって生じたTR217CまたはTR217Dに置き換え、オハフ51形はTR230の改造とブレーキ装置の改良により、最高速度が110km/hに引上げられました。 オハ51形はカーペット車に改造された際に後位側客扉が閉鎖されました。

インプラント

世界水準のインプラント 世界トップレベルのニューヨーク大学インプラント科に学び、CDEプログラムを卒業したドクターが世界水準のインプラント治療を行います。 専門的な技術を持った医師 IOCI 国際インプラント学会認定医が在籍しています。 インプラント30年以上の経験、症例3000本以上の実績 インプラントに置いて熊本では草分けで、30 年前以上前から、インプラント治療に取り組んでいます。症例は3000 本以上の実績があります。 最小限に抑えた料金 CTを使い、コンピューターシミュレーションなどの先端機器と、しっかりした技術でコストを抑えた適正料金です。 顎の骨が十分でなくても可能に 骨の状態が十分でない場合でも、技術によって骨の量と質を補う土台を作り、インプラント治療を行える手術も可能です。骨の状態が十分でないからインプラント治療は無理だと諦めずにご相談ください。

こんな方におすすめ

歯が抜けてしまった

健康な歯を削りたくない

見た目が自然で
美しい歯に戻したい

入れ歯が合わない

自分の歯と同じように
食べ物を食べたい

インプラントとは

虫歯や歯周病(歯槽膿漏)または、事故などの外傷によって歯を失うことがあります。
歯を失った場合に、インプラントを埋め、そのインプラントに義歯を付ける方法がインプラント治療です。
インプラント治療は1 本の歯の場合から全部の歯がなくなった場合まで、適用可能な治療方法です。

歯が抜けてしまった状態からインプラント治療後へ

インプラントの
メリット

  • 自分の歯と同じ感覚で食べ物が噛め、味や食感をしっかり感じ取ることができる。
  • 部分治療の場合、周囲の歯を傷つけない。
  • 天然の歯と変わらない自然な印象に仕上がる。
  • 顎の骨に力を加えるので、顎の骨が痩せてしまうのを防ぐ効果が期待できる。
  • 天然の歯と同じように通常の歯磨きなどのメンテナンスでOK。
    (歯科医での定期的なメンテナンスは必要)

無くしてしまった歯を補う方法には、インプラントを含めて次の3つの方法があります。

  • 入れ歯
  • 両サイドの歯を削って固定式の歯を入れるブリッジ
  • インプラント

インプラントのデメリット

ブリッジのデメリット

  • □両隣の歯にかかる負担が50%程度増える。
  • □両隣の2本の歯に3本分の噛み合わせの力が加わることになり、5年の間に70%のブリッジが何らかの問題が起きる確率が高くなる。
  • □両隣の歯を削って被せることで、被せた歯が二次的な虫歯になったり、冷たい水などでしみたりすることがある。
  • □歯同士がつながっているため、掃除がしにくくなり、前後の歯にトラブルが起こる確率が高くなる。

ブリッジ

ブリッジ

入れ歯のデメリット

  • □取り外して清掃しなければならない。
  • □バネと歯の間に汚れが付着しやすいので、前後の歯が悪くなりやすい。
  • クラッチ リバース (FX)
  • □バネで前後の歯に固定するので、取り外しの際に他の歯に負担をかけてしまう。
  • □食べるときに違和感があったり、噛みにくかったりする。
  • □天然の歯に比べた場合、入れ歯は噛む力が 1/5 ~ 1/10 程度だと言われています。

部分入れ歯

部分入れ歯

総入れ歯

総入れ歯

インプラント

世界水準のインプラント 世界トップレベルのニューヨーク大学インプラント科に学び、CDEプログラムを卒業したドクターが世界水準のインプラント治療を行います。 専門的な技術を持った医師 IOCI 国際インプラント学会認定医が在籍しています。 インプラント30年以上の経験、症例3000本以上の実績 インプラントに置いて熊本では草分けで、30 年前以上前から、インプラント治療に取り組んでいます。症例は3000 本以上の実績があります。 最小限に抑えた料金 CTを使い、コンピューターシミュレーションなどの先端機器と、しっかりした技術でコストを抑えた適正料金です。 顎の骨が十分でなくても可能に 骨の状態が十分でない場合でも、技術によって骨の量と質を補う土台を作り、インプラント治療を行える手術も可能です。骨の状態が十分でないからインプラント治療は無理だと諦めずにご相談ください。

こんな方におすすめ

歯が抜けてしまった

健康な歯を削りたくない

見た目が自然で
美しい歯に戻したい

入れ歯が合わない

自分の歯と同じように
食べ物を食べたい

インプラントとは

虫歯や歯周病(歯槽膿漏)または、事故などの外傷によって歯を失うことがあります。
歯を失った場合に、インプラントを埋め、そのインプラントに義歯を付ける方法がインプラント治療です。
インプラント治療は1 本の歯の場合から全部の歯がなくなった場合まで、適用可能な治療方法です。

歯が抜けてしまった状態からインプラント治療後へ

インプラントの
メリット

  • 自分の歯と同じ感覚で食べ物が噛め、味や食感をしっかり感じ取ることができる。
  • 部分治療の場合、周囲の歯を傷つけない。
  • 天然の歯と変わらない自然な印象に仕上がる。
  • 顎の骨に力を加えるので、顎の骨が痩せてしまうのを防ぐ効果が期待できる。
  • 天然の歯と同じように通常の歯磨きなどのメンテナンスでOK。
    (歯科医での定期的なメンテナンスは必要)

無くしてしまった歯を補う方法には、インプラントを含めて次の3つの方法があります。

  • 入れ歯
  • クラッチ リバース (FX)
  • 両サイドの歯を削って固定式の歯を入れるブリッジ
  • インプラント

インプラントのデメリット

ブリッジのデメリット

  • □両隣の歯にかかる負担が50%程度増える。
  • □両隣の2本の歯に3本分の噛み合わせの力が加わることになり、5年の間に70%のブリッジが何らかの問題が起きる確率が高くなる。
  • □両隣の歯を削って被せることで、被せた歯が二次的な虫歯になったり、冷たい水などでしみたりすることがある。
  • □歯同士がつながっているため、掃除がしにくくなり、前後の歯にトラブルが起こる確率が高くなる。

ブリッジ

ブリッジ

入れ歯のデメリット

  • □取り外して清掃しなければならない。
  • □バネと歯の間に汚れが付着しやすいので、前後の歯が悪くなりやすい。
  • □バネで前後の歯に固定するので、取り外しの際に他の歯に負担をかけてしまう。
  • □食べるときに違和感があったり、噛みにくかったりする。
  • □天然の歯に比べた場合、入れ歯は噛む力が 1/5 ~ 1/10 程度だと言われています。

部分入れ歯

部分入れ歯

総入れ歯

総入れ歯

HOT WIRED[ホットワイヤード]

HOT WIREDは、見かけだけではない、ワンランク上のトータルカーオーディオカスタムを実現します! どんなにきれいですごいカスタム車両でも、普通に乗れない物はただの置物です。
"乗れて、使えて、実際に役に立つ"というスタンス。
マシンとオーディオパーツを知り尽くしたホットワイヤードは、「ただの飾りじゃない、日常の利用を考慮した上で最高品質のカーオーディオカスタムご提供」を信条としております。
カーAVはもちろん、セキュリティやビッグスクーターやバイクへのオーディオカスタム、ネオン&LEDのインストールなど、先進の機器とアイデアをふんだんに盛り込んで、お客様の夢を実現します。
ただカーオーディオを取り付けるだけでなく、カーオーディオの性能を存分に出し切るカスタムご希望の方、ぜひホットワイヤードにお任せ下さい!

ホットワイヤード(HOT WIRED) -NAGOYA 052MOTORING-

* 〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1丁目-424
* TEL:052-355-9669
* FAX:052-355-9449
* E-Mail:[email protected]

ハイテクカーオーディオカスタムを実現する ホットワイヤード

愛知県名古屋市のカーオーディオカスタムプロショップ

輸入車からビッグスクーターまで

乗れて、使えて、実際に役に立つ

ホットワイヤードのスタンスは「乗れて、使えて、実際に役に立つ」
ただ取り付けるだけ、ただ音を出すだけではなく、オーディオ機器の性能を存分に出し切るための職人的こだわりで、多くのお客様に満足いただいております。

※カーオーディオカスタム/修理/車検などでおクルマをお預かりする際には、「無料」で代車を貸し出ししておりますのでご安心ください。全車ETC付き。(バイクも代車あります。)

画像:カーオーディオカスタム-あなたのクルマに全てのメディアを-

カーオーディオカスタムコンテンツ

画像:バイクオーディオカスタム-五感で感じるバイクを楽しもう-

バイクオーディオカスタムコンテンツ

ホットワイヤードからのお知らせ

クラッチ リバース (FX)
【ホットワイヤードの新商品/オリジナル商品】追加!
ヘッドライトのくもり/黄ばみ取り&コーティング

黄ばんでしまいダサダサなヘッドライト。
線傷もいっぱい、最初のコーティングの剥がれも目立つ。
そんなお悩みをお持ちの方はぜひご相談ください!
【ホットワイヤードの新商品/オリジナル商品】追加!
クルマのフロントガラスの油膜とり(ウロコとり/油膜除去)&撥水処理

市販のガラスクリーナー等ではきれいに落ちない油膜(ウロコ)を、プロの技術にてきれいに除去!
しっかり油膜除去後に撥水処理を行うので、抜群の効果!
車のフロントガラスの油膜にお悩みの方はぜひホットワイヤードへ!
クラッチ リバース (FX) 【ホットワイヤードの新商品/オリジナル商品】追加!
ツイーター埋込加工

ホットワイヤードでは、 ツイーター(高音用スピーカー)を理想的な角度に,カッコ良く取り付ける事ができます!
「加工/取り付けのみ」のご依頼も承っております。ぜひご相談ください!
ブログを引越ししました
オフィシャルブログを引越ししました!
メニュータブの「ブログ」、下の「最新ブログ記事」よりご覧いただくことが出来ます。
ホットワイヤードのホットニュースはブログでチェック!
夏季休業のお知らせ
毎度格別のご愛顧を賜りありがとうございます。
誠に勝手ながら、下記の期間休業とさせて頂きます。
夏季休業日:8/29(水)~8/31(金)
休業期間中はご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。
お客様車両の雑誌掲載情報を更新

HOT WIREDのリニューアルした店舗が,カスタムスクーターvol103 (2012年1月号)に掲載されました!

HOT WIREDのオーディオカスタム製作車両のカマロ(オーナー福富様 )が, カーオーディオマガジンvo82 (2011年11月号)に掲載されました!

業務拡張に伴い、下記住所へ移転いたしました。従来にもまして、ご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。皆様のご来店を心よりお待ちしております。
〒455-0801
愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1丁目-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

HOT WIREDの製作車両のシーマ(オーナーうらじー様 )が, 2011年5月号の痛車グラフィックスの表紙になっています!

HOT WIREDの製作車両のACR30 エスティマ(オーナー梶原様 )が, 2010年2月号のスタイルワゴンクラブの表紙になっています!
オレンジ色のエスティマを目印です。

フォトギャラリー新着情報

クラッチ リバース (FX)クラッチ リバース (FX) クラッチ リバース (FX) クラッチ リバース (FX) クラッチ リバース (FX)
[四輪・二輪]アルバムギャラリー更新
ホットワイヤードが手がけたカーオーディオカスタムカー(クラッチ リバース (FX) シボレー アバランチ)をギャラリーにアップしました。
[イベント]NAGOYA オートトレンド2013の様子をUP
2013年3月2日・3日にポートメッセなごやで行われていた「NAGOYA AUTOTREND2013」の様子を画像ギャラリーにupしました。
イベントページの2013年イベント「NAGOYA AUTOTREND2013」の欄をご覧下さい。
[イベント]BANGKOK MOTORCYCLE EXPO2012の様子をUP
2012年11月28日~12月6日まで、「BANGKOK MOTOR EXPO2012」と同時開催されていたバイクのイベント「BANGKOK MOTORCYCLE EXPO2012」の画像をギャラリーにupしました。
イベントページの2012年イベント「BANGKOK MOTOR EXPO2012」の欄をご覧下さい。
[イベント]BANGKOK クラッチ リバース (FX) MOTOR EXPO2012の様子をUP
2012年11月28日~12月6日まで、バンコクで行われている「BANGKOK MOTOR EXPO2012」を視察しましたので、その様子を画像ギャラリーをupしました。
イベントページの2012年イベント「BANGKOK MOTOR EXPO2012」の欄をご覧下さい。
クラッチ リバース (FX) [店舗]スタイルワゴンクラブ取材風景のフォトをUP
スタイルワゴンクラブ取材風景の画像をupしました。
「メディア収録・取材風景」ページの「2012年11月15日」欄の番組・雑誌名【雑誌「スタイルワゴンクラブ」】をクリックしてください。
[店舗]当店木工室のフォトをUP
当店の「木工室」の画像をupしました。
ホットワイヤード店舗ページの「作業ガレージ」欄にある、木工室画像下にフォトギャラリーへのリンクがあります。ご覧下さい。
[イベント]鈴鹿サーキット フルコースの様子をUP
2012年10月29日と11月8日の「鈴鹿サーキットフルコース」の画像ギャラリーをupしました。
イベントページの2012年イベントの各日付の「鈴鹿サーキット フルコース」の欄をご覧下さい。
[イベント]2012 SEMA show Las Vegasの様子第2弾「12.11.3 SEMA SHOW2012」をUP
2012年10月30日~11月2日にアメリカ・ラスベガスで行われた「SEMA show Las Vegas」の第2弾画像ギャラリーをupしました。
イベントページの2012年イベント「SEMA show Las Vegas」の欄をご覧下さい。
[四輪・二輪]アルバムギャラリー更新
ホットワイヤードが手がけたカーオーディオカスタムカー(三菱 コルト)をギャラリーにアップしました。
[四輪・二輪]アルバムギャラリー更新
ホットワイヤードが手がけたカーオーディオカスタムカー(日産 キューブ)をギャラリーにアップしました。
[四輪・二輪]アルバムギャラリー更新
ホットワイヤードが手がけたカーオーディオカスタムカー(ダイハツ タント)をギャラリーにアップしました。
[四輪・二輪]アルバムギャラリー更新
ホットワイヤードが手がけたカーオーディオカスタムカー(アウディ TTクーペ)をギャラリーにアップしました。
[イベント]2012 SEMA show Las Vegasの様子第1弾「2012 BUELL EBR 1190RS ERIK BUELL RACING 新型ビューエル」をUP
2012年10月30日~11月2日にアメリカ・ラスベガスで行われた「SEMA show Las Vegas」の第1弾画像ギャラリーをupしました。
イベントページの2012年イベント「SEMA show Las Vegas」の欄の「2012 BUELL EBR 1190RS ERIK BUELL RACING 新型ビューエル」をご覧下さい。
[イベント]BMW MOTORRAD DAYSの様子をUP
2012年8月25日~26日に行われた「BMW MOTORRAD DAYS」の画像ギャラリーをupしました。
イベントページの2012年イベント「BMW MOTORRAD DAYS」の欄をご覧下さい。
[イベント]東京オートスタイル2012の様子をUP
2012年8月4日~5日に行われた「東京オートスタイル2012」の画像ギャラリーをupしました。
イベントページの2012年イベント「東京オートスタイル2012」の欄をご覧下さい。
[イベント]鈴鹿フルコースの様子をUP
2012年8月2日の「鈴鹿フルコース」の画像ギャラリーをupしました。
イベントページの2012年イベント「鈴鹿フルコース」の欄をご覧下さい。
[イベント]ACG中部2012の様子をUP
2012年7月1日に行われた「ACG中部2012」の画像ギャラリーをupしました。
イベントページの2012年イベント「ACG中部2012」の欄をご覧下さい。
[イベント]バンコク・インターナショナル・オートサロン2012の様子をUP
2012年6月26日~7月1日にタイで行われた「バンコク・インターナショナル・オートサロン2012」の画像ギャラリーをupしました。
イベントページの2012年イベント「Bangkok International Auto Salon 2012」の欄をご覧下さい。
[四輪・二輪]アルバムギャラリー更新
ホットワイヤードが手がけたカーオーディオカスタムカー(ダイハツ コペン)をギャラリーにアップしました。
[四輪・二輪]アルバムギャラリー更新
ホットワイヤードが手がけたバイクオーディオカスタムカー(2007年式 CBR1000RR)をギャラリーにアップしました。
[四輪・二輪]アルバムギャラリー更新
ホットワイヤードが手がけたカーオーディオカスタムカー(ホンダ ステップワゴン)をギャラリーにアップしました。
[四輪・二輪]アルバムギャラリー更新
ホットワイヤードが手がけたカーオーディオカスタムカー(トヨタ マークⅡ)をギャラリーにアップしました。
[四輪・二輪]アルバムギャラリー更新
ホットワイヤードが手がけたカーオーディオカスタムカー(トヨタ プリウス)をギャラリーにアップしました。
[四輪・二輪]アルバムギャラリー更新
ホットワイヤードが手がけたカーオーディオカスタムカー(日産CUBE)をギャラリーにアップしました。
[イベント]名古屋オートトレンド2012の様子をUP クラッチ リバース (FX)
2012年3月3日~4日に行われた「名古屋オートトレンド2012」の画像ギャラリーをupしました。
イベントページの2012年イベント「NAGOYA AUTO TREND2012」の欄をご覧下さい。
[四輪・二輪]アルバムギャラリー更新
ホットワイヤードが手がけたカーオーディオカスタムバイク(ヤマハドラッグスター400)クラッチ リバース (FX) をギャラリーにアップしました。各画像に関する説明は順次追記していきます。
[四輪・二輪]アルバムギャラリー更新
ホットワイヤードが手がけたカーオーディオカスタムカー(トヨタbB)をギャラリーにアップしました。各画像に関する説明は順次追記していきます。
[四輪・二輪]アルバムギャラリー更新
ホットワイヤードが手がけたカーオーディオカスタムカー(トヨタクラウンマジェスタ)をギャラリーにアップしました。各画像に関する説明は順次追記していきます。
[イベント]名古屋オートトレンド2011の様子をUP
2011年3月5日~6日に行われた「名古屋オートトレンド2011」の画像ギャラリーをupしました。
イベントページの2011年イベント「NAGOYA AUTO TREND2011」の欄をご覧下さい。
[四輪・二輪]アルバムギャラリー更新
ホットワイヤードが手がけたカーオーディオカスタムカー(ボルボ、アコード)をギャラリーにアップしました。各画像に関する説明は順次追記していきます。
[イベント]東京オートサロン2010
2010年1月15日~17日に行われた「東京オートサロン2010」の画像ギャラリーをupしました。
イベントページの2010年イベント「東京オートサロン2010」の欄をご覧下さい。
[四輪・二輪]アルバムギャラリー更新
ホットワイヤードが手がけたカーオーディオカスタムカー、カーオーディオカスタムバイクギャラリーを更新中。各画像に関する説明は順次追記していきます。
[イベント]X5(クロスファイブ)名古屋2009
2009年12月19日・20日に行われた「X5名古屋2009」の画像ギャラリーをupしました。
イベントページの2009年イベント「X5名古屋2009」の欄をご覧下さい。
[イベント]ACG2009 in 中部
2009年7月12日に行われた「ACG2009 in 中部」の画像ギャラリーをupしました。
イベントページの2009年イベント「ACG2009 in 中部」の欄をご覧下さい。
[四輪]シボレーカマロ Z28(オーナーF様)のカーオーディオカスタム画像を公開
2002年式35thアニバーサリーモデル シボレーカマロ Z28のカーオーディオカスタムのギャラリー画像をご覧いただけます。
[四輪]BMW MINI(オーナー金田様)のカーオーディオカスタム画像を公開
BMW MINIのカーオーディオカスタム第1弾のギャラリー画像をご覧いただけます。
[イベント]金沢ドリームカーショー2009の様子をUP
2009年5月16日~17日に行われた「金沢ドリームカーショー2009」の画像ギャラリーをupしました。
イベントページの2009年イベント「金沢ドリームカーショー2009」の欄をご覧下さい。
[イベント]名古屋オートトレンド2009の様子をUP
2009年3月6日~8日に行われた「名古屋オートトレンド2009」の画像ギャラリーをupしました。
イベントページの2009年イベント「NAGOYA AUTO TREND2009」の欄をご覧下さい。
[イベント]08’CROSS FIVE vol,クラッチ リバース (FX) 14の様子をUP
2008年12月6日~7日に行われた「08’CROSS FIVE vol,14」の画像ギャラリーをupしました。
イベントページの2008年イベント「08’CROSS FIVE vol,14」の欄をご覧下さい。
[イベント]SUZUKA TWINサーキット走行会(2輪)の様子をUP
2008年10月13日に行われた「SUZUKA TWINサーキット走行会(2輪)」の画像ギャラリーをupしました。
イベントページの2008年イベント「SUZUKA TWINサーキット走行会(2輪)」の欄をご覧下さい。
[イベント]ACG2008中部の様子をUP
2008年7月13日に行われた「ACG2008 in 中部」の画像ギャラリーをupしました。
イベントページの2008年イベント「ACG2008 in 中部」の欄をご覧下さい。
[イベント]2008/10/26 ACG2008 WORLD FINALの様子をUP
2008年10月26日に大阪で行われた「ACG2008 WORLD FINAL」の画像ギャラリーをupしました。
イベントページの2008年イベント「ACG2008 クラッチ リバース (FX) WORLD FINAL」の欄をご覧下さい。
[四輪]トヨタカローラ(オーナー岡部様)のカーオーディオカスタム画像を公開
トヨタカローラにALPINEスピーカー・アンプ設置などカーオーディオカスタムの様子をご覧いただけます。
[四輪]トヨタハリアー(オーナー阿部様)のカーオーディオカスタム画像を公開
トヨタハリアーに2DINナビ、インダッシュモニター設置などカーオーディオカスタムの様子をご覧いただけます。
[四輪]三菱チャレンジャー(オーナー山本様)のカーオーディオカスタム画像を公開
三菱チャレンジャーにインダッシュモニター設置などのカーオーディオカスタムの様子をご覧いただけます。
[四輪]三菱パジェロイオ(オーナー林様)のカーオーディオカスタム画像を公開
パジェロイオのカーオーディオカスタム第2弾のギャラリー画像をご覧いただけます。
[イベント]2008 3/7-10 名古屋オートトレンド2008の様子をUP
3月7日~10日にポートメッセ名古屋で行われた「名古屋オートトレンド2008」の画像ギャラリーをupしました。
イベントページの2008年イベント「NAGOYA AUTO TREND2008(名古屋オートトレンド2008)」の欄をご覧下さい。

最新ブログ記事

最新雑誌掲載情報

カスタムスクーターvol103 (2012年1月号)HOT WIREDの製作車両のフォルツァ250(オーナーHAYATA様 )が, カスタムスクーターvol103 (2012年1月号)に掲載されました。

カーオーディオマガジンvo82 (2011年11月号)HOT WIREDの製作車両のカマロ(オーナー福富様 クラッチ リバース (FX) )が, カーオーディオマガジンvo82 (2011年11月号)に掲載されました。

スタイルワゴンクラブvol164 (2011年9月号)HOT WIREDのオーディオカスタムプランと店舗紹介が,スタイルワゴンクラブvol164 (2011年9月号)に掲載されました。

痛車グラフィックスvol10(2011年5月号)HOT クラッチ リバース (FX) WIREDの製作車両のシーマ(オーナーうらじー様 )が, 痛車グラフィックスvol10(2011年5月号)に掲載されました。

カーオーディオマガジンvol76(2010年11月号)HOT WIREDの製作車両のエクリプス(オーナー吉岡様 )が, カーオーディオマガジンvol76(クラッチ リバース (FX) 2010年11月号)に掲載されました。

カーオーディオマガジン 2010年5月号HOT WIREDの製作車両のワゴンR(オーナー暮石様 )が, 2010年5月号のカーオーディオマガジンに掲載されました。

スタイルワゴンクラブ 2010年2月号HOT WIREDの製作車両のACR30 エスティマ(オーナー梶原様 )が, 2010年2月号のスタイルワゴンクラブの表紙になっています!
オレンジ色のエスティマを目印です。

ワゴニスト 2009年12月号「疾走感満点の塗り分け術で激目立ちスポーツに!」
ワゴニスト2009年12月号の「EVENT USER CAR」ページに、梶原様のエスティマが掲載されました。

K-CAR SPECIAL 2009年12月号 「2009年の後半を占うパーツ&クルマが盛りだくさん!」
K-CAR SPECIAL 2009年12月号に名古屋ドリームカーショーの出展車が掲載されました。ホットワイヤードからは、「L880Kコペン」、「H91Wオッティ」、「MH21SワゴンR」が掲載されました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる