取引戦略

エリオット波動とは何か

エリオット波動とは何か
エリオット波動

【ダウ理論】トレンド転換に関する2つの考え方

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 .

【米国株】過去の弱気相場(ベアマーケット)を見てみよう

こんにちは、サバイサバイFXです。 この記事では過去の米国株の弱気相場について振り返ってみたいと思います。 2022年5月20日の米国市場ではSP500が一時弱気相場(ベアマーケッ .

【ダウ理論】目線付けの二つの方法と目線を可視化するTradingView用インジケーター
【エリオット波動】 ドル円の長期エリオット波動をマジで分析 / 円の過去50年の歴史を振り返る
仮想通貨の冬はどれほど長いのか?

こんにちは、サバイサバイFXです。 仮想通貨の冬入りが騒がれていますね。 この投稿では、過去の仮想通貨の”冬”ではどの程度の期間停滞が続いたのか、ビットコインを例に振り返ってみたいと思い .

チャートに”N”を探せ!

こんにちは、サバイサバイFXです。 この記事では相場の動きの特徴であるN波動に焦点を当ててみたいと思います。 相場の動きはすべてN字と逆N字に分解することができます。 この視点 .

【エリオット波動】4波は1波の終点を超えてはいけないは本当なのか?
【エリオット波動】なぜ5波狙いは難しいのか?理由と狙う場合のリスクを解説します。

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は波動の解説記事として、エリオット波動の5波狙いはなぜ難しいのか? という理由とそのリスクについて解説します。 エリオット波動を使っている人にとっては、1波や3 .

MACDのゴールデンクロスだけでも勝てることを30年のデータを使って証明してみた

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は、タイトルにもある通り「MACDのゴールデンクロスだけで勝てるのか?」という疑問に対して、データを使って検証した結果について共有していきたいと思います。 取引 .

【波動の見極め方のコツ】推進波と調整波の比率 〜縦軸だけでなく横軸にも着目しよう〜
なぜオージーニュージー(AUDNZD)のようなマイナー通貨ペアをトレードするのか?
ファンダメンタルとの付き合い方
【Tradingview】上位足のローソク足を下位足に表示する方法
【Tradingview便利機能】無料プランでも一つのインジケーターで移動平均線を複数表示させる方法
ヘッドライン相場との付き合い方

前回の投稿に引き続き、ドル円のロングのトレードです。 今回のポイントは、「直前にショートをしていたからこそ気づけるロングのポイント」、つまりどのラインを割ったら売り手が困るか?です。 直近のドル円ショートの投稿と合わせて確認いただくと一連の流れがわかりやすいと思います。 リアルトレード解説は「チャートリーディングスキル養成メンバーシップ」会員の方限定で配信しています。 サバイサバイFXのメンバーシップ会員になって限定コンテンツを見るにはこちら 記事はPatreon.co .

2022年6月13日週に向けたドルスト・クロス円の相場分析解説動画です。 解説動画は以下のリンクからご覧頂けます。(エリオット波動とは何か メンバーシップ限定) https://www.patreon.com/posts/67661658/ ドルスト·クロス円一気読みは、翌週に向けてドルストレート7通貨ペア、クロス円6通貨ペアの相場分析を動画で解説するコンテンツです。 (※ドル円、ユーロドル、豪ドル米ドル、NZドル米ドル、ポンドドル、ドルフラン、ドルカナダ、豪ドル円、ユーロ円、ポンド円、NZドル円、フラン円、カナダ円) トレー .

2022年6月6日週に向けたドルスト・クロス円の相場分析解説動画です。 解説動画は以下のリンクからご覧頂けます。(メンバーシップ限定) https://www.patreon.com/posts/67327962/ ドルスト·クロス円一気読みは、翌週に向けてドルストレート7通貨ペア、クロス円6通貨ペアの相場分析を動画で解説するコンテンツです。 (※ドル円、ユーロドル、豪ドル米ドル、NZドル米ドル、ポンドドル、ドルフラン、ドルカナダ、豪ドル円、ユーロ円、ポンド円、NZドル円、フラン円、カナダ円) トレード .

ユーロ円のロングです。 教科書に出てくるような綺麗な動きを見せたのでわかりやすかった形だったのではと思います。 「持ち合い放れにつけ」の相場格言通りのトレードです。 リアルトレード解説は「チャートリーディングスキル養成メンバーシップ」会員の方限定で配信しています。 サバイサバイFXのメンバーシップ会員になって限定コンテンツを見るにはこちら 記事はPatreon.com上でご確認いただけます。 記事リンク https://www.patreon.com/posts/ .

ドル円のショートの解説です。 4時間足下降3波に該当するトレードですので、何度も登場しているパターンですが、今回のポイントは、利益確定です。 "もう下がらない"と考えて全決済したわけですが、なぜもう下がらないと考えたのかその理由をお伝えします。 リアルトレード解説は「チャートリーディングスキル養成メンバーシップ」会員の方限定で配信しています。 サバイサバイFXのメンバーシップ会員になって限定コンテンツを見るにはこちら 記事はPatreon.com上でご確認いただけま .

エリオット波動で利大損小!相場の原理原則インジケーター

エリオット波動で利大損小!相場の原理原則インジケーター

初心者が難しいと敬遠しがちなテクニカル分析の「どこまで動く?」の知見をインジケーター化し、

事前に一貫した手仕舞いポイントを裁量トレーダーに提供します。

蓄積することで、結果として裁量トレードがドンドン勝ちやすくなっていきます

結果が出ていない裁量トレーダー達へ今を変える新発想のインジケーター

ポジションを取ってみたものの・・・

だからといって、勉強をしようとしても・・・

仕事で疲れてしまって
続かない

時間が無い
覚えられない

今までインジケーターを試してみたが・・・

どうもしっくりこない

やっぱり、システムより裁量で勝負したい

相場の原理原則インジケーターは

期待に応えることが可能です。

全く知識がない人でもこの相場、どこまで動く?がわかるようになるその理由

初心者でもワンクリックで有名トレーダー並みの尺度で目標値がわかる!

移動平均線やRSI、MACDといった

テクニカル指標のことではありません

テクニカル指標はテクニカル分析の中の

ほんの一部にすぎません。

テクニカル分析=テクニカル指標と考えている方だと思います。

テクニカル分析の中でも最も重要度が低いと私は考えています。

チャート分析では、テクニカル指標は、ほとんど登場しません

私は迷いなくエリオット波動と答えるでしょう。

エリオット波動理論とは ラルフ・ネルソン・エリオットさんが提唱した エリオット波動とは何か 相場のサイクル理論のことで、上昇トレンドの場合 1サイクルで上昇5波下降3波の8波で構成される という波動理論です。

<エリオット波動のイメージ図>

エリオット波動の原理原則①

エリオット波動の原理原則②

エリオット波動の原理原則③

●トレードは第3波を狙うことが効率的だな。

●第3波を狙う場合のロスカットは、第1波の始点だな。

●第1波高値は、第3波発生後は、サポートとして機能するな。

といった相場の値動きのリズムが事前にわかるようになったり、

また、ある程度、どう動くか、どこまで動くかという尺度も持つことができます。

ザラ場中の銘柄の値動きを的中させまくっていました。

エリオット波動理論の波動のリズムの法則性を、

偶然、発見し、熟知していたからです。

偶然発見したようなエリオット波動の法則性で、

どのくらいのレベルで値動きがわかるのか?

ドルウォンでエリオット波動第3波を予想

ドルウォンでエリオット波動第5波を予想

動画投稿後のドルウォン日足チャート

確かなロジックで数々の予想を的中

値動き予想ロジックを目の当たりにした視聴者の反応

ワンクリックでチャート上にアウトプットできる

ツールを開発しました。

歴史的な原油先物相場もワンクリックで的中

エリオット波動だけでなく、フラッグやペナントなどのチャートパターンの目標値やフィボナッチリトレイスメントもアウトプットすることが可能です。

NY-Dow エリオット波動分析&与太話No.704(06/16-18:00)

エリオット波動で見るこの指数はもはや、古くはブラックマンデー辺りから永遠のエクステンション(波の延長)とも言える状況で、大天井を打ったとは迂闊に言えないこの指数。今回も過去の例に倣って、普通に「始まり」となる可能性を否定はできませんが、だがしかしそれでも、 2009年9月 $6,469以来は エリオット波動とは何か インターミディエイト(1)波 ~ (5)波 による上昇波形が確認できる事は、「最低限の行程を走り終えた」と指摘できる証左と考えます。

なおこのチャート内、 緑色 のサポートは$6,469( 2009年3月 )以来の上昇幅、 紫色 のサポートは$41( 1932年7月 )以来の上昇幅に対するフィボナッチリトレイスメントを示しています。

なお 赤色 のサポートは通常通り、$18,213( 2020年3月 )以来の上昇幅に対するフィボナッチリトレイスメント、 青色 のサポートは61.8%押しを示しています。黒色のサポートはそれぞれ、何処かからかの76.4%~78.エリオット波動とは何か 6%押し水準であり、いわゆる「強く働き得る」と表現できます

重要なサポートとしてきた $30,272を割れ 、安値は$30,144。この水準は、 昨年10月30日 $26,143以降の上昇幅に対する61.8%押し水準。終値ベースでは回復しており、ココからの上昇が今後、抜くところを抜けば「相場のアヤでした」になる可能性はあれども、少なくとも現時点、「この調整は、$26,143~$36,エリオット波動とは何か 952を調整しているわけではないよ」とする暗示と考えます

「だとすると・・・」が導くカウントは、好む好まないを別として合理的な選択をすると現時点、やはり優先カウントという事になると考えます。しかしながらそれはある意味、破滅論者?のカウントでもあり(笑)、あえてその一方で「それでも来年だって、上げ続けるよ」のカウントを採るとすれば・・・alt.2 or .3が挙げられます

なおalt.2は今後、 $29,199を守る限りおいて 技術的な有効性を担保するものの、このカウントにおける仮想 3波 の61.8%押しである $30,272を割り込んだ事で 事実上、少しばかり苦しく(不自然に)なったと考えます。他方、このカウントにおける仮想 1波 と仮想 3波 とでは、 3波 の方が短い点 も「不自然な点」として挙げられる事を知り置きます。

alt.3について、恐らく想像以上にスケールの大きな相場を前提とするカウント。 2029年 程度まで?で$94,375を目指す?ですとか・・・少なくとも「現時点」では、それを是としてカウントを進めるのは困難とは言えるラベリングですが、リーマンショック時、「10年経てば$36,000」と言ったとして、これと同じくらい陳腐だったのでしょうから、ない事でもありませんか?。

★さて与太話はこれくらいにして現状、 1月5日 $36,952以来について、 (1)波 が進行中と考えます。$30,144安値現在、目先は$31,338、$31,708、そして$32,077は強くかつ重要なレジスタンス。これらは 反落の可能性を同居 する半面で、 上限アップは (1)波 完了を暗示する最初のサインと考えます。

その反面で 再下落が安値更新時 、$29,000台に記したサポートはそれぞれ有力、一時的な反発が生じておかしくないサポートバンドと考えます。なお既述の$29,199は今後、割れる事でalt.2が破綻ポイントを迎える、最大の焦点と指摘できる極めて重要なサポート。

エリオット波動とは?引き方から使い方・見つけ方まで徹底解説【MT5】

エリオット波動とは?引き方から使い方・見つけ方まで徹底解説【MT5】

エリオット推進波

エリオット推進波

次はエリオット修正波を引いていきます。

「挿入」 タブの 「オブジェクト」「エリオット波動」「エリオット修正波」 をクリックする。

「挿入」タブの「オブジェクト」→「エリオット波動」→「エリオット修正波」をクリック

ポインタをチャート上の高値の中における谷の底を見つけ、そこを起点に 「谷、山、谷」 の順番でクリックしていきます。

「谷、山、谷」の順番でクリック

エリオット波動の見方・使い方

第3波と第5波が狙い目!

そこで特に狙い目と言われているのは第3波と第5波です。

フィボナッチ・リトレースメントと組み合わせる

第4波の終了を予測する場合は 「フィボナッチ・リトレースメント」 との組み合わせが有効です。

フィボナッチリトレースメントとの組み合わせ

第4波の戻りは38.2%、50.0%、61.8%などで反応しやすいと言われています。

標準搭載インジケーター「ZigZag」でエリオット波動を見つける

エリオット波動を見つけるのに役立つのが 「ZigZag」 というインジケーターです。

1. ナビゲーターウィンドウのカスタムインジケーターに 「ZigZag」 をダブルクリック→OKで表示します。

ナビゲーターウィンドウのカスタムインジケーターに「ZigZag」をダブルクリックします

ZigZag表示例

ZigZag表示例

460.エリオット波動には正解はない。

エリオット波動

相場の格言 エリオット波動とは何か
「頭と尻尾はくれてやれ」(腹八分目)
人間関係やスポーツ(練習)、食事など何でもそうだが8分目でやめることが非常に大切です。
無理はしないことが非常に大切。

勝てる人と勝てない人の違いは
「しまったらすぐに仕舞えるかどうか」
自分の過ちを潔く認める。
これは人生と同じですね。

ソフトバンクグループは日経株の下落に伴ってまた反落してきていますがここからどうなっていくのか?下値ターゲットはどのくらいなのか?アリババは?ここからの値動きをエリオット波動で予測。2022年2月25日

エリオット分析No.615(2022/02/28 19時)チャート:5分足

0 【↓エリオット波動をもっと知りたい方は、こちらから】 テクニカル投資研究会: 波のクラス説明: エリオット分析の専門家が伝授する波動分析をお伝えします。 エリオット波動基本講座 第1回 第2回 第3回 第4回 日経225先物.

エリオット波動分析 2020年10月09日 トライアングル後のブレイク方向はトライアングルのサイクルを分析すれば判断可能

ドル円、ユーロドル、ポンドドルの相場解説です。 大きな流れをエリオット波動で分析し、直近の戦略は移動平均線やトレンドライン、ローソク足などのベーシックなものを使って判断しています。 本動画はエリオット波動や移動平均線を主体としたトレー.

エリオット波動分析 2020年10月12日 まやかしの波動の正体

ドル円、ユーロドル、ポンドドルの相場解説です。 大きな流れをエリオット波動で分析し、直近の戦略は移動平均線やトレンドライン、ローソク足などのベーシックなものを使って判断しています。 本動画はエリオット波動や移動平均線を主体としたトレー.

【FX】エリオット波動3波鉄板エントリー動画

0 ご視聴ありがとうございます。 今回の動画は 「エリオット波動3波鉄板エントリー動画」です。 【目次】 00:エリオット波動とは何か 24 環境認識 週足 01:08 日足 01:37 H4 修正波 02:18 H1 02:57 M15 03.

ナスダック エリオット波動分析No.493(10/01 14時)

0 テクニカル投資研究会: 波のクラス説明: エリオット分析の専門家が伝授する波動分析をお伝えします。 エリオット波動基本講座 エリオット波動とは何か 第1回 第2回 第3回 第4回 日経225先物、ニューヨークダウ、ナスダックについて、 今後株価推移を.

エリオット分析No.549(2021/12/6 19時)チャート:5分足

0 テクニカル投資研究会: 波のクラス説明: エリオット分析の専門家が伝授する波動分析をお伝えします。 エリオット波動基本講座 第1回 第2回 第3回 第4回 日経225先物、ニューヨークダウ、ナスダックについて、 今後株価推移を.

金はビットコインの下げに伴って上昇してきました。50日の移動平均を超え100日移動平均をトライ中。ただ、サイクル的にはピークが近いかもしれません。エリオットとサイクルでズバリ予測。2021年4月26日

225先物エリオット分析No.507(2021/10/15 20時)チャート:5分足

0 テクニカル投資研究会: 波のクラス説明: エリオット波動とは何か エリオット分析の専門家が伝授する波動分析をお伝えします。 エリオット波動基本講座 第1回 第2回 第3回 第4回 日経225先物、ニューヨークダウ、ナスダックについて、 今後株価推移を.

エリオット波動分析 2021年05月03日 ドル円・ユーロドルのカウントを見直しました

0 ドル円、ユーロドル、ポンドドルの相場解説です。 エリオット波動とは何か 大きな流れをエリオット波動で分析し、直近の戦略は移動平均線やトレンドライン、ローソク足などのベーシックなものを使って判断しています。 本動画はエリオット波動や移動平均線を主体としたトレ.

Bitcoin Technical Analysis Elliott Wave Trading

0 Bitcoin and Ethereum Technical Analysis Elliott Wave Crypto Overview:Bitcoin has moved into a weaker エリオット波動とは何か pattern and can .

エリオット波動分析 2020年12月07日 週明けの波動分析と戦略

ドル円、ユーロドル、ポンドドルの相場解説です。 大きな流れをエリオット波動で分析し、直近の戦略は移動平均線やトレンドライン、ローソク足などのベーシックなものを使って判断しています。 本動画はエリオット波動や移動平均線を主体としたトレー.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる