弱気相場での取引

FX必須アイテム フィボナッチ

FX必須アイテム フィボナッチ
トレード手法

TDCソフト Research Memo(5):2022年3月期は次世代SI事業など重点戦略分野を中心に拡大

株式 2022年07月01日 15:30

1. 2022年3月期通期の業績概要
情報サービス産業を取り巻く環境は、テレワーク環境の整備・強化に向けた需要が一巡した。
一方で、クラウドコンピューティング、AI、IoT、RPA、ブロックチェーン、マイクロサービス等の技術革新によるDXの潮流が、企業の競争力強化に向けた戦略的な投資需要を高め、IT投資抑制の流れをストップさせた。
足元では顧客企業のIT投資の意欲が高まっており、今後もIT投資は増加基調で推移していくことが見込まれている。
また、コロナ禍において、TDCソフト (TYO: 4687 )にも金融ITソリューション分野で一部案件の延伸・中断のほか、対面営業の制限といった形で受注活動への影響が発生していたが、2022年3月期通期においては、上期の時点でこれらの影響は解消された。
企業のIT投資が活性化している一例として、以前は数億円程度のIT投資にとどまっていたが、ここ数年の間に数百億円の大規模投資に踏み切る顧客が増えているという。
これも、2022年3月期の業績拡大の要因の1つになっている。

2. 2022年3月期通期の業績
2022年3月期通期の売上高は、30,925百万円(前期比13.3%増)、営業利益2,967百万円(同25.8%増)、経常利益3,082百万円(同20.2%増)、親会社株主に帰属する当期純利益2,069百万円(同20.9%増)となった。
コロナ禍によって2021年度に発生した一部案件の延伸または一時中断の影響については、感染症対策の徹底やリモートワークの積極的な活用によって悪影響は軽微で済んだ。
それに加え、2022年4月以降は取引先企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)への意識が高まったことでIT投資が回復。
それによって、前期に引き続きITコンサルティング&サービス分野の急成長が続いたほか、公共法人ITソリューション分野も好調に推移した。
高付加価値SIサービスは、同社の計画を上回る進捗で高収益化を実現できている。
企業側においてもDXの推進をこれ以上止める訳にはいかず、経済活動正常化の動きが進むなか、銀行や保険など金融セクターではシステム投資の動きが再開されたほか、その他のセクターでもDXに向けたIT投資加速の動きが表面化しつつあると弊社では考えている。

同社は前中期経営計画の3ヶ年において、主要戦略の1つである「高付加価値SIの追求」と「次世代型SI」を推進した。
この分野の売上高は、前中期経営計画の策定以前は6、7億円程度にとどまっていたが、前中期経営計画では売上高50億円を目標に掲げ、高付加価値SIを推進させるという明確な意思のもと拡大に注力。 FX必須アイテム フィボナッチ
これによって、計画の最終年度である2022年3月期には売上高53.9億円まで成長させることに成功し、売上高構成比は前期比5.1%増の17.4%まで拡大した。
高付加価値SIを実現させるための必須条件である技術者の確保や人材育成への投資を行ってきた結果、中期経営計画を若干上回る売上高を達成できたことについては評価したい。

3. 事業分野別の業績
(1) ITコンサルティング&サービス
顧客のDX推進に向けたIT戦略やシステム化構想の立案、技術コンサルティング、最新の技術や開発手法の教育サービスの提供や、自社開発のクラウドアプリケーションサービスの提供、BI/DWH、ERP/CRMに関連するソリューションサービスの提供を行っている。
2022年3月期通期においては、顧客企業のDX推進に向けたIT需要の高まりを背景に、ITサービス管理、クラウドマネージドサービス関連の案件が好調に推移。
売上高は前期比57.7%増の3,877百万円となった。
ITコンサルティング部門は上期に引き続き下期もアジャイルの活況が続いたほか、ソリューション部門ではセールスコンサルティングやマネージド管理、IT危機管理などを中心に伸びが顕著となった。
今後も意欲的な企業のIT投資を背景に、ITサービス管理、クラウドマネージドサービス関連などが同社の成長をけん引する格好になると弊社では考えている。

(2) 金融ITソリューション
金融業向けにシステム化構想・設計・開発・保守などの統合的なITソリューションの提供を行っており、2022年3月期においては、コロナ禍で中断していたプロジェクトの影響が解消した。
保険やクレジット関連のシステム開発案件などが堅調に推移したことにより、売上高は前期比8.4%増の14,393百万円だった。
金融業のIT投資再開によってアプリケーションなどの需要が復活したことから、DXの加速とともに需要が拡大に向かうと弊社では考えており、先行きに対しても強気の見方を持っている。

(3) 公共法人ITソリューション
流通業、製造業、サービス業や公共向けにシステム化構想・設計・開発・保守などの統合的なITソリューションの提供を行っており、2022年3月期においては運輸業や通信業のほか、エネルギー業向けの開発案件等が堅調に推移。
売上高は前期比10.7%増収の8,795百万円と、ITコンサルティング&サービスに次いで業績拡大に寄与した。
なお、運輸業はDX向けの上流案件が増加していることから、今後も拡大が期待されている。

(4) プラットフォームソリューション
ITインフラの環境設計、構築、運用支援、ネットワーク製品開発、ネットワークインテグレーション等の提供を行っている。
2022年3月期は、クラウド関連のインフラ構築案件が堅調に推移しており、売上高は前期比6.8%増の3,858百万円だった。

フィボナッチ・リトレースメントにアラートを付けるMT4/MT5インジケーターを無料ダウンロード!

フィボナッチリトレースメントに簡単にアラートを付けるMT4/MT5インジケーター

友だち追加

LINE公式アカウントでインジケーターの新着リリースやバージョンアップ情報を配信中。LINEお友だち限定のインジケーターも公開中です!

使い方は簡単

フィボナッチリトレースメントを表示させるだけ

フィボナッチリトレースメントを表示させるだけ

  • フィボナッチリトレースメントを作る
  • フィボナッチリトレースメントを動かす
  • フィボナッチリトレースメントのパラメーターを変更する

応用編(ブレイクアウトのアラート)

設定を0と1に

高値と安値のブレイクアウトインジになります

パラメーター設定

パラメーター設定

パラメーター設定

今後のバージョンアップ

オリジナル・インジケーター 人気ランキング

[SynchroChart_Line.mq4]

[keys_RCI3.ex4]

[Elliott_zigzag.ex4]

[keys_ZigZag_DowT.ex4]

[keys_ma.mq4]

今、あなたにオススメ

いつもお世話になっております。
改善希望です。
フィボラインのないところに星が付きます。フィボラインのところに星がつかない箇所があります。
よろしくお願いいたします。

石田様
コメントありがとうございます。そしてインジケーターも使っていただき、ありがとうございます。
フィボラインのないところに星でしょうか?確認したいと思います。
星がつかないのはタッチした状態ということになるはずですが、それも調べます。
これからもよろしくお願いいたします。

お返事ありがとうございます。
私の場合、0%と100%ラインを表示させません。
このインジケーターを最初に使ったときに、そこに★が付きました。
どちらか忘れてしまったのですが、一方に付きました。
それですぐにメールしたのですが、以降は正常に動作しているようです。
お騒がせしてすみません。

石田様
こちらこそお返事ありがとうございます。
指摘していただいたおかげでバグが見つかり、先ほどver1.1にアップデートしました。ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

タケル様
コメントありがとうございます。 FX必須アイテム フィボナッチ
たしかにフィボナッチ・ファンを使っているトレーダーさんもいるとは思います。
今までとは作り方がまた違ってきますので完成できるのかどうか確約はできませんが、できるだけ作ってみようと思います。気長にお待ちいただければ幸いです。
これからもよろしくお願いいたします。

① アラートについて、LINE Notifyへアラートを出せないでしょうか?
② 設定したフィボナッチレベルについて、チャート上でライン等への
クリック操作で、非表示切り替えはできないでしょうか?

②は例えば、23.6もレベルにて設定して、いちおうの目安としていたが、
案の定、突破された際に、23.6のラインが不要になるので、非表示に
切替え出来たら助かるっという使用イメージです。

かぶとこま様
コメントありがとうございます。
LINE Notifyでのアラートもできるようにしたいと思います。
フィボナッチレベルについては消す機能を付けることはできますが、逆に間違えて消してしまったときにどう元に戻せばいいかなど、考えることがあります。たしかに必要ないものは消したいと思いますので、それを簡単にできるようにします。
LINE登録ありがとうございました。
これからもMT5インジも増やしていきます。

お世話になります。
keys_fibo_alertのアラートは大変便利な機能ですが
各パラメーター個別にアラートの設定をオンオフにすることはできないでしょうか?またフィボの各数値ラインに色分け出来る仕様になると素晴らしいと思うのですが、作者様、御苦労ですが追加機能の御検討をよろしくお願いします。orz

こたつ様
コメントありがとうございます。そしてインジケーターも使っていただき、ありがとうございます。
たしかに個別にアラートをオンオフできると便利ですね。ちょっと考えてみます。
ラインの色分けはMT4の特性上常に色を変えることができないかなと思ってます。ただ試してみたいです。
アイデアをありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

FX相場で反転「買い」「売り」どっち?プロの目線から相場の方向性を学ぶ

トレード手法

FX相場転換のポイントで注意することは直近の値動き

やってはいけないシナリオの立て方

売りも買いも全部考える!目線の固定がバラバラなシナリオ

エリオット波動、インジケーターで形が出る前にエントリーしてしまうシナリオ

「だろう」シナリオ

FX専業のプロが見ているシナリオを立てるときの視点

4月1週目の実際のトレード


2つ目はやらなくてよかったトレードです。

TDCソフト Research Memo(5):2022年3月期は次世代SI事業など重点戦略分野を中心に拡大

株式 2022年07月01日 15:30

1. 2022年3月期通期の業績概要
情報サービス産業を取り巻く環境は、テレワーク環境の整備・強化に向けた需要が一巡した。
一方で、クラウドコンピューティング、AI、IoT、RPA、ブロックチェーン、マイクロサービス等の技術革新によるDXの潮流が、企業の競争力強化に向けた戦略的な投資需要を高め、IT投資抑制の流れをストップさせた。 FX必須アイテム フィボナッチ
足元では顧客企業のIT投資の意欲が高まっており、今後もIT投資は増加基調で推移していくことが見込まれている。
また、コロナ禍において、TDCソフト (TYO: 4687 )にも金融ITソリューション分野で一部案件の延伸・中断のほか、対面営業の制限といった形で受注活動への影響が発生していたが、2022年3月期通期においては、上期の時点でこれらの影響は解消された。
企業のIT投資が活性化している一例として、以前は数億円程度のIT投資にとどまっていたが、ここ数年の間に数百億円の大規模投資に踏み切る顧客が増えているという。
これも、2022年3月期の業績拡大の要因の1つになっている。

2. 2022年3月期通期の業績
2022年3月期通期の売上高は、30,925百万円(前期比13.3%増)、営業利益2,967百万円(同25.8%増)、経常利益3,082百万円(同20.2%増)、親会社株主に帰属する当期純利益2,FX必須アイテム フィボナッチ 069百万円(同20.9%増)となった。
コロナ禍によって2021年度に発生した一部案件の延伸または一時中断の影響については、感染症対策の徹底やリモートワークの積極的な活用によって悪影響は軽微で済んだ。
それに加え、2022年4月以降は取引先企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)への意識が高まったことでIT投資が回復。
それによって、前期に引き続きITコンサルティング&サービス分野の急成長が続いたほか、公共法人ITソリューション分野も好調に推移した。
高付加価値SIサービスは、同社の計画を上回る進捗で高収益化を実現できている。
企業側においてもDXの推進をこれ以上止める訳にはいかず、経済活動正常化の動きが進むなか、銀行や保険など金融セクターではシステム投資の動きが再開されたほか、その他のセクターでもDXに向けたIT投資加速の動きが表面化しつつあると弊社では考えている。

同社は前中期経営計画の3ヶ年において、主要戦略の1つである「高付加価値SIの追求」と「次世代型SI」を推進した。
この分野の売上高は、前中期経営計画の策定以前は6、7億円程度にとどまっていたが、前中期経営計画では売上高50億円を目標に掲げ、高付加価値SIを推進させるという明確な意思のもと拡大に注力。
これによって、計画の最終年度である2022年3月期には売上高53.9億円まで成長させることに成功し、売上高構成比は前期比5.FX必須アイテム フィボナッチ 1%増の17.4%まで拡大した。
高付加価値SIを実現させるための必須条件である技術者の確保や人材育成への投資を行ってきた結果、中期経営計画を若干上回る売上高を達成できたことについては評価したい。

3. 事業分野別の業績
(1) ITコンサルティング&サービス
顧客のDX推進に向けたIT戦略やシステム化構想の立案、技術コンサルティング、最新の技術や開発手法の教育サービスの提供や、自社開発のクラウドアプリケーションサービスの提供、BI/DWH、ERP/CRMに関連するソリューションサービスの提供を行っている。
2022年3月期通期においては、顧客企業のDX推進に向けたIT需要の高まりを背景に、ITサービス管理、クラウドマネージドサービス関連の案件が好調に推移。
売上高は前期比57.7%増の3,877百万円となった。
ITコンサルティング部門は上期に引き続き下期もアジャイルの活況が続いたほか、ソリューション部門ではセールスコンサルティングやマネージド管理、IT危機管理などを中心に伸びが顕著となった。
今後も意欲的な企業のIT投資を背景に、ITサービス管理、クラウドマネージドサービス関連などが同社の成長をけん引する格好になると弊社では考えている。

(2) 金融ITソリューション
金融業向けにシステム化構想・設計・開発・保守などの統合的なITソリューションの提供を行っており、2022年3月期においては、コロナ禍で中断していたプロジェクトの影響が解消した。
保険やクレジット関連のシステム開発案件などが堅調に推移したことにより、売上高は前期比8.4%増の14,393百万円だった。
金融業のIT投資再開によってアプリケーションなどの需要が復活したことから、DXの加速とともに需要が拡大に向かうと弊社では考えており、先行きに対しても強気の見方を持っている。

(3) 公共法人ITソリューション
流通業、製造業、サービス業や公共向けにシステム化構想・設計・開発・保守などの統合的なITソリューションの提供を行っており、2022年3月期においては運輸業や通信業のほか、エネルギー業向けの開発案件等が堅調に推移。
売上高は前期比10.7%増収の8,795百万円と、ITコンサルティング&サービスに次いで業績拡大に寄与した。
なお、運輸業はDX向けの上流案件が増加していることから、今後も拡大が期待されている。

(4) プラットフォームソリューション
ITインフラの環境設計、構築、運用支援、ネットワーク製品開発、ネットワークインテグレーション等の提供を行っている。
2022年3月期は、クラウド関連のインフラ構築案件が堅調に推移しており、売上高は前期比6.8%増の3,858百万円だった。

FX相場で反転「買い」「売り」どっち?プロの目線から相場の方向性を学ぶ

トレード手法

FX相場転換のポイントで注意することは直近の値動き

やってはいけないシナリオの立て方

売りも買いも全部考える!目線の固定がバラバラなシナリオ

エリオット波動、インジケーターで形が出る前にエントリーしてしまうシナリオ

「だろう」シナリオ

FX専業のプロが見ているシナリオを立てるときの視点

4月1週目の実際のトレード


2つ目はやらなくてよかったトレードです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる