無料体験講座

プライムブローカーとは

プライムブローカーとは
Image: 小暮ひさのり

Amazonセールで安心してお買い物するための、6つの攻略法【もうすぐAmazonプライムデー】

keepa

Image: 小暮ひさのり

これによって、事前に値上げしてからセールに向けて安くすることで、値引率を高く見せる出店者側のAmazonハックを見破れます。まぁ、結果としていつもより安くなっていればそれでもいいんですけどね!

2. 怪しげなレビューをチェックする「サクラチェッカー」

2nosita

Image: 小暮ひさのり

そうですね。これは確かに感じます。妙に安い商品をクリックすると、なんだか匂わせる名前と日本語が怪しげな★5が乱舞しているのがAmazonの日常…。

セールの度にAmazonをDigっていた僕としては、概ねこれらのジャッジは正しいように思えます。…が! あくまでも、Amazon外のサードパーティ製情報ツールのひとつ。最終的な判断材料を得るための、参考情報のひとつと考えておきましょう。

3. Amazon取り扱い以外のマケプレ商品を弾く魔法の文字列「&emi=AN1VRQENFRJN5」

3nosita

Image: 小暮ひさのり

そう感じる商品の多くは、Amazon.co.jpが出品しているものではなく、Amazonが用意した出店場所(マーケットプレイス)に出店しているAmazon以外の事業者からの出品であるケースが確認されています。

いわゆるマケプレ商品ってやつですね。でも、これ困ったことにAmazon販売商品とパッと見だと見分けがつかないのです。そこで、便利なのが、「&emi=AN1VRQENFRJN5」というパラメータ。

検索後のURLにこの文字列を加えて検索しなおすと、出品業者を「Amazon.co.jp」だけに限定できます

ただ、フィルタリングによって、信頼できるメーカーのストアのアイテムまで取り逃してしまうので、その点は要注意。スマホ周辺機器でいえば、おなじみのAnker(販売元:AnkerDirect)やcheero(販売元:cheero mart)などはメーカー直販品なので、平等に除外されてしまう点に注意しましょう。

4. 欲しいものが安くなってるのを見逃さない「欲しいものリスト」

欲しいものがセールになったものの、気づいたときには通常価格…というのはありがちな悲劇。しかし、普段安くならない製品などもセール対象になるプライムデーのようなビッグセールでは避けたいものです。そこでやっておくといいのが、目標をセンターに入れてスイッチ…ではなく「欲しいものリストに入れて通知オン」です。

1. 「Amazon ショッピングアプリ」をダウンロード(iOS/Android)

2. 欲しいものリストに気になる商品を入れまくる

3. アプリ左上のメニューから[設定]>[プッシュ通知]>「タイムセール通知」をオン

5. セール攻略の心構え「欲しいと思ったらこまめに買おう」

セールでカートに入れた商品は、なるべくこまめに購入までステップを進めましょう。これ、意外と大事です

6. 「自分自身の見極め力」も必要

ここでは支援ツールやテクニックをいくつか紹介してきましたが、最後の心構えとして覚えておきたいのが、多方面から情報を集めるということ。

ベイビーブローカーはどこで見れる?Netflix・Amazonプライム・U-NEXTでの配信はいつから?

ベイビーブローカー

▼ベイビーブローカーはどこで見れる?▼

映画館 ○(全国の劇場で上映中)
Netflix ×(配信予定なし)
U-NEXT ×(配信予定なし)
Amazonプライム ×(配信予定なし)
Hulu ×(配信予定なし)
その他全てのサブスク×(配信予定なし)

ベイビーブローカーはどこで見れる?

現時点で見れるのは映画館のみ

上映映画館

U-NEXTの特典で最大半額で見る方法

U-NEXT 映画チケット

①U-NEXTの無料トライアルに登録
②U-NEXTで600円分の無料ポイントゲット
③無料ポイントを使って映画引換クーポンをゲット
④900円で映画を視聴

有名映画館のチケットが最大半額

▲ 無料期間だけでやめれば月額料金0円 ▲

スマートパスプレミアムの特典で800円引きで見る方法

auマンデイ

月曜日のTOHOシネマズチケットが800円引き

▲ 無料期間だけでやめれば月額料金0円 ▲

NetflixやAmazonプライム、U-NEXTでの配信はいつから?

ちなみに2019年12月27日に日本で公開された韓国映画「パラサイト」は、2021年1月にNetflix、Hulu、dTV、U-NEXT、ひかりTV、FOD、Paravi、Amazon Prime Videoで配信が開始されました。

「パラサイト」はかなりヒットした部類の映画なので、劇場公開から配信開始日までの期間が長かった方ですが、
「ベイビーブローカー」ももし同じぐらいのスケジュール感であれば、 2023年7月ごろにサブスクでの配信がスタートされると予想 できます。

Amazonセールで安心してお買い物するための、6つの攻略法【もうすぐAmazonプライムデー】

keepa

Image: プライムブローカーとは 小暮ひさのり

これによって、事前に値上げしてからセールに向けて安くすることで、値引率を高く見せる出店者側のAmazonハックを見破れます。まぁ、結果としていつもより安くなっていればそれでもいいんですけどね!

2. 怪しげなレビューをチェックする「サクラチェッカー」

2nosita

Image: 小暮ひさのり

そうですね。これは確かに感じます。妙に安い商品をクリックすると、なんだか匂わせる名前と日本語が怪しげな★5が乱舞しているのがAmazonの日常…。

セールの度にAmazonをDigっていた僕としては、概ねこれらのジャッジは正しいように思えます。…が! あくまでも、Amazon外のサードパーティ製情報ツールのひとつ。最終的な判断材料を得るための、参考情報のひとつと考えておきましょう。

3. Amazon取り扱い以外のマケプレ商品を弾く魔法の文字列「&emi=AN1VRQENFRJN5」

3nosita

Image: 小暮ひさのり

そう感じる商品の多くは、Amazon.co.jpが出品しているものではなく、Amazonが用意した出店場所(マーケットプレイス)に出店しているAmazon以外の事業者からの出品であるケースが確認されています。

いわゆるマケプレ商品ってやつですね。でも、これ困ったことにAmazon販売商品とパッと見だと見分けがつかないのです。そこで、便利なのが、「&emi=AN1VRQENFRJN5」というパラメータ。

検索後のURLにこの文字列を加えて検索しなおすと、出品業者を「Amazon.co.jp」だけに限定できます

ただ、フィルタリングによって、信頼できるメーカーのストアのアイテムまで取り逃してしまうので、その点は要注意。スマホ周辺機器でいえば、おなじみのAnker(販売元:AnkerDirect)やcheero(販売元:cheero mart)などはメーカー直販品なので、平等に除外されてしまう点に注意しましょう。

4. 欲しいものが安くなってるのを見逃さない「欲しいものリスト」

欲しいものがセールになったものの、気づいたときには通常価格…というのはありがちな悲劇。しかし、普段安くならない製品などもセール対象になるプライムデーのようなビッグセールでは避けたいものです。そこでやっておくといいのが、目標をセンターに入れてスイッチ…ではなく「欲しいものリストに入れて通知オン」です。

1. 「Amazon ショッピングアプリ」をダウンロード(iOS/Android)

2. 欲しいものリストに気になる商品を入れまくる

3. アプリ左上のメニューから[設定]>[プッシュ通知]>「タイムセール通知」をオン

5. セール攻略の心構え「欲しいと思ったらこまめに買おう」

セールでカートに入れた商品は、なるべくこまめに購入までステップを進めましょう。これ、意外と大事です

6. 「自分自身の見極め力」も必要

ここでは支援ツールやテクニックをいくつか紹介してきましたが、最後の心構えとして覚えておきたいのが、多方面から情報を集めるということ。

ベイビーブローカーはどこで見れる?Netflix・Amazonプライム・U-NEXTでの配信はいつから?

ベイビーブローカー

▼ベイビーブローカーはどこで見れる?▼

映画館 ○(全国の劇場で上映中)
Netflix ×(配信予定なし)
U-NEXT ×(配信予定なし)
Amazonプライム ×(配信予定なし)
Hulu ×(配信予定なし)
その他全てのサブスク×(配信予定なし)

ベイビーブローカーはどこで見れる?

現時点で見れるのは映画館のみ

上映映画館

U-NEXTの特典で最大半額で見る方法

U-NEXT 映画チケット

①U-NEXTの無料トライアルに登録
②U-NEXTで600円分の無料ポイントゲット
③無料ポイントを使って映画引換クーポンをゲット
④900円で映画を視聴

有名映画館のチケットが最大半額 プライムブローカーとは

▲ 無料期間だけでやめれば月額料金0円 ▲

スマートパスプレミアムの特典で800円引きで見る方法

auマンデイ

月曜日のTOHOシネマズチケットが800円引き

▲ 無料期間だけでやめれば月額料金0円 ▲

NetflixやAmazonプライム、U-NEXTでの配信はいつから?

ちなみに2019年12月27日に日本で公開された韓国映画「パラサイト」は、2021年1月にNetflix、Hulu、dTV、U-NEXT、ひかりTV、FOD、Paravi、Amazon プライムブローカーとは Prime Videoで配信が開始されました。

「パラサイト」はかなりヒットした部類の映画なので、劇場公開から配信開始日までの期間が長かった方ですが、
「ベイビーブローカー」ももし同じぐらいのスケジュール感であれば、 2023年7月ごろにサブスクでの配信がスタートされると予想 できます。

Amazonセールで安心してお買い物するための、6つの攻略法【もうすぐAmazonプライムデー】

keepa

Image: 小暮ひさのり

これによって、事前に値上げしてからセールに向けて安くすることで、値引率を高く見せる出店者側のAmazonハックを見破れます。まぁ、結果としていつもより安くなっていればそれでもいいんですけどね!

2. 怪しげなレビューをチェックする「サクラチェッカー」

2nosita

Image: 小暮ひさのり

そうですね。これは確かに感じます。妙に安い商品をクリックすると、なんだか匂わせる名前と日本語が怪しげな★5が乱舞しているのがAmazonの日常…。

セールの度にAmazonをDigっていた僕としては、概ねこれらのジャッジは正しいように思えます。…が! あくまでも、Amazon外のサードパーティ製情報ツールのひとつ。最終的な判断材料を得るための、参考情報のひとつと考えておきましょう。

3. Amazon取り扱い以外のマケプレ商品を弾く魔法の文字列「&emi=AN1VRQENFRJN5」

3nosita

Image: 小暮ひさのり

そう感じる商品の多くは、Amazon.co.jpが出品しているものではなく、Amazonが用意した出店場所(マーケットプレイス)に出店しているAmazon以外の事業者からの出品であるケースが確認されています。

いわゆるマケプレ商品ってやつですね。でも、これ困ったことにAmazon販売商品とパッと見だと見分けがつかないのです。そこで、便利なのが、「&emi=AN1VRQENFRJN5」というパラメータ。

検索後のURLにこの文字列を加えて検索しなおすと、出品業者を「Amazon.co.jp」だけに限定できます

ただ、フィルタリングによって、信頼できるメーカーのストアのアイテムまで取り逃してしまうので、その点は要注意。スマホ周辺機器でいえば、おなじみのAnker(販売元:AnkerDirect)やcheero(販売元:cheero mart)などはメーカー直販品なので、平等に除外されてしまう点に注意しましょう。

4. 欲しいものが安くなってるのを見逃さない「欲しいものリスト」

欲しいものがセールになったものの、気づいたときには通常価格…というのはありがちな悲劇。しかし、普段安くならない製品などもセール対象になるプライムデーのようなビッグセールでは避けたいものです。そこでやっておくといいのが、目標をセンターに入れてスイッチ…ではなく「欲しいものリストに入れて通知オン」です。

1. 「Amazon ショッピングアプリ」をダウンロード(iOS/Android)

2. 欲しいものリストに気になる商品を入れまくる

3. アプリ左上のメニューから[設定]>[プッシュ通知]>「タイムセール通知」をオン

5. セール攻略の心構え「欲しいと思ったらこまめに買おう」

セールでカートに入れた商品は、なるべくこまめに購入までステップを進めましょう。これ、意外と大事です

6. 「自分自身の見極め力」も必要

ここでは支援ツールやテクニックをいくつか紹介してきましたが、最後の心構えとして覚えておきたいのが、多方面から情報を集めるということ。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる