口座開設アプリ

GX 取引システム

GX 取引システム
▼ 当ブログ限定の2つの特典をプレゼントします ▼

インテック、電子帳票システム「快速サーチャーGX」が電子帳簿保存法のJIIMA認証(スキャナ保存、電子取引データ保存)を取得

■JIIMA認証の経緯
「快速サーチャーGX」は、電子帳票システムとしては初めて「平成28年度改正法令基準」のJIIMA認証を取得していました。今回、2022年1月から施行された2021年度改正電子帳簿保存法(以下、電帳法)に対し、お客様に電帳法対応しているシステムとして安心して導入・利用いただけるよう、最新のJIIMA認証を取得しました。
JIIMA認証を取得したことによって、お客様は、電帳法が要求している「スキャナ保存」および「電子取引データ保存」のシステム要件を個々にチェックすることなく、安心して「快速サーチャーGX」を導入し、電子保存を図ることができます。

■「スキャナ保存」「電子取引データ保存」機能(一部)について
「スキャナ保存」機能について
・スキャナ保存データの取り込み/保存機能
・訂正履歴管理機能
・削除証憑管理機能
・データ一括ダウンロード機能

「電子取引データ保存」機能について
・電子取引のデータの取り込み/保存機能
・訂正履歴管理機能
・削除証憑管理機能
・データ一括ダウンロード機能

■JIIMA認証について
JIIMA認証とは、ソフトウェアやソフトウェアサービスに対して、電子帳簿保存法で規定されている要件を満たしているかどうかをJIIMAが判断し認証する制度のことです。国税庁の電子帳簿保存法関係サイトからJIIMA認証情報リストを確認することができます。
【国税庁HP GX 取引システム JIIMA認証情報リスト】
https://www.nta.go.jp/law/joho-zeikaishaku/sonota/jirei/11.htm




■インテックのJIIMA認証取得サービス
(1)電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証(審査基準法令年度:2021年度)
1.快速サーチャーGX
・バージョン:4.5
・認証日:2022年5月30日
・認証番号:000700-01

2.快速サーチャーGX GX 取引システム クラウドサービス
・バージョン:4.5
・認証日:2022年5月30日
・認証番号:000701-00

(2)電子取引ソフト法的要件認証(審査基準法令年度:2021年度)
1.快速サーチャーGX
・バージョン:4.5
・認証日:2022年5月30日
・認証番号:603900-00

■電帳法対応に関連したインテックのサービス
インテックでは、電帳法の対応を検討しているお客様の要望にお応えするため、「快速サーチャーGX」と連携したサービスをご用意しています。詳細は、以下をご参照ください。
https:GX 取引システム //www.einswave.jp/service/edi/#c05

■今後について
今後もインテックは、法改正が生じた際は、その内容に応じた機能開発を継続してまいります。また、現在開発中である「電子帳簿等保存」機能についてもJIIMA認証を取得し、電帳法における保存区分※1のすべての法的要件に対応予定です。

※1 電子帳簿保存法における保存は、以下3つに区分されます。
・電子帳簿等保存(電子的に作成した帳簿・書類をデータのまま保存)
・スキャナ保存(紙で受領・作成した書類を画像データで保存)
・電子取引(電子的に授受した取引情報をデータで保存)

■エンドースメント
公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)は、株式会社インテックによる電子取引ソフト法的要件認証制度、電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証制度への取り組みを歓迎します。
今回、「電子取引ソフト法的要件」、「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件」において認証したことをJIIMAホームページで公表いたしました。多くの民間企業が、認証ソフトを用いて、正しく運用し、書類の電子化による効率化を推進されることと期待します。
公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会 理事長 勝丸 泰志

■「快速サーチャーGX」について GX 取引システム
「快速サーチャーGX」は、企業内の様々な帳票、紙文書等のデータを統合管理し、いつでもどこでも簡単に高速検索、閲覧、印刷できる電子帳票システムです。データ共有による業務効率化や電子帳簿保存法対応をサポートします。利用環境は、オンプレミス版とクラウド版から選択でき、自社の運用や予算に合わせた最適な導入を実現します。

◆本サービスに関するお問い合わせ先
株式会社インテック ネットワーク&アウトソーシング事業本部 N&O営業部 担当:西村
E-Mail:[email protected] 取引システム co.jp

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

GX 取引システム

スプレッド広告

メキシコペソ/円キャッシュバックキャンペーン

セントラル短資FXデビュープログラム

FXを始めるときに考えてみよう、お金のアレコレ

川口一晃の「私のテクニカルストラテジー」

マイナンバーの登録

この人と心をカワセば

確定申告の手引き

取引のしやすさ
コストの低さ
キャンペーンの充実

スプレッド

最先端のスマホアプリ

ウィジェット

必要な情報は
ウィジェットで。

アプリを起動しなくても、よく使う通貨ペアの
レートやチャート、気になる経済指標が
すぐに確認でき、便利です。

チャート注文

チャートで注文。
チャンスは逃さない。

パーソナルレコード(カレンダー)

セン短が提案する、
新しい履歴のカタチ。

パーソナルレコード(サマリ)

取引成績を美しく
ビジュアライズ。

取引成績が可視化され、
より直感的な分析が
できるようになりました。

取引手数料は
もちろん無料

  • 口座開設手数料
  • 口座維持手数料
  • 取引手数料
  • クリック入金手数料
  • ロスカット手数料
  • 当社からの出金手数料 ※

少額資金で始めやすい!
高金利通貨

実施中のキャンペーン
・プログラム

メキシコペソ/円キャッシュバックキャンペーン

セントラル短資FXデビュープログラム

    11月xx日

セントラル短資FX株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第278号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会
一般社団法人日本投資顧問業協会

DEL(デア)はFX投資詐欺で稼げない?怪しい取引システムの実態とは?口コミと評判を徹底調査!

DEL(デア)はFX投資詐欺で稼げない?怪しい取引システムの実態とは?

参照元:https://yendollsystem.com/

今回は 「DEL(デア)」 というFX投資案件について検証します。

そこで、 GX 取引システム この「DEL(デア)」が本当に稼げるのかどうか、口コミと評判を含めて徹底調査していきます。

結論を先に言うと、 この「DEL(デア)」はオススメできません。

▼ 当ブログ限定の2つの特典をプレゼントします ▼

DEL(デア)ってどんな案件?

DEL(デア)の概要

ただ、 このLPを見ても不明点だらけ でよく分かりませんね。

などなど、 あまりに説明不足 ですね。

バックテストやフォワードテストなど公開しても良さそうなのですが、「人気の取引ツール」としか書かれてませんね。

DEL(デア)が選ばれる理由

FX業界初というのは、誇大表現 じゃないでしょうか?

登録してみた・・・。

DEL(デア)の公式LINE

登録すると 挨拶もなく、怪しげなFX系の案件を送りつけられました。

どうやら、このDEL(デア)は オプトインアフィリエイト案件 だったようです・・・。

この「オプトインフィリエイト=悪!」というワケではありませんが、 色々な副業情報を送ってくるLINEは、広告収入だけを狙ったものである場合が多い です。

ちなみに、PROUD HOLDINGS GX 取引システム SYSTEMは過去に調査してますね。

利益が出てるように誤認させてから、高額なバックエンドを請求してくる悪質な案件 と判明してます。

DEL(デア)はFX投資詐欺で稼げない?怪しい取引システムの実態とは?口コミと評判を徹底調査!

こんにちは!おかもんです。 今回は、FX自動売買ツールを提供している「プラウドホールディングスシステム(PROUD HOLDINGS SYSTEM)」について紹介します。 プラウドホールディングスシステム(PROUD HOLDINGS SYSTEM)はちょっと長いので、以後PHSと表記させても.

もし、 稼げる見込みの薄いものばかり送られてくるのであれば、悪質と言わざる負えませんね。

特定商取引法に基づく表記について

特商法に基づく表記とは、ネット商取引の中では特に確認するべき事項 で、

もしこの特商法の記載がない、もしくは、不備がある場合、あなたが不利益を被っても自己責任になってしまうので注意して下さいね。

さて、 DEL(デア)のランディングページ(LP)に特商法の記載はありませんでした。

DEL(デア)が稼げないと判断できる3つの理由とは?


DEL(デア)は、はっきり言って参加しない方が良いです。

”悪質”なオプトインアフィリエイト業者である可能性が高い

という 怪しげな点の多い案件 でした。

DEL(デア)オリジナルのトレードシステムを提供するかのように宣伝している時点で、アウト ですね。

特商法の記載がない

スーパースマイル(SUPER SMILE)はオプトインアフィリエ イト案件になりますので、特商法の記載は法的に義務付けられてはいませんが、

しかし、 特商法の記載がないということは、業者の住所や連絡先が分からないということです。

全てあなたの自己責任になります ので注意して下さい。

利用者の評判・口コミがない

しかし結果は、利用者の良い口コミは一切ありませんでした。

それどころか、 「稼げない」「詐欺案件!」などの注意喚起が目立つ有様です。

現状では、DEL(デア)に参加することはオススメできません。

副業案件や、投資の自動売買システム、サインツール等は山ほどあり、ピンからキリまでの値段で販売されていますが、本当に稼げるのはごく一部です。

このようなサービスや商品を利用する前に以下の2つの条件に当てはまっているか、調べて見た方がいいでしょう。

投資・副業の悪質詐欺にはくれぐれも気を付けましょう。

アナタの本業が 労働時間12時間以上でブラック企業で休みも少ない ・・・。

ボーナスがない ・・・。

時間はあまりなくても副業で本気で稼ぎたい!!

現状を打破したい!!

そんな中、模索して出てきたのが「 アフィリエイトやFX 」で、色々と挑戦してみたのですが、どうもうまくいきませんでした。

そこで僕が目を付けたのが 「 自動売買ツール 」 です。

こんな僕のように 「 副業をやる時間がないけど、今の会社をすぐに辞めれるくらいの資金力を稼いでおきたい! 」 という方のために、僕は自動売買ツールの運用をオススメします。

副業歴7年の期間で、たくさんの失敗と成功を経験してきましたので、きっとアドバイスできると思います。

▼ 副業に関する質問やお悩みも気軽にどうぞ ▼

非常識な7月4日の取引でNestWifiメッシュシステムが150ドルオフになります

M1 iPad Airをあなたの生活に取り入れるための準備はできましたか?今日はその日で、この7月4日にはすぐに40ドル節約できます。 7月4日の取引で、64GBのストレージとWi-Fiを搭載したAppleのM1搭載iPadAirタブレットで40ドル節約できます GX 取引システム 以前のiPadAirには何の問題もありませんでしたが、Appleは最新世代のモデルにM1チップを搭載することで一段と改善することを決定しました。これにより、タブレットはさらに強力になり、今年後半に発売されたときにiPadOS16のStageManagerをサポートするAppleの数少ないiPadの1つにもなります。 新しいiPadの価格M1チップを搭載したAirは前世代と変わらないが、7月4日のおかげで、指を離さずにタブレットを即座に40ドル節約できる。ただし、割引は一部のカラーオプションにのみ適用されるため、チェックアウトする前に慎重に選択することを忘れないでください。 M1チップとは別に、iPadAirには美しいものが付属しています。 10.9インチのLiquidRetinaディスプレイ、高速802.11ax Wi-Fi 6、データの充電と移動用のUSB-C、スリープ/スリープ解除ボタンのタッチID、ステレオスピーカーシステムなど。これは基本的に「プロ」のお金を使わない究極のiPad体験です。 繰り返しになりますが、これはAmazonとAppleからの非常に限られた時間の取引です。タブレットをすぐに玄関先に届けたい場合は、色を選択してカートに追加し、チェックアウトしてください。 2022年製のAppleiPadAir(10.9インチ、Wi-Fi、64 GB)を購入してください。 599ドルでしたが、今では559ドルです

IT Info

GalaxyA23は2022年7月のセキュリティアップデートを取得します

本日、Samsungは一部のアジア諸国でGalaxy S22、Galaxy S22 +、GalaxyS22Ultraの2022年7月のセキュリティアップデートをリリースしました。現在、アップデートはミッドレンジのGalaxyA23にもリリースされています。 Galaxy A23の最新のソフトウェアアップデートには、ファームウェアバージョン A235FXXU1AVF3が付属しています。アップデートはドイツとロシアで利用できます。他のアジアおよびヨーロッパ諸国は、すぐにGalaxyA23のアップデートを入手する可能性があります。 Samsung は2022年7月のセキュリティ更新プログラムのドキュメントをまだリリースしていませんが、この更新により、さまざまなプライバシーとセキュリティの脆弱性が修正されると予想されます。 Galaxy A23をお持ちで、上記の国のいずれかに住んでいる場合は、[設定]»[ソフトウェアアップデート]に移動し、[ダウンロードしてインストール]をタップすると、新しいアップデートを入手できます。データベースから最新のファームウェアファイルをダウンロードして手動でフラッシュすることもできます。 GalaxyA23は4か月前にAndroid12ベースのOneUI4.0でデビューしました。電話は Samsungの四半期ごとのセキュリティ更新スケジュールにあります。つまり、次の更新は2022年10月にリリースされる予定です。マーケット。 SamMobileのテレグラムグループに参加して、 YouTubeチャンネルで、Samsungデバイスの最新ニュースや詳細なレビューをすぐに入手できます。また、登録して Google News で最新情報を入手し、Twitter。 SamsungGalaxy GX 取引システム A23

IT Info

非常識な7月4日の取引でNestWifiメッシュシステムが150ドルオフになります

家庭用の信頼性の高いメッシュWi-Fiシステムをお探しの場合は、現在150ドルオフまたは43%のNestWifiをお探しください。 7月4日にAmazingNestWifi3パックメッシュWi-Fiシステムで150ドルを大幅に節約 Wi-Fi 5のみをサポートする古いシステムであるにもかかわらず、私は恥ずかしがりません私がNestWifiを絶対に愛しているという事実から離れて。手始めに、セットアップは非常に簡単です。次に、ポイントを追加し続けて、完全にカバーされるまで大きくすることができます。 Google Homeアプリを使用すると、物事を起動して実行できます。時間がない。全体のプロセスはとても簡単なので、問題なく自分で簡単に行うことができます。完了すると、組み込みのNestCloudServicesのおかげでネットワークは常に高速で信頼性が高くなります。 この特定のシステムには、1つのルーターと2つのWi-Fiポイントが付属しています。これにより、合計で5,400平方フィートのカバレッジが得られます。これは巨大です。また、前に述べたように、Wi-Fiネットワークを拡大したい場合は、ネットワークにポイントとルーターを追加できます。すでに自宅にGoogleWifiシステムがありますか?心配しないでください。これらのアクセスポイントをNestWifiシステムに追加することもできます。つまり、GoogleからNestにジャンプする予定がある場合、ここで無駄になることはありません。 最後になりましたが、Nest Wifiを使用すると、接続されているデバイスとその接続強度を表示できます。リモートで。ネットワークのバッテリー制御を行うために、ゲストアクセスとファミリープロファイルを設定することもできます。含まれているWifiポイントに組み込まれているGoogleアシスタントのサポートで締めくくられます。 これは本当に素晴らしい7月4日の取引であり、見逃してはならないものです。以下のリンクにアクセスして、Amazonが元の価格に戻すことを決定する前に、この取引を袋に入れてください。 Nest WiFiルーターと2ポイントを購入-349ドルでしたが、現在は199ドルです

インテック、電子帳票システム「快速サーチャーGX」が電子帳簿保存法のJIIMA認証(スキャナ保存、電子取引データ保存)を取得

■JIIMA認証の経緯
「快速サーチャーGX」は、電子帳票システムとしては初めて「平成28年度改正法令基準」のJIIMA認証を取得していました。今回、2022年1月から施行された2021年度改正電子帳簿保存法(以下、電帳法)に対し、お客様に電帳法対応しているシステムとして安心して導入・利用いただけるよう、最新のJIIMA認証を取得しました。
JIIMA認証を取得したことによって、お客様は、電帳法が要求している「スキャナ保存」および「電子取引データ保存」のシステム要件を個々にチェックすることなく、安心して「快速サーチャーGX」を導入し、電子保存を図ることができます。

■「スキャナ保存」「電子取引データ保存」機能(一部)について
「スキャナ保存」機能について
・スキャナ保存データの取り込み/保存機能
・訂正履歴管理機能
・削除証憑管理機能
・データ一括ダウンロード機能

「電子取引データ保存」機能について
・電子取引のデータの取り込み/保存機能
・訂正履歴管理機能
・削除証憑管理機能
・データ一括ダウンロード機能

■JIIMA認証について
JIIMA認証とは、ソフトウェアやソフトウェアサービスに対して、電子帳簿保存法で規定されている要件を満たしているかどうかをJIIMAが判断し認証する制度のことです。国税庁の電子帳簿保存法関係サイトからJIIMA認証情報リストを確認することができます。
【国税庁HP JIIMA認証情報リスト】
https://www.nta.go.jp/law/joho-zeikaishaku/sonota/jirei/11.htm

■インテックのJIIMA認証取得サービス
(1)電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証(審査基準法令年度:2021年度)
1.快速サーチャーGX
・バージョン:4.5
・認証日:2022年5月30日
・認証番号:000700-01

2.快速サーチャーGX クラウドサービス
・バージョン:4.5
・認証日:2022年5月30日
・認証番号:000701-00

(2)電子取引ソフト法的要件認証(審査基準法令年度:2021年度)
1.快速サーチャーGX
・バージョン:4.5
・認証日:2022年5月30日
・認証番号:603900-00

※1 電子帳簿保存法における保存は、以下3つに区分されます。
・電子帳簿等保存(電子的に作成した帳簿・書類をデータのまま保存)
・スキャナ保存(紙で受領・作成した書類を画像データで保存)
・電子取引(電子的に授受した取引情報をデータで保存)

■エンドースメント
公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)は、株式会社インテックによる電子取引ソフト法的要件認証制度、電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証制度への取り組みを歓迎します。
今回、「電子取引ソフト法的要件」、「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件」において認証したことをJIIMAホームページで公表いたしました。多くの民間企業が、認証ソフトを用いて、正しく運用し、書類の電子化による効率化を推進されることと期待します。
公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会 理事長 勝丸 泰志

◆本サービスに関するお問い合わせ先
株式会社インテック ネットワーク&アウトソーシング事業本部 N&O営業部 担当:西村
E-Mail:[email protected]

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる