外国為替取引とは

株価指数先物とは

株価指数先物とは
  • 国内株式市場見通し:米6月CPI皮切りに週末まで重要イベント多く神経質な展開
  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • 今週の【話題株ダイジェスト】 ウェッジHD、ダイドー、アエリア (7月4日~8日)
  • 10億円を築いた途端にスランプ入り、その理由と打開策は
  • 【植木靖男の相場展望】 ─今はひたすら個別人気株を追う段階
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • 個人投資家・有限亭玉介:「ベアマーケット・ラリー」では必ず強い株に注目すべし【FISCOソーシャルレポーター】
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)

【市況】 株価指数先物【引け後コメント】 ETFの需給イベントを前にして、先回りのショートポジションをニュートラルに戻す動き

指数インパクトの大きい東京エレクトロン [東証P]、アドバンテスト [東証P]、ファナック [東証P]などが後場一段高で始まっており、日経平均型のインデックス買いが入ったと見られる。これによりNT倍率は先物中心限月で14.08倍に上昇したが、14.10倍水準の抵抗を超えることはできず、リバランスの動きにとどまっている。ETFの需給イベントを前にして、ポジションをニュートラルに戻す動きがメインだったと見られる。

  • ・明日の株式相場に向けて=「鋼鉄の鳩」日銀プレーで後場急伸 (07/07)
  • ・【↑】日経平均 大引け| 反発、欧米株高を受け主力株を中心に買い優勢 (7月7日)
  • 株価指数先物とは
  • ・「日経225先物」手口情報(7日日中) 野村証券買い越しトップ、9月限1521枚 (07/07)
  • ・「日経225先物」手口情報(7日夜間) ABNクリアリン証券買い越しトップ、9月限.. (07/07)
  • ・「TOPIX先物」手口情報(7日日中) JPモルガン証券買い越しトップ、9月限3820枚 (07/07)
  • ・「TOPIX先物」手口情報(7日夜間) 株価指数先物とは モルガンMUFG証券買い越しトップ、9月限133.. (07/07)
  • ・外国証券 先物手口情報まとめ(7月7日・日中)
  • ・外国証券 先物手口情報まとめ(7月7日・夜間)
  • ・主要国内証券 先物手口情報まとめ(7月7日・日中)
  • ・主要国内証券 先物手口情報まとめ(7月7日・夜間)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信中!武者陵司氏セミナー
  • 見逃し配信中!株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです! 株価指数先物とは
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 国内株式市場見通し:米6月CPI皮切りに週末まで重要イベント多く神経質な展開
  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • 今週の【話題株ダイジェスト】 ウェッジHD、ダイドー、アエリア (7月4日~8日)
  • 10億円を築いた途端にスランプ入り、その理由と打開策は
  • 【植木靖男の相場展望】 ─今はひたすら個別人気株を追う段階
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • 個人投資家・有限亭玉介:「ベアマーケット・ラリー」では必ず強い株に注目すべし【FISCOソーシャルレポーター】
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 【植木靖男の相場展望】 ─今はひたすら個別人気株を追う段階
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)
  • 今週の【話題株ダイジェスト】 ウェッジHD、ダイドー、アエリア (7月4日~8日)

お薦めコラム・特集

  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • 株価指数先物とは 株価指数先物とは
  • 上昇トレンドに乗る【低PER】 48社選出 <テクニカル特集> 7月8日版
  • 個人投資家・有限亭玉介:「ベアマーケット・ラリー」では必ず強い株に注目すべし【FISCOソーシャルレポーター】
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

【市況】 株価指数先物とは 株価指数先物【引け後コメント】 ETFの需給イベントを前にして、先回りのショートポジションをニュートラルに戻す動き

指数インパクトの大きい東京エレクトロン [東証P]、アドバンテスト [東証P]、ファナック [東証P]などが後場一段高で始まっており、日経平均型のインデックス買いが入ったと見られる。これによりNT倍率は先物中心限月で14.08倍に上昇したが、14.10倍水準の抵抗を超えることはできず、リバランスの動きにとどまっている。ETFの需給イベントを前にして、ポジションをニュートラルに戻す動きがメインだったと見られる。

  • ・明日の株式相場に向けて=「鋼鉄の鳩」日銀プレーで後場急伸 (07/07)
  • ・【↑】日経平均 大引け| 反発、欧米株高を受け主力株を中心に買い優勢 (7月7日)
  • ・「日経225先物」手口情報(7日日中) 野村証券買い越しトップ、9月限1521枚 (07/07)
  • ・「日経225先物」手口情報(7日夜間) ABNクリアリン証券買い越しトップ、9月限.. (07/07)
  • ・「TOPIX先物」手口情報(7日日中) JPモルガン証券買い越しトップ、9月限3820枚 (07/07)
  • ・「TOPIX先物」手口情報(7日夜間) モルガンMUFG証券買い越しトップ、9月限133.. (07/07)
  • ・外国証券 先物手口情報まとめ(7月7日・日中)
  • ・外国証券 先物手口情報まとめ(7月7日・夜間)
  • ・主要国内証券 先物手口情報まとめ(7月7日・日中)
  • ・主要国内証券 先物手口情報まとめ(7月7日・夜間)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信中!武者陵司氏セミナー
  • 見逃し配信中!株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 国内株式市場見通し:米6月CPI皮切りに週末まで重要イベント多く神経質な展開
  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • 今週の【話題株ダイジェスト】 ウェッジHD、ダイドー、アエリア (7月4日~8日)
  • 10億円を築いた途端にスランプ入り、その理由と打開策は
  • 【植木靖男の相場展望】 ─今はひたすら個別人気株を追う段階
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • 個人投資家・有限亭玉介:「ベアマーケット・ラリー」では必ず強い株に注目すべし【FISCOソーシャルレポーター】
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)株価指数先物とは

人気ニュース【ベスト5】

  • 【植木靖男の相場展望】 ─今はひたすら個別人気株を追う段階
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (株価指数先物とは 7月4日-8日)
  • 今週の【話題株ダイジェスト】 ウェッジHD、ダイドー、アエリア (7月4日~8日)

お薦めコラム・特集

  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • 上昇トレンドに乗る【低PER】 48社選出 <テクニカル特集> 7月8日版
  • 個人投資家・有限亭玉介:「ベアマーケット・ラリー」では必ず強い株に注目すべし【FISCOソーシャルレポーター】
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)
株価指数先物とは

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

先物取引とは~日経225miniのメリット~

『日経225mini』は『日経225先物』と同様に、「日経平均株価(日経225)」を対象とした株価指数先物取引ですが、 取引金額は『日経225先物』の10分の1になります。 『日経225先物』の取引単位が「日経平均株価の1,000倍」であるのに対し、『日経225mini』は「日経平均株価の100倍」となっています。例えば「2万3000円を1枚買い建て」する場合、『日経225先物』では2300万円(2万3000円×1,000倍)が取引金額になります。一方『日経225mini』は、230万円(2万3000円×100倍)が取引金額となります。

取引に必要な資金については、現物取引では100万円の個別銘柄を購入する場合に100万円の資金が必要となります。しかし先物取引では証拠金を預ければよいので、取引金額全額は必要ありません。先物取引に必要な証拠金は、日本証券クリアリング機構が算出している「SPAN証拠金額」を基に計算されます(必要な証拠金額=SPAN証拠金額×証券会社が設定する掛け目)。さらに 『日経225mini』の証拠金は『日経225先物』の10分の1となり、より少ない資金で取引ができる というメリットがあります。ネット証券などでは10万円未満の証拠金で『日経225mini』を1枚買い建て(売り建て)することができます。ただし必要な証拠金は日経平均株価の水準や変動の大きさによって定期的に見直しされます。実際の取引の際には、証券会社のホームページなどで証拠金額をご確認ください。

■1枚当たりの取引金額
日経平均先物 2万3000円 ×1,000(倍) ×1枚 2300万円
日経225mini 2万3000円 ×100(倍) ×1枚 230万円
■1枚当たりの所要証拠金額
日経平均先物 72万円
日経225mini 7.2万円
株価指数先物とは
『日経225先物』の取引可能限月 『日経225mini』の取引可能限月
2020年3月限 2020年2月限
2020年6月限 2020年3月限
2020年9月限 2020年4月限
2020年12月限 2020年5月限
2020年6月限
2020年9月限
2020年12月限

このように『日経225mini』は、「売りから取引が開始できる」など『日経225先物』のメリットをそのまま享受しながら、『日経225先物』に比べ「少額の資金で取引できる」という魅力があります。
また、『日経225mini』の投資対象は「日経平均株価」になるため、投資に詳しくない人にとっても馴染みやすく、新聞やテレビで日々の値動きを簡単に確認できることも魅力です。もちろん自身が予想した相場と逆に動いた場合に損失が発生することに留意する必要があります。それでも先物取引には現物取引にはない「夜間立会(16:30~翌5:30)」があり、「日中忙しい人は夜間に取引できる」というメリットもあります。ぜひ『日経225mini』を資産運用における手段の1つにしてみてください。なお、ミニ取引には「TOPIX(東証株価指数)」を対象とした株価指数先物取引となる『TOPIX mini』もあります。こちらも『TOPIX先物』と比べ取引単位や証拠金が10分の1となります。

【市況】 株価指数先物【寄り前コメント】 ETFに絡んだ売り需要を警戒もセンチメントは改善傾向に、押し目狙いのスタンスか

  • 国内株式市場見通し:米6月CPI皮切りに週末まで重要イベント多く神経質な展開
  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • 今週の【話題株ダイジェスト】 ウェッジHD、ダイドー、アエリア (7月4日~8日)
  • 10億円を築いた途端にスランプ入り、その理由と打開策は
  • 【植木靖男の相場展望】 ─今はひたすら個別人気株を追う段階
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 株価指数先物とは 株価指数先物とは 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • 個人投資家・有限亭玉介:「ベアマーケット・ラリー」では必ず強い株に注目すべし【FISCOソーシャルレポーター】
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)株価指数先物とは

人気ニュース【ベスト5】

  • 【植木靖男の相場展望】 ─今はひたすら個別人気株を追う段階
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)
  • 今週の【話題株ダイジェスト】 ウェッジHD、ダイドー、アエリア (7月4日~8日)

お薦めコラム・特集

  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • 上昇トレンドに乗る【低PER】 48社選出 <テクニカル特集> 7月8日版
  • 個人投資家・有限亭玉介:「ベアマーケット・ラリー」では必ず強い株に注目すべし【FISCOソーシャルレポーター】
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

【市況】 株価指数先物とは 株価指数先物【寄り前コメント】 ETFに絡んだ売り需要を警戒もセンチメントは改善傾向に、押し目狙いのスタンスか

  • 国内株式市場見通し:米6月CPI皮切りに週末まで重要イベント多く神経質な展開
  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • 今週の【話題株ダイジェスト】 ウェッジHD、ダイドー、アエリア (7月4日~8日)
  • 10億円を築いた途端にスランプ入り、その理由と打開策は
  • 【植木靖男の相場展望】 ─今はひたすら個別人気株を追う段階
  • 富田隆弥の【CHART 株価指数先物とは 株価指数先物とは CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • 個人投資家・有限亭玉介:「ベアマーケット・ラリー」では必ず強い株に注目すべし【FISCOソーシャルレポーター】
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (株価指数先物とは 7月4日-8日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 【植木靖男の相場展望】 ─今はひたすら個別人気株を追う段階
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)
  • 今週の【話題株ダイジェスト】 ウェッジHD、ダイドー、アエリア (7月4日~8日)

お薦めコラム・特集

  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • 上昇トレンドに乗る【低PER】 48社選出 <テクニカル特集> 7月8日版
  • 個人投資家・有限亭玉介:「ベアマーケット・ラリー」では必ず強い株に注目すべし【FISCOソーシャルレポーター】
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる