プロが徹底解説

移動平均線とは

移動平均線とは
移動平均線を実際にビットコインFXチャートに表示しました。( 赤線部分 )
実際の値動き(ローソク足)に対して、若干遅れて緩やかな線を描いています。

注目チャート222|積水ハウス(1928)

セブメント別に見ていくと、請負型事業の売上が9986億円と
前年度の9849億円から伸びており、且つ、セブメントの中では一番の売上となっています。
請負型事業とは戸建住宅や賃貸住宅、土木事業の請負となります。
次にストック型が7411億円と前年度の6987億円から増加していました。
ストック型とは、リフォームや不動産事業となります。
そして、開発型は3848億円と前期の3211億円か羅増加していました。
開発型は分譲住宅やマンション、都市開発などの事業となります。
最後に国際事業は3889億円と前期の3706億円から増加していました。

コアビジネスの更なる深化と新規事業への挑戦が今後の基本方針となっており、
請負型ビジネス、ストック型ビジネス、開発型ビジネスの3つの柱を
国内と国際の二つで、計6つの柱の有機的成長で持続的な成長を目指すようです。

また、6月9日に第1四半期決算が発表されました。
売上高は7436億円、営業利益は877億円、最終利益は574億円となりました。
売上高は前年同期比でプラス22%、営業利益は同プラス60%、
最終利益は同プラス58.9%と大幅に伸びています。

このチャートをどう見るか?

大局の強気と弱気の分岐点とされる
200本EMA(指数平滑移動平均線)と価格の推移を見ていきましょう。
チャートは日足なので、200本EMAは200日EMAとなります。
200日EMAと価格の関係を見ると、コロナショックの後に二番底を付けて、
200日EMAは緩やかに右肩下がりの動きになりました。
その後、価格の上昇に伴って200日EMAは右肩上がりの動きになっていきました。
2022年の年初に高値を付けてからは価格の下落と共に200日EMAも右肩下がりになりました。
現在は、価格の上昇によって横ばいに動きになってきています。

次にステージを見ていきましょう。
200日EMAが右肩上がりのときには、上昇期である第1ステージの期間が
やや長くなっていますが、それでも、ステージがコロコロと変化しています。
直近の動きをみても下降期である第4ステージがしばらく続いていましたが、
ここにきて上昇期である第1ステージへ移行していきました。

では、直近の動きを見てみましょう。
下降期である第4ステージから切り返しが入り、
そこから9本横ばいの動きになっていました。
そこから、1本大きな陽線で上放れてきました。
ポイントは、今年の3月の高値を更新出来るかどうかです。
もし、更新出来たとしても、今年の1月の高値を突破しなければ
上昇トレンドが継続とはなりません。

移動平均線とは? トレンドの方向性、強弱を知らせてくれる

USDJPYのチャートと移動平均線

LINE

送る

移動平均線の仕組み

短期 5 9 10 中期 20 25 長期 75 100 200

移動平均線の種類

単純移動平均線 SMA Simple Moving Average

加重移動平均線 WMA Weighted Average

指数平滑移動平均線 EMA Exponent Moving Average

移動平均線(EMA)を使った買いと売りのタイミング

LINE

送る

最初のコメントをしよう コメントをキャンセル

最近の投稿

  • RSIは相場の売られ過ぎ、買われ過ぎを数値で判断できる指標
  • ストキャスティクスは価格の天井と底を教えてくれる頼れる指標
  • パラボリックSARはFX初心者でも視覚的に売買ポイントがわかりやすい
  • FX初心者も必ず知っておきたいーサポートライン、レジスタンスライン
  • 一目均衡表は時間の概念を取り入れた、視覚的にもわかりやすい指標

カテゴリー

為替の金額と通貨の画像

FX取引に影響を及ぼす経済指標

FXの取引では、多くの投資家が主要国の経済指標を意識して、日々チェックしています。 今後の相場に大きな影響を与える金融政策に関する要人発言などで、為替相場の潮流が大きく変動するためです。 特に、日本時間の深夜に発表されるアメリカの経済指標発…

チャートに引いたサポレジ

FX初心者も必ず知っておきたいーサポートライン、レジスタンスライン

FXのトレードでは、サポートライン、レジスタンスラインという言葉をよく耳にすることがあると思います。 別の言い方では下値支持線、上値抵抗線ともいわれますが、正確に理解して使っている人は意外に少ないのも事実です。 移動平均線とは サポートライン、レジスタンス…

TradingvViewの為替チャートでパラボリックSARの解説

パラボリックSARはFX初心者でも視覚的に売買ポイントがわかりやすい

Contents1 パラボリック SARとは?2 パラボリックSAR トレードでの使い方2.1 売りのエントリー、決済2.2 買いのエントリー、決済3 パラボリックSARの特徴 パラボリック SARとは? パラボリックSARは、J.W.ワイ…

Tradingviewのチャート画面でRSIの説明

RSIは相場の売られ過ぎ、買われ過ぎを数値で判断できる指標

RSIは売られ過ぎ、買われ過ぎを数値で表す代表的な指標。 買われ過ぎ、売られ過ぎの相場の行き過ぎから、方向の反転を予測して買われ過ぎの時は売り、売られ過ぎの時は買いのポジションを建てる指標になります。 Contents1 RS. …

一目均衡表

一目均衡表は時間の概念を取り入れた、視覚的にもわかりやすい指標

一目均衡表は、1936年に新聞記者細田悟一が一目山人というペンネームで、発表したテクニカル指標です。 海外のトレーダーからも、現在に至るまで支持されて、FX初心者にとっても、ビジュアル的にエントリーと 決済ポイントがわかりやすいものです。ロ…

MACDとは? FX初心者も売買のシグナルを発見できる指標

MACDは移動平均線を発展させた指標です。 初心者でも、売買のタイミングを見つけやすいため、トレンド分析の中でも人気のある指標の一つです。 移動平均線とは トレンドが発生しているときに、威力を発揮しますが、レンジ相場には弱いという特徴があります。 &nbs…

PCでFXのトレードをする人の手元

FXを始める前に初心者が知っておきたいFXの用語集

Contents1 エントリー2 ポジション3 pips(ピップス)4 スワップ5 スプレッド6 時間足7 上昇トレンド8 下降トレンド9 レンジ エントリー トレードを開始することです。買いでエントリーした時はロングエントリー、売りでエン…

為替の金額と通貨の画像

FX取引に影響を及ぼす経済指標

FXの取引では、多くの投資家が主要国の経済指標を意識して、日々チェックしています。 今後の相場に大きな影響を与える金融政策に関する要人発言などで、為替相場の潮流が大きく変動するためです。 移動平均線とは 特に、日本時間の深夜に発表されるアメリカの経済指標発…

【超実践的】ビットコインFXで使える「移動平均線」とは?初心者ガイド

bitcoin-moving-average-title

btcfx-moving-average-1

移動平均線を実際にビットコインFXチャートに表示しました。( 赤線部分 )
実際の値動き(ローソク足)に対して、若干遅れて緩やかな線を描いています。

移動平均線とは、過去の価格から平均値を算出し、一本の線で結んだテクニカルツールです。

(○○期間の価格合計)÷○○期間

移動平均線の見方は「基本は3つ」

  • 移動平均線の向きでトレンドを判断する見方
  • 移動平均線をサポートラインとする見方
  • 移動平均線をレジスタンスラインとする見方

btcfx-moving-average-2

移動平均線の向きでトレンドを判断する
移動平均線の向きでトレンドを判断する見方があります。

あくまで、平均値を元に算出しているので絶対ではありません。
移動平均線で分かる、簡単なトレンドの把握として考えましょう。

btcfx-moving-average-3

移動平均線をサポートラインとする見方

上向きの移動平均線は、サポートラインになるといった見方が出来ます
上記の画像では、移動平均線がサポートラインとして価格を支えているのが分かります。

btcfx-moving-average-4

移動平均線をレジスタンスラインとする見方

下向きの移動平均線は、レジスタンスラインになるといった見方が出来ます。
上記の画像では、移動平均線がレジスタンスラインとして価格を抑えているのが分かります。

ビットコインFXは「200日移動平均線」が無難

結論としては「200日移動平均線」から使ってみましょう。

Vbtcfx-moving-average-5

実際に、ビットコインFXの日足チャートに200日移動平均線を表示してみましょう。

移動平均線の見方と使い方

移動平均線は、もっともメジャーかつポピュラーなテクニカル分析で、相場のトレンドを把握したり、売買のタイミングをはかる指標として広く利用されています。移動平均線は、過去にさかのぼって株価の終値を合計し平均したものを折れ線グラフにしてあらわしたものです終値を合計する日数には、5日、25日、75日、100日、200日などがよく使われます。5日は株式市場が開いている月曜日から金曜日までのおよそ1週間をあらわす単位で、25日はおよそ1か月をあらわす単位、75日はおよそ3か月を表す単位、200日はおよそ1年を表す単位と言われています。
このうち25日移動平均線はもっともよく使われることが多いことから人気線とも言われています。そのほか75日線は需給を占う需給線、200日線は景気を占う景気線といわれています。

株の練習

1・移動平均線の見方

25日移動平均線を例に移動平均線の見方を解説をします。
25日移動平均線よりも株価が上にあるときは、過去25日間にその株を買った人は平均するとだいたい利益が出ています。売り圧力よりも買い圧力が強いことを示しています。このような時は心にゆとりができ、まだ上がるかもしれないのでもう少し持ち続けてみようとする心理が働きやすくなります。
逆に25日移動平均線よりも株価が下にあるときは、過去25日間にその株を買った人は平均するとだいたい損をしています。これ以上下がる前に株を早く売りたいという心理が働きやすく、売り圧力が買い圧力よりも強いことを示しています。。

移動平均線が右肩上がりにあるときは上昇トレンドにあるといい、右肩下がりにあるときは下降トレンドにあるといいます。

シティグループの移動平均線

2・移動平均線の使い方

移動平均線を上値支持線または下値支持線として使う方法。
上昇トレンドまたは下降トレンドを描いているときに、株価が移動平均線に近づいたとき、または離れたときに買いや売りを仕掛けるトレード手法。
上図のシティグーループの4月20日ごろを見ると、上向きに転じた株価が25日移動平均線に近づいたところで反落しています。このように株価が移動平均線に近づいたポイントは小さな変化点になりやすく、売りや買いを仕掛ける一つの目安となります。
上向きに転じた株価が移動平均線で押さえつけられて反転する場合の移動平均線を上値支持線(またはレジスタンス)といいます。
シティグーループの9月5日や10月4日あたりを見ると、下向きに転じた株価が25日移動平均線に近づいたところで反転しています。
このように下向きに転じた株価が移動平均線で戻されて反発する場合の移動平均線を下値支持線(なたはサポート)といいます。

株価が移動平均線よりも上方向に離れていることを上方にかい離しているといい、株価が小さく反落しやすいポイントの一つとなります。これも売買を仕掛ける一つの目安となります。 移動平均線とは
株価が移動平均線よりも下方向に離れていることを、下方にかい離しているといい、株価が小さく反転しやすいポイントのひとつとなります。

株価チャートは日足だけでなく、分足や時間足、週足などもあります。このようなとき移動平均線の計算に使う数字は、日数でなく、分や時、週などの単位が使われます。
分足チャートはデイトレードでよく使われ、移動平均線の計算には、12本、24本、48本の数字がよく使用されます。5分単位で計算すると、1時間は12本、2時間は24本、4時間は48本にあたります。週足チャートでは、13週、26週、52週、月足チャートでは、12か月、24か月、60か月がよくつかわれます。

ゴールデンクロスとデッドクロス

株価が下降トレンドを描いているときは、短期移動平均線の上に中期移動平均線がきて、上昇トレンドを描いているときは、中期移動平均線の上に短期移動平均線がきます。下落していた中期移動平均線が横ばいまたは上向き基調に転じ、短期移動平均線が中期移動平均線を下から上へと抜けていった交点をゴールデンクロス(GC)といい、下降トレンドから上昇トレンドへと転換しやすい買いサインと言われています。逆に上昇していた中期の移動平均線が横ばいまたは下向き基調に転じ、短期移動平均線が中期移動平均線を上から下へと抜けていくとき交点をデッドクロス(DC)といいます。上昇トレンドから下降トレンドへと転換しやすい買いサインと言われています。

移動平均線

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる