の収益源

FX取引の規制について Regulation

FX取引の規制について Regulation
SFC

英当局もマイクロソフトとアクティビジョンの買収計画について調査開始へ=米国株個別

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

JFSA – Public Comment on Margin Regulations

A summary of what became clear in the public comments for Margin regulation on Dec. 11 th , 2015 is as follows:

1. Entities subject to regulation are:

VM: Financial institutions holding 300billion yen average balance of OTC derivatives. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (10)

IM: Entities subject to VM regulation and holding 1.1 trillion yen average balance of OTC derivatives in the group. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (11))

2. You FX取引の規制について Regulation can include other derivative products (e.g. FX forward etc.) which are not subject to regulation at this time, if both counterparties agree, in margin calculation for products which are subject to regulation. Thanks to this, it is not needed to prepare another FX取引の規制について Regulation CSA for the new products. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (7))

3. Weather derivatives, catastrophe derivatives, etc. are included in the regulation. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (1))

4. Internal trades in the same group are excluded from the calculation of notional amount of derivative products held to check if the financial institution is subject to the IM regulation. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (11 ) )

5. VM should be managed daily. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (1)XXI)

6. IM should be calculated at least monthly FX取引の規制について Regulation unless there is a material change, such as rules on the rights and duties. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (1)XXI)

7. Minimum Transfer Amount is 70 million yen or less calculated by sum of the margin needed both for IM and VM. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (1))

8. Threshold is 7 FX取引の規制について Regulation billion yen or less calculated by sum of the margin in the same group. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (1)

9. Assets you can use as collateral for both VM and IM are authorised by JFSA as follows; (FX取引の規制について Regulation You cannot use gold.)

  • Cash
  • Notes issued by Government, Central bank, BIS, IMF, ECB, EU, IDB, etc. or Japanese local FX取引の規制について Regulation public body, etc. with the rate of 1-4 or higher in credit risk category regulated by Capital Adequacy Notice
  • Notes issued by entities other than above with the rate of 2-2, 4-3, FX取引の規制について Regulation 5-3 or higher in credit risk category regulated by Capital Adequacy Notice
  • Stocks used for primary Index in the countries designated by JFSA
  • Others

(Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (8) and JFSA Notice)

  • 現金
  • 中央政府、中央銀行、国際決済銀行、IMF、EU、国際開発銀行他、または地方公共団体によって発行された債券
  • 上記以外の発行体で、銀行自己資本告示の定める信用リスク区分が2-2、4-3、5-3以上のものが発行する債券他
  • 指定国の主要な株価指数を構成する株式等
  • その他

10. There are two kinds of hair-cut. One is related to the type of the collateral asset. The other is if FX取引の規制について Regulation the collateral is in a different currency to the margin exposure (8%). For example, if you use an asset as collateral with 4% hair-cut and it is different currency with the derivative, then the total hair-cut is 12%. If you use cash FX取引の規制について Regulation for VM the latter is 0. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (9))

JFSA-PC-1

JFSA-PC-2

11. Financial institutions that are not subject to “Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc.”, such as small banks. still have to do the followings;

  • Calculation of MTM for their position of OTC derivatives
  • FX取引の規制について Regulation
  • Delivery of VM with adequate frequency in accordance with trade volume, risk, or etc. (Guideline for supervision)

12. You have to consider diversification for illiquid securities in collateral management. (Guideline for supervision)FX取引の規制について Regulation

Summary for IM Calculation Method

Calculation method for “Estimation of Potential Loss Etc.” is as follows (JFSA Notice)

The calculation methods are (1) Method by using quantitative model and (2) Method by using FX取引の規制について Regulation standard table.

Method by using quantitative model:

  • Using 99% one tail confidence level with holding period 10 days. Or using FX取引の規制について Regulation its holding period if less than 10days.
  • Estimation of Potential Loss is calculated by the following categories, which are the main reasons for the fluctuation of PV;
    • Change of credit condition of transferee
    • Change of price of the product
    • Change FX取引の規制について Regulation of price of the stock
    • Change of foreign exchange rate or interest rate
    • Other changes
    1. The period is more than 1 year and less than 5 year
    2. The period includes the stress period
    3. The period includes the most recent market data
    4. At least yearly updated
    5. Others

    Method by using standard table:

    • Using the following formula;

    IM = 0.4 * Gross IM + 0.6 * NGR * Gross IM

    IM: Estimation of Potential Loss Etc.FX取引の規制について Regulation

    NGR: Net current exposure / Gross current exposure, which if Gross current exposure is 0, then NGR =1

    Net current exposure: NPV of the derivatives (if NPV is less than 0, then 0)

    Gross current exposure: Total of PV of the derivatives (if PV of the derivatives is less than 0, then the PV is 0)

    海外FX会社:2022年おすすめの海外FX口座を比較。

    詳細についてはスクロールしてください

    FX取引とは

    FX取引の仕組み

    FX取引は日本で合法?

    海外FX会社とは

    海外FX会社を利用するメリット

    • 海外FX会社の最大の魅力は、1000:1以上のレバレッジを提供していることです。つまり、資本が少なくても、非常に高額の取引を行うことができます。対照的に、金融庁によって認可されたブローカーは、マージンの25倍のレバレッジ制限を設定しています。
    • 海外FX会社は「ゼロカット」システムを適用することができます。これにより、トレーダーは、オファーのレバレッジが高いにもかかわらず、マージンを超えて損失を出すことはありません。対照的に、日本の国内FX会社は、ゼロカットシステムを提供していません。これは、価格の急激な変動によりストップロスシステムが作動しない可能性がある、市場のボラティリティが大きい期間中に特に重要になることがあります。
    • 海外FX会社は、国内FX会社よりも気前の良いボーナスの仕組みを提供することがあります。

    海外FX会社を利用するデメリット

    • 免許のない海外FX会社に日本語のウェブサイトがあっても、スタッフが日本語を話せない場合があります。したがって、サイトの使い方やブローカーが提供するサービスについて質問がある場合に、あまりサポートを受けられない可能性があります。
    • サービスについて苦情があった場合、または不当な扱いを受けたと思われる場合、救済措置が制限されます。さらには、詐欺行為で損失を被った場合、金融庁はトレーダーを助けることができません。
    • 海外FX会社を利用する場合でも、日本で確定申告と納税を行う必要があります。実際に、国内で認可されたブローカーを使用する場合よりも、支払う税金がかなり高くなる可能性があります。
    • 出金に関するブローカーのルールは理解しづらいかもしれません。たとえば、出金は入金後30日間経過してからでなければできないという規則がある場合があります。さらに、出金に関する規則は頻繁に変更される可能性があります。
    • 入金は国外の銀行で行われるため、出金の際に追加料金がかかる場合があります。
    • スプレッドと取引の全体的なコストは、金融庁免許のあるブローカーを使用する場合よりも高くなる可能性があります。たとえば、ある大手国内FX会社は、USD/JPYペアで1000米ドルあたり0.2円の固定スプレッドを提供していますが、海外FX会社が提供するスプレッドは、その10倍にもなる可能性があります。
    • 免許のない海外FX会社は、国内FX会社が提供する教育プログラムを提供していないことがあり、初心者には不向きな場合があります。
    • さらに、レバレッジで取引することで利益を大幅に増やすことができますが、損失を拡大する可能性もあるため、正しい使い方がわからない場合は非常にリスクが高くなります。

    FX取引と株取引の違い

    • FX取引の通貨はペアで取引されますが、株取引の株式は現金で購入される現物株式となります。
    • FX市場は、すべての取引と参加者が秘匿されている、取引が分散化された市場です。一方、株式市場では取引が集中化され、売り手と買い手の公的記録は保管されています。
    • FX取引は参入コストが低いと言われています。株取引では、一定の利益をあげるために多額の資金が必要になるため、一般の投資家には少し手を出し辛いかもしれません。

    FX取引は、トレーダーが取引されている資産の所有権を取得することはありません。CFDのFX取引では、トレーダーは取引に関わる資産の将来価値を予測し取引を行うため、現物の売買は発生しません。

    レバレッジとは

    これには2つの効果があります。FX取引への参入コストが低いままであるということと、利益または損失が最大化されることです。トレーダーは、取引全額の損失に責任を負います。

    FX初心者の学習方法

    英語がわからなくても口座を開設できますか?

    FX戦略の選び方

    FX取引を始めるのに必要な資金

    FX取引のリスク

    リスク1:FX相場は、ときに非常に変動が激しくなります。この変動が激しいタイミングを上手く利用することで資産を増やすことも可能ですが、一方で短期間で損失を被る可能性もあります。取引を行っている場合は、常に取引を監視している必要があります。

    リスク2:FXマーケットには変動の要素があまりにも多く存在し、予測はほぼ不可能です。トレーダーは損失を最小限に抑えるために、利益と損益の目標比率を設定する必要があります。

    リスク3: CFD取引にはレバレッジを使う必要があります。レバレッジは取引で利益を増幅するためのツールですが、取引口座から自動的に引き落とされてしまう損失も増幅します。口座残高は、1回の取引で消滅する可能性があります。

    リスク4:取引の利息を請求される場合があります。たとえば、トムネ調整が適用されている取引を翌日に持ち越す場合、利息を請求される場合があります。これは、FX会社がこの手数料を支払うために口座から資金を差し引くことを意味します。

    アメリカの投資家から資金調達をするために必要な知識:米国証券取引法の基本的概略

    米国証券取引法の基本的概要

    大企業から中小企業まで、 アメリカの投資家から資金調達をしようと考えている企業は米国証 券取引法の基本的な規則を理解しておく必要がある。中小企業、 特に投資家からの資金調達を欲している初期段階のスタートアップ 企業は、 たった数名の投資家へ株を売ることでさえ米国連邦および州レベル での書類提出が必要になることがあるということを知らない場合が ある。証券取引法違反は、投資家からの訴訟や罰金、 さらには刑事罰まで課される可能性もあるので注意が必要だ。

    アメリカにおいて証券取引法に従うことはどれほど大事なことなの か?感覚を掴むために、 今月BlackRockに起こった出来事を見てみよう。

    300,000,000ドルの失敗

    今月、 世界最大級のグローバル資産運用会社であるBlackRockは 、年初に投資家達へ売ったBlackRock自身が保有する一つ のファンドの株、約3億ドル相当を買い戻さなければならない可能 性があることを報告した。さらに、 BlackRockからこの株を買った投資家達は損失補填や利息 を回収できる権利を有しうる一方、 BlackRock自身は連邦政府および一部の州に罰金を払わな FX取引の規制について Regulation ければならない可能性があるとされた。

    BlackRockは一体どんな間違えを犯してしまったのだろう か。実は、 大まかに言えばBlackRockが今回犯してしまった失敗は、 他の数多くのスタートアップや小企業がアメリカで資金調達をする 際に犯す失敗と同じである。すなわち、 BlackRockは登録免除が認められていないにも関わらず、 誤って非登録の有価証券を米国内で売ってしまったのだ。

    重要なルール:登録するか例外を探すこと

    1933年証券法(連邦法)では、全ての有価証券の勧誘/募集な らびに販売は証券取引委員会に登録されていること、 もしくは登録が免除されていなければならないと規定されている。 BlackRockはこの米国法の重要なルールに反してしまった 。非登録且つ登録免除の適用がない有価証券の募集および販売は、 会社に著しい財政的負担を負わせるのみならず、連邦犯罪なのだ。 さらに、 州法レベルでも一般的には同様の登録義務を要求しているため、 非登録での有価証券の募集や販売は必ず連邦および州の双方で登録 義務が免除されていなければならない。

    連邦証券取引法のもとでは、非登録且つ登録免除の適用がない有価 証券を購入した投資家は、 後に販売者から全ての投資額と利息分を返還するよう要求できる。 もし投資家がすでに当該有価証券を売却してしまい損が出た場合に FX取引の規制について Regulation は、 購入時価格と売却時価格の差である損失を回復することが出来る。 これは、たとえこの有価証券を発行し販売した会社が、 有価証券販売時に法に違反していることを知らなくても適用される 。

    米国証券取引法の一般的な登録の免除

    米国での証券発行にかかる登録は、特に日本と比べ、 費用が高く時間もかかる。そのため、 アメリカの投資家から資金調達をしたい中小企業は必ずといってい いほど登録義務が免除される範囲内での募集方法を求 める。

    • レギュレーションD(Regulation D):FX取引の規制について Regulation スタートアップやベンチャー企業の資金調達の際に非常に良く使われる免除規定。一定数の適格投資家もしくは一定の金額の範囲内に限定された(かつその他の要件を満たした)募集について規定している。2013年の改定によって、一部のケースについては公募でもレギュレーションDを適用できるようになった。
    • セクション4(a)(2)(Section 4(a)(2)): 1933年証券法のセクション4(a)(2)(単に”4(2)”と言われることもある)。”公募”ではない全ての募集および販売に関する一般的な免除規定。但し、”公募”FX取引の規制について Regulation の定義は非常に広く、例えばフェイスブックに近々予定される資金調達についての投稿を載せた場合、その募集は”私募”から”公募”に変わりうるので、企業は募集に関するコミュニケーションについては注意する必要がある。
    • レギュレーションS(Regulation S): 米国外での証券の募集・販売に関する登録免除規定。米国外の投資家への証券販売は、ある一定の要件を満たせば登録義務が免除される。米国の企業が日本の投資家に証券を販売する場合などはこの規定が適用されうる。
    • ルール144A(Rule 144A): 適格機関投資家向けの証券販売に関する登録免除規定。発行体が機関投資家向けに証券を販売する大規模な資金調達の際に用いられることが多い。
    • レギュレーションA+(Regulation A+) 2015年に新しく改定された、小規模な公募に関する登録免除を定めた規定。米証券取引委員会が意図したような形で企業が免除規定を利用するかどうか注目されている。

    レギュレーションDと4(a)(2)に基づく募集の州レベルでの登録

    失敗の修正

    モンローシェリダン・リード
    外国法事務弁護士(米国ニューヨーク州)
    慶應義塾大学 法科大学院 特任講師
    [email protected]
    モンローシェリダンへのお問い合わせはこちら(日本語・英語可)

    ※本ブログは法的助言を目的とするものではなく、 個別の案件については当該案件の個別の状況に応じ、 弁護士の適切な助言を求めて頂く必要があります。また、 当記事が常に最新の内容であることや、 内容の正当性につき保証するものではございません。 記事の内容は予告なく変更になることがございます。

    Blackwell Global

    Financial Conduct Authority

    FCA

    Securities and Futures Commission of Hong Kong

    SFC

    Securities and Futures Commission of Hong Kong

    SFC

    Securities and Futures Commission of Hong Kong

    SFC

    Securities and Exchange Regulator of Cambodia

    SERC

    VPS Standard

    WikiFX VPSの最もお手頃なプランです / どんなFX業者のMetaTraderでも稼働可能です

    ブローカー情報

    Blackwell Global Investments Limited

    201 Church Street, Sandyport, West Bay Street, P.O. Box N-3406, Nassau, Bahamas.

    • 取引環境 --
    • 最大レバレッジ 1 : 100
    • 最低入金額 >$100,000
    • 最小スプレッド FX取引の規制について Regulation --
    • 取引品種 --
    • 通貨 --
    • 取引環境 --
    • 最大レバレッジ 1 : 200
    • 最低入金額 $500 – 100,000
    • 最小スプレッド --
    • 取引品種 --
    • 通貨 --

      FX取引の規制について Regulation
    • 通貨 32
    • ミニマム取引サイズ --
    • EA対応
    • 入金方法 (4+) Bank transfer Skrill Neteller VISA
    • 出金方法 (4+) VISA Neteller Bank transfer Skrill
    • コミッション --
    • 通貨 32
    • ミニマム取引サイズ --
    • EA対応
    • 入金方法 (4+) Bank transfer Skrill Neteller VISA
    • 出金方法 (4+) VISA Neteller Bank transfer Skrill
    • コミッション --

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる