FXブログ

海外FX スリッページについて

海外FX スリッページについて
FX基礎

スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説!

まずはスリッページとはどんなものなのか、簡単にチェックしておきましょう。

注文レートと約定レートのズレ

スリッページはトレーダーの実質コストになる

スリッページが発生しやすい条件とは?

条件1|相場の急変時

条件2|流動性が低い相場

条件3|約定力の弱い業者を利用するとき

注文方式ごとのスリッページの違い

DD方式のスリッページ

NDD方式のスリッページ

スリッページを防止するには

NDD方式のFX会社を利用する

スリッページ許容幅を設定する

これでスリッページ許容幅の設定が完了です。

comment コメントをキャンセル

海外FXのボーナスは確定申告の対象にならない?絶対に抑えておきたい節税方法もご紹介!

この記事で分かること 国内FXと海外FXの確定申告の違い 海外FXのボーナスが確定申告の対象になるかどうか 絶対に抑えておきたい節税方法 FXで利益が出た場合、当然ですが確定申告をする必要があります。 .

海外FXで節税するならふるさと納税が断然お勧め!基本からメリット・デメリットまで解説!

当ページを読んで分かること 海外FXに適応される税制について ふるさと納税の基本 ふるさと納税のメリット・デメリット 海外FXのハイレバレッジを使って、莫大な利益を得てみたいと思う方も多いでし .

勝ち組トレーダーとは?PDCAを回し期待値をプラスにする売買を繰り返す人間

海外FXのボーナスを使った両建ては禁止!?絶対にやってはいけない事例

当ページを読んで分かること 両建ての基礎知識 ボーナスを利用した両建てについて ボーナス利用の両建てが即バれる理由 両建てを禁止していない業者 海外FXの大きな魅力の1つに豪華なボーナスがありますよ .

FXで1日にどれくらいのPipsを取るのがベストなのか【デイトレしたいFX初心者必見】

初心者トレーダーや負け組トレーダーによくある傾向が、月に1000pipsを抜く、FXで月に20万稼ぐ、といった早とちりした目標設定です。 FXは短期的視野で挑むのは危険です。 中長期的な視野で、計画に .

スリッページとは?仕組み、スプレッドとの違い、発生する理由や対策

FX基礎

スリッページとは

出典:マネックスFX

スリッページとは 海外FX スリッページについて 注文価格と約定価格(売買成立価格)の差 のことをいいます。

この0.060円、6.0pipsの差が、スリッページです。

スリッページとスプレッドの違い

スリッページスプレッド
発生確率発生しない場合があるトレードすると必ず発生
損益の有無プラスに働く場合がある絶対にマイナスになる

スプレッドは「 売値と買値の差 」で、トレードにおける取引手数料であり、トレード毎に必ずかかります。

反対にスリッページは「 注文価格と約定価格の差 」であり、相場次第で発生しない場合があるのが特徴です。

ただし スリッページもスプレッドも、トレード時の実質的なコストであることに違いはありません。

なぜスリッページが発生するのか

・流動性が低い
・FX会社のシステムの処理能力

流動性が低い

原因の1つ目は流動性の低さです。

祝日 、 クリスマス 、 年末 は市場参加者が少なくなり、流動性が低くなるので注意が必要です。

FX会社のシステムの処理能力

2つ目の原因はFX会社のトレードシステムの処理能力です。

通信が集中するとサーバーに大きな負荷がかかるため、通信遅延が発生し、スリッページが発生します。

スリッページの対処方法

・システムが強くて約定力の高いFX会社を選ぶ
・スリッページの許容幅を設定する

システムが強くて約定力の高いFX会社を選ぶ

そこで注目するのが、 約定力 です。

約定力とは注文した価格で約定できるかどうかということをいいます。

スリッページの許容幅を設定する

スリッページの許容幅を設定しておくことで、 注文価格と約定価格の差を抑える ことができます。

ただし 許容幅を極端に縮めてしまうと、約定できなくなりますので、状況やトレード手法に応じて数値を変えることが大切 です。

トレード手法によるスリッページの許容幅

トレード手法スリッページの許容幅
スキャルピング(数秒~数分)0.3pips
デイトレード(数分~1日)5pips
スイングトレード(数日~数週間)5pips
長期トレード(数週間~1年以上)5pips

一般的に数秒・数分でトレードを完結させ、1日に何十回もトレードするスキャルピングの場合は 0.3pipsを目安に設定 するのが望ましいとされています。

スキャルピング以外のトレード手法の場合だと、 5pipsを目安に設定 しておけば、問題ありません。

MT4の自動売買(EA)のスリッページ

自動売買ソフト(EA)を利用してトレードしている場合でも、 FX会社のシステムを利用している以上、通常の注文と同様にスリッページは発生 します。

EAのスリッページの許容幅の設定

EAのウィンドウ内にある「パラメーター」タブをクリックとすると、一覧内に「 Slippage 」という項目があり、これがスリッページの設定項目です。

EAのパラメーターの場合は1=1pipsとなるので、0.3pipならば「0.3」と数値を打ち込めば設定完了 となります。

まとめ-損益に直結するスリッページの幅に注意しよう

無駄な損失を防ぐためにも自身が納得するスリッページの許容幅を設定し、効率的にトレードを行うようにしましょう。

XMが2022年夏の100%入金ボーナスキャンペーンを実施中!ルールや獲得方法などの詳細を総まとめ

ボーナスキャンペーン

そんなXMですが、2022年夏の期間限定キャンペーンとして、 500ドルまでの100%入金ボーナス を開催中。キャンペーンの開催は2022年7月1日〜7月29日までの期間限定となっているため、証拠金を増やす絶好の入金タイミングと言えるでしょう。

XMの「2022年夏の100%ボーナスプロモ」概要

キャンペーン開催期間

今回の2022年夏の100%ボーナスでは、 2022年7月1日〜7月29日まで という期間設定があります。7月の末日である31日までではなく、7月最後の営業日にあたる29日までとなっている点には注意しましょう。

ボーナス額

本キャンペーンのボーナス額は、 最大500ドル(相当額) です。上限に達するまでは何度入金しても、入金額に対して100%のボーナスが付与される形ですね。

ボーナスの対象者

2022年夏の100%ボーナスは、新規/既存を問わず、基本的に すべてのXMユーザーが対象 になっています。ただし、例えばTariTali(タリタリ)のような キャッシュバックサイトなどを経由して口座開設したユーザーは、キャンペーンの対象外 となるため注意しましょう。(当サイトはキャッシュバックサイトではありませんので、当サイトのリンクから口座開設をした場合はボーナス対象となります。)

ボーナスの対象口座

本ボーナスは、XMが提供する他のボーナスと同様に、スタンダード口座とマイクロ口座だけが対象となっています。 XM Zero口座はボーナス対象外 となっているため、注意しましょう。

ボーナスはクッション機能付き

2022年夏の100%ボーナスも、XMが提供する他のボーナスと同様に、 クッション機能付き となっています。

ボーナスのクッション機能とは、口座にあるボーナスが、入金額などの残高と同じ証拠金の働きをする機能のことですね。ボーナスにクッション機能がある場合、 入金額以上の損失が出てもボーナスだけで取引を続けられる ことが最大のメリットと言えるでしょう。そのほか、ロスカット水準や最大レバレッジの計算にボーナス額が含められるなどの特徴もあり、証拠金を倍増させられる非常に使い勝手の良いボーナスとなっています。

XMの「2022年夏の100%ボーナスプロモ」獲得方法

500ドルまでの入金に対して自動的に付与される

通常開催の100%入金ボーナスや、20%入金ボーナスの獲得可能な残高がまだ残っている場合でも、入金した場合は、 本ボーナスが優先して付与 されます。

キャンペーン期間中の入金なら、ボーナス上限額まで何度でも受け取れる

このボーナスは、キャンペーン期間中であれば、500ドル(相当額)の ボーナス上限額まで入金のたびに受け取ることが可能 です。一度に全額をもらわなくても、例えば1万円ずつ5回に分けて受け取ることもできますね。

海外FX スリッページについて

しかし残念ながらiFOREXでは スキャルピングは原則として禁止されており 、本格的にスキャルピングを行うことはできません。

iFOREXは「1日10回以上の取引は禁止」と定められているため、スキャルピングの取引手法に定義される短期のトレードでも、実際には1日9回までの取引は許容される可能性があります。

ただしスキャルピングの場合、1日9回程度の取引で大きな利益を出すことは難しく、 残念ながらiFOREXを利用し、スキャルピングで利益を上げることはたいへん難しい と言わざるを得ません。

iFOREXはスキャルピングより、取引期間の長いデイトレードやスイングトレードに適しており、もしスキャルピングを行いたい場合は、スキャルピングに最適な他の海外FXを探すことをおすすめします。

・iFOREXではスキャルピングは禁止|3つのポイントから解説
・iFOREXでスキャルピングは1日9回までは許容されるが利益を出すのは難しい
・【結論】iFOREXならスキャルピングよりデイトレード・スイングトレードがおすすめ
・スキャルピングに適したFX業者とは!3つのポイントで解説
・スキャルピングにオススメな業者と口座タイプ3選

1.iFOREXではスキャルピングは禁止|3つのポイントから解説

1-1.そもそもスキャルピングとは

スキャルピングとは、 数秒から数分の間に注文から決済までを完結させる、短時間の取引を1日に何度も繰り返し、小さい利益をコツコツと積み重ねる FXの投資手法のことを言います。

・小さい価格変動で利益を上げることができる
・リスクを限定し大きな損失を防ぐことができる
・為替変動に強い

などのメリットがあり、取引のリスクを回避し高い確率で利益を上げることができる取引手法として、FX初心者からデイトレーダーまで、幅広く取り入れられています。

1-2.iFOREXでスキャルピングが禁止なのは取引方式がDD方式だから

iFOREXでスキャルピングができないのはトレードの取引方式が、 DD(ディーリングデスク)方式 である点が大きく関係しています。
FXの取引にはDD(ディーリングデスク)方式とNDD(ノンディーリングデスク)方式の2つの方式があります。

NDD方式とDD方式の違いは、NDD方式ではトレーダーが為替取引を行うインターバンク市場と直接取引を行うのに対して、DD方式の場合はインターバンクとの間にディーラーが介在するという点です。

iFOREXが採用するDD方式の場合、ディーラーが処理できる取引の数には限界があるため、 スキャルピングの高速トレードによって取引量が増えると、ディーラーの処理が間に合いません。

1-3.iFOREXの取引規約にもスキャルピング禁止が明記されている

お客様は、市場濫用と定義される方法またはその他の不正な方法で取引プラットフォームを使用したり、注文をしたり、取引を開始したりしないことに、同意します。これには時間差取引やサーバーの遅延の利用、価格操作、時間操作、スキャルピング、他のすべての不法行為、お客様に不当な利益をもたらす行為、もしくは当社が本契約の範囲外で独自の裁量により不適切、もしくは不公正とみなした行為が含まれます。さらに、当社やそのサービスおよび特典を操作または乱用する目的で、別の口座との間で、または当社に関連する異なる名義の口座との間で、あるいは他社との間で、同じ銘柄または同様の銘柄のロングおよびショートポジションを同時に保有する行為もここに含まれます。

参照元:iFOREX取引規約

冒頭でもお伝えした通り、 iFOREXは1日10回を超える取引を禁止 しており、実質的にはこれがスキャルピングの禁止に関わるルールとなっています。

2.iFOREXでスキャルピングは1日9回までは許容されるが利益を出すのは難しい

お伝えしている通り、iFOREXでは 海外FX スリッページについて 1日10回を超える取引が禁止 されています。この取引ルールとスキャルピングの関係について詳しく見ていきましょう。

2-1.1日10回未満のスキャルピングは許容される

iFOREXでは取引規約でもスキャルピングの禁止を記載していますが、スキャルピングの定義は明確にはされておらず、 取引の回数を1日10回未満とすることで、実質的にスキャルピングができない 状況を作っています。

もちろん、スキャルピングはあくまでも数十秒から数分までの短い取引を繰り返すことにあり、1日の取引回数で定義されるものではありません。

つまりこのルールに即して考えれば、1日9回までの取引であれば、スキャルピングに定義されるごく短時間の取引を繰り返すことができるということになります。

つまりiFOREXでは、 スキャルピングに最適な取引環境で1日9回までのスキャルピングを実際に行うことができる ということになります。

2-2.スキャルピングで利益を上げるには1日9回では足りない

しかし残念ながら、 1日9回までのスキャルピングで安定的に利益を上げるのは難しい と言わざるを得ません。

スキャルピングの場合、1回の取引で獲得する値幅は3~10pips程度に過ぎないと言われています。

1,000通貨 × 3 pips(0.3円)= ¥300円

と、1回あたりの利益は300円に過ぎません。9回のトレード全てで利益を上げたとしても、1日の利益は2,700円にすぎません。

もちろん9回全てで勝つことはほぼ不可能で、最低でも2~3回の損切りは必要になりますので、この規模のトレードでは1日の利益が1,000円にも満たないという状況も起こり得るわけです。

これらを総合的に考えれば、実際に iFOREXを利用しスキャルピングで儲けるというのは、たいへん難しく 、iFOREXが規定する「1日10回を超える取引は禁止」というルールが、スキャルピングを禁止する上では合理的なルールであるということがよくわかります。

3.【結論】iFOREXならスキャルピングよりデイトレード・スイングトレードがおすすめ

そのかわりにiFOREXでトレードする際におすすめなのが、トレードの間隔が長い デイトレード (1回あたり数分から数時間)スイングトレード (1回あたり数日から数ヶ月)です。

1回のトレードにかける時間 平均トレード回数 1回の取引で目指す利幅
スキャルピング 数秒から数分 1日あたり数十〜数百回 2~3pips
デイトレード 数分から数時間 1日あたり平均1~5回 20~30pips
スイングトレード 数日から数ヶ月 1ヶ月あたり平均1~5回 100~300pips

これらの取引手法で、大きく異なるのが1回の取引で目指す利幅です。

スキャルピングが1回あたりの利幅の目標を2~3pipsに設定し、薄利の値幅を高速の取引で積み重ねるのに対して、デイトレードは1回あたりの利幅の目標はスキャルピングの10倍の20~30pips、スイングトレードに関してはさらに大きく100~300pipsを目指します。

またそれに比例して1回の取引にかける平均的な時間も、数分から数時間(デイトレード)、数日から数ヶ月(スイングトレード)と長く、1日の取引回数はこれに反比例するかたちで少なくなります。

そして スイングトレードやデイトレードであれば1日の取引が10回を超えることはほぼないため、 iFOREXでも安全にトレードを行うことができるというわけです。

4.スキャルピングに適したFX業者とは!3つのポイントで解説

もちろん、スキャルピングを行う業者を選ぶ際には、その業者でスキャルピングが許可されているかどうかだけでなく、 スキャルピングに最適な業者であるかどうか を正しく判断する必要もあります。

4-1.スプレッドが狭い業者を選ぶ

スキャルピングの取引で 損益に大きく作用する要素として最も重要なのがスプレッド です。
このため、スキャルピングを行う場合、できるだけスプレッドが狭い業者を選ぶようにしましょう。

言うまでもなくスプレッドとは、トレードを行う際の売値と買値の間にある値幅のことを言います。

そして1トレードあたり2~3 pipsという大変小さい利益を積み上げることを目的としているスキャルピングでは、スプレッドは取引の成功を左右する重要な要素になります。

この場合、もちろん4pipsの方が取引を決済しやすいことは言うまでもありませんが、ここでさらに重要なのは値幅を達成するまでにかかる時間です。

つまり スプレッドが狭い方がポジションの保有時間が短くなり、より早く次の取引を準備できる ということになります。

できるだけ多くの取引を行うことで利益を積み重ねるスキャルピングでは、一回の取引時間を短くし、数多くのトレードを行うことが成功のための近道です。

そしてこの点で スプレッドが狭くトレードの時間を短縮できる業者を選ぶこと が、スキャルピングで利益をあげるために欠かせないポイントとなります。

4-2.約定力が強いを選ぶ

スキャルピングを行う上でさらに重要になるのが海外FX業者の 約定力 です。

FXにおける約定力というのは、一言で言うと取引を成立させる能力のことです。具体的には

・注文してから約定までの時間が短い
・注文時のレートでしっかりと約定する
・スリッページ(注文価格と約定価格に差額が発生)が起こらない

約定力は取引において利益を最大化・損失を最小化する上でたいへん重要なポイントですが、特にスキャルピングを行う場合に重要になるのが、 約定が遅延しないこと です。

スキャルピングの場合、取引回数の減少はそのまま利益の縮小につながるため、約定力の高い業者を選ぶことはスキャルピングに適した業者を探す上で大切な要素となります。

4-3.取引コストが安い口座タイプがある業者を選ぶ

取引回数を重ねるスキャルピングで、重要になるのが 都度のトレードにかかる取引コスト です。

このうち、 トータルでの取引コストが安くなるのはECN口座 であることが一般的です。

ただしECN口座の場合、取引手数料が高額になるケースや、レバレッジが低く制限されるケースなどもあるため、業者を選ぶ際には、その業者に自分が使いやすいECN口座があるかどうかをチェックすることをおすすめします。

5.スキャルピングにオススメな業者と口座タイプ3選

5-1.タイタンFX|Zeroブレード口座

注文方式 ECN方式
取引プラットフォーム MT4・MT5
最低入金額 200ドル
最大レバレッジ倍率 500倍
最小注文数 1,000通貨(0.01lot)
取引手数料 1lot(100,000通貨単位)あたり$3.50(往復$7.00)

◎タイタンFX Zeroブレード口座の特徴

・業界最小水準のスプレッドと高い約定力
・ECN口座でありながらレバレッジや初回入金額・最低取引額はスタンダード口座と同等

・業界最小水準のスプレッドと高い約定力

タイタンFXは 業界最小水準のスプレッドの狭さと高い約定力 が特に有名な海外FX業者です。この特徴はタイタンFXのECN口座であるZeroブレード口座でも同じで、特にスキャルピングにおいては、たいへん効果的に機能します。

・ECN口座でありながらレバレッジや初回入金額・最低取引額はスタンダード口座と同等

Zeroブレード口座は、 ECN口座でありながら取引条件がスタンダード口座とほとんど変わらない という特徴があります。

タイタンFXのZeroブレード口座は初回入金額・最低取引額・レバレッジなど、どの条件を取ってもスタンダード口座と変わらず、スキャルピングにおいてもたいへん利用しやすい条件が整えられています。

5-2.Axiory|ナノ口座・テラ口座

海外FX スリッページについて 海外FX スリッページについて
注文方式 ECN方式
取引プラットフォーム ナノ口座1:MT4 ,cTrader テラ口座:MT5
最低入金額 200ドル
最大レバレッジ倍率 400倍
最小注文数 2,000通貨(0.01lot)
取引手数料 1lot(100,000通貨単位)あたり
$3.00(往復$6.00)

◎Axiory|ナノ口座・テラ口座の特徴

・業界最小水準のスプレッド!取引手数料も安い
・ナノ口座で利用できる取引プラットフォームcTraderはスキャルピングと相性がいい

・業界最小水準のスプレッド!取引手数料も安い

スキャルピングで最も重要になるのがスプレッドの狭さですが、この点でAxioryのナノ口座・テラ口座の スプレッドは、タイタンFXZeroブレード口座とほぼ同等の業界最小水準 を誇っています。

・ナノ口座で利用できる取引プラットフォームcTraderはスキャルピングと相性がいい 海外FX スリッページについて

ナノ口座とテラ口座は利用できる取引プラットフォームが違う以外、取引条件は変わりませんが、特にナノ口座で利用できる 「cTrader」はスキャルピングを利用しやすいとトレーダーからの評価が高い 取引プラットフォームです。

・取引の透明性を向上させ、約定のスピードを上げる
・ワンクリック決済機能で決済の手間と時間を削減

5-3.Tradeview|ILC口座

海外FX スリッページについて
注文方式 ECN方式
取引プラットフォーム MT4 MT5
最低入金額 10万円
最大レバレッジ倍率 200倍
最小注文数 10,000通貨(0.1lot)
取引手数料 1lot(100,000通貨単位)あたり
$2.50(往復$5.00)

◎Tradeview|ILC口座の特徴

・スプレッドは業界最小水準
・取引コストは最も安い
・最大レバレッジは200倍と低い
・最低入金額10万円 最小取引単位10,000通貨といずれも高く少額取引には向かない

・スプレッドは業界最小水準

スプレッドの狭さについては先にお伝えした2社に遜色なく、 海外FX業者のECN口座としては業界でも最小の水準 を誇ります。

・取引コストは最も安い

取引手数料は1lotあたり往復5ドルと、タイタンFXやAxioryよりも安く、取引のトータルコストという点から考えれば もっとも安くスキャルピングを行うことができる口座 であると言えるでしょう。

・最大レバレッジは200倍と低い

一方で 最大レバレッジについては200倍と低く 、高いレバレッジの取引はできません。また、取引に対する必要証拠金の金額は、レバレッジに反比例して増額するため、同じ証拠金でトレードできる取引の規模は小さくなります。

・最低入金額10万円 最小取引単位10,000通貨といずれも高く少額取引には向かない

最低入金額は10万円、また最小取引単位もタイタンFXやAxioryの10倍と高く、 海外FX スリッページについて 小規模な取引には向かない という特徴があります。
このためTradeviewのILC口座は、少額のトレードから始めたいスキャルピング初心者向けではなく、スキャルピングで一定の規模(一万通貨以上)のトレードができる スキャルピング中級者・上級者向けの口座 であると言えるでしょう。

まとめ

残念ながらiFOREXはで スキャルピングは原則として禁止されており 、本格的にスキャルピングを行うことはできません。

iFOREXはスキャルピングの禁止を取引規約でも明示していますが、具体的には「1日10回以上の取引を禁止」とだけ定めおり、スキャルピングの取引手法に定義される短期のトレードでも、 実際には1日9回までの取引は許容される 可能性が高いといえます。

ただしスキャルピングの場合、1日9回程度の取引で大きな利益を出すことは難しく、 残念ながらiFOREXを利用し、スキャルピングで利益を上げることはたいへん難しい と言わざるを得ません。

・スキャルピングに適したFX業者とは!3つのポイントで解説
・スキャルピングにオススメな業者と口座タイプ3選

日本人利用者No1のXM Trading(XMトレーディング)

おすすめ度 ★★★★★

日本でも認知度も人気度も一番高い海外FX業者です。XMは世界に70万人以上の顧客を持つグローバルな海外 FX業者です。従業員数も180名を超え、日本人スタッフも15名以上在籍しています。
日本語サポートも充実しており、チャットでサポート対応もしてくれます。そういった経緯から現在日本人利用者が最も多い業者で、初心者から上級者まで幅広い層から定評がある会社です。
どこに口座開設をしようかな?と悩んでいる人はまず手始めにXMをおすすめします。

アバター

編集長 櫻井

大学卒業後就職するも半年で会社が倒産。就職先が無くIT業界に入りたくてひたすら1年間勉強とバイトをして会社を立ち上げる。順調に成長していたが大きな案件でトラブルを抱え2000万の案件が無くなり全力を注いでたため資金ショート。会社を畳む。 経験を生かしIT会社に就職。そこの先輩のすすめで株をやるがリーマンショックが絡み見事に失敗。その後自身のトレードノウハウをコツコツと身につけ、FXだけで生活できるレベルまでトレーダーとして成長。 IT会社から転職し海外FX徹底比較ドットコムのサイト立ち上げに参加。 現在は編集長として記事の正確性や信頼性のチェックを主な仕事にしている。 座右の銘は「負けていても収入がプラスになるトレーダーでいる事」 (FXトレード暦:10年・国内、海外株取引:7年)

仮想通貨入出金できる海外FX業者

海外FX

仮想通貨 を保有しているにも関わらず、活用方法がないかたにおすすめなのが、 海外FX への入出金に仮想通貨を利用する方法です。

この記事では、 仮想通貨入出金できる海外FX業者と主な特徴、海外FXへ仮想通貨入金する際の注意点 について説明します。

仮想通貨入出金できる海外FX業者と主な特徴

仮想通貨入出金できる海外FX業者と主な特徴

仮想通貨で入出金できる海外FX業者 の中でおすすめなのが、FXGT・Exness・BigBoss・HotForex・easyMarkets・Titan FXの6社です。

FXGT(エフエックスジーティ)

ビットコインだけでなく、 アルトコインの入出金も利用したいかたにおすすめ です。

通常のFXだけでなく 仮想通貨FX も可能で、利用できる仮想通貨銘柄は17種類あります。

それぞれの仮想通貨に 最低入出金額 が設定されているため、確認しておきましょう。

その他にも、 STICPAYは仮想通貨の入出金にも対応 しているため、STICPAYを経由して間接的に仮想通貨の入出金に利用することもできます。

Exness(エクスネス)

Exnessは 無制限レバレッジ が利用できることで有名です。

BigBoss(ビッグボス)

BigBossからビットコインを出金するには、 入金後最低一回以上、トレード する必要があります。

HotForex(ホットフォレックス)

easyMarkets(イージーマーケッツ)

easyMarkets では、ビットコインの入出金だけでなく、 μBTC(マイクロビットコイン)口座 を利用することにより法定通貨に換算することなくトレードできます。

そのため、 ビットコインの価格変動を気にせず、トレードに集中することが可能 です。

Titan FX(タイタンエフエックス)

Titan FX は多様な入出金方法を利用できますが、 仮想通貨は16種類が利用可能 です。

海外FXへ仮想通貨入金する際の注意点

仮想通貨入金に対応している海外FX業者はいくつかありますが、 入金する前に出金方法を確認 しましょう。

業者によっては、 入金のみ仮想通貨に対応 していることもあり、仮想通貨で出金できない場合は 海外銀行送金 など他の方法で出金する必要があります。

入金できる仮想通貨の種類は限られており、 ビットコイン以外のアルトコインには対応していないことが多い です。

仮想通貨の送金は仮想通貨ウォレットを介して行いますが、 入出金速度 はトランザクション速度に左右されます。

海外FX業者による入出金の処理が迅速に行われたとしても、 取引遅延 などが発生すると、公式Webサイトに表示された入出金の目安となる時間を大幅に超えることもあり、 手数料も高騰 するため、注意しましょう。

仮想通貨相場はボラティリティがとても大きく、 入金時と出金時では大きく価値が異なる 可能性があります。

また、仮想通貨を入金した後に 法定通貨 に換算されることが多いため、FXのトレードだけでなく仮想通貨の相場も気にする必要があります。

さらに、送金方法を指定する場合には 正しい方法 を選択しないと、トランザクションが正常に処理されず、最悪の場合仮想通貨を 全額失うリスク があります。

  • 仮想通貨で入出金できる海外FX業者で、FXGT・Exness・BigBoss・HotForex・easyMarkets・Titan FXはおすすめ
  • ビットコインの他、アルトコインの入出金に対応している業者もある
  • アドレスを間違えるなど、送金ミスは要注意

仮想通貨入出金の注意点 はいくつかあり、 特にアドレスミスは要注意 ですが、その他にもボラティリティの高さ、取引遅延のリスク、利用できるアルトコインの種類などにも気をつけましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる