口座開設アプリ

FX Vision 特長

FX Vision 特長

ローソク足研究所

☆価格は人によって作られる ☆価格は悲しい事に敗者が決めている ☆価格は恐怖と欲望のギャップとバランスで成り立つ ☆価格変動には出来高というドラマがある ☆テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・理論・法則は強く意識され時に無視される

稼ぎたいFX初心者必見!【FX】ラインを意識したエントリーとエキジットのシナリオを紹介します。

f:id:koalion0105:20200214175551p:image

今日はFX外国為替相場エントリーエキジット のタイミングをどのように決めてシナリオを作っているのか? について ライントレード を利用しながら話していこうと思います。

大切な事を言うと相場の格言 『頭と尻尾は猫にくれてやれ』 という言葉に着地します。(もしくは 頭と尻尾はくれてやれ )頭と尻尾とは儲け損ねた利益の事ですね。

ある調査では 負けるトレーダーの比率は全体の9割と言われており勝てる人は1割 しかいないと言われています。

FXで稼げないトレーダーの特長として、売買に 『なぜ』 という理由がない事です。

売買は 『安く買って高く売る』 基本ですが、FXでは 『高く売って安く買い戻す』 という方法もあります。

FXで 『エントリー』『エキジット』 についてですが、 『エントリー=新規注文』『エキジット=手仕舞い』 の事ですね。

まぁ、単純に訳すと 『エントリー=参加』『エキジット=退場』 になりますね。要するにFXでの 注文の始まりと終わり を意味しますね。

例えば、 RCI の数値が30より下がったから 買いでエントリー一目均衡表『三役好転』が確認できたから 買いでエントリー移動平均線デッドクロス したので 売りでエントリー といった様々な方法です。

指標を使わずチャート上に、ローソク足の 高値や安値の意識される価格にラインを引く プライスアクションを意識したラインドレードもあります。

ライントレード にはシンプルに2つです。

この2つを意識したドレードになってきます。

トレンドの状態で背景が良いのか悪いのかも考えながらエントリーとエキジットを決めていく事になりますが、基本的にはやり方は似ているので下に紹介する方法で学んでみましょう。

レンジ相場を意識してラインで反発を狙うエントリーからエキジットのシナリオ

f:id:koalion0105:20200214175551p:image

【レンジ相場】の状態ですね。

黒線を底として反発の上昇を期待してエントリーしたシナリオです。

この相場状況は少し特殊ですが、 長期的には下降トレンド の可能性があり、 短期的には上昇トレンド に見えているが、高値も安値もある程度の価格反発して落ち着いている超短期的には 【レンジ相場】 の状態です。

短期的に上昇トレンドなので【買い】で入るシナリオですが、あくまで【短期買い】です。

底でトリプル・ボトムにも見えるため【買い】で入っていますが、上値はトリプル・トップ以上に突かれているため 【レンジ相場】 ではあまりボトム・トップは(時間軸にもよる)わかりにくいです。

ここでの戦略は黒線 まで価格が下落するのを待ち『買い』エントリー します。その後は、 紫線 まで上がる事を期待して紫線の少し下値でエキジットを設定します。

ちなみに損切りは黒線を割ったら すぐに損切り エキジットです。

具体的には黒線をタッチして 反発を確認してから 買いでエントリーします。順当に上昇を見せるならば、紫線よりも少し下の価格でエキジットを行います。

ドレード始めたての頃は下から上まで丸ごと全て利益にする事は意識せず 『その間の値動きだけを利益にする』 事を意識しましょう。

これは相場の格言 『頭と尻尾は猫にくれてやれ』 に当たります。

なぜ? 『間だけを取る』のかというと、トレード始めたての頃はチャート上にラインを引いても実は自分だけが意識したラインであり大衆には意識されていなかったり、エントリー出来ても エキジットとして意識したラインをタッチする前に逆行 してエントリーラインに戻る事もあります。

ラインブレイク後のエントリーからエキジットのシナリオ

f:id:koalion0105:20200214184831p:image

【強い上昇後の下げ】

強い上昇後には反動で【下げ】になる事が多いです。調整波や修正波と言われたりしますね。

f:id:koalion0105:20200214184831p:image

これはブレイク後のエントリーを想定した図で 【売り】 からエントリーしています。

損切りが遅れると 『いつか価格が戻るから大丈夫』 という理由のない期待が生まれてしまい含み損がドンドン膨らむ危険な状態になるので絶対に損切りは設定するようにしましょう。

チャートを見るとサポートとレジスタンスのラインが逆転する ロールリバーサル も意識し、再度ラインに戻っても 売りのポジションを 追撃 で入れる シナリオです。

ここでも相場の格言 『頭と尻尾は猫にくれてやれ』 にのっとりラインのジャスト価格には利食いエキジットを設定していません。

そうなるとかなりの利益になり爆益となりますが、奇跡的なラッキーパンチは中々起きる事はありませんし、相場で 高望みをしてしまうとエキジットにブレーキ がかかり利確のタイミングを逃してしまいます。

また、高望みで更なるラインブレイクを待って爆益を狙うと逆行してすぐに損切りになりやすく、 負ける確率 を上げてしまいます。

あと一つ加えると上値に不安はありますが 『上昇トレンドが発生している状態』 になりますので【売り】で入っているのですが、強い上昇には警戒している状態です。

損切りを設定しない手法で利益を上げているトレーダーもいますが、1番危険な事は 全資金を失う相場退場 です。

ここで紹介した例は 絶対に利益があがる方法ではありません が、冒頭で話した 『売買に理由がない』 人向けのヒントになります。

ラインを意識して 『反発・ブレイク』 を想定したエントリーとエキジットを設定することでコツコツと儲けを重ねる事が可能になります。

また、紹介した例ではシナリオは1つずつ紹介していましたが、シナリオは1つだけ用意するのではなく、 2つ目の別のシナリオ も用意が出来るようになるとトレードのレベルがとても上がります。

ローソク足研究所

☆価格は人によって作られる ☆価格は悲しい事に敗者が決めている ☆価格は恐怖と欲望のギャップとバランスで成り立つ ☆価格変動には出来高というドラマがある ☆テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・理論・法則は強く意識され時に無視される

稼ぎたいFX初心者必見!【FX】ラインを意識したエントリーとエキジットのシナリオを紹介します。

f:id:koalion0105:20200214175551p:image

今日はFX外国為替相場エントリーエキジット のタイミングをどのように決めてシナリオを作っているのか? について ライントレード を利用しながら話していこうと思います。

大切な事を言うと相場の格言 『頭と尻尾は猫にくれてやれ』 FX Vision 特長 という言葉に着地します。(もしくは 頭と尻尾はくれてやれ )頭と尻尾とは儲け損ねた利益の事ですね。

ある調査では 負けるトレーダーの比率は全体の9割と言われており勝てる人は1割 しかいないと言われています。

FXで稼げないトレーダーの特長として、売買に 『なぜ』 という理由がない事です。

売買は 『安く買って高く売る』 基本ですが、FXでは 『高く売って安く買い戻す』 という方法もあります。

FXで 『エントリー』『エキジット』 についてですが、 『エントリー=新規注文』『エキジット=手仕舞い』 の事ですね。

まぁ、単純に訳すと 『エントリー=参加』『エキジット=退場』 になりますね。要するにFXでの 注文の始まりと終わり を意味しますね。

例えば、 RCI の数値が30より下がったから 買いでエントリー FX Vision 特長 。 一目均衡表『三役好転』が確認できたから 買いでエントリー移動平均線デッドクロス したので 売りでエントリー といった様々な方法です。

指標を使わずチャート上に、ローソク足の FX Vision 特長 高値や安値の意識される価格にラインを引く プライスアクションを意識したラインドレードもあります。

ライントレード にはシンプルに2つです。

この2つを意識したドレードになってきます。

トレンドの状態で背景が良いのか悪いのかも考えながらエントリーとエキジットを決めていく事になりますが、基本的にはやり方は似ているので下に紹介する方法で学んでみましょう。

レンジ相場を意識してラインで反発を狙うエントリーからエキジットのシナリオ

f:id:koalion0105:20200214175551p:image

【レンジ相場】の状態ですね。

黒線を底として反発の上昇を期待してエントリーしたシナリオです。

この相場状況は少し特殊ですが、 長期的には下降トレンド の可能性があり、 短期的には上昇トレンド に見えているが、高値も安値もある程度の価格反発して落ち着いている超短期的には 【レンジ相場】 の状態です。

短期的に上昇トレンドなので【買い】で入るシナリオですが、あくまで【短期買い】です。

底でトリプル・ボトムにも見えるため【買い】で入っていますが、上値はトリプル・トップ以上に突かれているため 【レンジ相場】 ではあまりボトム・トップは(時間軸にもよる)わかりにくいです。

ここでの戦略は黒線 まで価格が下落するのを待ち『買い』エントリー します。その後は、 紫線 まで上がる事を期待して紫線の少し下値でエキジットを設定します。

ちなみに損切りは黒線を割ったら すぐに損切り エキジットです。

具体的には黒線をタッチして 反発を確認してから 買いでエントリーします。順当に上昇を見せるならば、紫線よりも少し下の価格でエキジットを行います。

ドレード始めたての頃は下から上まで丸ごと全て利益にする事は意識せず 『その間の値動きだけを利益にする』 事を意識しましょう。

これは相場の格言 『頭と尻尾は猫にくれてやれ』 に当たります。

なぜ? 『間だけを取る』のかというと、トレード始めたての頃はチャート上にラインを引いても実は自分だけが意識したラインであり大衆には意識されていなかったり、エントリー出来ても エキジットとして意識したラインをタッチする前に逆行 してエントリーラインに戻る事もあります。

ラインブレイク後のエントリーからエキジットのシナリオ

f:id:koalion0105:20200214184831p:image

【強い上昇後の下げ】

強い上昇後には反動で【下げ】になる事が多いです。調整波や修正波と言われたりしますね。

f:id:koalion0105:20200214184831p:image

これはブレイク後のエントリーを想定した図で 【売り】 からエントリーしています。

損切りが遅れると 『いつか価格が戻るから大丈夫』 という理由のない期待が生まれてしまい含み損がドンドン膨らむ危険な状態になるので絶対に損切りは設定するようにしましょう。

チャートを見るとサポートとレジスタンスのラインが逆転する ロールリバーサル も意識し、再度ラインに戻っても 売りのポジションを 追撃 で入れる シナリオです。

ここでも相場の格言 『頭と尻尾は猫にくれてやれ』 にのっとりラインのジャスト価格には利食いエキジットを設定していません。

そうなるとかなりの利益になり爆益となりますが、奇跡的なラッキーパンチは中々起きる事はありませんし、相場で 高望みをしてしまうとエキジットにブレーキ がかかり利確のタイミングを逃してしまいます。

また、高望みで更なるラインブレイクを待って爆益を狙うと逆行してすぐに損切りになりやすく、 負ける確率 を上げてしまいます。

あと一つ加えると上値に不安はありますが 『上昇トレンドが発生している状態』 になりますので【売り】で入っているのですが、強い上昇には警戒している状態です。

損切りを設定しない手法で利益を上げているトレーダーもいますが、1番危険な事は 全資金を失う相場退場 です。

ここで紹介した例は 絶対に利益があがる方法ではありません が、冒頭で話した 『売買に理由がない』 人向けのヒントになります。

ラインを意識して 『反発・ブレイク』 を想定したエントリーとエキジットを設定することでコツコツと儲けを重ねる事が可能になります。

また、紹介した例ではシナリオは1つずつ紹介していましたが、シナリオは1つだけ用意するのではなく、 2つ目の別のシナリオ も用意が出来るようになるとトレードのレベルがとても上がります。

ローソク足研究所

☆価格は人によって作られる ☆価格は悲しい事に敗者が決めている ☆価格は恐怖と欲望のギャップとバランスで成り立つ ☆価格変動には出来高というドラマがある ☆テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・理論・法則は強く意識され時に無視される

稼ぎたいFX初心者必見!【FX】ラインを意識したエントリーとエキジットのシナリオを紹介します。

f:id:koalion0105:20200214175551p:image

今日はFX外国為替相場エントリーエキジット のタイミングをどのように決めてシナリオを作っているのか? について ライントレード を利用しながら話していこうと思います。

大切な事を言うと相場の格言 『頭と尻尾は猫にくれてやれ』 という言葉に着地します。(もしくは 頭と尻尾はくれてやれ )頭と尻尾とは儲け損ねた利益の事ですね。

ある調査では 負けるトレーダーの比率は全体の9割と言われており勝てる人は1割 しかいないと言われています。

FXで稼げないトレーダーの特長として、売買に 『なぜ』 という理由がない事です。

売買は 『安く買って高く売る』 基本ですが、FXでは 『高く売って安く買い戻す』 という方法もあります。

FXで 『エントリー』『エキジット』 についてですが、 『エントリー=新規注文』『エキジット=手仕舞い』 の事ですね。

まぁ、単純に訳すと 『エントリー=参加』『エキジット=退場』 になりますね。要するにFXでの 注文の始まりと終わり を意味しますね。

例えば、 RCI の数値が30より下がったから 買いでエントリー一目均衡表『三役好転』が確認できたから 買いでエントリー移動平均線デッドクロス したので 売りでエントリー といった様々な方法です。

指標を使わずチャート上に、ローソク足の 高値や安値の意識される価格にラインを引く プライスアクションを意識したラインドレードもあります。

ライントレード にはシンプルに2つです。

この2つを意識したドレードになってきます。

トレンドの状態で背景が良いのか悪いのかも考えながらエントリーとエキジットを決めていく事になりますが、基本的にはやり方は似ているので下に紹介する方法で学んでみましょう。

レンジ相場を意識してラインで反発を狙うエントリーからエキジットのシナリオ

f:id:koalion0105:20200214175551p:image

【レンジ相場】の状態ですね。

黒線を底として反発の上昇を期待してエントリーしたシナリオです。

この相場状況は少し特殊ですが、 長期的には下降トレンド の可能性があり、 短期的には上昇トレンド に見えているが、高値も安値もある程度の価格反発して落ち着いている超短期的には 【レンジ相場】 の状態です。

短期的に上昇トレンドなので【買い】で入るシナリオですが、あくまで【短期買い】です。

底でトリプル・ボトムにも見えるため【買い】で入っていますが、上値はトリプル・トップ以上に突かれているため 【レンジ相場】 ではあまりボトム・トップは(時間軸にもよる)わかりにくいです。

ここでの戦略は黒線 まで価格が下落するのを待ち『買い』エントリー します。その後は、 紫線 まで上がる事を期待して紫線の少し下値でエキジットを設定します。

ちなみに損切りは黒線を割ったら すぐに損切り FX Vision 特長 エキジットです。

具体的には黒線をタッチして 反発を確認してから 買いでエントリーします。順当に上昇を見せるならば、紫線よりも少し下の価格でエキジットを行います。

ドレード始めたての頃は下から上まで丸ごと全て利益にする事は意識せず 『その間の値動きだけを利益にする』 事を意識しましょう。

これは相場の格言 FX Vision 特長 『頭と尻尾は猫にくれてやれ』 に当たります。

なぜ? 『間だけを取る』のかというと、トレード始めたての頃はチャート上にラインを引いても実は自分だけが意識したラインであり大衆には意識されていなかったり、エントリー出来ても エキジットとして意識したラインをタッチする前に逆行 してエントリーラインに戻る事もあります。

ラインブレイク後のエントリーからエキジットのシナリオ

f:id:koalion0105:20200214184831p:image

【強い上昇後の下げ】

強い上昇後には反動で【下げ】になる事が多いです。調整波や修正波と言われたりしますね。

f:id:koalion0105:20200214184831p:image

これはブレイク後のエントリーを想定した図で 【売り】 からエントリーしています。

損切りが遅れると 『いつか価格が戻るから大丈夫』 という理由のない期待が生まれてしまい含み損がドンドン膨らむ危険な状態になるので絶対に損切りは設定するようにしましょう。

チャートを見るとサポートとレジスタンスのラインが逆転する ロールリバーサル も意識し、再度ラインに戻っても 売りのポジションを 追撃 で入れる シナリオです。

ここでも相場の格言 『頭と尻尾は猫にくれてやれ』 にのっとりラインのジャスト価格には利食いエキジットを設定していません。

そうなるとかなりの利益になり爆益となりますが、奇跡的なラッキーパンチは中々起きる事はありませんし、相場で 高望みをしてしまうとエキジットにブレーキ がかかり利確のタイミングを逃してしまいます。

また、高望みで更なるラインブレイクを待って爆益を狙うと逆行してすぐに損切りになりやすく、 負ける確率 を上げてしまいます。

あと一つ加えると上値に不安はありますが 『上昇トレンドが発生している状態』 になりますので【売り】で入っているのですが、強い上昇には警戒している状態です。

損切りを設定しない手法で利益を上げているトレーダーもいますが、1番危険な事は 全資金を失う相場退場 です。

ここで紹介した例は 絶対に利益があがる方法ではありません が、冒頭で話した 『売買に理由がない』 人向けのヒントになります。

ラインを意識して 『反発・ブレイク』 を想定したエントリーとエキジットを設定することでコツコツと儲けを重ねる事が可能になります。

また、紹介した例ではシナリオは1つずつ紹介していましたが、シナリオは1つだけ用意するのではなく、 2つ目の別のシナリオ も用意が出来るようになるとトレードのレベルがとても上がります。

ローソク足研究所

☆価格は人によって作られる ☆価格は悲しい事に敗者が決めている ☆価格は恐怖と欲望のギャップとバランスで成り立つ ☆価格変動には出来高というドラマがある FX Vision 特長 ☆テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・理論・法則は強く意識され時に無視される

稼ぎたいFX初心者必見!【FX】ラインを意識したエントリーとエキジットのシナリオを紹介します。

f:id:koalion0105:20200214175551p:image

今日はFX外国為替相場エントリーエキジット のタイミングをどのように決めてシナリオを作っているのか? について ライントレード を利用しながら話していこうと思います。

大切な事を言うと相場の格言 『頭と尻尾は猫にくれてやれ』 という言葉に着地します。(もしくは 頭と尻尾はくれてやれ )頭と尻尾とは儲け損ねた利益の事ですね。

ある調査では 負けるトレーダーの比率は全体の9割と言われており勝てる人は1割 しかいないと言われています。

FXで稼げないトレーダーの特長として、売買に 『なぜ』 という理由がない事です。

売買は 『安く買って高く売る』 基本ですが、FXでは 『高く売って安く買い戻す』 という方法もあります。

FXで 『エントリー』『エキジット』 についてですが、 『エントリー=新規注文』『エキジット=手仕舞い』 の事ですね。

まぁ、単純に訳すと 『エントリー=参加』『エキジット=退場』 になりますね。要するにFXでの 注文の始まりと終わり を意味しますね。

例えば、 RCI の数値が30より下がったから 買いでエントリー一目均衡表『三役好転』が確認できたから 買いでエントリー移動平均線デッドクロス したので 売りでエントリー といった様々な方法です。

指標を使わずチャート上に、ローソク足の 高値や安値の意識される価格にラインを引く プライスアクションを意識したラインドレードもあります。

ライントレード にはシンプルに2つです。

この2つを意識したドレードになってきます。

トレンドの状態で背景が良いのか悪いのかも考えながらエントリーとエキジットを決めていく事になりますが、基本的にはやり方は似ているので下に紹介する方法で学んでみましょう。

レンジ相場を意識してラインで反発を狙うエントリーからエキジットのシナリオ

f:id:koalion0105:20200214175551p:image

【レンジ相場】の状態ですね。

黒線を底として反発の上昇を期待してエントリーしたシナリオです。

この相場状況は少し特殊ですが、 長期的には下降トレンド の可能性があり、 短期的には上昇トレンド に見えているが、高値も安値もある程度の価格反発して落ち着いている超短期的には 【レンジ相場】 の状態です。

短期的に上昇トレンドなので【買い】で入るシナリオですが、あくまで【短期買い】です。

底でトリプル・ボトムにも見えるため【買い】で入っていますが、上値はトリプル・トップ以上に突かれているため 【レンジ相場】 ではあまりボトム・トップは(時間軸にもよる)わかりにくいです。

ここでの戦略は黒線 FX Vision 特長 まで価格が下落するのを待ち『買い』エントリー します。その後は、 紫線 まで上がる事を期待して紫線の少し下値でエキジットを設定します。

ちなみに損切りは黒線を割ったら すぐに損切り エキジットです。

具体的には黒線をタッチして 反発を確認してから 買いでエントリーします。順当に上昇を見せるならば、紫線よりも少し下の価格でエキジットを行います。

ドレード始めたての頃は下から上まで丸ごと全て利益にする事は意識せず 『その間の値動きだけを利益にする』 事を意識しましょう。

これは相場の格言 『頭と尻尾は猫にくれてやれ』 に当たります。

なぜ? 『間だけを取る』のかというと、トレード始めたての頃はチャート上にラインを引いても実は自分だけが意識したラインであり大衆には意識されていなかったり、エントリー出来ても エキジットとして意識したラインをタッチする前に逆行 してエントリーラインに戻る事もあります。

ラインブレイク後のエントリーからエキジットのシナリオ

f:id:koalion0105:20200214184831p:image

【強い上昇後の下げ】

強い上昇後には反動で【下げ】になる事が多いです。調整波や修正波と言われたりしますね。

f:id:koalion0105:20200214184831p:image

これはブレイク後のエントリーを想定した図で 【売り】 からエントリーしています。

損切りが遅れると 『いつか価格が戻るから大丈夫』 という理由のない期待が生まれてしまい含み損がドンドン膨らむ危険な状態になるので絶対に損切りは設定するようにしましょう。

チャートを見るとサポートとレジスタンスのラインが逆転する ロールリバーサル も意識し、再度ラインに戻っても 売りのポジションを 追撃 で入れる シナリオです。

ここでも相場の格言 『頭と尻尾は猫にくれてやれ』 にのっとりラインのジャスト価格には利食いエキジットを設定していません。

そうなるとかなりの利益になり爆益となりますが、奇跡的なラッキーパンチは中々起きる事はありませんし、相場で 高望みをしてしまうとエキジットにブレーキ がかかり利確のタイミングを逃してしまいます。

また、高望みで更なるラインブレイクを待って爆益を狙うと逆行してすぐに損切りになりやすく、 負ける確率 を上げてしまいます。

あと一つ加えると上値に不安はありますが 『上昇トレンドが発生している状態』 になりますので【売り】で入っているのですが、強い上昇には警戒している状態です。

損切りを設定しない手法で利益を上げているトレーダーもいますが、1番危険な事は 全資金を失う相場退場 です。

ここで紹介した例は 絶対に利益があがる方法ではありません が、冒頭で話した 『売買に理由がない』 人向けのヒントになります。

ラインを意識して 『反発・ブレイク』 を想定したエントリーとエキジットを設定することでコツコツと儲けを重ねる事が可能になります。

また、紹介した例ではシナリオは1つずつ紹介していましたが、シナリオは1つだけ用意するのではなく、 2つ目の別のシナリオ も用意が出来るようになるとトレードのレベルがとても上がります。

ローソク足研究所

☆価格は人によって作られる ☆価格は悲しい事に敗者が決めている ☆価格は恐怖と欲望のギャップとバランスで成り立つ ☆価格変動には出来高というドラマがある ☆テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・理論・法則は強く意識され時に無視される

稼ぎたいFX初心者必見!【FX】ラインを意識したエントリーとエキジットのシナリオを紹介します。

f:id:koalion0105:20200214175551p:image

今日はFX外国為替相場エントリーエキジット のタイミングをどのように決めてシナリオを作っているのか? について ライントレード を利用しながら話していこうと思います。

大切な事を言うと相場の格言 『頭と尻尾は猫にくれてやれ』 という言葉に着地します。(もしくは 頭と尻尾はくれてやれ )頭と尻尾とは儲け損ねた利益の事ですね。

ある調査では 負けるトレーダーの比率は全体の9割と言われており勝てる人は1割 しかいないと言われています。

FXで稼げないトレーダーの特長として、売買に 『なぜ』 という理由がない事です。

売買は 『安く買って高く売る』 基本ですが、FXでは 『高く売って安く買い戻す』 という方法もあります。

FXで 『エントリー』『エキジット』 についてですが、 『エントリー=新規注文』『エキジット=手仕舞い』 の事ですね。

まぁ、単純に訳すと 『エントリー=参加』『エキジット=退場』 になりますね。要するにFXでの 注文の始まりと終わり FX Vision 特長 を意味しますね。

例えば、 RCI の数値が30より下がったから 買いでエントリー一目均衡表『三役好転』が確認できたから 買いでエントリー移動平均線デッドクロス したので 売りでエントリー といった様々な方法です。

指標を使わずチャート上に、ローソク足の 高値や安値の意識される価格にラインを引く プライスアクションを意識したラインドレードもあります。

ライントレード にはシンプルに2つです。

この2つを意識したドレードになってきます。

トレンドの状態で背景が良いのか悪いのかも考えながらエントリーとエキジットを決めていく事になりますが、基本的にはやり方は似ているので下に紹介する方法で学んでみましょう。

レンジ相場を意識してラインで反発を狙うエントリーからエキジットのシナリオ

f:id:koalion0105:20200214175551p:image

【レンジ相場】の状態ですね。

黒線を底として反発の上昇を期待してエントリーしたシナリオです。

この相場状況は少し特殊ですが、 長期的には下降トレンド の可能性があり、 短期的には上昇トレンド に見えているが、高値も安値もある程度の価格反発して落ち着いている超短期的には 【レンジ相場】 の状態です。

短期的に上昇トレンドなので【買い】で入るシナリオですが、あくまで【短期買い】です。

底でトリプル・ボトムにも見えるため【買い】で入っていますが、上値はトリプル・トップ以上に突かれているため 【レンジ相場】 ではあまりボトム・トップは(時間軸にもよる)わかりにくいです。

ここでの戦略は黒線 まで価格が下落するのを待ち『買い』エントリー します。その後は、 紫線 まで上がる事を期待して紫線の少し下値でエキジットを設定します。

ちなみに損切りは黒線を割ったら すぐに損切り FX Vision 特長 エキジットです。

具体的には黒線をタッチして 反発を確認してから 買いでエントリーします。順当に上昇を見せるならば、紫線よりも少し下の価格でエキジットを行います。

ドレード始めたての頃は下から上まで丸ごと全て利益にする事は意識せず 『その間の値動きだけを利益にする』 事を意識しましょう。

これは相場の格言 『頭と尻尾は猫にくれてやれ』 に当たります。

なぜ? 『間だけを取る』のかというと、トレード始めたての頃はチャート上にラインを引いても実は自分だけが意識したラインであり大衆には意識されていなかったり、エントリー出来ても エキジットとして意識したラインをタッチする前に逆行 してエントリーラインに戻る事もあります。

ラインブレイク後のエントリーからエキジットのシナリオ

f:id:koalion0105:20200214184831p:image

【強い上昇後の下げ】

強い上昇後には反動で【下げ】になる事が多いです。調整波や修正波と言われたりしますね。

f:id:koalion0105:20200214184831p:image

これはブレイク後のエントリーを想定した図で 【売り】 からエントリーしています。

損切りが遅れると 『いつか価格が戻るから大丈夫』 という理由のない期待が生まれてしまい含み損がドンドン膨らむ危険な状態になるので絶対に損切りは設定するようにしましょう。

チャートを見るとサポートとレジスタンスのラインが逆転する ロールリバーサル も意識し、再度ラインに戻っても 売りのポジションを 追撃 で入れる シナリオです。

ここでも相場の格言 『頭と尻尾は猫にくれてやれ』 にのっとりラインのジャスト価格には利食いエキジットを設定していません。

そうなるとかなりの利益になり爆益となりますが、奇跡的なラッキーパンチは中々起きる事はありませんし、相場で 高望みをしてしまうとエキジットにブレーキ がかかり利確のタイミングを逃してしまいます。

また、高望みで更なるラインブレイクを待って爆益を狙うと逆行してすぐに損切りになりやすく、 負ける確率 を上げてしまいます。

あと一つ加えると上値に不安はありますが 『上昇トレンドが発生している状態』 になりますので【売り】で入っているのですが、強い上昇には警戒している状態です。

損切りを設定しない手法で利益を上げているトレーダーもいますが、1番危険な事は 全資金を失う相場退場 です。

ここで紹介した例は 絶対に利益があがる方法ではありません FX Vision 特長 が、冒頭で話した 『売買に理由がない』 人向けのヒントになります。

ラインを意識して 『反発・ブレイク』 を想定したエントリーとエキジットを設定することでコツコツと儲けを重ねる事が可能になります。

また、紹介した例ではシナリオは1つずつ紹介していましたが、シナリオは1つだけ用意するのではなく、 2つ目の別のシナリオ も用意が出来るようになるとトレードのレベルがとても上がります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる