FXとはなにか

バイナリーオプションに向いている人、向いていない人

バイナリーオプションに向いている人、向いていない人
バイナリースクール

ゼントレーダーは30秒も選べる?短時間の取引をしてみたい人へ

バイナリースクール

ゼントレーダーにも30秒取引は用意されている

結論を言いますと、ゼントレーダーにも30秒取引は用意されています

バイナリースクール

ゼントレーダーの30秒取引に対応した銘柄について

ゼントレーダーでは全ての商品で30秒取引ができるというわけではなく、対応しているかどうかは銘柄によって変わってきます

  • AUD/JPY
  • AUD/USD
  • EUR/JPY
  • EUR/USD
  • GBP/JPY
  • USD/JPY
  • NZD/JPY

バイナリースクール

もちろん、いろんな銘柄に対応できるように勉強するのもおすすめです。

ゼントレーダーの30秒取引のメリット

バイナリースクール

バイナリーオプションでは、リスクが高いほどリターンも大きくなるので、つい狙ってしまう人もたくさんいるでしょう。

ゼントレーダーの30秒取引のデメリット

そうなるとテクニカル分析による勝率向上がしにくくなりますから、投資としてはかなりのハイリスクとなるでしょう。

そして熱くなって連続で負けてしまった場合、一気に資金を失うというリスクがあります。

バイナリースクール

ゼントレーダーの30秒取引で勝つ方法とは

  • トレンド相場を狙って取引する
  • 通貨ペアを比較する

バイナリースクール

bi-winning(ビーウィニング)の口コミ/評判は?

bi-winning(ビーウィニング)の口コミは?

bi-winning

bi-winning記事一覧はこちら

koara

bi-winning会社情報

同値判定で払い戻しは嬉しい

バイナリーオプションにて判定時刻の価格がエントリー時と同じ場合、 同値判定と呼ばれます。

そして 『同値判定は負け扱い』 としているところは多く、掛け金が没収されるパターンも少なくありません。

ですが、 バイナリーオプションに向いている人、向いていない人 bi-winning(ビーウィニング)は同値判定で払い戻し になっており、利益は出ないものの損失を被ることもありません。

暗号通貨なら土日でも取引できて便利

日本でも土日休みの方は多いので「 土日でも取引できたら便利なのに… 」と考える人はいます。

この記事ではBi-Winning(ビーウィニング)の【デモ取引】について解説している記事になります。 本格的にバイナリーオプションを始める前にまずはデモ取引で練習したい方は参考にしてください。 口座登録不要でデモ取引が出来る Bi.

500円から取引できるので資金が少なくても始めやすい

取引画面が多機能で使いやすい

bi-winning(ビーウィニング)では『インジケーター』と呼ばれる機能を内蔵しており、こちらを利用すれば特定の法則に従ってエントリーのタイミングを教えてくれます。

悪い評判もある?

まとめると『 運営実績が少ないことによる不安と問題点 』が低評価につながりやすくなっているので、今後の改善次第でまた口コミも変わってくると思われます。

Twitterの評判

ハイローオーストラリアあるある

「引き分け負けが悔しすぎる」

bi-winning なら引き分けは引き分け。 エントリー金額が返ってくる!!

— Bi-winning日本最速情報 (@biwinning0) July 24, 2021

最近、YouTubeでも話題のバイナリー会社、BI-WINNING!
他社と違い色々特典も多くて、入金出金も安心して出来る会社!
今なら、入金金額の20%キャッシュバック!
↓BI-WINNINGの登録はこちらからhttps://t.co/xujeUfYuTl

— ざん (@2525zan) August 23, 2021

bi-winning、pcで見るとインジも一通り使えて
オブジェクトもラインや図形等色々あって
すごくいいね!
贅沢盛り沢山でサーバー負荷がでかいせいなのか
眺めてるだけで時々クラッシュするw
これ改善しなきゃ大問題なんだけどねw
あと、引いて観察してる時に勝手に近くなるのが
嫌だ! pic.twitter.com/WcKcrOYv0d

— ミリオンズ(仮) (@w_mnm_w) July 16, 2021

ゼントレーダーは30秒も選べる?短時間の取引をしてみたい人へ

バイナリースクール

ゼントレーダーにも30秒取引は用意されている

結論を言いますと、ゼントレーダーにも30秒取引は用意されています

バイナリースクール

ゼントレーダーの30秒取引に対応した銘柄について

ゼントレーダーでは全ての商品で30秒取引ができるというわけではなく、対応しているかどうかは銘柄によって変わってきます

  • AUD/JPY
  • AUD/USD
  • EUR/JPY
  • EUR/USD
  • GBP/JPY
  • USD/JPY
  • NZD/JPY

バイナリースクール

もちろん、いろんな銘柄に対応できるように勉強するのもおすすめです。

ゼントレーダーの30秒取引のメリット

バイナリースクール

バイナリーオプションでは、リスクが高いほどリターンも大きくなるので、つい狙ってしまう人もたくさんいるでしょう。

ゼントレーダーの30秒取引のデメリット

そうなるとテクニカル分析による勝率向上がしにくくなりますから、投資としてはかなりのハイリスクとなるでしょう。

そして熱くなって連続で負けてしまった場合、一気に資金を失うというリスクがあります。

バイナリースクール

ゼントレーダーの30秒取引で勝つ方法とは

  • トレンド相場を狙って取引する
  • 通貨ペアを比較する

バイナリースクール

FXのオプション取引って何?初心者に分かりづらい「権利の売買」をていねいに解説

FXについて調べていると「FXオプション」という言葉に出くわすことがあります。
「また難しい言葉が出てきたなぁ」と面倒に感じているかもしれませんね。
確かにオプション取引は日常生活では出会うことがない考え方ですので、最初はすんなりと頭の中に入ってこないと思われます。
しかしその特徴を理解すれば、 リスクを抑えて利益を狙える ようになります。
FXのオプション取引の基本を具体的な取引例を紹介しながら解説していきます。

  • FXのオプション取引は将来の期日に通貨ペアを特定の価格で買う/売る権利を売買する
  • 将来のレートを予想して当たれば利益が得られる
  • 予想が外れても損失は「プレミアム」分のみに抑えることができる

FXのオプション取引とは


みなさんは既にFXについて勉強をして、多少の知識があるかもしれません。
しかし今回のテーマ「オプション取引」は、通常のFXの取引とは別物です。
為替レートの変動を利用した取引であることは同じですが、方法から利益が出る仕組みが異なります。
FXのオプション取引について、基礎から学んでいきましょう。

オプションは権利を売買する取引

オプション取引とは ある金融資産を、将来の特定の期日に、特定の価格で買う/売る権利を売買する取引 です。
「ある金融資産」とあるように、オプション取引はFXだけでなく株や国債、貴金属なども対象になります(対象になる金融商品を「原資産」と言います)。
FXのオプション取引をかんたんに説明すると、対象の通貨ペアが将来の特定の期日(満期日)に、今よりも上がっているか下がっているかを予想します。
上がると予想すれば「買う権利」を買い、下がると予想するなら「売る権利」を買います。
もし予想が当たれば利益を受け取ることができますし、外れてしまった場合は利益はもらえません。
具体的には以下のように注文をします。

9月30日ドル円111円買う権利買います

この場合だと将来に買いたい=今よりも値上がりすると予想して権利を買いました。9月30日に実際に111円以上になっていれば、利益がもらえます。
ちなみに9月30日のことを「権利行使日(満期日)」、ドル円を「原資産」、111円を「権利行使価格」と呼びます。

オプションで売買するのは「プレミアム」

通常のFX取引では、自分のFX口座に証拠金を入れて取引します。利益が出れば証拠金口座に入金され、損をするとその分が差し引かれます。
対してオプション取引ではオプションを買う人は「プレミアム」と呼ばれるオプションの購入金額を先に払います。
そのため予測が外れて利益が出なかったとしても、 損失は先に支払ったプレミアムの分だけ で、それ以上大きくなることはありません。
また予想が当たったときは、受け取ることができる金額からプレミアム分を差し引いた金額が、最終的な利益になります。

バイナリーオプションに向いている人、向いていない人

権利行使日(満期日)に取引は終了

オプション取引は基本的に権利行使日(満期日)に取引が終了します。
権利行使日に予想通りの価格になったかどうかで、利益または損失が確定します。
コールオプション(買う権利)を買った場合、レートが権利行使価格を上回っていれば、市場の価格よりも安く買えることになるので、オプションを行使して利益が出ます。
レートが権利行使価格と同じ、または下回っていたなら、行使価格で買うメリットがないので、権利を放棄して、プレミアム分が損失になります。
プットオプション(売る権利)を買った場合はその逆です。レートが権利行使価格を下回っていれば、市場価格よりも高く売れることになるので、権利を行使して利益が出ます。
レートが権利行使価格と同じ、または上回っていたなら、行使価格で売るメリットがなくなるので、権利は放棄されてプレミアム分が損失になります。
ここまでの話を以下の表にまとめておきます。
【コールオプション】(買う権利)

【プットオプション】(売る権利)

「コールオプション」の取引例


以下ではドル円のコールオプション(買う権利)の実際の取引例を見て行きましょう。取引の条件は以下のように仮定します。

  • 現在のレートは1ドル110円
  • 112円に上がると予想してコールオプションを1万通貨購入
  • プレミアムは5,000円

権利行使日のレートが上回ったとき

仮にレートが予想した1ドル112円を超えて115円まで上がり、権利行使日になったとします。 バイナリーオプションに向いている人、向いていない人 バイナリーオプションに向いている人、向いていない人
コールオプションを買っているので、 112円で1万通貨を買う権利があります
このケースでは

25,000円が利益となります。
逆にコールオプションを売っていた場合(主にFX会社側)は、5,000円分のプレミアムを先に受け取ることができますが、1万ドルを市場レートの115円で買って、112円で売らなければいけません。

25,000円の損失になります。

権利行使日にオプションを下回ったとき

仮にレートが予想に反して下がってしまい、1ドル109円で権利行使日を迎えたとします。
権利行使の条件は112円以上になることでしたが、クリアできませんでした。
この状況では市場では109円で買えるのに112円で買うメリットはありませんので、オプションの権利は放棄されます。
しかし 損失は支払ったプレミアム分の5,000円だけ です。どれだけ価格が下がったとしても、それ以上損をすることはありません。
逆にコールオプションを売っていた場合(FX会社側)は、オプションを買っていた人が権利を行使しなくなるので、オプションは消滅します。先に受け取った5,000円のプレミアム分が利益になります。
為替レートと損益を「買い手(投資家)」「売り手(FX会社)」それぞれでグラフにまとめてみました。

「プットオプション」の取引例


それでは次にドル円のプットオプション(売る権利)の取引の例を見ていきましょう。
条件は以下のように設定しました。

  • 現在のレートは1ドル110円
  • 108円までレートが下がる(円高が進む)と予想して、プットオプションを1万通貨購入
  • プレミアムは5,000円

権利行使日にオプションを下回ったとき

オプションを買ったあとに予想どおりに円高が進み、108円を超えて106円まで下がって権利行使日になりました。
プットオプションを買っているので、市場の現在の価格は106万円のところ 108円で売れる権利があります

上記のように計算し、利益の15,000円が残ります。
プットオプションを売っていた立場(FX会社)を考えてみましょう。5,000円のプレミアムを先に受け取っていますが、1万通貨を割高な108円で買わなければいけません。

結果、15,000円の損失が決まります。

権利行使日にオプションを上回ったとき

「下がる」と予想していたけれど、ドル円が111円まで値上がりしてしまい、そのまま権利行使日を迎えたとします。
「売る権利」は108円まで下がることが条件でしたので、クリアならず。
権利は使わないまま放棄され、 支払った5,バイナリーオプションに向いている人、向いていない人 000円のプレミアム分が損失 として決まります。ただし、どれだけ予想が外れてドルの価格が上がったとしても、損失は5,000円までです。
逆にプットオプションの売り手(FX会社)は、買い手の権利が放棄されるため、先に受け取った5,000円のプレミアムが利益になります。
プットオプションの「買い手(投資家)」「売り手(FX会社)」それぞれの視点で損益をまとめたのが以下のグラフです。

オプション取引のメリット


オプション取引の利益と損失が出るしくみは上記のとおりです。
為替の変動を利用しているという点では通常のFXトレードと同じですが、取引の中身はまったく違っていることが理解してもらえたと思います。
改めてFXのオプション取引のメリット(良い点)を確認しておきましょう。

    バイナリーオプションに向いている人、向いていない人
  • 必要な支払いがプレミアムだけで損失は限定される(買い手の場合)
  • 忙しい人でも取引しやすい

必要な支払いがプレミアムだけで損失は限定される(買い手の場合)

上の取引例でも説明した通りですが、コールオプション(買う権利)、プットオプション(売る権利)ともに、 買い手の損失はプレミアム分だけ です。
通貨の価格が上がると予想してコールオプションを買った人は、仮に予想が外れてしまったとしても、損失は最初に支払ったプレミアム分以上に大きくなりません。
逆に価格が下がると予想してプットオプションを買った人も、予想外に価格が上がってしまったとしても支払いはプレミアム料だけ。
通常のFX取引では予想が外れるほど、損失はどんどん大きくなります。
オプション取引では予め決まった損失のもとで、大きな利益を狙える取引と言えます。

忙しい人でも取引しやすい

FXのオプション取引は、将来の一定の期日に決められたラインより「高い」か「低い」かを予想するだけです。
そのため一旦プレミアムを買ってしまえば、あとは 権利行使日を待つだけで、利益(または損失)が確定します
チャートをチェックする時間がない忙しい人はもちろん、チャートを見ると不安になってしまうような人にも向いている取引と言えますね。

オプション取引のデメリット


逆にオプション取引のデメリットも確認しておきましょう。
通常のFX取引と比べたときに注意しておきたいポイントがあります。

  • プレミアムはスプレッドよりも高い
  • 権利行使日に取引を終える必要がある

プレミアムはスプレッドよりも高い

みんなのシストレ スプレッド

FXオプションで権利を買うときに払う「プレミアム」は、スプレッドよりも高額です。
通常のFX取引では通貨ペアの売値(Bid)と買値(Ask)の間に差があり、この差額がスプレッドと呼ばれて、FX会社が得られる手数料になります。
投資家としてはスプレッドは手数料なので、小さいに越したことはありません。
FX各社は少しでもスプレッドを小さく(狭く)して、自社に口座を開いてもらおうと競争しています。そのためFXの スプレッドは通貨の両替と比べても、かなり低く抑えられています。

同じ通貨量の取引をするにしても、オプションのプレミアムはスプレッドよりも高くなりやすいと言われています。

権利行使日に取引を終える必要がある

予め決められた権利行使日(満期日)に必ず取引を終えなければいけないという点も、ある意味では気をつけたいポイントです。
通常のFXでは大きな含み損が出たとしても、ロスカットにならない限りは取引に期限がありません。
仮に含み損が出ていても長期でポジションを持ち続けることで、相場が反転して利益の方向に進むこともあります。
オプション取引では権利行使日に否応なしに取引が終わります。権利行使日に予想が外れていれば、損失が確定します。

バイナリーオプション取引とは


FXのオプション取引では「バイナリーオプション」という言葉がよく出てきます。
バイナリーオプションはオプション取引のうちの1つという位置づけで、日本の多くのFX会社が提供しています。
そもそもFXのオプション取引には以下のような種類があります。

  • バイナリーオプション…権利行使日に原資産の価格が権利行使価格に達していると、利益がもらえる
  • レンジオプション…権利行使日に原資産の価格が特定の範囲におさまっていると、利益がもらえる
  • ワンタッチオプション…権利行使日までのあいだに、原資産の価格が一度でも権利行使価格に達したら利益がもらえる

これらのオプションを区別するために、それぞれ名前が付けられています。
またバイナリーオプションは 「条件を満たしたら、1口あたり一律1,000円」のように、利益が予め決まっています。 これを「ペイアウト」と言います。

オプション取引ができるおすすめFX口座


日本の主なFX会社はサービスとしてオプション取引を提供していることが多いです。
そのほとんどが「バイナリーオプション」ですが、FX会社によってできることが違います。
ここではFXのオプション取引をしたい初心者に向けて、おすすめの会社を3つだけ紹介します。

SBI FX トレード(オプションFX)

  • 米ドル/円の「プットオプション」「コールオプション」の買いのみ
  • 毎月第2金曜日の15時に権利行使
  • 途中売却もOK

扱っているのは米ドル/円の1種類のみなので迷うことがありません。
他のバイナリー取引は数時間単位が多い中、月に1回の権利行使日でじっくり取り組めます。
また新規注文は「買い」のみなので、 シンプルに米ドルのレートが上がるか下がるかを予想すれば良いだけ です。
またオプションFXでは、権利行使日前日の15時までならオプションを途中売却することもできます
例えばプレミアムの価格が、払ったときよりも上がっていれば、途中で売って差額を利益にできます。
また予想が外れてオプションの放棄が予想される場合は、早めにオプションを売ってしまうことで、損失を抑えることもできます。

以下の記事でSBI FXトレードについても詳しくまとめていますので、ご覧になってください。
2022年7月7日 【2022年最新】FXおすすめ20選|特徴や評判からおすすめのFX会社を徹底比較

外為どっとコム(外貨NEXTバイナリー)

シンプルな取引画面とルールで始めやすい外為どっとコムの「外貨NEXTバイナリー」もおすすめです。

  • ラダー取引に特化
  • バイナリーオプションに向いている人、向いていない人
  • 6種類の通貨ペアで取引できる
  • 少額からの取引も可能

外貨NEXTバイナリーはラダー取引に特化したサービスです(ラダー取引とは目標のレートよりも「ハイ(高い)」か「ロー(低い)」かを予想する取引です)。
1日に10回、2時間ごとに区切られた期間内での値動きを予想し、条件を満たせたら、 1Lotあたり一律1,000円のペイアウト(利益) がもらえます。
オプション取引では6種類の通貨から好きなものが選べます。
また通貨ペアによっては、1Lotあたり1,000円未満でも取引できます。少額から始めたい初心者にもおすすめです。

外貨ex byGMO(オプトレ!)

外貨ex byGMOが提供するオプションサービス「オプトレ!」は、取引の選択肢が多いことが魅力です。

  • 1日11回、2時間ごとの取引
  • ラダー取引とレンジ取引から選べる
  • 8種類の通貨ペアで取引できる

オプトレ!は1回あたり2時間の取引期間内で、レートを予想します。1日11回も取引機会があるため、自分の好きな時間に取り組めます。
予想が当たった場合は1口あたり1,000円のペイアウト(利益)が得られます。
またオプション取引は ラダー取引とレンジ取引から選ぶことができます
レンジ取引は権利行使のタイミングで、レートが目標の範囲に収まっていれば利益が確定します。
またオプション取引では最多レベルの8種の通貨で取引できるのも特徴です。自分が得意な通貨ペアで取り組むことで、勝率を上げることができます。

FXのオプション取引に関する疑問

質問


以下ではFXのオプション取引に関して、よく検索されるキーワードや疑問点をまとめておきました。
少々込み入った内容になりますし、知っていなくてもオプション取引自体はできます。興味がある人は参考にしてもらえると良いかと思います。

NY(ニューヨーク)オプションカットってなに?

よくFXのニュースなどで「NY(ニューヨーク)オプションカット」という言葉を目にします。
NYオプションカットとは、アメリカニューヨーク市場の通貨オプション取引の権利行使期限のことを指します。
具体的には 日本時間の24時(米夏時間は23時) のことを指します。
この時間帯はオプション行使の取引が増えるため、相場が動きやすくなると言われています。
通常のFX取引をする際にも、NYオプションカットは意識しておくと良いでしょう。

オプションバリアの意味は?

オプション取引には、ある一定の価格に達したらオプションの権利が発生したり、消滅したりする「バリアオプション」というものがあります。
またバリアオプションには、一定の価格に達すると権利が発生する「ノックインオプション」と、権利が消滅する「ノックアウトオプション」があります。
オプションバリアとはその権利が発生したり消滅する条件になる価格のことを言います。

オプション取引はすべての会社で取引できる?

近頃はリスクを最小限に抑えられるバイナリーオプションが人気で、FX各社が提供しています。 バイナリーオプションに向いている人、向いていない人
しかし中にはオプション取引ができない会社もあり、すべての会社で対応しているわけではありません。
またFX会社によって扱っているオプション取引の内容にも違いがあります。
興味がある人はオプション取引の種類、通貨の種類、必要な資金などをチェックして、口座を開くようにしましょう。

  • ある特定の期日に
  • ある特定の通貨を
  • 特定の価格で
  • 買うまたは売る権利

を売買するのがFXのオプション取引でした。
基本的に投資家はオプションを「買う」ことによって、リスクを最小限に抑えながら利益を狙うことができます。
各社とも特徴のあるオプションサービスを提供しています。FX取引と合わせて、オプション取引にも目を向けてみると、投資家としての幅が広がりそうですね。

あえて言おう、FX専業トレーダーに向いているのは◯◯を嫌う人だと

あえて言おう、FX専業トレーダーに向いているのは◯◯を嫌う人だと

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 3 位

FX専業トレーダーが”職業”ならば、当然”適正”はあるはず

  • 究極のFX適正診断(ヒロセ通商) (yahoo) (インヴァスト証券)

FX専業トレーダーに向いているのは◯◯を嫌う人

Wikipediaにもあるように、資本を投じることで将来のリターンを得る経済活動全般を投資と呼びます。分かりやすく言えば「資本(お金や人・モノなど)を使ってお金を増やすこと」です。

リターンを得るためにはリスクのある投資対象に資本を投下することが不可欠。投資家は常にリターンを求め、リスクテイクします。リターンが期待できないものにはお金を投じません。その感覚が非常にシビアです。無駄金(浪費)を極端に嫌います。※消費と浪費は異なります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる