FXのメリット

ダブルトップ&ダブルボトム

ダブルトップ&ダブルボトム
ダブルトップ(ボトム)とは?

【チャート分析】ダブルトップ(ボトム)とは?トレンドの転換点を見極めよう

792911d894dceb6b9780de9db7a26fa0

ダブルトップ(ボトム)とは?

ダブルトップ(ボトム)とは?

ダブルトップ(ボトム)とは

  • 株価の天井や底に出やすいチャートパターン
  • 天井圏でダブルトップ、底値圏でダブルボトムが発生

株価の天井圏で発生するのが ダブルトップ

【チャート分析】ダブルトップ(ボトム)のネックラインがトレンドの転換点

ダブルトップ(ボトム)とは?

ダブルトップ(ボトム)とは?

ダブルトップ(ボトム)のネックライン

  • ネックラインを超えるとトレンドが転換

【チャート分析】ダブルトップ(ボトム)の具体例

ダブルトップ(ボトム)の具体例

ダブルトップ(ボトム)の具体例

【チャート分析】ダブルトップ(ボトム)まとめ

ダブルトップ(ボトム)とは

  • 株価の天井や底に出やすいチャートパターン
  • 天井圏でダブルトップ、底値圏でダブルボトムが発生
  • ネックラインを超えるとトレンドが転換

株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜 株式投資初心者が疑問に思うことをまるっとまとめ。投資をはじめて稼ぐまでの流れや企業・チャート分析の方法など必要知識をこの1冊でインプット!.

【チャート分析】テクニカル指標一覧 | 市場で生き残るための武器を揃えよう! チャート分析に必要不可欠なテクニカル指標(インジケーター)をまとめてご紹介。ひとつでも多く武器を揃えて市場での勝率をあげましょう!.

リアルトレード公開!ダブルトップ,ダブルボトムでのエントリーは水平線を味方につける!

FX

すると、抜けたにも関わらず ダブルトップを作って 勢いよく下げてきましたのでショートを仕掛けました。

ロールリバーサル(サポレジ転換)でのエントリーまとめ。

ども、谷口です。 ロールリバーサルはなぜ起こるのかは上手く説明できませんが、FXのトレードを行っていく中で本当に大切で意識すればトレードが格段にやりやすくなると思います。 ロールリバーサルって知っていますか? 知らない方.

トレード振り返り。失敗トレードも載せます。

ども、谷口です。 今日のトレードはよくなかった・・・まずは画像載せます。 ちょっとわかりにくいけど、水平線を引いていて上に抜けたタイミングでロングを入れました。赤○のところです。 4時間足の端っこの水.

ヘッドアンドショルダーとは?反転パターン5つとFXトレード手法を解説

鈴木拓也

鈴木拓也

反転パターン5つの種類

  • ヘッドアンドショルダー
  • トリプルトップ(ボトム)
  • ダブルトップ(ボトム)
  • スパイクトップ(ボトム)
  • ソーサーパターン

ヘッド&ショルダートリプルトップ(ボトム)ダブルトップ(ボトム)
ヘッド&ショルダー トリプルトップ(ボトム) ダブルトップ(ボトム)
ヘッド&ショルダー トリプルトップ(ボトム) ダブルトップ(ボトム)

最初に念頭に置いておかなければならないのは、 相場に100%という言葉は存在しません。

プロの為替ディーラーもそのことを重々承知していますし、だからこそ、常に自分のシナリオの誤りを示すサインに目を凝らしているのです。

ヘッドアンドショルダー(三尊・逆三尊)

5つの反転パターンの中でも、特に重要なバターンとしてヘッドアンドショルダーがあります。

これは日本語では、「三尊(さんぞん)」「逆三尊(ぎゃくさんぞん)」とも呼ばれています。

ヘッドアンドショルダーのパターン

そして、両肩の下の谷を結んだ線を” ネックライン ”と呼びますが、ネックラインを下に突き抜けて パターンの完成となり、上昇トレンドから下降トレンドへの転換シグナル となります。

ヘッドアンドショルダーのトレード戦略

(a) はかなり攻撃型のトレーダーが行う戦略で、左肩の水平ラインでレートが反落したのを確認し、ヘッドアンドショルダー完成を見越して事前にエントリーする戦略です。

当然ですが、その後、ヘッドアンドショルダーが完成すれば大きな利益を狙えますが、逆に予想が外れた場合は、上昇トレンドにて逆張りをすることになりますので、 リスクは高い です。

(b) は多くの教科書に書いてあるトレードポイントで、値がネックラインを下振れ、ヘッドアンドショルダーの完成を確認しエントリーする戦略です。

基本的なトレード戦略ですが、 ダマしやその後のリターンムーブ(戻り)に合う可能性も捨てきれない ので、エントリーした後も値動きには注意が必要です。

(c) は最も慎重なトレードスタイルです。リターンムーブ後に値がネックラインで反落したのを確認しエントリーする戦略です。

最も手堅い戦略ですが、ヘッドアンドショルダー完成後に、リターンムーブが無い可能性もありますので、 待っていたらトレードチャンスを逸してしまったというリスク もあります。

鈴木拓也

鈴木拓也

重要なのはネックライン!ダブルボトム・ダブルトップが出た時のポイントを押さえよう


ダブルトップやダブルボトムはチャートの形の中では非常にメジャーなものですが、まずは、この形の出現が何を意味しているのか知る必要があります。

結論から言うと、ダブルトップやダブルボトムは、トレンドの終了を意味するシグナルです。 ダブルトップ&ダブルボトム
ダブルボトムは簡単に言うと、 アルファベットの「W」に似たチャートの形 を作るのが特徴で、下降相場で現れた時に注目します。

ダブルトップとネックライン


ダブルトップは、ダブルボトムをひっくり返した形…つまり「W」を逆さにした形になります。アルファベットの「M」に似た形と言えば、イメージしやすいかもしれません。
ダブルトップは、上昇相場で現れた時に注目します。

ポイントは、谷や山が完成した後

ダブルボトムの場合は、株価がネックラインを超えたら、そこで買い注文を入れます。
一方、ダブルトップの場合は、株価がネックラインを割り込んだら、そこで売り注文を入れます。
ネックラインは、発注を出すタイミングを計る際のポイントとなるのです。 ダブルトップ&ダブルボトム
そのため、ダブルボトムやダブルトップの形成を確認したら、必ず株価がネックラインに対してどうなったかに注目しましょう。そうすることで、売買のタイミングをつかむことができます。

今回は、ダブルボトムとダブルトップについて紹介しました。
この形が出現した時、ネックラインを見つけることが大切になります。
ネックラインを基準に、その後の動きを見ていくことで、取引のタイミングをつかむことができます。
ダブルボトムとダブルトップが出現した場合は、ネックラインを引いて、取引のタイミングを見計らいましょう。

利益に直結したセミナー、受けてみませんか?

実は株に関するほとんどの知識は利益をあげる上で 必要ない ということを知っていますか? 「株で利益をあげる」ことは、 すごくシンプルな法則 で成り立っているんです。 「株を始めてみたいけど、利益をあげられるか心配」 「勉強してもどこから始めて良いかわからない」 「株に詳しい人にいつでも質問できる環境があれば」 そういったお悩みをお持ちの方は是非、弊社の 無料説明会 へお越しください♪ 株で利益を出す上で必要な知識をご説明させていただきます。 いつでも オンライン で参加可能! 現役の講師と少人数体制 でお話ができます。 株に関する疑問などは何度でも質問OK♪ 90分間無料 で株に関するお話ができちゃいます! この機会に「株で利益」を得る方法を学んでみませんか? 少しでも皆様のお役に立てますよう、弊社一同心よりお待ちしております。

【チャート分析】ダブルトップ(ボトム)とは?トレンドの転換点を見極めよう

792911d894dceb6b9780de9db7a26fa0

ダブルトップ(ボトム)とは?

ダブルトップ(ボトム)とは?

ダブルトップ(ボトム)とは

  • 株価の天井や底に出やすいチャートパターン
  • 天井圏でダブルトップ、底値圏でダブルボトムが発生

株価の天井圏で発生するのが ダブルトップ

【チャート分析】ダブルトップ(ボトム)のネックラインがトレンドの転換点

ダブルトップ(ボトム)とは?

ダブルトップ(ボトム)ダブルトップ&ダブルボトム とは?

ダブルトップ(ボトム)のネックライン

  • ネックラインを超えるとトレンドが転換

【チャート分析】ダブルトップ(ボトム)の具体例

ダブルトップ(ボトム)の具体例

ダブルトップ(ボトム)の具体例

【チャート分析】ダブルトップ(ボトム)まとめ

ダブルトップ(ボトム)とは

  • 株価の天井や底に出やすいチャートパターン
  • 天井圏でダブルトップ、底値圏でダブルボトムが発生
  • ネックラインを超えるとトレンドが転換

株式投資の教科書 〜企業分析からチャートの読み方までまるっとマスター!〜 株式投資初心者が疑問に思うことをまるっとまとめ。投資をはじめて稼ぐまでの流れや企業・チャート分析の方法など必要知識をこの1冊でインプット!.

【チャート分析】テクニカル指標一覧 | 市場で生き残るための武器を揃えよう! チャート分析に必要不可欠なテクニカル指標(インジケーター)をまとめてご紹介。ひとつでも多く武器を揃えて市場での勝率をあげましょう!.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる