日本語で徹底解説

FXで教育費を作る

FXで教育費を作る
それでは、収入の内訳・支出の内訳はどのように計算されているのか詳しく見てみましょう。

出典:家計調査報告(家計収支編)2017年

笑顔がいいね♪

中学生と予備校生の子供がいる主婦です。 毎日ウォーキングとストレッチを日課にしている健康オタク♪ 家族の笑顔の為においしいご飯を作ることを頑張っています(^^)/

PTA会費はいくら?近隣12校の小中学校を調査 相場と平均値

PTA会費

小学校のPTA会費(9校)

FXで教育費を作る FXで教育費を作る
PTA会費 教育振興費 児童数
A小 500円 400円 170人
B小 300円 300円 500人
C小 200円 100円 540人
D小 250円 100円 710人
E小 220円 100円 720人
F小 180円80円 730人
G小 200円 50円 810人
H小 250円 60円 910人
I小 140円 100円 1000人
平均 249円 143円 677人


児童数が少ないほどPTA会費が高い傾向 があります。

中学校のPTA会費(3校)

FXで教育費を作る
PTA会費 教育振興費 生徒数
A中 200円 100円 620人
B中 200円 200円 560人
C中 250円 100円 690人
平均 217円 133円 623人

教育振興費とは

PTA会費はPTA活動に使用されるものですが、 教育振興費は学校運営にかかわる資金 になります。

ネットで調べると 「学校側が保護者に対して援助を依頼しているもの」 という表現がされていました。

教育振興費の使い道

教育振興費

教育振興費の監査はPTA本部で行っています。 ですので教頭先生から「今年度はこういうことに使いたい」というように事前に相談を頂いていました。

1か月の生活費の内訳って? 年齢や家族の状況から見えてくる、平均的な生活費とは

【29歳未満、1か月あたりの平均支出(円)】
・収入(可処分所得)283,785円
・支出
・食料費 42,000円
・住居費 27,924円
光熱・水道費 FXで教育費を作る 7,824円
・家具・家事用品 4,212円
・被服費等 8,453円
・保健医療費 4,426円
・交通・通信費 24,485円
・教育費 921円
・教養娯楽費 17,997円
・諸雑費 13,869円
・こづかい(使途不明) 1,383円
・交際費 10,494円
・仕送り 1,307円
——————————
合計 165,295円

世帯主の年齢:30歳~39歳の家庭
・家族の人数:2.98人
・うち仕事をしている人:1.37人
・住宅:賃貸44.7%、持ち家47.6%
29歳未満のデータと比べると、人数が増え、既婚&子どもありの世帯が増えている様子がうかがえます。

【30歳~39歳、1か月あたりの平均支出】
・収入(可処分所得)370,483円
・支出
食料費 58,996円
住居費 25,557円
光熱・水道費 15,410円
家具・家事用品 7,763円
被服費等 10,638円
保健医療費 8,922円
交通・通信費 38,728円
教育費 9,165円
教養娯楽費 25,026円
諸雑費 18,509円
こづかい(使途不明) 5,747円
交際費 13,370円
仕送り 1,078円
——————————
合計 238,909円

世帯主の年齢:40歳~49歳の家庭
・家族の人数:3.13人
・うち仕事をしている人:1.5人
・住宅:賃貸25.FXで教育費を作る 5%、持ち家71.1%
家族の人数がさらに増え、子どもの人数が確定する頃合いです。
生活費も膨らみ、教育費もかかるようになるため、30歳代から比べると全体で5万円以上増えています。交通・通信費の額も30歳代同様多めですね。

【40歳~49歳、1か月あたりの平均支出】
・収入(可処分所得)439,370円 FXで教育費を作る
・支出
・食料費 69,744円
・住居費 18,566円
・光熱・水道費 19,089円
・家具・家事用品 9,005円
・被服費等 13,566円
・保健医療費 9,264円
・交通・通信費 45,950円
・教育費 23,466円
・教養娯楽費 31,307円
・諸雑費 21,642円
・こづかい(使途不明) 9,998円
・交際費 13,462円
・仕送り 7,561円
——————————
合計 292,620円

世帯主の年齢:50歳~59歳の家庭
・家族の人数:2.72人
・うち仕事をしている人:1.74人
・住宅:賃貸20%、持ち家78.6%
世帯の人数は少し減っています。子どもが成長して家を出るなど家族の状況の変化がありそうです。
とはいえ、教育費や教養娯楽費、被服費は若干減っていますが、食費など生活周りに加えて、交際費などが増えており、支出合計は2.6万円ほど増えています。
子どもが独立した後、老齢期の生活費がこのままで大丈夫かどうか、シミュレーションをするなどして確認が必要な時期です。

【50歳~59歳、1か月あたりの平均支出】
・収入(可処分所得※)431,501円
・支出
・食料費 72,096円
・住居費 19,069円
・光熱・水道費 20,338円
・家具・家事用品 10,074円
・被服費等 12,358円
・保健医療費 11,551円
・交通・通信費 48,899円
・教育費 20,775円
・教養娯楽費 27,893円
・諸雑費 24,375円
・こづかい(使途不明) 13,225円
・交際費 20,802円
・仕送り 17,130円
——————————
合計 318,585円

独身世帯
・世帯主の年齢:42.2歳
・うち仕事をしている人:1人
・住宅:賃貸61.6%、持ち家28.1%
子どもや家族と暮らしていても、パートナーが亡くなった後は一人暮らしとなります。その際はどの程度の支出になるのか、老齢期に向けてのマネープランの参考にしてください。

【人世帯、1か月あたりの平均支出】
・収入(可処分所得※)258,966円
・支出
・食料費 42,623円 FXで教育費を作る
・住居費 27,396円
・光熱・水道費 9,288円
・家具・家事用品 3,896円
・被服費等 7,124円
・保健医療費 6,166円
・交通・通信費 24,113円
・教育費 16円
・教養娯楽費 18,710円
・諸雑費 12,921円
・こづかい(使徒不明) 203円
・交際費 13,528円
・仕送り 4,834円
——————————
合計 170,818円

何に使っているの?

支出項目ごとの金額を見てきましたが、数字を見ると若干気になる項目が出てきます。
代表格が「住居費」です。妙に少ないですよね。
また、「教育費」や「交際費」も何がどこまで入っているのか気になるところですので、少し説明を加えておきましょう。

「住居費」に住宅ローンは入っていない!!
この項目の内訳は「家賃地代」と「設備修繕・維持」となっていて、賃料は入りますが、住宅ローンは入っていません。持ち家の人はローン返済分を別枠で統計数値に上乗せして考えなければならないということです。

「教育費」は学校のみ? 塾は入っている?
3歳以上の幼稚園等の費用から大学の費用まで含まれています。PTA会費やテキスト代、修学旅行費用、大学入試センター試験受験料も含まれていますし、学習塾の月謝など、学校外教育費もこの項目に入っています。

飲み会は食費? 交際費?
飲み会は「交際費」に入っています。この他、親睦会などの会費、集合住宅での共益費、町内会費、香典なども交際費です。

ここに注意! 金額は年間支出を1か月に直したもの
上記の家計支出内訳の全体的な注意点は、大型支出の扱いです。
大型の家具や電化製品はたまに必要になる買い物です。
冠婚葬祭も毎月あるわけではありません。
でも、そういった費用も各月の支出項目に平均して含まれています。

将来の支出はどれくらい?

最後に、下のグラフ「世帯主の年齢別 1か月の支出の推移 」は、いま日本で生活している各年齢層の世帯の支出内訳です。

そして、統計の支出内訳や支出総額だけを重視して、統計に合わせておけば「正解」と安心してしまわないでほしいと思います。
各家庭で、夫婦の年齢も、子どもの人数や誕生時期、学校へ行く時期も、教育方針も、住まいのスタイルも、趣味も、好みも…なにもかも違います。
結局大切なのは、ご自身のリアルな状況に合わせた貯蓄ができていれば問題ない…という点です。

進学格差―深刻化する教育費負担 (ちくま新書) Paperback Shinsho – December 1, 2008

To calculate the overall star rating and percentage breakdown by star, we don’t use FXで教育費を作る a simple average. Instead, our system FXで教育費を作る considers things like how recent a review is and if the reviewer bought the item on Amazon. It also analyzes reviews to verify trustworthiness.

Review this product

Filter reviews by

  • English
  • Japanese

Top FXで教育費を作る reviews from Japan

There was a problem filtering reviews right now. Please try again later.

あとがきに「本書では、日本の教育の将来のために、考えなければならない重大な問題があるという問題提起だけはできたと思う」(p184)とあるが、その通りの内容だと思う。でも、これはあんまり褒めているのではない。
日本はこういう状況です、問題は深刻です、それに対してアチラの国ではこういうシステムになっています、でもそこではこういう問題が発生します、コチラの国ではこういう対応をしています、しかしここでもこういう問題点があります……学者の態度として誠実といえば誠実。確かに現状を俯瞰するためには、最低限押さえておかなくてはならない論点が示されているとは思う。しかしやはり、もう一歩踏み込んで欲しかったというのが読後感。
大体、このあとがきの最初から著者は逃げ腰みたい。自分は奨学金研究をライフワークにしようなんて気持ちはなかった。エライ先生に勧められたからだ。エライ先生方が中心になって進めている調査研究はとっても役に立った。「ただ、私自身の気持ちを言わせていただければ、この貴重なデータの分析は、今後は、若い世代の研究者が進めていってほしい。それは何より本書で強調したように、若い世代にとって、教育費負担は、自分たちの問題になるからだ」(p184)って、そりゃそうかも知れないけどさ……
ところで私はこの手の本を読んで、気になっていることがある。それは統計における大卒とか高卒とかの括りで、大卒にもイロイロあるでしょ、とか思ってしまう。国公立か私立かとか、金持ちか貧乏人かとかも、統計というものがそういう括りを必要とすることは理解しながらも、「何か顔が見えてこないんだよなァ」と……三浦某の『 下流大学が日本を滅ぼす! 』ってヒドイ本だけど、ぶっちゃけたところで考えようぜって姿勢はあったよね。

【40代の貯蓄額】いくらあるべき?40代のリアルな「お金事情」解説

40代貯金

二人世帯平均貯蓄

二人以上世帯
平均貯蓄額は942万円
中央値 550万円

単身世帯平均貯蓄

単身世帯
平均貯蓄額は657万円
中央値25万円

それに比べて、すべてのデータを並べて、ちょうど真ん中に来る回答値のことを『中央値』と言い、中央値の方が「リアルな平均値」に近いと言われています

貯蓄額分布図

次に分布図を見てみましょう。

出典:金融広報中央委員会『家計の金融行動に関する世論調査(平成30年)』より抜粋

平均942万・中央550万と言っても、貯蓄額には個々で大きく差があることがわかります。

2人以上世帯では、500-1500万保有している人が約30%2000-3000万以上の人も13%

その反面、2人以上世帯で約5人に1人、独身世帯だと5人に2人が貯蓄ゼロとなっています。

2.老後に向けてどのぐらいの貯蓄があればいいの?

老後 貯金額


最近では、さまざまなメディアで「 将来に老後資金はいくら必要か 」という問題が話題になっています。

2-1 〇〇歳(定年?)までにどのくらい支出がある?

生活費 (食費、住宅費、光熱費等)

月の平均生活費 28.7万円

40代に限定すると 30.2万円

これには住宅ローンや家賃は含まれていませんが、教養費・教育費や交際費等細かく含まれているので、住宅費を含めての最低限の生活費と考えるといいでしょう。

教育費

学費


※出典:文部科学省「平成30年度子供の学習費調査の結果」より抜粋

大学へ進学すると入学金・授業料だけでも国公立で500万円以上お金が必要になります。

実家を離れる場合は、仕送りも必要となるでしょう。

教育費負担の実態調査(平成30年)

このように教育費はどんな進路であってもまとまった額が必要となります。

出典:日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果」(平成30年度)

医療介護費

自身や家族の医療費は、「医療保険」を準備している人も多いと思います。

しかし、 40代が警戒すべきは「介護」です。

自分自身の病気や体の不調が増えるだけでなく、両親も高齢になってきます

2-2 老後2000万円で足りるの?内訳は?

本当に2,000万円が必要なのか」「2,000万円で足りるのか」見ていきましょう。

収入(公的年金のみ) 209,198円
支出 FXで教育費を作る 263,718円
収支 ▲54,520 円

これが30年続く場合、約2000万円かかると想定され騒がれたのです。

高齢夫婦の家計収支

それでは、収入の内訳・支出の内訳はどのように計算されているのか詳しく見てみましょう。

出典:家計調査報告(家計収支編)2017年

支出

住居費は持ち家の諸経費なのか賃貸での賃料なのか、どちらにしても13,656円よりは高くなります。

この計算は上記で触れた、「家計調査」を基に「中央値」ではなく「平均値」で計算されており、このような不明な収支となっています

その為、老後資金2000万円が一概に正しいとは言えません。

そしてこの問題では、 「退職金・企業年金を老後資金に含めるのか」という点には触れられていません。

「老後資金2000万円」はただの平均値です。

自分自身の望む老後生活から、人それぞれの「老後資金」を算出することが大切でしょう。

3.40代がお金をふやす3つの方法

40代貯金ふやす


ここまでで、40代の貯蓄額やこれからの支出そして老後資金についてまとめてきましたが、
実際どうすれば貯蓄できるのか、40代が実践すべきステップを3つご紹介します。

3-1 支出を減らす

まずは3ヶ月の支出を見てみましょう。

自分自身で見て無駄な支出を把握し、削りましょう

その上で参考になるのが、ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんが考案した「家計の黄金比率」です。

【2 人暮らしの場合】

食費 15%
住居費 25%
水道光熱費 5%
通信費 6%
保険料 4 % FXで教育費を作る
貯蓄 20 %

3-2 収入を増やす

資格を取得し出世を狙うことで収入を増やしましょう。

収入を増やす方法としては、「副業をする」という方法もあります。

政府の副業解禁への後押しもあり、 国内では約30%の会社が副業OKとなっており、 副業で収入を得ている人も多くなっています。

3-3 資産運用する

資産運用


無駄な支出を減らし、収入を少しでも上げることができれば、今までよりは貯蓄に回すお金を増やすことができます。

しかし、 現在銀行の普通預金の金利は年0.001%、定期預金預けたとしても年0.01%しかありません。

より効率よくお金を増やすために大切なのが、「貯蓄に回したお金を資産運用する」ことです。

それでは、ここから人気の資産運用をご紹介していきます。

①不動産投資

会社員の特権を利用し、手間がなく低い自己資金でできる運用」ということで 忙しい働き盛りの40代に人気のある投資です。

しかし、近年では売却益だけではなく、家賃収入という不労所得を長期的に得る投資方法で、 低リスク・低コスト・安定的な資産運用 として注目されています。

具体的には、投資用の不動産は金融機関からローンで購入し、家賃収入でローンの返済を行います。

ローン完済後、家賃収入は丸々収入として入ってくるので、老後の生活費の足しにすることもできます。

他人の力(融資)で老後資金(家賃収入)を作ることができるということで人気となっています。

投資信託とは、簡単に言えば 資金を専門家に運用してもらう金融商品 です。

一般的に投資と言って思い浮かべる「株式投資」は、投資先を自分で選び、売り買いも自己判断が必要ですが、投資信託であればすべて自動的に行われます。

つまり、基本的にほったらかしで運用してもらえるということで、株に興味のある忙しい人の強い味方です。

ひと言でいうと、 為替レートの上がり下がりを予測することで利益を狙う ものです。

それだけですが、 ある程度の利益を得るために数百倍とレバレッジをかけて取引ができ、一発逆転が出来る投資術であるという一方で、一夜にして多額の借金を抱えてしまう 、そんな印象を持っている方も少なくないはずです。

無理をしない 」というのがポイントです。

短期間で増やすことを考えリスクの高いものを選ばず、リスクが低く安定していて長期で運用できるものから始めましょう。

本記事を読んで投資・副業・不動産投資にご興味を持たれた方は、ぜひ株式会社TRUSTの【中古マンション投資セミナー】へのご参加を検討してみてください。心よりお待ちしております。

FXで教育費を作る

自動入金サービスは超便利!

“自動入金サービスは超便利!”

あなたは、一部の銀行で利用できる 「自動入金サービス」 をご存知でしょうか?

自動入金サービスを導入している3つの銀行

住信SBIネット銀行「定額自動入金サービス」

・設定金額
1万円以上1,000円単位

・利用可能件数
5件まで

・引き落とし日
毎月5日または27日

・入金日
引き落とし日の4営業日後

・利用可能な金融機関
三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行、ソニー銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、イオン銀行、セブン銀行、新生銀行など

ソニー銀行「おまかせ入金サービス」

・設定可能金額
1万円以上1,000円単位

・利用可能件数
5件まで

・引き落とし日
毎月5日または27日

・入金日
引き落とし日の4営業日後

・利用可能な金融機関
三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、イオン銀行、セブン銀行、新生銀行など

じぶん銀行「定額自動入金サービス」

・設定可能金額
1万円以上1,000円単位

・利用可能件数
5件まで

・引き落とし日
毎月6日または26日

・入金日
引き落とし日の4営業日後

・利用可能な金融機関
三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、イオン銀行、セブン銀行など

住信SBIネット銀行には「定額自動振込サービス」もある

“住信SBIネット銀行には「定額自動振込サービス」もある”

住信SBIネット銀行 は、自動振込サービスだけでなく 「定額自動振込サービス」 があります。

住信SBIネット銀行は他行への振込も無料

定額自動振込サービスは手数料が掛かりますが、住信SBIネット銀行には 手数料無料 サービスが提供されています。

1. 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
2. 仕組預金の月末残高あり
3. SBIハイブリッド預金の月末残高あり
4. カードローンの月末借入残高あり
5. 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末借入残高あり
6. 給与、賞与または年金のご入金あり
7. 純金積立のご契約あり
8. Visaデビットカードの月末時点の確定金額が合計1万円以上

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる