テクニカル分析の基礎

FXの指値注文

FXの指値注文
はちわれ

FXの基礎

お金も物と同じように、買う時によって値段が違います。円が欲しい人が多いと円の値段が上がる。
人気のある品物は少し高くても売れるのと似ています。
同じことがお金にもいえます。「 FXの指値注文 ドルの需要 」 が多ければ 円安、「 ドルの供給 」 が多ければ 円高 になる。
ドルが日本から出ていけば 円安、ドルが日本に入ってくれば 円高 になる。
ドル高と円安はセット ドル安と円高はセットです。難しい話をしていますが、FXでは上昇方向へ動くと買いポジションが儲かり下落方向へ動くと売りポジションが儲かるようになっています。
下落でも上昇でもチャンスがあることが最大の強みになります。

円安の要因
こんな状況だと円安になる?!

  1. 日本の貿易収支が赤字となる
    (=輸出が減る FXの指値注文 輸入が増える)
  2. 日本の株価が下がる
    (投資家の資金が出ていき、通貨が売られ円安になる)
  3. 日本の景気が悪くて、アメリカの景気がいい
  4. アメリカの銀行の金利の方が日本より高い
  5. 原油価格が上昇する
  6. 日本の企業がアメリカの株・国債を買ったり、海外に工場を建設する傾向が強まる
    (=アメリカへの投資が増える)
  7. 日本のインフレ率が高くなる
    日本の貿易収支が黒字となる( =輸出が増える )
  8. 日本の株価が上昇する
    (世界中の投資家が日本の株を買おうとして、日本に資金が流入し、円高となる)
  9. 日本の景気がよくて、アメリカの景気が悪い
  10. 日本の銀行の金利の方がアメリカより高い
  11. 技術革新などで、日本の生産性が向上する。通貨は強くなる傾向にある(=円高)
  12. 外国人が日本の国債を買う
  13. 日本に来る外国人観光客が増加する
    1:国内政治や国際情勢
    2:投機筋の思惑
    3:政府及び日本銀行の介入
    更に1~3の要素も含めて為替相場は変動する
    一撃サロンでは投資リテラシー向上のためドル円の無料講座も行ってます。

FXの基礎

お金も物と同じように、買う時によって値段が違います。円が欲しい人が多いと円の値段が上がる。
人気のある品物は少し高くても売れるのと似ています。
同じことがお金にもいえます。「 ドルの需要 」 が多ければ 円安、「 ドルの供給 」 が多ければ 円高 になる。
ドルが日本から出ていけば 円安、ドルが日本に入ってくれば 円高 になる。
ドル高と円安はセット ドル安と円高はセットです。難しい話をしていますが、FXでは上昇方向へ動くと買いポジションが儲かり下落方向へ動くと売りポジションが儲かるようになっています。
下落でも上昇でもチャンスがあることが最大の強みになります。

円安の要因
こんな状況だと円安になる?!

  1. 日本の貿易収支が赤字となる
    (=輸出が減る 輸入が増える)
  2. 日本の株価が下がる
    (投資家の資金が出ていき、通貨が売られ円安になる)
  3. 日本の景気が悪くて、アメリカの景気がいい
  4. アメリカの銀行の金利の方が日本より高い
  5. 原油価格が上昇する
  6. 日本の企業がアメリカの株・国債を買ったり、海外に工場を建設する傾向が強まる
    (=アメリカへの投資が増える)
  7. 日本のインフレ率が高くなる
    日本の貿易収支が黒字となる( =輸出が増える )FXの指値注文
  8. 日本の株価が上昇する
    (世界中の投資家が日本の株を買おうとして、日本に資金が流入し、円高となる)
  9. 日本の景気がよくて、アメリカの景気が悪い
  10. 日本の銀行の金利の方がアメリカより高い
  11. 技術革新などで、日本の生産性が向上する。通貨は強くなる傾向にある(=円高)
  12. 外国人が日本の国債を買う
  13. 日本に来る外国人観光客が増加する
    1:FXの指値注文 国内政治や国際情勢
    2:投機筋の思惑
    3:政府及び日本銀行の介入
    更に1~3の要素も含めて為替相場は変動する
    一撃サロンでは投資リテラシー向上のためドル円の無料講座も行ってます。

FXの基礎

お金も物と同じように、買う時によって値段が違います。円が欲しい人が多いと円の値段が上がる。
人気のある品物は少し高くても売れるのと似ています。
同じことがお金にもいえます。「 ドルの需要 」 が多ければ 円安、「 ドルの供給 」 が多ければ 円高 になる。
ドルが日本から出ていけば 円安、ドルが日本に入ってくれば 円高 になる。
ドル高と円安はセット ドル安と円高はセットです。難しい話をしていますが、FXでは上昇方向へ動くと買いポジションが儲かり下落方向へ動くと売りポジションが儲かるようになっています。
下落でも上昇でもチャンスがあることが最大の強みになります。

円安の要因
こんな状況だと円安になる?!

  1. 日本の貿易収支が赤字となる
    (=輸出が減る FXの指値注文 輸入が増える)
  2. 日本の株価が下がる
    (投資家の資金が出ていき、通貨が売られ円安になる)
  3. 日本の景気が悪くて、アメリカの景気がいい
  4. アメリカの銀行の金利の方が日本より高い
  5. 原油価格が上昇する
  6. 日本の企業がアメリカの株・国債を買ったり、海外に工場を建設する傾向が強まる
    (=アメリカへの投資が増える)
  7. 日本のインフレ率が高くなる
    日本の貿易収支が黒字となる( =輸出が増える )
  8. 日本の株価が上昇する
    (世界中の投資家が日本の株を買おうとして、日本に資金が流入し、円高となる)
  9. FXの指値注文
  10. 日本の景気がよくて、アメリカの景気が悪い
  11. 日本の銀行の金利の方がアメリカより高い
  12. 技術革新などで、日本の生産性が向上する。通貨は強くなる傾向にある(=円高)
  13. 外国人が日本の国債を買う
  14. 日本に来る外国人観光客が増加する
    1:国内政治や国際情勢
    2:投機筋の思惑
    3:政府及び日本銀行の介入
    更に1~3の要素も含めて為替相場は変動する
    一撃サロンでは投資リテラシー向上のためドル円の無料講座も行ってます。

MT4で使える指値注文の方法を詳しく紹介

MT4で使える指値注文って何?注文方法も詳しく紹介

はちわれ

指値注文とはどんな注文?

はちわれ

  • レートが100円以下になったら買いたい⇒100円に買い指値(指値買い)
  • FXの指値注文
  • レートが120円以上になったら売りたい⇒120円に売り指値(指値売り)
  • 買いの指値注文⇒レートが希望価格まで下がったら買い=相場が売り目線の状態で買い
  • 売りの指値注文⇒レートが希望価格まで上がったら売り=相場が買い目線の状態で売り

指値注文のメリット・デメリット

  • スリッページが発生しない
  • チャートに張り付いていなくても取引を行える
  • 約定前なら注文の変更や取り消しができる
  • 初心者には価格設定が難しく、注文しづらい
  • 相場の動き次第では約定が遅い・約定しない

指値注文の方法

はちわれ

注文画面から指値注文をする

選択項目 注文種別
Buy Limit 買い指値注文
Sell Limit 売り指値注文
Buy Stop 買い逆指値注文
Sell Stop 売り逆指値注文

今回は指値注文なので、「Buy Limit」か「Sell Limit」を選択することになります。

はちわれ

指値注文の便利な機能

注文画面を開かずに、チャート上で指値注文したい価格のライン上を右クリックし、「指値買い(売り) トレードパネルで設定しているロット数 指値買いの指定価格」(または「注文発注」⇒「指値買い(売り) トレードパネルで設定しているロット数 指値注文の指定価格」)をクリックすると、条件が入力された注文画面が開きます。(ワンクリック取引をONにしている場合は、ワンクリックで発注されます)

FXの指値注文

成行注文で表示されるリアルタイムのレートのイメージは図のようになります。(上図はUSDJPYのケース)
BID119.773とはGMOクリック証券がドルを買うレートをお客様に提示しているものです(お客様が売るレート)。
また、ASK119.776とはGMOクリック証券がドルを売るレートをお客様に提示しているものです(お客様が買うレート)。

  • ※ お客様の端末から当社のサーバーまでの通信時間と、当社サーバー内での約定処理時間により、成行注文を出した時に画面で確認したレートと異なるレートで約定する場合があります。これをスリッページと言います。
  • ※ 「許容スリッページ」を設定していただきますと、設定した範囲以上にレートが変化した場合には注文は成立いたしません。
  • ※ 決済同時発注指値・逆指値幅は+5pips以上から注文を受け付けます。

逆指値注文

OCO注文

Aさんは先日ドル円を119円で買いました。現在ドル円は120円に上昇し利益が出ています。Aさんは更にドル円が上昇することを予想する一方、レートが下落することも考え、損失を限定的にしておきたいと考えました。 そこでAさんは121円で利益確定の売り指値注文をした(1)と同時に、119円で売り逆指値注文(2)を出します。
(1)が先に約定すれば(2)が自動的にキャンセルされ、逆に(2)が先に約定すれば(1)はキャンセルされることにより、2重に約定してしまうリスクを回避することができます。

IFD注文

IFD-OCO注文

現在ドル円は120.500円とします。Aさんはドル円の為替レートが短期的には下がるかもしれないが、将来的には121円になると予想しました。為替レートが下がったところで買いたいと思ったので、120円で買う方針を固めました。
Aさんは基本的にはドル円が上昇することを予想する一方、予想が外れた場合の事も考慮し、119円で損失限定の注文も同時に発注したいと考えました。
ドル円はAさんの予想通り120円まで下落し新規注文(IFD注文)が約定となり、自動的に決済注文(OCO注文・121円指値売り/119円逆指値売り)が発注されました。その後ドル円は121円まで回復しOCO注文のうち121円指値が約定され、もう一方のOCO注文119円逆指値売りが自動的にキャンセルされました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる