取引戦略

RSIを算出する方法

RSIを算出する方法
引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

テクニカル分析指標:目次

株価移動平均線(1)
株価移動平均線(2) 一定の期間内に売買した投資家の平均コスト。テクニカル分析ではローソク足と並んで基本中の基本。(あり) 加重移動平均線
(指数)平滑移動平均線 単純移動平均線よりも直近の価格に比重を置いた移動平均線です。相場の動きに早く反応します。 ボリンジャーバンド RSIを算出する方法 RSIを算出する方法 株価移動平均線と標準偏差で株価のリスクを見る。(あり) バンド幅 ボリンジャーバンドのバンド幅。株価の変動を表します。 パラボリック RSIの考案者が手がけたテクニカル指標。放物線のラインを使い相場の売買を行う。(あり) 陰陽足 終値をベースに、相場のトレンドと勢いを視覚的に捉える。 (あり) 転換足 株の達人オリジナルの株価の短期間における上昇と下降の方向の転換点を判別するための指標です。(あり) 線形回帰トレンド 相場がどのトレンドに位置するのか判断するのに有益。 モメンタム 短期的に価格の変化率をみるためのテクニカル指標。 ATR ボラティリティの確認に使うテクニカル指標。 ベクトル 一定期間の株価の動きの転換点を捉えるのに有効。 株価移動平均2線カイリ 長期移動平均線を基準に、短期移動平均線がどれだけ離れているかを見る指標。 平均足(コマ足) トレンドを捉えられるようにローソク足に修正を加えたテクニカル指標。 カギ足 一定の幅や率以上の株価の変化からトレンドを予測。 新値足 相場の流れの転機を知る日本の代表的チャートの1つ。 ポイント&フィギュア 時間の経過を考慮しない代表的な非時系チャート。カギ足・新値足と類似。 HLバンド ダウ理論でいう直近の高値・安値のブレイクをいかに捕らえるかというテクニカル指標。 バーチャート ローソク足と同様に相場のトレンドや強弱を確認する為に用いられる。 ラインチャート 終値を一本の線でつないだ折れ線グラフ状のシンプルなチャート。 三日平均線 日々の値動きを平均化することにより、トレンドを見極める。 ジグザグ 株価の大きな流れと波動を読み取るための指標。

オシレーター系のテクニカル指標

RCI 「上がり(下がり)始め」の時期とタイミングを捉えるテクニカル指標。 (あり) SRV-K・D(ストキャスティクス) RSIを算出する方法 一定期間の高値・安値・終値から、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断。中期的な方向性を見るのに適しています。 SRV-%K・%D・SLOW%D(ストキャスティクス) 一定期間の株価変動幅をとらえ、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断。短期売買に向いています。 RSI 値上がり幅・値下がり幅から、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を見る。(あり) ストキャスティクスRSI(SRV%RSI) ストキャスティクスの計算式にRSIの値を組み込んだ指標。RSIと比較して、感度が高い。 DMI 相場の上昇と下降をそれぞれ指数化し、トレンドの強弱を計算し、チャート化。(あり) ADX・R トレンドの強さの指数であるADXとその向きを確認するADXRを用いて判断。 MACD 2本の移動平均線を用い、相場の周期とタイミングを捉える。(あり) MACDヒストグラム MACDラインと同平均(シグナル)ラインとのカイリを棒グラフで表したもの。(あり) RSIを算出する方法 株価移動平均乖離率(1)計算式とパターン
株価移動平均乖離率(2)基本と応用 株価が移動平均値とどれだけ離れているかを数値化したもの。
移動平均線に対する大幅なカイリ現象は必ず修正されるという経験則に基づいています。 株価移動平均2線カイリ 長期移動平均線と短期移動平均線を用いて天井圏・底値圏を確認。 サイコロジカルライン 値上がり(値下がり)の継続をみて、短期の売買タイミングをとらえる。 %Rオシレーター 一定期間の最高値・最安値と現在値との比較から強弱の度合いを見る。 篠原レシオ 仕手性の強い人気銘柄の売買ポイントを把握するために便利。 ピボット 先物市場で開発された、短期売買をするためのテクニカル指標。 コポック 本来月足に使用するために開発されたテクニカル指標。

算定基礎届とは?書き方や作成時の注意点を解説

「算定基礎届」は、社会保険の手続きのために企業が毎年提出する届出のこと

引用:日本年金機構「健康保険・厚生年金保険 RSIを算出する方法 被保険者報酬月額算定基礎届/70歳以上被用者 算定基礎届」より

社会保険料の計算に使う標準報酬月額

算定基礎届と月額変更届の違い

【月額変更届の提出が必要となる条件】

  • 昇給または降給などにより固定的賃金に変動があった
  • 変動月からの3か月間に支給された報酬(残業手当などの非固定的賃金を含む)の平均月額に該当する標準報酬月額とこれまでの標準報酬月額との間に2等級以上の差が生じた
  • 3か月とも支払基礎日数が17日(特定適用事業所に勤務する短時間労働者は11日)以上である

算定基礎届のルール

算定基礎届の提出対象になる人

算定基礎届の提出対象にならない人

6月1日以降に被保険者となった人

6月30日以前に退職した人

7月に月額変更届を提出する必要がある人

算定基礎届における報酬の対象となるもの・ならないもの

【報酬に含まれるもの】

  • 基本給(日給、週給、月給など)
  • 各種手当(家族手当、住宅手当、役職手当、資格手当、通勤手当など)
  • 支給回数が年4回以上の賞与
  • 現物支給したもの(通勤定期券、回数券、社宅、食事代、タクシー券、自社製品、など)

【報酬に含まれないもの】

  • 見舞金、祝い金、災害見舞金
  • 出張旅費、交際費など
  • 支給回数が年3回以下の賞与
  • 退職手当

標準報酬月額の算出方法

1.4~6月の各月の支払基礎日数を調べ、支払った報酬の月額平均を計算する

2.算出した平均報酬月額を標準報酬月額保険料額表と突き合わせて、標準報酬月額を明らかにする

標準報酬月額の算出において注意したいケース

給与を翌月支払いしている場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

4~6月に残業が集中する場合

4~6月の3か月とも報酬の支払いがない場合

4~6月の3か月とも支払基礎日数が17日未満の場合

対象が短時間労働者の場合

【短時間労働者とみなされる条件】

  • 1週間の所定労働時間が20時間(残業時間を除く)以上である
  • 1年以上の雇用見込みがある
  • 月の給料が8万8,000円(残業手当、通勤手当、ボーナスなどを除く)以上である
  • 学生(夜間、通信、定時制を除く)でない
  • 特定適用事業所、任意特定適用事業所などで働いている

対象が短時間就労者(パートタイマー)の場合

4~6月のうち支払基礎日数が17日以上の月が1か月以上ある場合

4~6月の支払基礎日数がすべて17日未満の場合で、うち1か月以上の支払基礎日数が15日以上ある場合

4~6月の支払基礎日数がすべて15日未満の場合

4~6月の間のいずれかに休業手当を支給した場合

算定基礎届の記入例 RSIを算出する方法

記入例1:3か月とも支払基礎日数が17日以上の場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

記入例2:支払基礎日数が17日未満の月があった場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

記入例3:短時間労働者の場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

記入例4:短時間就労者(パートタイマー)の場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

移動平均線のEMAとボラティリティを示すATRを組み合わせたインジケーター

1 minute :1分足
5 minutes :5分足
15 minutes :15分足
30 minutes :30分足
1 hour :1時間足
4 hours :4時間足
Daily :日足
Weekly Monthly :週足

Monthly : 月足

First higher time frame RSIを算出する方法 RSIを算出する方法 :ひとつ上の時間足を表示
Second higher time RSIを算出する方法 frame :二つ上の時間足を表示
Third higher time frame :三つ上の時間足を表示

【参考チャート】ユーロ円5分足に15分足のMTFを入れたチャート

ラインの滑らかさ、アラートの位置などを調節したい場合のポイント

まず、デフォルトのチャートがこちら

ラインを滑らかにしたのがこちら

パラメーターの「ATR factor」をデフォルトの3.0から7.0に変更しただけで滑らかになります。ほかの値は変更しても大きな変化はなく微調整するのに使う感じかなと思います。

算定基礎届とは?書き方や作成時の注意点を解説

「算定基礎届」は、社会保険の手続きのために企業が毎年提出する届出のこと

引用:日本年金機構「健康保険・厚生年金保険 被保険者報酬月額算定基礎届/70歳以上被用者 算定基礎届」より

社会保険料の計算に使う標準報酬月額

算定基礎届と月額変更届の違い

【月額変更届の提出が必要となる条件】

  • 昇給または降給などにより固定的賃金に変動があった
  • 変動月からの3か月間に支給された報酬(残業手当などの非固定的賃金を含む)の平均月額に該当する標準報酬月額とこれまでの標準報酬月額との間に2等級以上の差が生じた
  • 3か月とも支払基礎日数が17日(特定適用事業所に勤務する短時間労働者は11日)以上である

算定基礎届のルール

算定基礎届の提出対象になる人

算定基礎届の提出対象にならない人

6月1日以降に被保険者となった人

6月30日以前に退職した人

7月に月額変更届を提出する必要がある人

算定基礎届における報酬の対象となるもの・ならないもの

【報酬に含まれるもの】

  • 基本給(日給、週給、月給など)
  • 各種手当(家族手当、住宅手当、役職手当、資格手当、通勤手当など)
  • 支給回数が年4回以上の賞与
  • 現物支給したもの(通勤定期券、回数券、社宅、食事代、タクシー券、自社製品、など)

【報酬に含まれないもの】

  • 見舞金、祝い金、災害見舞金
  • 出張旅費、交際費など
  • 支給回数が年3回以下の賞与
  • 退職手当

標準報酬月額の算出方法

1.4~6月の各月の支払基礎日数を調べ、支払った報酬の月額平均を計算する

2.算出した平均報酬月額を標準報酬月額保険料額表と突き合わせて、標準報酬月額を明らかにする

標準報酬月額の算出において注意したいケース

給与を翌月支払いしている場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

4~6月に残業が集中する場合

4~6月の3か月とも報酬の支払いがない場合

4~6月の3か月とも支払基礎日数が17日未満の場合

対象が短時間労働者の場合

【短時間労働者とみなされる条件】

  • 1週間の所定労働時間が20時間(残業時間を除く)以上である
  • 1年以上の雇用見込みがある
  • 月の給料が8万8,000円(残業手当、通勤手当、ボーナスなどを除く)以上である
  • 学生(夜間、通信、定時制を除く)でない
  • 特定適用事業所、任意特定適用事業所などで働いている

対象が短時間就労者(パートタイマー)の場合

4~6月のうち支払基礎日数が17日以上の月が1か月以上ある場合

4~6月の支払基礎日数がすべて17日未満の場合で、うち1か月以上の支払基礎日数が15日以上ある場合

4~6月の支払基礎日数がすべて15日未満の場合

4~6月の間のいずれかに休業手当を支給した場合

算定基礎届の記入例

記入例1:3か月とも支払基礎日数が17日以上の場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

記入例2:支払基礎日数が17日未満の月があった場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

記入例3:短時間労働者の場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

記入例4:短時間就労者(パートタイマー)の場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

移動平均線のEMAとボラティリティを示すATRを組み合わせたインジケーター

1 minute :1分足
5 minutes :5分足
15 minutes :15分足
30 minutes :30分足
1 hour :1時間足
4 hours :4時間足
Daily :日足
Weekly Monthly :週足

Monthly : 月足

First higher time frame :ひとつ上の時間足を表示
Second higher time frame :二つ上の時間足を表示
Third higher time frame :三つ上の時間足を表示

【参考チャート】ユーロ円5分足に15分足のMTFを入れたチャート

ラインの滑らかさ、アラートの位置などを調節したい場合のポイント

まず、デフォルトのチャートがこちら

ラインを滑らかにしたのがこちら

パラメーターの「ATR factor」をデフォルトの3.0から7.0に変更しただけで滑らかになります。ほかの値は変更しても大きな変化はなく微調整するのに使う感じかなと思います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる