FX入門

IAISインフラ投資

IAISインフラ投資

【志賀櫻 (1949年1月19日 - 2015年12月20日)】
1970年司法試験合格、1971年東京大学法学部卒業、大蔵省入省、
宮崎税務署長、在連合王国日本国大使館参事官、
主税局国際租税課長兼OECD租税委員会日本国メンバー、
(OECD=経済協力開発機構/国際経済全般について協議する国際機関)
主計局主計官を経て、1993年岐阜県警本部長、
1998年金融監督庁国際担当参事官兼FSF日本国メンバー、
特定金融情報管理官兼FATF日本国メンバー、
2000年東京税関長、2002年財務省退官、
2002-12年政府税制調査会納税環境整備小委員会特別委員、
2005 − 弁護士登録、2010年− 國學院大學法科大学院客員教授。

【海外ETF】デジタルインフラや再生エネルギー関連株等に投資できるETF8銘柄を新規取扱開始!

Direxionは、ブル3倍型、ベア3倍型のETFなど、レバレッジ型ETFを多く提供する米国の運用会社です。ニューヨーク証券取引所(NYSE)に99本のETFを上場させており、その中でも特に注目されているのは「Direxion デイリーS&P500ブル3倍 ETF (SPXL)|」や、「Direxion デイリーS&P500ベア3倍 ETF(SPXS)」などの指数連動型ETFです。日本では36本のETFを届け出しており、全て楽天証券で取引いただけます。

新規取扱い銘柄

IAISインフラ投資
コード 銘柄名 取引所 経費率
DRIP Direxion デイリー S&P 石油 ・ガス採掘・生産 ベア2倍 ETFNYSE Arca 1.13%
手数料及び費用の控除前の段階で、S&P 石油・ガス探鉱・生産・セレクト・インダストリー指数の日々のパフォーマンスのインバース(又は反対)の200%の投資成果を目指し運用する。
GUSH Direxion デイリー S&P 石油 ・ガス採掘・生産 ブル2倍 ETF NYSE IAISインフラ投資 IAISインフラ投資 Arca 1.05%
手数料及び費用の控除前の段階で、S&P 石油・ガス探鉱・生産・セレクト・インダストリー指数の日々のパフォーマンスの200%の投資成果を目指し運用する。
WEBL Direxion デイリー ダウ・ジョーンズ・インターネット ブル3倍 ETF NYSE Arca 1.00%
ダウ・ジョーンズ・インデックスが定める年間売上高/収益の50%以上をインターネットから生み出す会社に投資するETF。手数料及び費用の控除前の段階で、ダウ・ジョーンズ・インターネット・コンポジット指数の日々のパフォーマンスの300%の日々の投資成果を目指し運用する。
WEBS Direxion デイリー ダウ・ジョーンズ・インターネット ベア3倍 ETF NYSE Arca 1.09%
ダウ・ジョーンズ・インデックスが定める年間売上高/収益の50%以上をインターネットから生み出す会社に投資するETF。手数料及び費用の控除前の段階で、ダウ・ジョーンズ・インターネット・コンポジット指数の日々のパフォーマンスのインバース(又は反対)の300%の日々の投資成果を目指し運用する。
WFH Direxion ワーク・フロム・ホーム ETF NYSE Arca 0.45%
リモート・コミュニケーション、サイバー・セキュリティ、オンライン・プロジェクト及び文書管理、並びにクラウド・コンピューティング技術等、人々のテレワークを促進する産業に投資するETF。手数料及び費用の控除前の段階で、Solactive リモート・ワーク指数を目指し運用する。

Global X について

Global IAISインフラ投資 X は2008年創業のETFに特化した運用会社で、ニューヨークを拠点としています。世界の潮流への投資を目的としたテーマ型ETFと、安定した分配金獲得のためのインカム型ETFなどを提供しています。

新規取扱い銘柄

コード 銘柄名 取引所 経費率
CTEC グローバルX クリーンテック ETF NASDAQ 0.50%
主要事業が再生可能エネルギー、エネルギー効率およびエネルギー貯蔵、スマートグリッド、リチウムイオン電池(もしくは燃料電池)または汚染防止・軽減に関する技術の開発である企業に投資するETF。Indxxグローバル・クリーンテック指数の価格およびイールドのパフォーマンスに連動する投資成果を目指し運用する。
LIT グローバルX リチウム&バッテリーテック ETF NYSE Arca 0.75%
リチウム業界に関わるグローバル企業に投資するETF。ソラクティブ・グローバル・リチウム・インデックスの価格およびイールドのパフォーマンスに連動する投資成果を目指し運用する。
VPN グローバルX データセンターリート&デジタルインフラ ETF NASDAQ 0.50%
データセンター、携帯電話基地局および/またはデジタル・インフラ・ハードウェアの分野で事業活動を行う企業に投資するETF。ソラクティブ・データセンターリート&デジタル・インフラストラクチャー指数を目指し運用する。

注文受付開始日時

関連リンク

外国株式のリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク

レバレッジ型、インバース型ETF及びETNのお取引にあたっての留意点

  • レバレッジ型、インバース型のETF及びETNの価額の上昇率・下落率は、2営業日以上の期間の場合、同期間の原指数の上昇率・下落率に一定の倍率を乗じたものとは通常一致せず、それが長期にわたり継続することにより、期待した投資成果が得られないおそれがあります。
  • 上記の理由から、レバレッジ型、インバース型のETF及びETNは、中長期間的な投資の目的に適合しない場合があります。
  • レバレッジ型、インバース型のETF及びETNは、投資対象物や投資手法により銘柄固有のリスクが存在する場合があります。詳しくは別途銘柄ごとに作成された資料等でご確認いただく、またはコールセンターにてお尋ねください。

米国株式の信用取引にかかるリスク

外国株式等の取引にかかる費用

〔現物取引〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
分類 取引手数料
米国株式 約定代金の0.495%(税込)・最低手数料:0米ドル・上限手数料:22米ドル(税込)
中国株式 約定代金の0.275%(税込)・最低手数料:550円(税込)・上限手数料:5,500円(税込)
アセアン株式 約定代金の1.10%(税込)・最低手数料:550円(税込)・手数料上限なし
※当社が別途指定する銘柄の買付手数料は無料です。
※米国株式の売却時は上記の手数料に加え、別途SEC Fee(米国現地取引所手数料)がかかります。詳しくは当社ウェブページ上でご確認ください。
※中国株式・アセアン株式につきましては、カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎの場合、通常の取引手数料に2,200円(税込)が追加されます。

〔米国株式信用取引〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引手数料
約定代金の0.33%(税込)・最低手数料:0米ドル・上限手数料:16.5米ドル(税込)
※当社が別途指定する銘柄の新規買建または買返済時の取引手数料は無料です。
※売却時(信用取引の場合、新規売建/売返済時)は上記の手数料に加え、別途SEC Fee(米国現地取引所手数料)がかかります。詳しくは当社ウェブページ上でご確認ください。

主要キャリアのネットワーク投資戦略と通信インフラ市場 2020年版

1.市場分析編
1.1.キャリアを取り巻く市場環境
NTTドコモがNTTグループの要
さまざまなキャリアの集合体であるKDDIグループ
投資事業にシフトしつつあるソフトバンクグループ
共有・シェアリングの方向に進む国内キャリア動向
1.2.NTTによるNECへの資本参加
2020年7月にNTTがNECへ出資
1.3.NTTグループにおける共同調達
NTTグループによる共同調達に係る意見申出書を提出したNCC連合
NTTやNTT東/NTT西日本の共同調達額は各社の総調達額の50%未満の方向
1.4.IOWNの動向
Intelと2023年4月までの共同研究契約を締結
合計170社規模になるIOWN Global Forum
IOWN技術開発ロードマップを策定
1.5.Beyond 5Gの動向
6Gを検討する総務省のBeyond 5G推進戦略懇談会
1.6.キャリア各社の設備投資の動向
楽天モバイルの参入が投資額拡大に寄与
5G投資が国内市場における投資額を底上げ
固定と移動系の合計投資額の差は2019年度に5,000億円
国内ネットワーク機器投資は半数がNTTグループ
1.7.ネットワーク機器市場の動向
上位ベンダは伝送装置での実績が影響
NTTドコモへの供給が多いベンダが上位に位置
1.8.ネットワーク機器別の投資額推移

2.キャリア編
2.キャリア編〜東日本電信電話(NTT東日本)〜
2.1.1.事業戦略
2020年4月から上り下り最大10GbpsのFTTHサービスの提供を開始したNTT東/西日本
光系が契約数を伸ばすも、加入電話減の補完に至らず
2020年以降にBフレッツの提供を終了
2020年度にNTT東/西日本の顧客・設備管理システムを統一化
2025年1月にIP網移行を完了
2023年1月にフレッツ・ADSLの提供を終了
2019年12月から法人向けに10Gbps/100Gbpsの広帯域なネットワークの提供を開始
2.1.2.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など)
歯止めのかからない売上高の減少
2.1.3.設備投資とネットワーク投資の動向
2,500億円で下げ止まる設備投資
2.1.4.ネットワーク関連情報
加入者電話(PSTN)
加入者交換機のEoS問題
地域IP網(フレッツ網)
光アクセス網
NGN(Next Generation Network)
NTT東日本が企業向け閉域VPNサービスにシスコのソリューションを採用
2.1.IAISインフラ投資 5.ネットワーク機器への投資額推移と予測
2023年度までに光中継網を増強するNTT東/西日本
2.1.6.ネットワーク機器投資におけるベンダシェア

2.キャリア編〜西日本電信電話(NTT西日本)〜
2.2.1.事業戦略
6地域事業本部と30支店(地域事業部)体制のNTT西日本
2019年1月に出雲ケーブルと協業で合意
光系が契約数を伸ばすも、加入電話減の補完に至らず
2.2.2.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など)
歯止めのかからない売上高の減少
2.2.3.設備投資とネットワーク投資の動向
設備投資は音声伝送と専用向けがメイン
2.2.4.ネットワーク関連情報
電話網
地域IP網(フレッツ網)
光アクセス網
2.2.5.IAISインフラ投資 ネットワーク機器への投資額推移と予測
2.2.6.ネットワーク機器投資におけるベンダシェア

2.キャリア編〜NTTコミュニケーションズ(NTTコム)〜
2.3.1.事業戦略
企業のDX支援を新たな収益の柱に
2020年度は3つの取り組みを重視
2019年12月に400Gbpsの伝送基盤を東京〜大阪間で構築
2020年12月末にパブリッククラウドサービスの提供を終了
2019年6月に高速ソフトPCルータを用いたSRv6実証実験に成功
2.3.IAISインフラ投資 IAISインフラ投資 2.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など)
データネットワーク・ソリューション・ボイスコミュニケーションが事業の3本柱
2.3.3.設備投資とネットワーク投資の動向
2019年度の設備投資額は横ばいの1,135億円
2.3.4.ネットワーク関連情報
国内IPバックボーンネットワーク
2.3.5.ネットワーク機器への投資額推移と予測 IAISインフラ投資 IAISインフラ投資 IAISインフラ投資
2.3.6.ネットワーク機器投資におけるベンダシェア

2.キャリア編〜NTTドコモ〜
2.4.1.事業戦略
2020年度は3つの柱で展開
2020年4月から下り最大10Gbpsとなるドコモ光の提供を開始
5G開始もメインは4Gサービス
5G契約数は2023年度末に2,000万が目標
2.4.2.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など)
総務省施策が直撃した2019年度業績
2.4.3.設備投資とネットワーク投資の動向
2019と2020年度は投資の端境期
前倒しの方向にある設備投資
2.4.4.ネットワーク関連情報
バックボーンネットワーク
伝送路ネットワーク
5Gサービス向けにNCSルータとセグメントルーティング技術を提供したシスコ
多彩な基地局ラインナップ
2.4.5.ネットワーク機器への投資額推移と予測
2024年度までに4G/5Gコアネットワークを完全仮想化するNTTドコモ
2.4.6.ネットワーク機器投資におけるベンダシェア

2.キャリア編〜KDDI〜
2.5.1.事業戦略
新中期経営計画(2020年3月期〜2022年3月期)を策定
2020年8月に次世代社会構想のKDDI Accelerate 5.0を策定 IAISインフラ投資
セグメントを変更
2022年3月末にau one netの一部サービスやオプションの提供を終了
2020年2月からFTTHサービスに上り下り最大10Gbps・5Gbpsのコースを追加したJ:COM
2019年8月からG.fast技術を導入
2020年2月にTIPの次世代通信インフラの技術開発推進への協力を発表
2.5.2.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など)
パーソナルセグメントが売上高の中心
2.5.3.設備投資とネットワーク投資の動向
モバイルが中心のKDDIの設備投資
2.5.4.ネットワーク関連情報
FTTHネットワーク
固定通信ネットワーク
国内バックボーンネットワーク
LTEネットワーク構築は海外ベンダがメイン
バックホール回線の強化を実施
2.5.5.ネットワーク機器への投資額推移と予測
2.5.IAISインフラ投資 6.ネットワーク機器投資におけるベンダシェア

2.キャリア編〜UQコミュニケーションズ〜
2.6.1.事業戦略
2020年10月にKDDIへUQ mobile事業を譲渡
2.6.2.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など)
2.6.3.設備投資とネットワーク投資の動向
2.IAISインフラ投資 6.4.ネットワーク関連情報
バックホール
WiMAX 2+ネットワーク
2.6.5.ネットワーク機器への投資額推移と予測

2.キャリア編〜ソフトバンク〜
2.7.1.事業戦略
2020年度の通信事業の柱は3つ
2023年度の5Gサービスは1,IAISインフラ投資 800万契約が目標
2024年3月末にADSLサービスの提供を終了するソフトバンク
2020年4月から下り最大10Gbpsの一戸建て住宅向けFTTHサービスの提供を開始
2.7.2.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など)
3.3兆円規模のソフトバンクの国内通信事業
業績が悪化しないソフトバンク
2.7.3.設備投資とネットワーク投資の動向
LTEのエリア拡大と品質向上に多くを投資
2.7.4.ネットワーク関連情報
2019年4月から商用ネットワークでのSRv6の本格運用を開始
ソフトバンクグループのネットワーク構成
フルIP化バックボーン化
バックボーンネットワーク
専用線ネットワーク
LTEネットワーク
2020年7月にクラウドネイティブ・デュアルモード5GコアのサプライヤにEricssonを選定
2.7.5.ネットワーク機器への投資額推移と予測
2.7.6.ネットワーク機器投資におけるベンダシェア

2.キャリア編〜Wireless City Planning〜
2.8.1.事業戦略
ホールセールが主力事業
2.8.2.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など)
売上高の大部分はソフトバンクからの卸収入
2.8.3.設備投資とネットワーク投資の動向
2.IAISインフラ投資 8.4.ネットワーク関連情報
BWAネットワーク
2.8.5.ネットワーク機器への投資額推移と予測

2.キャリア編〜楽天モバイルの動向〜
2.8.1.事業戦略
2020年6月末にRakuten UN-LIMIT累積契約申込数が100万回線を突破
2020年5月にOpen RAN IAISインフラ投資 Policy Coalition設立に参画
2020年6月にNECとSA方式の5GC共同開発で合意
2020年4月にCNCF加盟を発表した楽天
2020年3月にOIN加盟を発表した楽天
2019年11月にF5と契約を締結した楽天
2019年7月に楽天コムのネットワーク事業の一部を承継
2019年2月にAltiostarとの戦略的資本業務提携に合意した楽天
2019年2月に4Gネットワーク構築へ参入した沖電気工業
2019年2月にモバイルネットワークにCienaの技術を導入
2.8.2.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など)
2.8.3.設備投資とネットワーク投資の動向
2021年度まで大型投資が持続
2025年度までの屋内外基地局投資は3,800億円
2.8.4.ネットワーク関連情報
携帯電話ネットワーク
コアネットワーク
バックボーンネットワーク
2.8.5.ネットワーク機器への投資額推移と予測
2.8.6.IAISインフラ投資 ネットワーク機器投資におけるベンダシェア

2.キャリア編〜北海道総合通信網(HOTnet)〜
2.9.1.事業戦略
北海道電力グループの地域系キャリア
2.9.2.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など)
2.9.3.設備投資とネットワーク投資の動向
2.9.IAISインフラ投資 IAISインフラ投資 4.ネットワーク関連情報
北海道に総延長10,000km超の光ファイバネットワーク
2.9.5.ネットワーク機器への投資額推移と予測

2.キャリア編〜東北インテリジェント通信(TOHKnet)〜
2.10.1.事業戦略
東北電力グループの地域系キャリア
2.10.2.IAISインフラ投資 業績推移(セグメント別売上高、営業利益など)
2.10.3.設備投資とネットワーク投資の動向
2.10.4.ネットワーク関連情報
東北6県などに約36,000kmの光ファイバケーブル
2.10.5.ネットワーク機器への投資額推移と予測

2.キャリア編〜中部テレコミュニケーション(ctc)〜
2.11.1.事業戦略
KDDIグループの地域系キャリア
2.11.2.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など)
2.11.3.設備投資とネットワーク投資の動向
2.11.4.ネットワーク関連情報
総延長約18万kmのネットワーク
2.IAISインフラ投資 IAISインフラ投資 11.5.ネットワーク機器への投資額推移と予測

2.キャリア編〜北陸通信ネットワーク(HTNet)〜
2.12.1.事業戦略
北陸電力グループの地域系キャリア
2019年2月末にDSL接続サービスなどのサービスを終了
2.12.2.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など)
2.12.3.IAISインフラ投資 設備投資とネットワーク投資の動向
2.12.4.ネットワーク関連情報
北陸全域に総延長12,000kmの光ファイバネットワーク
2.12.5.ネットワーク機器への投資額推移と予測

2.キャリア編〜オプテージ(OPTAGE)〜
2.13.1.事業戦略
関西電力グループの地域系キャリア最大手
2019年4月にオプテージへ名称変更 IAISインフラ投資
2019年4月から上り下り最大10GbpsのFTTHサービスを追加
2.13.2.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など)
2028年度までに売上高を3,300億円以上に拡大
2.13.3.設備投資とネットワーク投資の動向
投資額は年間500億円規模で推移
2.13.4.ネットワーク関連情報
関西一円に40,IAISインフラ投資 000kmの光ファイバネットワーク
2.13.5.ネットワーク機器への投資額推移と予測

2.キャリア編〜エネルギア・コミュニケーションズ(エネコム)〜
2.14.1.事業戦略
中国電力グループの地域系キャリア
2.14.2.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など)
2.14.IAISインフラ投資 3.設備投資とネットワーク投資の動向
2.14.4.ネットワーク関連情報
中国地方全域に張り巡らされたネットワーク
2.14.5.ネットワーク機器への投資額推移と予測

2.キャリア編〜STNet〜
2.15.1.事業戦略
四国電力グループの地域系キャリア
2023年度末にPikaraは32万とFiimoが5万契約獲得が目標
2.15.2.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など)
2.15.3.設備投資とネットワーク投資の動向
2.15.4.ネットワーク関連情報
ネットワークは四国電力の鉄塔や地中管路、電柱などで構成
2.15.5.ネットワーク機器への投資額推移と予測

2.IAISインフラ投資 キャリア編〜QTnet〜
2.16.1.事業戦略
九州電力グループの地域系キャリア
2.16.2.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など)
2.16.3.設備投資とネットワーク投資の動向
九州電力の情報通信事業投資の約50%を占有
2.16.3.設備投資とネットワーク投資の動向
2.16.4.ネットワーク関連情報
九州全域に約20,000kmのネットワーク
2.16.5.ネットワーク機器への投資額推移と予測

2.キャリア編〜沖縄通信ネットワーク(OTNet)〜
2.17.1.事業戦略
沖縄電力グループの地域系キャリア
2.17.2.業績推移(セグメント別売上高、営業利益など)
2.17.3.設備投資とネットワーク投資の動向
2.17.4.ネットワーク関連情報
光ファイバの総延長は12,000km

3.通信機器編
3.通信機器編〜局用交換機〜
3.1.1.市場概況
固定電話サービスはNGNで巻き取り
空いた交換機を故障機とリプレース
3.1.2.国内市場規模推移と予測
サービスの維持・保守に限定される局用交換機市場
3.1.3.ベンダシェア
NECと富士通のみで60%強のシェア
3.1.4.主要ベンダの動向
国内市場で圧倒的な実績を誇るNECのNEAX61シリーズ

3.通信機器編〜伝送装置〜
3.2.1.市場概況
キャリアの設備投資動向に左右される伝送装置市場
3.2.2.国内市場規模推移と予測
5G普及を前に伝送装置市場は大幅拡大
3.2.3.IAISインフラ投資 ベンダシェア
富士通とNECの2強からNokiaを加えた3強に
3.2.4.主要ベンダの動向
日本電気(NEC)
富士通
日本シエナコミュニケーションズの動向
国内市場で約4,000台の供給実績あり
2018年8月に新オフィスを開設

3.通信機器編〜IP関連機器(ハイエンドルータ/スイッチ)〜
3.3.1.市場概況 IAISインフラ投資 IAISインフラ投資
高信頼性や省スペース、省電力化が重要視されるIP関連機器
3.3.2.国内市場規模推移と予測
2021年度までほぼ横ばいのハイエンドルータ市場
3.3.3.ベンダシェア
シスコが独り勝ちのキャリア向けハイエンドルータ市場
上位3社で市場の約75%を占有するキャリア向けスイッチ市場
3.3.4.主要ベンダの動向
シスコシステムズの動向
大規模コンテンツ/クラウドプロバイダ、モバイルキャリアに期待
2018年7月に日本法人の代表執行役員社長を刷新
ジュニパーネットワークスの動向
2019年3月にEricssonと共同ソリューションを強化
2019年5月に名古屋支店を開設
2019年2月に5G移行促進ポートフォリオを発表
APRESIA Systems
日本電気(NEC)の動向
ネット機器の真正性確認を行うNECとシスコ
2018年度末までにSIPサーバやルータなどの生産事業所を移管

3.通信機器編〜BB関連機器(携帯電話基地局)〜
3.4.1.市場概況
5G展開に注力しはじめたセルラーキャリア各社
5Gなどの技術開発に700億円規模を支援する経済産業省
2020年10月から地下空間での5G基地局実証実験を行うOsaka Metroと住友商事
ローカル5GへのNTT東/西日本の影響力
3.4.2.国内市場規模推移と予測
5G展開の影響から今後は微増で推移していく見込みの携帯電話基地局市場
3.4.3.ベンダシェア
北欧ベンダが首位を維持した携帯電話基地局市場
3.4.4.主要ベンダの動向
エリクソン・ジャパン
ノキアソリューションズ&ネットワークス
2019年7月にO-RAN仕様の基地局制御と屋外無線装置の出荷を開始した富士通
Open RAN仕様の基地局市場で20%のシェア獲得が目標のNEC
通信インフラにおける分離・分解・分散を提唱するCisco

3.通信機器編〜BB関連機器(PON/MC)〜
3.5.1.市場概況
PONの国内動向
3.5.2.国内市場規模推移と予測
大幅な市場拡大要因にならない下り最大10Gbps対応
3.5.3.ベンダシェア
上位4社で市場の過半数を獲得
3.5.4.主要ベンダの動向
三菱電機
富士通
住友電気工業
2018年11月にPONの処理を一部ソフト化する技術を開発したNTT

☆Dancing the Dream ☆

Let us IAISインフラ投資 IAISインフラ投資 celebrate
The Joy of life ♡
with ☆Michael Jackson☆

【小川淳也 明石順平が受け継ぐ正義】蘇る志賀櫻❗️国際租税の守護神「英米タックスヘイブンが癌」


小川淳也 IWJインタビュー 2019年3月14日

⭕️ 小川淳也〜政治が適正に介入しないグローバル経済は猛獣だ
世界経済の傾向
中間層の不満が充満している。
(原因)
・経済成長がなくなっている。
・再分配がうまくできなくなっている。

2016年末に急逝された 志賀櫻 。
志賀櫻は、
「公法は水際で止まっている
Public law stops at water’s edge.」
人も物も金も瞬時に国境を越える。
特に金は、電子的に瞬時に国境を超えていなくなる。
ところが、それを監督する国際法は国境で止まって、
司法管轄権をもたないことが問題だとし、
この問題に立ち向かっていた。

⭕️ 国際課税のスペシャリスト・志賀櫻
「タックスヘイブン」という言葉を初めて知ったのは、
世界随一の国際租税分野の専門家・志賀櫻さんによる解説だったと思う。


【志賀櫻 (1949年1月19日 - 2015年12月20日)】
1970年司法試験合格、1971年東京大学法学部卒業、大蔵省入省、
宮崎税務署長、在連合王国日本国大使館参事官、
主税局国際租税課長兼OECD租税委員会日本国メンバー、
(OECD=経済協力開発機構/国際経済全般について協議する国際機関)
主計局主計官を経て、1993年岐阜県警本部長、
1998年金融監督庁国際担当参事官兼FSF日本国メンバー、
特定金融情報管理官兼FATF日本国メンバー、
2000年東京税関長、2002年財務省退官、
2002-12年政府税制調査会納税環境整備小委員会特別委員、
2005 − 弁護士登録、2010年− 國學院大學法科大学院客員教授。

志賀櫻さんは、
タックス・ヘイブンを
「 魑魅魍魎が跋扈する伏魔殿 」と称し、
タックス・イーターを
「 我利我欲の亡者であり国民の税金に群がり、私腹を肥やすシロアリ 」
と称した。

世界中探しても、
〜あなたほど、正確な知識と豊富な実体験をもって、
タックスヘイブンの実像を語れる者はいない〜
租税専門の法学者・三木義一氏にこう言わしめた、
志賀櫻 さんは、
「イギリスが一番悪い!と断言しましょう」と言い切った。


ルイス・キャロルの不思議の国のアリスの「赤の女王」は、
世界各地を植民地化し繁栄を極めた大英帝国を象徴する
ヴィクトリア女王に似せて描かれている。 挿絵・John Tenniel

そのスタイルは、まさに、この絵のように、
強欲 Greed そのもの
アングロサクソン型の資本主義である。
そもそも、資本主義というのは、金があればあるほど嬉しい、
その飽くなき欲望のために、躊躇なく富の収奪をおこなう。
人間のアニマルスピリッツです。」と志賀さんは言う。

日本国内は、どうなっているのか?
志賀櫻さんが、日本の暗部に切り込む。
志賀櫻・著『タックス・イーター-消えていく税金』(岩波新書)

志賀櫻さんは、
庶民が収める税金をむさぼり食う "タックス・イーター"
その正体は、"政官業の鉄のトライアングル"の
既得権益の集団だと言う。

政治家:官僚・財界の通したい法案を作り、
財界から政治献金を集金、集票する。
官庁:政治家に所管の事業の許認可権の法律を作って予算を通してもらい
財界には天下りポストを用意してもらう。
業界:官庁に補助金振り分けてもらい、租税特別措置をつけてもらう。

一般会計と別枠の政府の裏帳簿、
各省庁に流れる不透明な 特別会計が、
タックス・イーターらの最も美味しい餌場となっている。


2016/06/30 「民間税調」メンバー会見
司会 竹田忠 日本記者クラブ企画委員(NHK)

⭕️ 民間税調 メンバー11
最若手メンバーに、あのモノシリン・明石順平弁護士がいる!


【重要動画‼️】志賀櫻〜国際租制度、国際金融システムとタックスヘイブン
2014年3月6日 JCJ出版部会が開いた 志賀櫻 講演

「タックスヘイブンは国際経済のシステムから弾き出す必要がある。
タックスヘイブンと取引することに対して課税をするのも一つの手。
911のテロの後、アメリカ政府はタックスヘイブンを経由する資金を
止めようとして、ケイマン諸島なんかには非常に強い圧力をかけている。
ケイマン諸島はアメリカの圧力に屈して法律を改正せねばならないが、
オバマ大統領がケイマン諸島のパステルカラーのビルの中に
1万2000の企業があると指摘する演説をした。
そうすると、ケイマン諸島の金融庁監督庁長官が、
デラウェア州ウィルミントンのノースオレンジst. 〇〇番地にある
アメリカのビルが2万登録されている、と答えたという。
結局、マンハッタン ウォールst.とシティオブロンドンが、
自国の政府に働きかけて、
片方ではタックスヘイブンを退治せねばならないと言いながら、
片方では自国の利益のためにタックスヘイブンを利用しているわけである。
なかなか難儀な世界だ。」

※ICIJのデータベースの衝撃的のスクープを放ったガーディアンは、
British Foreign Office(即ち英国諜報部MI6)が、
タックスヘイブンのブリティッシュバージンアイランドを
使っている事を発見。志賀の推測で書いた事が証明された。
※中国は習近平、温家宝を始め、
党幹部の親族の名前がズラリと出た。
※日本は東北電力、東京電力を始め大企業の名が総出で並んだ。
日本は主にケイマン諸島を使う。
https://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/00f628c0d03910946cb512b7b92a396e

「昔は脱税した金というのは、隠すのが大変だった。
金丸信の時は、割引金融債券というのがあって隠せたんだけれど、
キャッシュを隠すというのは大変なこと。
ただタックスヘイブンを利用できるということになると、
例えば、五稜会が50億円スイスの銀行に隠していたなんて、
今から見ると、屁みたいな話で、
AIJの時の国税庁OBの税理士が報酬でもらっていたのは22億円だとか、
五稜会なんて可愛いもの。
悪い事をしようと思って知恵を絞るというのは、
大金持ちの所にそういう事を専門とする人が勧誘に来るのである。
ある程度 小金が貯まって銀行が、こういう所に投資してはどうかと
投資信託などを勧められているうちは可愛いが、
とんでもない金額が転がり込んでくると、得体の知れない人がやって来て、
ケイマンとかブリティッシュバージンアイランドの投資ルートを勧める。
その投資ルートが正しいのか正しくないのか、
東京地裁、大阪地裁、名古屋地裁などで分散して訴えて提起しているケースは
個人的にも知っているが、
フィルムリース事件、航空機リース事件などが有名で、
判例の中身を見て驚くのは、そのスキームを作って合法的な租税回避をする
タックスシェルター商品を作る人いて、
そのタックスシェルター商品を買う人が
半端な数ではなくウヨウヨいることだ。20〜50人といる。
これは〈日本は1億総中流だ〉と言っていた時代では考えられないこと。
1%と99%かどうかは知らないが、
大変な大金持ちの個人は、そういう事をしようと思うだけの
国際的に金を動かすことはできる。
ただし唯一 危険なのは、それ自体が詐欺である場合があるのである。
これは守ってもらえないので、恐ろしいことだ。
まあAIJだって、その一つの例だった。
誰がタックスシェルターを作るのか?
銀行マンは日本の銀行は日本の金融危機の時以来、
金融庁が締め上げ過ぎているので出てないが、
普通、出てくるのは元 証券マン。
AIJもそうだったし、オリンパスも、大王製紙もそうだったが、
そういう技術を若いうちに磨いて独立して、
タックスシェルター商品を編み出して売って回ると。
それはアメリカでは普通にあって、タックスシェルターを売る奴は、
一定程度、登録しろと内告サインボードに書いてあるくらいで、
日本もアメリカ支店に勤務してアメリカのやっている事を見ているし、
帰国子女など、そういう人が指南するというのはよくある。
まあ、通常やっているのは、証券マンと国税庁OB税理士。」

「 タックスヘイブンに金が入っていかないようにするという事が、
私は一番大事だと思う。
要するに、タックスヘイブンを世界経済のシステムの中から
弾き出す以外にない。
〈裏経済〉の方が、〈表経済〉より大きいかもしれない。
表経済を眺めて、経済分析をやっていても、何の意味もなくて、
裏経済でどういうマネーがどういう風に動いているのかを掌握できない限り、
この20年間 続いてきた金融危機というのは、また起こる。
また 簡単に起こる! 」

「掌握できないだろう。というのは全くそう。
FSBの中でリーガルエンティティ アイデンティファイア(LEI)の話が出ていたが、
※(“IAISインフラ投資 IAISインフラ投資 legal entity”法人(組織)"identifier" (識別子))
さりげなーく、これが入れられている。
しょうがないから、こういうのをやってみようという話でしかない。
これは、日本のマイナンバーと同じで、
法人だからプライバシーはないということかも知れないが、
日弁連に所属している人間としては、こういう風にナンバリングをして、
プライバシーが平気で踏み躙られる仕組みになっているというのは、
どうしても反対ざるを得ない。プライバシーの方が大事じゃないかと。
同時に、世界規模で裏経済が地下水脈で色んな悪い事をしてるのを
追っかけなければ、一般庶民の日々の生活は守れない訳で、
アジアの金融危機の時だって、
ジョージソロスが一人いるが故にタイが倒れ、インドネシアが倒れ、
韓国までIMFの管理下に入った訳である。
それで、一般庶民は物凄い苦労しているわけではないか。
二つの要請って、完全に矛盾している。
私はどうすればいいのかと考え込んでしまう。
このLEI というのは、半端には考えてはいけない話だと思う。」

①条約法
公法の制約を外すために条約を使うのがオーソドックスなやり方。
典型的なのは、税務行政執行共助条約がある。
・情報交換 ・徴収共助・送達共助
脱税した人が国境を超えて逃げて行ってしまった場合も、
その人の税金を徴収してくれる仕組み。
②BEPS
世界の「国際租税制度」によって、節税スキームとして使われている、
ダブルアイリッシュ・ウィズ・ア・ダッチサンドイッチの
ようなタックスヘイブンを退治する。
(米マンハッタンと英シティの問題が横たわる)
③FTT 金融取引税
http://isl-forum.jp/wp-content/uploads/2017/06/EU-FTT_tsuda.pdf
欧州委員会の案
・金融機関の株式(0.1%)、債権(0.1%)、デリバティブ(想定元本の0.01%)
などの金融商品に課税する。
・計算上350億€の税収が見込まれるが 枠組の統一が難航。
・ユーロ建て金融商品取引および11カ国の銀行
またはその海外支店との取引を、取引が行われる場所に関係なく
課税対象にする。
公法が水際で止まらない仕組みになっている。
日本もEUの法律で課税対象になる。
満場一致が原則だが、EU 28カ国の3分の1の国が集まると、
その中で決議できる。11カ国が集まって議論している。
英オズボーン蔵相はこれに抗議し欧州司法裁判所(ECJ)に提訴したが、
ECJは判例法の創出に積極的でEU条約違反でないと棄却。
米はFTTは反対。
二大タックスヘイブンのマンハッタンとシティが反対している。
IMF(国際通貨基金)も米の言いなりなので反対している。
フランスは単独で、FTTを導入した。
独メリケルが仏オランドと会談しFTT実施の共同案を出した。
④FATCA
米国の外国口座コンプライアンス法(2013年施行)
IRS(国内歳入庁)と外国の金融機関との間でFFI契約を結び、
協力米国人口座は情報提供に提供するが、
非協力口座には30%の源泉徴収や、非協力口座の閉鎖をするという法案。
「公法は水際で止まる」という原則を無視して、
勝手に日本の金融機関にアメリカ人の口座に30%の源泉徴収をかける
という事を決められている。
日本の金融機関は個人情報保護法の問題があるし、
30%の源泉徴収や口座閉鎖などをしたら訴訟になると
びびってしまい、日米共同声明によって、
一応、了承するが「租税条約」で処理するようにし、
情報を求められれば日本の金融機関に情報提供させる、
とした。(モデル2)
英、独、仏、スペインが、これは良い法案だと、
FATCAに合わせて、国内法を整備したが、
アメリカにも同じ様にするよう求め相互性を確保した。
これをIGA(モデル1)という。
⑤FSB
BEPSとFSBというのは、タックスヘイブン対策の両輪。
FSBとは2009年4月第2回G20サミット ロンドン会議のマンデート。
FSFの拡充強化。バーゼル(金融監督)、IOSCO(証券監督)、
IAIS(保険監督) 。金・証・保の監督機関を取り入れた。
IMF・世銀、BIS、IAIS(会計基準)も入った。OECDも入った。
カナダ人でカナダの中央銀行総裁のカーニィが議長。
カーニィはカナダ人でありながら国籍を変えて、
公募によってBOE(イングランド中央銀行)総裁になった。
・バーゼルⅢ ・シャドーバンキング
(投資銀行、ヘッジファンド、SPVなどの金融業態)IAISインフラ投資 IAISインフラ投資 IAISインフラ投資 対策
・店頭デリバティブ市場改革
・システム上重要な金融機関の監督(日本の銀行では三菱、三井)
・LEI(リーガルエンティティアイデンティファイア)法人識別子
=マイナンバー制度に似たもの

志賀 櫻 (著書)
『詳解 国際租税法の理論と実務』(民事法研究会2011)
『日銀発金融危機』(朝日新聞出版2013年)
『タックス・ヘイブン』(岩波新書2013年)
『タックス・イーター』(同2014年)
『タックス・オブザーバー当局は税法を理解しているのか』
(NP新書 2015年)

Infrastructure investment

Infrastructure investment covers spending on new transport construction and the improvement of the IAISインフラ投資 IAISインフラ投資 existing network. Infrastructure investment is a key determinant of performance in the transport sector. Inland infrastructure includes IAISインフラ投資 IAISインフラ投資 road, rail, inland waterways, maritime ports and airports and takes account of all sources of financing. Efficient transport infrastructure provides economic and social benefits to both advanced and emerging economies by: improving market accessibility and IAISインフラ投資 productivity, ensuring balanced regional economic development, creating employment, promoting labour mobility and connecting communities. This indicator is measured as a share of GDP for total inland investment and in euros for the road, rail, IAISインフラ投資 air, inland waterways and sea components.

Latest publication

Indicators

  • Road accidents
  • Passenger transport
  • Freight transport
  • Container transport
  • Passenger car registrations
  • Infrastructure investment
  • Infrastructure maintenance

Infrastructure investment Source: Transport infrastructure investment and maintenance

  • Selected data only (.csv)
  • IAISインフラ投資
  • Full indicator data (.csv)
  • Add this view
  • Go to pinboard

Perspectives

Countries

Highlight countries

Find a country by name

Currently highlighted

Select background

  • All
  • OECD
  • European Union
  • Euro Area
  • G7
  • G20
  • None

latest data available

Definition of
Infrastructure investment

Infrastructure investment covers spending IAISインフラ投資 on new transport construction and the improvement of the existing network. Infrastructure investment is a key determinant IAISインフラ投資 IAISインフラ投資 of performance in the transport sector. Inland infrastructure includes road, rail, inland waterways, maritime ports and airports IAISインフラ投資 and takes account of all sources of financing. Efficient transport infrastructure provides economic and social benefits to both IAISインフラ投資 IAISインフラ投資 advanced and emerging economies by: improving market accessibility and productivity, ensuring balanced regional economic development, creating employment, promoting labour mobility and connecting communities. This indicator is measured as a share of GDP for total IAISインフラ投資 IAISインフラ投資 inland investment and in euros for the road, rail, air, inland waterways and sea components.

IAISインフラ投資

Climate change IAISインフラ投資 is one of the most pressing global challenges of this century. To achieve the desired steep reduction in global emissions and to adapt to climate change, infrastructure needs to be green.

By investing in sustainable infrastructure, AIIB unlocks new capital, new technologies and new ways in which to address climate change and to connect Asia, and the world.

To continue supporting AIIB Members’ efforts to address pandemic and recovery challenges IAISインフラ投資 the Bank’s Board of Directors approved an extension and expansion of the CRF.

The Asian Infrastructure Finance IAISインフラ投資 2021 report examines how Asian economies, to different extents and in different ways, have integrated global value chains (GVCs) into their growth models.

AIIB Expands Global Presence

AIIB Approves EUR90M to Strengthen Vaccination and Healthcare Systems in Côte d’lvoire

AIIB, OPEC Fund Advance Partnership for Global Infrastructure Funding

AIIB Signs USD200M On-lending Facility to Support Sustainable Infrastructure Development in Bangladesh

AIIB Signs USD200M On-lending Facility to Support Sustainable Infrastructure Development in Bangladesh

Reflecting IAISインフラ投資 a firm commitment to sustainability in all its forms, the Infrastucture for Tomorrow (i4t) will be shaped by the way people live, move and work and the way markets will develop. It will keep pace with advances in infrastructure technology and evolve as the needs of people, economy and the world change.IAISインフラ投資

GREEN INFRASTRUCTURE

CONNECTIVITY AND REGIONAL COOPERATION

TECHNOLOGY-ENABLED INFRASTRUCTURE

PRIVATE CAPITAL MOBILIZATION

Reflecting our commitment to support the Paris Agreement, AIIB has set an ambitious target of ensuring that IAISインフラ投資 50% of overall approved financing by 2025 will be directed toward climate finance.

“Infrastructure investments and connectivity are crucial for lower-income countries to regain a growth momentum and to achieve long-term sustainable development goals IAISインフラ投資 IAISインフラ投資 in the post-COVID-19 era, while also dealing with climate change.”

Jin Liqun

Jin Liqun

Join us as we invest in a IAISインフラ投資 more sustainable tomorrow. Our team pushes itself every day to solve problems for our clients. Whether you come work as part of our staff or partner with us on a project, we always live by our values of Lean, Clean and Green.

The Asian Infrastructure Investment Bank (AIIB) is a multilateral development IAISインフラ投資 IAISインフラ投資 IAISインフラ投資 bank whose mission is financing the Infrastructure for Tomorrow—infrastructure with sustainability at its core. We began operations IAISインフラ投資 in Beijing in January 2016 and have since grown to 105 approved members worldwide. We are capitalized at IAISインフラ投資 IAISインフラ投資 USD100 billion and Triple-A-rated by the major international credit rating agencies. Working with partners, AIIB meets clients’ needs by unlocking new capital and investing in infrastructure that is green, technology-enabled and promotes regional connectivity.IAISインフラ投資

Asian Infrastructure Investment Bank (AIIB)
Tower A, Asia Financial Center, No.1 Tianchen East Road,
Chaoyang District, Beijing 100101

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる