トレーダーが解説

投資リスク

投資リスク

このグラフについて見てみましょう。(図の解釈に慣れていない方はこの項目は飛ばし、下の図を御覧ください。)

【図解】SPXL、TECL、SOXLに長期投資をしてはいけない2つの理由(レバレッジリスク)

f:id:Minimalist_PINO:20210113224609j:plain

レバレッジを聞かせた時に、生じた下落から立ち直るために必要なリターン


このグラフについて見てみましょう。(図の解釈に慣れていない方はこの項目は飛ばし、下の図を御覧ください。)

このことは 下落が大きいほど、立ち直るのに高いリターンが必要 であることを示します。

■ 基準価格のグレー線 では(x,y)=(-25, 33.3…)の点を通っています。

3倍レバレッジのケースでは、下落からの回復するのに高いリターンが必要であること がお判りいただけると思います。

具体的なレバレッジリスクのイメージ図

レバレッジのリスク:レバレッジを効かせると暴落後の回復に大きな時間がかかる

つまり レバレッジ最大のリスクは、大幅な下落が起こった際に致命的なダメージを受けてしまうこと です。

②レバレッジの危険性:倍率変更リスク

レバレッジ型ETFが抱える大きな危険性の二つ目が 倍率変更 投資リスク です。

この 倍率変更がタイミングが悪く行われると、投資家には大きな損失 が生じます。これが レバレッジを活用している人が見落としやすい大きなリスク です。

過去事例:エネルギーブル3倍(ERX)の倍率変更

ERXの倍率変更が投資リターンに与えた影響


青:ERX、橙:VDE(米国エネルギーETF(非レバレッジ))

ERXは大きな打撃を受けた理由は、上で紹介した暴落に対する脆弱性に加えて、 2020年4月1日までは3倍の速さで暴落し、4月1日以降は2倍の速さでしか回復できなかった ためであるといえます。

倍率変更が極めて恐ろしいリスクであることをERXの事例は物語っています。

2020年に倍率変更が生じたファンド例

■2020年4月1日

・ERY(エネルギーベア):3倍→ 2倍

・RUSL(ロシア):3倍→ 2倍

・NUGT(金鉱株):3倍→ 2倍

・DUST(金鉱株ベア):3倍→ 2倍

■2020年10月29日

・INDL(インド):3倍→ 2倍

・UBOT(ロボ・AI・オートメーション):3倍→ 2倍

以上から、 暴落に対する脆弱性 、そしてそれ以上に 倍率変更が起こりうるという重大なリスク があるために、高レバレッジETFへの長期投資は避けるのが良いと考えます。

レバレッジはリスクを知ったうえで活用すべき

レバレッジのリスクという否定的な意見を2つ記載いたしましたが、私はその リスクを認識していれば有効に活用することもできる と考えます。

f:id:Minimalist_PINO:20210114000311j:plain

レバレッジETFは超ハイリスク超ハイリターン、という認識だけでなく、その 具体的な危険性を知ることで大きなリターンを手にする機会が増える と思います。

今回は一部の個人投資家から人気のレバレッジ型ファンドが抱えている大きな落とし穴として、 ①下落に対して極めて脆弱 であること、 ②倍率変更による大きな損失 の2つを紹介いたしました。

投資信託で大きな大損をしてしまうケースと対策は?

2006年から2020年の15年間における資産ごとの騰落率推移

参考に、りそなアセットマネジメントが2006年から2020年の15年間における資産ごとの騰落率推移をまとめた表を掲載します。

引用:りそなグループ「投資対象資産のリスク・リターンを押さえよう」※Bloombergのデータをもとにりそなアセットマネジメントが作成

  • 直近の騰落率のみ注目して購入する
  • 投資対象や運用スタイル、リスクの確認を怠ってしまう
  • 購入後、運用確認をせずそのままにしてしまう

sayran

最新記事 by sayran (全て見る)

  • 投資信託で大きな大損をしてしまうケースと対策は? - 2022年7月6日
  • 米国株に投資できる人気の投資信託10本は?購入時のポイントも【2022年6月】 - 2022年6月29日
  • 中国株に投資できる人気の投資信託10本は?購入時のポイントも【2022年6月】 - 2022年6月25日
  • 新興国株に投資できる人気の投資信託10本は?購入時のポイントも【2022年6月】 - 2022年6月21日
  • 投資信託を毎日積立できる証券会社は?毎日積立のメリット・デメリットも - 2022年6月21日

ロボアドバイザーや手数料無料で投資信託が買える証券会社

SBI証券

SBI証券

株手数料が1日100万円まで無料!早朝・深夜も取引可、Tポイントで投信が買える、ロボアドも

ウェルスナビ

ウェルスナビ(WealthNavi)

10万円から投資可、手数料の長期割あり。口座開設で1000円プレゼントプログラムも実施中

THEO(テオ)+ docomo

THEO(テオ)+ docomo

1万円から投資・積立可能!ESG投資モードも選択できる。運用額に応じてdポイントもらえる

投資で取るべきリスク、駄目なリスク(窪田真之) 楽天証券経済研究所所長兼チーフ・ストラテジスト

投資リスク 「東証マザーズ市場のバイオ株人気を見ていると、ITバブルを思い出す。本物の成長株は一握りだろう」

窪田 真之(くぼた・まさゆき) 楽天証券経済研究所所長兼チーフ・ストラテジスト。1961年生まれ。84年慶応義塾大学経済学部卒業後、住友銀行(現三井住友銀行)入行。87年住銀バンカース投資顧問(当時)に出向、日本株ファンドマネジャー兼アナリスト。90年住友銀行証券部海外業務開発プロジェクトチームに異動、91年ニューヨーク駐在。92年住銀投資顧問(当時)日本株ファンドマネジャー、99年大和住銀投信投資顧問日本株シニア・ファンドマネジャー、2014年2月楽天証券経済研究所チーフ・ストラテジスト。15年7月から所長兼務。大和住銀投信投資顧問では日本株の運用歴25年のファンドマネジャーとして活躍した。99年の運用開始から13年まで担当した「大和住銀日本バリュー株ファンド」(愛称「黒潮」)は長期に安定した成績で知られる。金融庁企業会計審議会の会計部会臨時委員も務める。著書に「投資脳を鍛える!株の実戦トレーニング」(日本経済新聞出版社)、「クイズ 会計がわかる70題」(中央経済社)など多数。

【図解】SPXL、TECL、SOXLに長期投資をしてはいけない2つの理由(レバレッジリスク)

f:id:Minimalist_PINO:20210113224609j:plain

レバレッジを聞かせた時に、生じた下落から立ち直るために必要なリターン


このグラフについて見てみましょう。(図の解釈に慣れていない方はこの項目は飛ばし、下の図を御覧ください。)

このことは 下落が大きいほど、立ち直るのに高いリターンが必要 であることを示します。

■ 投資リスク 基準価格のグレー線 では(x,y)=(-25, 33.3…)の点を通っています。

3倍レバレッジのケースでは、下落からの回復するのに高いリターンが必要であること がお判りいただけると思います。

具体的なレバレッジリスクのイメージ図

レバレッジのリスク:レバレッジを効かせると暴落後の回復に大きな時間がかかる

つまり 投資リスク レバレッジ最大のリスクは、大幅な下落が起こった際に致命的なダメージを受けてしまうこと です。

②レバレッジの危険性:倍率変更リスク

レバレッジ型ETFが抱える大きな危険性の二つ目が 倍率変更 です。

この 倍率変更がタイミングが悪く行われると、投資家には大きな損失 が生じます。これが レバレッジを活用している人が見落としやすい大きなリスク です。

過去事例:エネルギーブル3倍(ERX)の倍率変更

ERXの倍率変更が投資リターンに与えた影響


青:ERX、橙:VDE(米国エネルギーETF(非レバレッジ))

ERXは大きな打撃を受けた理由は、上で紹介した暴落に対する脆弱性に加えて、 2020年4月1日までは3倍の速さで暴落し、4月1日以降は2倍の速さでしか回復できなかった ためであるといえます。

倍率変更が極めて恐ろしいリスクであることをERXの事例は物語っています。

2020年に倍率変更が生じたファンド例

■2020年4月1日

・ERY(エネルギーベア):3倍→ 2倍

・RUSL(ロシア):3倍→ 2倍

・NUGT(金鉱株):3倍→ 2倍

・DUST(金鉱株ベア):3倍→ 2倍

■2020年10月29日

・INDL(インド):3倍→ 2倍

・UBOT(ロボ・AI・オートメーション):3倍→ 2倍

以上から、 暴落に対する脆弱性 、そしてそれ以上に 倍率変更が起こりうるという重大なリスク があるために、高レバレッジETFへの長期投資は避けるのが良いと考えます。

レバレッジはリスクを知ったうえで活用すべき

レバレッジのリスクという否定的な意見を2つ記載いたしましたが、私はその リスクを認識していれば有効に活用することもできる と考えます。

f:id:Minimalist_PINO:20210114000311j:plain

レバレッジETFは超ハイリスク超ハイリターン、という認識だけでなく、その 具体的な危険性を知ることで大きなリターンを手にする機会が増える と思います。

今回は一部の個人投資家から人気のレバレッジ型ファンドが抱えている大きな落とし穴として、 ①下落に対して極めて脆弱 であること、 ②倍率変更による大きな損失 の2つを紹介いたしました。

投資で取るべきリスク、駄目なリスク(窪田真之) 楽天証券経済研究所所長兼チーフ・ストラテジスト

「東証マザーズ市場のバイオ株人気を見ていると、ITバブルを思い出す。本物の成長株は一握りだろう」

窪田 真之(くぼた・まさゆき) 楽天証券経済研究所所長兼チーフ・ストラテジスト。1961年生まれ。84年慶応義塾大学経済学部卒業後、住友銀行(現三井住友銀行)入行。87年住銀バンカース投資顧問(当時)に出向、日本株ファンドマネジャー兼アナリスト。90年住友銀行証券部海外業務開発プロジェクトチームに異動、91年ニューヨーク駐在。92年住銀投資顧問(当時)日本株ファンドマネジャー、99年大和住銀投信投資顧問日本株シニア・ファンドマネジャー、2014年2月楽天証券経済研究所チーフ・ストラテジスト。15年7月から所長兼務。大和住銀投信投資顧問では日本株の運用歴25年のファンドマネジャーとして活躍した。99年の運用開始から13年まで担当した「大和住銀日本バリュー株ファンド」(愛称「黒潮」)は長期に安定した成績で知られる。金融庁企業会計審議会の会計部会臨時委員も務める。著書に「投資脳を鍛える!株の実戦トレーニング」(日本経済新聞出版社)、「クイズ 会計がわかる70題」(中央経済社)など多数。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる