プロが直接査定

プットオプションの買い戦略

プットオプションの買い戦略
カバードコール
出典:optionsbro.com

「日経225オプション」7月限プット手口情報(17日夜間)

◯2万5000円プット
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 922( 922) 416( 416) -506
SBI証券 275( 145) 268( 138) -7
BNPパリバ証券 44( 44) 238( 238) +194
楽天証券 104( 104) 117( 117) +13
JPモルガン証券 0( 0) 200( 200) +200
クレディスイス証券 42( 42) 10( 10) -32
松井証券 38( 38) 38( 38) 0
インタラクティブ証券 10( 10) 104( 104) +94
auカブコム証券 30( 30) 55( 55) +25
SBIネオトレード 24( 24) 26( 26) +2
山和証券 24( 24) 0( 0) -24
モルガンMUFG証券 20( 20) 37( 37) +17
マネックス証券 19( 19) 11( 11) -8
バークレイズ証券 7( 7) 14( 14) +7
ゴールドマン証券 10( 10) 0( 0) -10
日産証券 1( 1) 12( 12) プットオプションの買い戦略 +11
岡三証券 9( 9) 6( 6) -3
みずほ証券 0( 0) 10( 10) +10
GMOクリック証券 5( 5) 8( 8) +3
ソシエテジェネラル証券 0( 0) 10( 10) +10
安藤証券 1( 1) 4( 4) +3
岩井コスモ証券 1( 1) 2( 2) +1

◯2万5125円プット
売り(立会内) 買い(立会内) プットオプションの買い戦略 差し引き
ABNクリアリン証券 60( 60) 62( 62) +2
クレディスイス証券 5( 5) 0( 0) -5
楽天証券 5( 5) 11( 11) +6
SBI証券 6( 1) 6( 1) 0
auカブコム証券 3( 3) 0( 0) -3
松井証券 1( プットオプションの買い戦略 1) 1( 1) 0

◯2万5250円プット
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 216( 216) 192( 192) -24
SMBC日興証券 40( 40) 0( プットオプションの買い戦略 0) -40
SBI証券 90( 34) 116( 60) +26
auカブコム証券 15( 15) 25( 25) +10
松井証券 33( 33) 21( 21) -12
楽天証券 11( 11) 24( 24) +13
山和証券 0( 0) 14( 14) +14
クレディスイス証券 9( 9) 5( 5) -4
ドイツ証券 0( 0) 10( 10) +10
バークレイズ証券 6( 6) 6( 6) 0
BNPパリバ証券 6( 6) 2( 2) -4
岩井コスモ証券 2( 2) 0( 0) -2
ソシエテジェネラル証券 0( 0) 5( 5) +5
SBIネオトレード 1( 1) 2( 2) +1
岡三証券 0( 0) 3( 3) +3
インタラクティブ証券 0( 0) 3( 3) +3
GMOクリック証券 0( 0) 1( 1) +1

◯2万5375円プット
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 130( 130) 129( 129) -1
auカブコム証券 6( 6) 2( 2) -4
楽天証券 1( 1) 7( 7) +6
松井証券 6( 6) 5( 5) -1
GMOクリック証券 0( 0) 5( プットオプションの買い戦略 5) +5
BNPパリバ証券 5( 5) 2( 2) -3
クレディスイス証券 2( 2) 0( 0) -2
SBI証券 16( 1) 16( 1) 0
JPモルガン証券 1( 1) 0( 0) -1
SBIネオトレード 0( 0) 1( 1) +1

◯2万5500円プット
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 930( 830) 473( プットオプションの買い戦略 323) -457
SBI証券 189( 78) 245( 134) +56
ゴールドマン証券 0( 0) 300( 300) +300
BNPパリバ証券 56( 56) 22( 22) -34
バークレイズ証券 35( 35) 28( 28) -7
JPモルガン証券 0( 0) 100( 100) +100
松井証券 35( 35) 36( 36) +1
ソシエテジェネラル証券 0( 0) 53( 53) +53
みずほ証券 20( 20) 0( 0) -20
SBIネオトレード 16( 16) 27( 27) +11
auカブコム証券 10( 10) 32( 32) +22
楽天証券 13( 13) 26( 26) +13
クレディスイス証券 8( 8) 1( 1) -7
GMOクリック証券 4( 4) 3( 3) -1
マネックス証券 2( 2) 2( 2) 0
山和証券 1( 1) 16( 16) +15
日産証券 1( 1) プットオプションの買い戦略 0( 0) -1
岡三証券 0( 0) 4( 4) +4
安藤証券 0( 0) 2( 2) +2
大和証券 150( 0) 0( 0) -150
東海東京証券 0( 0) 100( 0) +100

◯2万5625円プット
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 83( 83) 18( 18) -65
SBI証券 0( 0) 29( 29) +29
クレディスイス証券 5( 5) 25( 25) +20
auカブコム証券 2( プットオプションの買い戦略 2) 3( 3) +1
楽天証券 2( 2) 2( 2) 0
バークレイズ証券 プットオプションの買い戦略 プットオプションの買い戦略 0( 0) 10( 10) +10
岡三証券 1( 1) 1( 1) 0
松井証券 1( 1) 3( 3) +2
BNPパリバ証券 0( 0) 2( 2) +2
マネックス証券 0( 0) 1( 1) +1

◯2万5750円プット
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 68( 68) 72( 72) +4
楽天証券 プットオプションの買い戦略 29( 29) 23( 23) -6
BNPパリバ証券 13( 13) 8( 8) -5
SBI証券 19( 10) 22( 13) +3
松井証券 11( 11) 7( プットオプションの買い戦略 7) -4
auカブコム証券 1( 1) 8( 8) +7
ビーオブエー証券 5( 5) 0( 0) -5
SBIネオトレード 3( 3) 3( 3) 0
バークレイズ証券 0( 0) 5( 5) +5
岡三証券 1( 1) 1( 1) 0
JPモルガン証券 1( 1) 0( 0) -1
岩井コスモ証券 0( 0) 1( 1) +1
マネックス証券 1( 1) 0( 0) -1
クレディスイス証券 0( プットオプションの買い戦略 0) 1( 1) +1
シティグループ証券 0( 0) 1( 1) +1

◯2万5875円プット
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 18( 18) 2( 2) -16
SBI証券 3( 1) 9( 7) +6
クレディスイス証券 0( 0) 5( 5) +5
BNPパリバ証券 1( 1) 0( 0) -1
楽天証券 0( 0) 3( 3) +3
auカブコム証券 0( 0) 2( 2) +2
松井証券 0( 0) 1( 1) +1

◯2万6000円プット
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 244( 144) 244( 244) 0
BNPパリバ証券 120( 120) 22( 22) -98
SBI証券 86( 40) 105( 59) +19
ソシエテジェネラル証券 50( 50) 3( 3) -47
松井証券 27( 27) 57( 57) +30
楽天証券 28( 28) 48( 48) +20
バークレイズ証券 15( 15) 12( 12) -3
auカブコム証券 12( 12) 9( 9) -3
SBIネオトレード 2( 2) 9( 9) +7
クレディスイス証券 10( 10) 6( 6) -4
山和証券 8( 8) 0( 0) -8
GMOクリック証券 6( 6) 0( 0) -6
岡三証券 1( 1) 1( 1) 0
マネックス証券 6( 6) 0( 0) -6
日産証券 1( 1) 0( 0) -1
みずほ証券 0( 0) 100( 0) +100

◯2万6125円プット
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 9( 9) 2( 2) -7
SBI証券 1( 1) 6( 6) +5
松井証券 2( 2) 0( 0) -2
JPモルガン証券 0( 0) 3( 3) +3
楽天証券 1( 1) 1( 1) 0
BNPパリバ証券 0( 0) 1( 1) +1

◯2万6250円プット
売り(立会内) 買い(立会内) 差し引き
ABNクリアリン証券 31( 31) 22( 22) -9
auカブコム証券 4( 4) 7( 7) +3
SBI証券 5( 1) 14( 10) +9
SBIネオトレード 3( 3) 3( 3) 0
クレディスイス証券 2( 2) 0( 0) -2
マネックス証券 0( 0) 1( 1) +1
ソシエテジェネラル証券 1( 1) 0( 0) -1
松井証券 0( 0) プットオプションの買い戦略 1( 1) +1
楽天証券 1( 1) 0( 0) -1
山和証券 1( 1) 1( 1) 0
BNPパリバ証券 1( 1) 0( 0) -1

オプション取引初心者へおすすめするオプション戦略2選

オプション取引初心者におすすめ戦略2選

オプション

オプショントレーダー事始め

オプション戦略と求められる経験

オプション取引レベル分け

オプション取引レベル分け
出典:Firstrade オプション取引申込書

今回紹介するカバード・コール(Write Covered Calls)、キャッシュ・セキュアード・プット(Write Cash-Secured Equity Puts)はLevel 1のトレーダーが取引できる対象となっており、まさに初心者向けの戦略と言えます。

単純なコールやプットの購入(Purchase Calls & Puts)がLevel 2のトレーダーからしか取引できなくなっているのは意外と思われるかもしれません。単純なコールやプットの購入は、失う額はプレミアム分のみですが、失う可能性が非常に高い取引です。価値が0になる可能性の高さが考慮された結果、より経験が求められるLevel 2からの取引となっているのだと思われます。

カバード・コール

カバードコール

カバードコール
出典:optionsbro.com

大切なのは 「ここまで上がれば売却してもよい」と思える価格でカバードコールを仕掛ける ということです。

カバードコールの失敗例

カバードコール失敗例
(Firstrade証券でのポジションのキャプチャ)

なにはともあれ大切なのは プットオプションの買い戦略 「ここまで上がれば株を売却してもよい」と思える価格でカバード・コールを仕掛ける ということです。

  • 保有している現物株に対して追加の利益を付与できる
  • 現物株と組み合わているので仕掛けたことによる追加の下振れリスクはない
  • 利益確定をしたいと思う権利行使価格で仕掛ける

キャッシュ・セキュアード・プット

ショートプット

ショートプット
出典:optionsbro.com

オプションFX

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

日経225オプション取引とは

日経225オプション取引

証券

日経225オプションとは

コール・オプション

コール・オプションの買い

コール・オプションの買い

コール・オプションの売り

コール・オプションの売り

プット・オプション

プット・オプションの買い

プット・オプションの買い

プット・オプションの売り

プット・オプションの売り

短期金利とオプション・プレミアムの関係
短期金利コールプット
上昇上昇下落
下落下落上昇

SPAN(Standard Portfolio Analysis of Risk)証拠金とはシカゴ・マーカンタイル取引所が開発したオプション取引の証拠金計算方法です。

2021年9月21日から大阪取引所の次期デリバティブ売買システム(J-GATE 3.0)が稼働するのに伴い、先物・オプションの取引時間が 翌6:00 までに拡大されます。

  • Fill and Store (FAS)
  • Fill and Kill (FAK)
  • Fill or Kill (FOK)

Fill and Store(FAS)とは、注文の一部だけが約定できるときは約定させて、未約定である残数量の注文をそのまま有効とします。

Fill and Kill(FAK)とは、注文の一部だけが約定できるときは約定させて、未約定である残数量の注文を失効させます。

Fill or Kill(FOK)とは、注文の全数量が直ちに約定しない場合には、全数量を失効させます。

日経225オプションの手数料
証券会社手数料最低手数料
GMOクリック証券0.152%214円
マネックス証券0.198%198円
楽天証券0.198%198円
SBI証券0.220%220円
auカブコム証券0.220%220円
松井証券0.220%220円

リスク指標

プレミアム(オプションの価値)は、時間の経過とともに減少していきます。セータとは、 満期までの残存期間の変化 に対する プレミアムの変化 の割合のことです。残存期間は営業日数ではなく、土日や休日も含んだ実日数を指します。

オプション取引初心者へおすすめするオプション戦略2選

オプション取引初心者におすすめ戦略2選

オプション

オプショントレーダー事始め

オプション戦略と求められる経験

オプション取引レベル分け

オプション取引レベル分け
出典:Firstrade オプション取引申込書

今回紹介するカバード・コール(Write Covered Calls)、キャッシュ・セキュアード・プット(Write Cash-Secured Equity プットオプションの買い戦略 Puts)はLevel 1のトレーダーが取引できる対象となっており、まさに初心者向けの戦略と言えます。

単純なコールやプットの購入(Purchase Calls & Puts)がLevel 2のトレーダーからしか取引できなくなっているのは意外と思われるかもしれません。単純なコールやプットの購入は、失う額はプレミアム分のみですが、失う可能性が非常に高い取引です。価値が0になる可能性の高さが考慮された結果、より経験が求められるLevel 2からの取引となっているのだと思われます。

カバード・コール

カバードコール

カバードコール
出典:optionsbro.com

大切なのは 「ここまで上がれば売却してもよい」と思える価格でカバードコールを仕掛ける プットオプションの買い戦略 ということです。

カバードコールの失敗例

カバードコール失敗例
(Firstrade証券でのポジションのキャプチャ)

なにはともあれ大切なのは 「ここまで上がれば株を売却してもよい」と思える価格でカバード・コールを仕掛ける ということです。

  • 保有している現物株に対して追加の利益を付与できる
  • 現物株と組み合わているので仕掛けたことによる追加の下振れリスクはない
  • 利益確定をしたいと思う権利行使価格で仕掛ける

キャッシュ・セキュアード・プット

ショートプット

ショートプット
出典:optionsbro.com

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる