FX初心者スレ

ストックオプション

ストックオプション
東京証券取引所作成の「コーポレート・ガバナンス白書2021」 よりデータ抜粋(2020年時点)

ストックオプションとは? 仕組みやメリット・デメリット、権利行使時のポイントを解説!

ストックオプションとは、 株式会社の従業員や役員が権利を行使できる期間(権利行使期間)内に、事前に決められた価格(権利行使価額)で会社の株式(自社株)を 購入できる権利 のことを言います。購入できる期間や数量にも一定の規定はありますが、その期間・範囲内ならストックオプション付与の対象者は好きな時に自社株を購入できる仕組みです。一般的に権利行使価額は、ストックオプション発行時の株価より低く設定されています。また、権利行使の開始期間を数年後に設定するケースがみられます。

ストックオプションを付与された従業員・役員にとっては、企業業績を拡大させて株価を上げることができれば、ストックオプションを行使し、取得した株式を売却した際に多額の報酬を手に入れることができます。業績アップへの努力・貢献が自己の利益に直接反映されるため、 従業員・役員のモチベーション向上 ストックオプション につながります。これがストックオプションを活用するメリットの1つです。また、自己資金で直接株式を購入するより リスクが少ない ほか、付与対象者や行使期間などに関する厳しい適格要件を満たすことで税制優遇措置を受けたストックオプション(税制適格ストックオプション)については、権利行使・株式売却で得られた利益に対する 税負担の割合(20.315%)が一般的に給与所得の税負担(最大55%)と比べて軽い 点もメリットです。

業績拡大とそれに伴う株価上昇が権利行使のモチベーションとなるストックオプション制度は、現時点で資金力がなく高額な給料を払うことが困難な スタートアップやベンチャー企業を中心に導入が進んでいます。 東京証券取引所がまとめた「 コーポレート・ガバナンス白書2021 」によると、ストックオプション導入企業は東証上場銘柄全体の31.7%(2020年時点)ですが、東証マザーズ銘柄(現在の東証グロース銘柄に相当)は85.0%が導入。「連結売上高別にみると、連結売上高が少なくなるほどストックオプション制度を導入している比率が高くなっている」(東証)といい、 新興・中堅企業がより導入する傾向 にあることが見て取れます。

ストックオプション制度を導入する上場企業の割合

東京証券取引所作成の「コーポレート・ガバナンス白書2021」 よりデータ抜粋(2020年時点)

ストックオプションを行使したほうがよいタイミングとは?

ストックオプションを行使するのにベストなタイミングとはどういう時でしょうか。もちろん、 自社の株価が権利行使価額を大きく上回った時 でしょう。株価が権利行使価額を大きく上回ったタイミングでストックオプションを権利行使し、取得した株式を売却することができれば大きな利益を得られるからです。

例えば、ある従業員が「1株当たり権利行使価額1000円で1000株まで購入可能、権利行使期間は1年後から5年間」というストックオプションを会社から付与されたとします。

同オプションが付与された後、1年後の権利行使期間が到来しました。その間、会社の業績は順調に拡大し、株価も堅調に推移する中で株価は5000円に到達したとします。そこで、その従業員がストックオプションの権利を行使(=1000円で1000株を購入)し、株式市場で取引されている5000円で売却した場合、「1株4000円の利益×1000株」で 合計400万円の利益(税抜き)を得られる計算になります。 権利行使期間の5年内にさらに株価が上昇し、そのタイミングで株式売却を行えばさらなる利益を獲得することができます。

ストックオプションの仕組み

「QUICK Money World」の無料会員になれば、他の投資家の関連銘柄に関する分析情報を閲覧することができ、 ストックオプションの行使タイミングを計りやすくなります。 メールアドレスの登録だけでなく、Googleアカウント・Apple ID等でも登録できます。ご興味がある方はぜひ会員特典をご確認ください。 ⇒ ストックオプション 無料会員の登録はこちら

ストックオプションの行使で注意すべき点は?

1つはストックオプションが付与された後、 株価が下落した場合 です。先に述べた通り、株価が上昇し、権利行使価額を大きく上回る状況になれば権利行使により多額の利益が獲得できる可能性が高まる半面、業績が振るわず、株価がそれほど上昇しなかったり、低迷してしまったりする場合には利益を得るチャンスを失ってしまいます。株価が下がった場合、 ストックオプションの権利を行使しなければ損をすることはありませんが 、インセンティブ報酬の側面があるストックオプションのメリットが失われてしまうのです。会社の不正発覚など従業員の努力とは別の要因で株価が大きく変動(下落)する可能性もあるため、自社に関連するニュースは常にチェックすることが重要です。

ストックオプションの付与は、会社の企業価値向上に貢献し、その結果として自社株式の売却に伴う利益を得るインセンティブ報酬のため、オプションを行使する際に付与した会社(もしくは子会社)の役職員であることが行使条件として定められることが一般的です。そのため、 退職した場合はストックオプションの権利が失効する 場合がほとんどです。

また、先のストックオプション行使の例でも述べた通り、 権利行使期間が決まっている 点にも注意しましょう。一定期間の範囲内でないと権利を行使できないため、とりわけ該当期間の自社の業績や株価動向はストックオプションを行使するか否かを決定する際の重要なポイントになります。そのため、 自社の適時開示情報 は常に注意深くチェックしておくことが欠かせません。

適時開示情報とは、株式の投資判断に重要な影響を与えうる企業の経営上の重要な情報・内部情報について、一般投資家に対して正確性に配慮しつつ速報性を重視して適時・適切に公表するものです。適時開示情報には、決算情報に加え、新株式の発行や自己株式の取得、株式分割、合併、業務提携・解消、災害に起因する損害や訴訟の提起、大株主の異動など様々な情報があります。いずれの開示情報も、 株価の変動要因となりうる大きなイベント になる可能性があります。各情報をチェックすることで、ストックオプションの行使期間内における権利行使の有無や株式を取得した場合の売却タイミングを掴める重要な材料になります。

「QUICK Money World」をマーケット予想から企業分析まで最大限活用したい方は、有料会員登録をご検討ください。 企業の開示情報、プレスリリースをメールで通知致します。 メールアドレスの登録だけでなく、Googleアカウント・Apple ID等でも登録できます。 ⇒ 有料会員の説明はこちら

女性有料会員登録バナー

ストックオプション、企業側のメリット・デメリットは?

まず、 優秀な人材を確保しやすくなる 点が挙げられます。ストックオプションは将来的な株価の値上がりが大きな報酬につながるため、優秀な人材にとっては魅力的な報酬制度の1つになります。現時点で資金力が乏しい新興企業などにとっては、 人件費を抑制しつつ従業員に高いインセンティブを与えられる という点もメリットです。従業員のモチベーションが上がることで、企業価値の向上を目指すという 一致した目標を会社側と従業員が共有できる 点も見逃せません。また、従業員が自己資金で自社株を購入する場合と違って、ストックオプションは株価が下落した際も権利を行使さえしなければ損失が出ないため、企業側も導入しやすい報酬制度の1つといえそうです。

半面、デメリットは何でしょうか。1つは 業績悪化に伴う従業員のモチベーション低下のリスク です。ストックオプションは将来的な株価上昇で多額の報酬を獲得する仕組みです。業績悪化で株価が下落することになれば、ストックオプションの将来的な行使を目的に入社した従業員や役員にとってはその会社で働くモチベーションの低下につながりかねません。ストックオプションを付与されている従業員・役員と、そうでない従業員・役員が混在している場合も、 報酬に関する格差拡大につながりかねない 点でリスク要因になりうるでしょう。また、ストックオプションの権利行使が入社の大きなインセンティブになっている場合、 優秀な人材が実際に権利を行使して多額の利益を得た後は会社を辞めてしまうリスク があります。

「QUICK Money World」をマーケット予想から企業分析まで最大限活用したい方は、有料会員になってみてはいかがでしょうか。企業の開示情報、プレスリリースをメールで通知致します。メールアドレスのほか、Googleアカウント・Apple ID等でも登録できます。 ⇒ 有料会員の説明はこちら

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

ストックオプション行使の際の確定申告の方法がよくわかりません?素人でもわかりやすくできる方法はありませんか?

ストックオプション行使の際の確定申告の方法がよくわかりません?素人でもわかりやすくできる方法はありませんか?2012年9月に現在勤務している会社(国内法人)のストックオプションを行使しました。
行使価額545円×2000株=1,090,000円を振り込んで株を取得し、その後すぐ売却。 ストックオプション
売却額は900円×2000株=1,800,000円 手数料、消費税等を差し引き、私の指定口座に1,780,785円振り込まれ 現金化しました。
この場合、利益分の690,785円に対し課税されると思うのですが、確定申告をどのようにしたらよいか困っています。平日の相談も時間が無くいけませんし、税理士などに頼むことも利益額が少なく苦しいのが実情です。
サラリーマンなので確定申告などしたことがありません。どこか ストックオプション 簡単に初心者でも作成できるような「書き方例」などが紹介してあるサイトをご存知ないでしょうか?また、簡単にすませるような方法をご存知でしたらお教えいただけるとありがたいです。
申告はできれば郵送で行いたいと考えています。

また、万が一作成したものが不備だったり、最悪期限に間に合わなかったりしたらどうなるのでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

売却額から手数料、消費税を差し引いて振り込まれたと言われてますので源泉徴収はされていないと思います。
現在、ストックオプションは給与所得とみなされていますから会社から入手した源泉徴収票に記載された給与所得に追加してストックオプションの690,785円を申告書の収入欄に記載します。税額を再計算して、そこから源泉徴収された税額を引いた数字が申告する税額になります。

毎年申告するのであれば国税局のホームページからネットでの申告(eTax)を考えても良いかと思いますが、一度だけなら印鑑と源泉徴収票とストックオプションの売却に関する書類をもって税務署へ行ったほうが早いと思います。書き方が分からなければ担当者が教えてくれます。

期日前に申告するとわりあい簡単に受け付けてくれます。期限に間に合わない場合は税務署から通知が来て出頭することになり、加算税を払うことになります。参考までにストックオプションに関する情報は税務当局に把握されていると考えたほうが良いです。

みなさん有り難うございました。
頑張って確定申告いたします。親身なご助言 本当に有り難うございました

特典・キャンペーン中の証券会社

新規口座開設&クイズに正解で4,000円プレゼント!

タイアップキャンペーンもれなく現金4000円プレゼント!

オトクなタイアップキャンペーン実施中!

総額1億円還元キャンペーン

運用スタートプログラム

開設後1ヶ月間取引手数料0円!

2,000円プレゼント

新規デビュープログラム

証券に関する悩みや疑問をキーワードから探す

その他の回答

実際に自分が行った方法に基づいて説明します。
ストックオプションの課税は2つあって、給与所得と譲渡益に対する課税になります。 ストックオプション ストックオプション
権利行使価格545円ですが、あなたが勤務している会社は、あなたに2,000株を渡す為に、何処からか株を調達するのですが、その方法は、自社で保有している自社株から又は取引所から買い付ける事になります。
通常は、権利行使の申込日の翌日又は翌々日の取引所の終値等を価格として利用する場合が多いですが、その価格が850円だったとします。あなたの給与所得は、(850 - 545) x 2,000 = 610,000円が通常の給与に加算された事になります。
あなたの年間の給与総額が、勤務先で年末調整の対象者であるのであれば、おそらく61万円分の給与所得についての納税は年末調整で済んでいると思います。あなたが勤務先での年末調整の対象者でなければ、通常の給与に61万円を加算して、納税額を計算して数万円を追納する必要があるでしょう。
譲渡益税については、上記例にすると850円で取得した事になり、1,780,785円 - 850円 x 2,000株 = 80,785円に対して譲渡益税が課税され、税率が10%であれば8,078円を収めることになります。
上記が大雑把な流れですが、ストックオプションの課税については、最初に勤務先の人事部の給与担当者に、どのような課税になっているかを聞いてみるのがいいかと思います。
もし、勤務先の方で何もしていないのであれば、おそらくあなたに源泉徴収表が2つ交付されていると思います。 ストックオプション

税制適格SO等でなく、通常の非適格SOであるものと思われますので、それの説明をします。

行使即売却の場合は、売却時のFMV(市場価格)‐行使時のFMVとなります。

そのため、正確にすれば、利益額と若干の誤差はあると思いますが、

その金額を給与に加算して申告すれば、問題ありません。

申告に間に合わなければ、無申告加算税(5-15%)と延滞税がかかります。

書き方なのですが、通常の給与の源泉徴収が2か所(給与とSOのパターン)が

国税庁HPに例があるとおもいますので、それをさんこうにしてください。

ストックオプションとは? 仕組みやメリット・デメリット、権利行使時のポイントを解説!

ストックオプションとは、 株式会社の従業員や役員が権利を行使できる期間(権利行使期間)内に、事前に決められた価格(権利行使価額)で会社の株式(自社株)を 購入できる権利 のことを言います。購入できる期間や数量にも一定の規定はありますが、その期間・範囲内ならストックオプション付与の対象者は好きな時に自社株を購入できる仕組みです。一般的に権利行使価額は、ストックオプション発行時の株価より低く設定されています。また、権利行使の開始期間を数年後に設定するケースがみられます。

ストックオプションを付与された従業員・役員にとっては、企業業績を拡大させて株価を上げることができれば、ストックオプションを行使し、取得した株式を売却した際に多額の報酬を手に入れることができます。業績アップへの努力・貢献が自己の利益に直接反映されるため、 従業員・役員のモチベーション向上 につながります。これがストックオプションを活用するメリットの1つです。また、自己資金で直接株式を購入するより リスクが少ない ほか、付与対象者や行使期間などに関する厳しい適格要件を満たすことで税制優遇措置を受けたストックオプション(税制適格ストックオプション)については、権利行使・株式売却で得られた利益に対する 税負担の割合(20.315%)が一般的に給与所得の税負担(最大55%)と比べて軽い 点もメリットです。

業績拡大とそれに伴う株価上昇が権利行使のモチベーションとなるストックオプション制度は、現時点で資金力がなく高額な給料を払うことが困難な スタートアップやベンチャー企業を中心に導入が進んでいます。 東京証券取引所がまとめた「 コーポレート・ガバナンス白書2021 」によると、ストックオプション導入企業は東証上場銘柄全体の31.7%(2020年時点)ですが、東証マザーズ銘柄(現在の東証グロース銘柄に相当)は85.0%が導入。「連結売上高別にみると、連結売上高が少なくなるほどストックオプション制度を導入している比率が高くなっている」(東証)といい、 新興・中堅企業がより導入する傾向 にあることが見て取れます。

ストックオプション制度を導入する上場企業の割合

東京証券取引所作成の「コーポレート・ガバナンス白書2021」 よりデータ抜粋(2020年時点)

ストックオプションを行使したほうがよいタイミングとは?

ストックオプションを行使するのにベストなタイミングとはどういう時でしょうか。もちろん、 自社の株価が権利行使価額を大きく上回った時 ストックオプション でしょう。株価が権利行使価額を大きく上回ったタイミングでストックオプションを権利行使し、取得した株式を売却することができれば大きな利益を得られるからです。

例えば、ある従業員が「1株当たり権利行使価額1000円で1000株まで購入可能、権利行使期間は1年後から5年間」というストックオプションを会社から付与されたとします。

同オプションが付与された後、1年後の権利行使期間が到来しました。その間、会社の業績は順調に拡大し、株価も堅調に推移する中で株価は5000円に到達したとします。そこで、その従業員がストックオプションの権利を行使(=1000円で1000株を購入)し、株式市場で取引されている5000円で売却した場合、「1株4000円の利益×1000株」で 合計400万円の利益(税抜き)を得られる計算になります。 権利行使期間の5年内にさらに株価が上昇し、そのタイミングで株式売却を行えばさらなる利益を獲得することができます。

ストックオプションの仕組み

「QUICK Money World」の無料会員になれば、他の投資家の関連銘柄に関する分析情報を閲覧することができ、 ストックオプションの行使タイミングを計りやすくなります。 メールアドレスの登録だけでなく、Googleアカウント・Apple ID等でも登録できます。ご興味がある方はぜひ会員特典をご確認ください。 ⇒ 無料会員の登録はこちら

ストックオプションの行使で注意すべき点は?

1つはストックオプションが付与された後、 株価が下落した場合 です。先に述べた通り、株価が上昇し、権利行使価額を大きく上回る状況になれば権利行使により多額の利益が獲得できる可能性が高まる半面、業績が振るわず、株価がそれほど上昇しなかったり、低迷してしまったりする場合には利益を得るチャンスを失ってしまいます。株価が下がった場合、 ストックオプションの権利を行使しなければ損をすることはありませんが 、インセンティブ報酬の側面があるストックオプションのメリットが失われてしまうのです。会社の不正発覚など従業員の努力とは別の要因で株価が大きく変動(下落)する可能性もあるため、自社に関連するニュースは常にチェックすることが重要です。

ストックオプションの付与は、会社の企業価値向上に貢献し、その結果として自社株式の売却に伴う利益を得るインセンティブ報酬のため、オプションを行使する際に付与した会社(もしくは子会社)の役職員であることが行使条件として定められることが一般的です。そのため、 退職した場合はストックオプションの権利が失効する 場合がほとんどです。

また、先のストックオプション行使の例でも述べた通り、 権利行使期間が決まっている 点にも注意しましょう。一定期間の範囲内でないと権利を行使できないため、とりわけ該当期間の自社の業績や株価動向はストックオプションを行使するか否かを決定する際の重要なポイントになります。そのため、 自社の適時開示情報 は常に注意深くチェックしておくことが欠かせません。

適時開示情報とは、株式の投資判断に重要な影響を与えうる企業の経営上の重要な情報・内部情報について、一般投資家に対して正確性に配慮しつつ速報性を重視して適時・適切に公表するものです。適時開示情報には、決算情報に加え、新株式の発行や自己株式の取得、株式分割、合併、業務提携・解消、災害に起因する損害や訴訟の提起、大株主の異動など様々な情報があります。いずれの開示情報も、 株価の変動要因となりうる大きなイベント になる可能性があります。各情報をチェックすることで、ストックオプションの行使期間内における権利行使の有無や株式を取得した場合の売却タイミングを掴める重要な材料になります。

「QUICK Money World」をマーケット予想から企業分析まで最大限活用したい方は、有料会員登録をご検討ください。 企業の開示情報、プレスリリースをメールで通知致します。 メールアドレスの登録だけでなく、Googleアカウント・Apple ID等でも登録できます。 ⇒ 有料会員の説明はこちら

女性有料会員登録バナー

ストックオプション、企業側のメリット・デメリットは?

まず、 優秀な人材を確保しやすくなる 点が挙げられます。ストックオプションは将来的な株価の値上がりが大きな報酬につながるため、優秀な人材にとっては魅力的な報酬制度の1つになります。現時点で資金力が乏しい新興企業などにとっては、 人件費を抑制しつつ従業員に高いインセンティブを与えられる ストックオプション という点もメリットです。従業員のモチベーションが上がることで、企業価値の向上を目指すという 一致した目標を会社側と従業員が共有できる 点も見逃せません。また、従業員が自己資金で自社株を購入する場合と違って、ストックオプションは株価が下落した際も権利を行使さえしなければ損失が出ないため、企業側も導入しやすい報酬制度の1つといえそうです。

半面、デメリットは何でしょうか。1つは 業績悪化に伴う従業員のモチベーション低下のリスク です。ストックオプションは将来的な株価上昇で多額の報酬を獲得する仕組みです。業績悪化で株価が下落することになれば、ストックオプションの将来的な行使を目的に入社した従業員や役員にとってはその会社で働くモチベーションの低下につながりかねません。ストックオプションを付与されている従業員・役員と、そうでない従業員・役員が混在している場合も、 報酬に関する格差拡大につながりかねない 点でリスク要因になりうるでしょう。また、ストックオプションの権利行使が入社の大きなインセンティブになっている場合、 優秀な人材が実際に権利を行使して多額の利益を得た後は会社を辞めてしまうリスク があります。

「QUICK Money World」をマーケット予想から企業分析まで最大限活用したい方は、有料会員になってみてはいかがでしょうか。企業の開示情報、プレスリリースをメールで通知致します。メールアドレスのほか、Googleアカウント・Apple ID等でも登録できます。 ⇒ 有料会員の説明はこちら

Topic No. 427 Stock Options

If you receive an option to buy stock as payment for your services, you may have income when you receive the option, when you exercise the option, or ストックオプション when you dispose of the option or stock received when you exercise the option. There are two types of stock options:

  • Options granted under an employee stock purchase plan or an incentive stock option (ISO) plan are statutory stock options.
  • Stock options that ストックオプション are granted neither under an employee stock purchase plan ストックオプション ストックオプション nor an ISO plan are nonstatutory stock options.

Refer to Publication 525, Taxable and Nontaxable Income for assistance ストックオプション in determining whether you've been granted a statutory or a nonstatutory stock option.

Statutory Stock Options

If your employer grants you a statutory stock option, you generally don'ストックオプション t include any amount in your gross income when ストックオプション you receive or exercise the option. However, you may be subject to alternative minimum tax in the year you exercise an ISO. For more information, refer to ストックオプション the Instructions for Form 6251. You have taxable income or deductible loss when you sell the stock you bought by exercising the option. You generally treat this amount as a capital gain or loss. However, if you don't meet special holding period requirements, you'll have to treat income from the sale as ordinary income. Add these amounts, which are treated as wages, to the basis of the stock in determining the gain or loss on the stock's disposition. Refer to Publication 525 for specific details on the type of stock option, as well as rules for when income is reported and how income is reported for income tax purposes.

Incentive Stock Option - After exercising an ISO, you should receive from your employer a Form ストックオプション 3921, Exercise of an Incentive Stock Option Under Section 422(b). This form will report important dates and values needed to determine the correct amount of capital ストックオプション and ordinary income (if applicable) to be reported on your return.

Employee Stock Purchase Plan - After your first transfer or sale of stock acquired by exercising ストックオプション an option granted under an employee stock purchase plan, you should receive from your employer a Form 3922, Transfer of Stock Acquired Through an Employee Stock Purchase Plan under Section 423(c). This form will report important dates and values needed to determine the correct amount of capital and ordinary income to be reported on ストックオプション your return.

Nonstatutory Stock Options

If your employer grants you a nonstatutory stock option, the amount of income to include and the time to include it depends on whether the fair market value of the option can be readily determined.

Readily Determined Fair Market Value - If ストックオプション an option is actively traded on an established market, you can readily determine the fair market value of ストックオプション the option. Refer to Publication 525 for other circumstances under which you can readily determine the fair market value of an option and the rules to determine when you should report income for an option with ストックオプション a readily determinable fair market value.

Not Readily Determined Fair Market Value - Most nonstatutory options don't have a readily determinable fair market value. For nonstatutory options without a readily determinable fair market value, there's no taxable event when the option is granted but you must include in income the fair market value of the stock received on exercise, less the amount paid, when you exercise the option. You have taxable ストックオプション income or deductible loss when you sell the stock you received by exercising the option. You generally treat ストックオプション this amount as a capital gain or loss. For specific information and reporting requirements, refer to Publication 525.

ストックオプションとは? 仕組みやメリット・デメリット、権利行使時のポイントを解説!

ストックオプションとは、 株式会社の従業員や役員が権利を行使できる期間(権利行使期間)内に、事前に決められた価格(権利行使価額)で会社の株式(自社株)を 購入できる権利 のことを言います。購入できる期間や数量にも一定の規定はありますが、その期間・範囲内ならストックオプション付与の対象者は好きな時に自社株を購入できる仕組みです。一般的に権利行使価額は、ストックオプション発行時の株価より低く設定されています。また、権利行使の開始期間を数年後に設定するケースがみられます。

ストックオプションを付与された従業員・役員にとっては、企業業績を拡大させて株価を上げることができれば、ストックオプションを行使し、取得した株式を売却した際に多額の報酬を手に入れることができます。業績アップへの努力・貢献が自己の利益に直接反映されるため、 従業員・役員のモチベーション向上 につながります。これがストックオプションを活用するメリットの1つです。また、自己資金で直接株式を購入するより リスクが少ない ほか、付与対象者や行使期間などに関する厳しい適格要件を満たすことで税制優遇措置を受けたストックオプション(税制適格ストックオプション)については、権利行使・株式売却で得られた利益に対する 税負担の割合(20.315%)が一般的に給与所得の税負担(最大55%)と比べて軽い 点もメリットです。

業績拡大とそれに伴う株価上昇が権利行使のモチベーションとなるストックオプション制度は、現時点で資金力がなく高額な給料を払うことが困難な スタートアップやベンチャー企業を中心に導入が進んでいます。 東京証券取引所がまとめた「 コーポレート・ガバナンス白書2021 」によると、ストックオプション導入企業は東証上場銘柄全体の31.7%(2020年時点)ですが、東証マザーズ銘柄(現在の東証グロース銘柄に相当)は85.0%が導入。「連結売上高別にみると、連結売上高が少なくなるほどストックオプション制度を導入している比率が高くなっている」(東証)といい、 新興・中堅企業がより導入する傾向 にあることが見て取れます。

ストックオプション制度を導入する上場企業の割合

東京証券取引所作成の「コーポレート・ガバナンス白書2021」 よりデータ抜粋(2020年時点)

ストックオプションを行使したほうがよいタイミングとは?

ストックオプションを行使するのにベストなタイミングとはどういう時でしょうか。もちろん、 自社の株価が権利行使価額を大きく上回った時 でしょう。株価が権利行使価額を大きく上回ったタイミングでストックオプションを権利行使し、取得した株式を売却することができれば大きな利益を得られるからです。

例えば、ある従業員が「1株当たり権利行使価額1000円で1000株まで購入可能、権利行使期間は1年後から5年間」というストックオプションを会社から付与されたとします。

同オプションが付与された後、1年後の権利行使期間が到来しました。その間、会社の業績は順調に拡大し、株価も堅調に推移する中で株価は5000円に到達したとします。そこで、その従業員がストックオプションの権利を行使(=1000円で1000株を購入)し、株式市場で取引されている5000円で売却した場合、「1株4000円の利益×1000株」で 合計400万円の利益(税抜き)を得られる計算になります。 権利行使期間の5年内にさらに株価が上昇し、そのタイミングで株式売却を行えばさらなる利益を獲得することができます。

ストックオプションの仕組み

「QUICK Money World」の無料会員になれば、他の投資家の関連銘柄に関する分析情報を閲覧することができ、 ストックオプションの行使タイミングを計りやすくなります。 メールアドレスの登録だけでなく、Googleアカウント・Apple ID等でも登録できます。ご興味がある方はぜひ会員特典をご確認ください。 ⇒ 無料会員の登録はこちら

ストックオプションの行使で注意すべき点は?

1つはストックオプションが付与された後、 株価が下落した場合 です。先に述べた通り、株価が上昇し、権利行使価額を大きく上回る状況になれば権利行使により多額の利益が獲得できる可能性が高まる半面、業績が振るわず、株価がそれほど上昇しなかったり、低迷してしまったりする場合には利益を得るチャンスを失ってしまいます。株価が下がった場合、 ストックオプションの権利を行使しなければ損をすることはありませんが 、インセンティブ報酬の側面があるストックオプションのメリットが失われてしまうのです。会社の不正発覚など従業員の努力とは別の要因で株価が大きく変動(下落)する可能性もあるため、自社に関連するニュースは常にチェックすることが重要です。

ストックオプションの付与は、会社の企業価値向上に貢献し、その結果として自社株式の売却に伴う利益を得るインセンティブ報酬のため、オプションを行使する際に付与した会社(もしくは子会社)の役職員であることが行使条件として定められることが一般的です。そのため、 退職した場合はストックオプションの権利が失効する 場合がほとんどです。

また、先のストックオプション行使の例でも述べた通り、 権利行使期間が決まっている 点にも注意しましょう。一定期間の範囲内でないと権利を行使できないため、とりわけ該当期間の自社の業績や株価動向はストックオプションを行使するか否かを決定する際の重要なポイントになります。そのため、 自社の適時開示情報 は常に注意深くチェックしておくことが欠かせません。

適時開示情報とは、株式の投資判断に重要な影響を与えうる企業の経営上の重要な情報・内部情報について、一般投資家に対して正確性に配慮しつつ速報性を重視して適時・適切に公表するものです。適時開示情報には、決算情報に加え、新株式の発行や自己株式の取得、株式分割、合併、業務提携・解消、災害に起因する損害や訴訟の提起、大株主の異動など様々な情報があります。いずれの開示情報も、 株価の変動要因となりうる大きなイベント になる可能性があります。各情報をチェックすることで、ストックオプションの行使期間内における権利行使の有無や株式を取得した場合の売却タイミングを掴める重要な材料になります。

「QUICK Money World」をマーケット予想から企業分析まで最大限活用したい方は、有料会員登録をご検討ください。 企業の開示情報、プレスリリースをメールで通知致します。 メールアドレスの登録だけでなく、Googleアカウント・Apple ID等でも登録できます。 ⇒ ストックオプション 有料会員の説明はこちら

女性有料会員登録バナー

ストックオプション、企業側のメリット・デメリットは?

まず、 優秀な人材を確保しやすくなる 点が挙げられます。ストックオプションは将来的な株価の値上がりが大きな報酬につながるため、優秀な人材にとっては魅力的な報酬制度の1つになります。現時点で資金力が乏しい新興企業などにとっては、 人件費を抑制しつつ従業員に高いインセンティブを与えられる という点もメリットです。従業員のモチベーションが上がることで、企業価値の向上を目指すという 一致した目標を会社側と従業員が共有できる 点も見逃せません。また、従業員が自己資金で自社株を購入する場合と違って、ストックオプションは株価が下落した際も権利を行使さえしなければ損失が出ないため、企業側も導入しやすい報酬制度の1つといえそうです。

半面、デメリットは何でしょうか。1つは 業績悪化に伴う従業員のモチベーション低下のリスク です。ストックオプションは将来的な株価上昇で多額の報酬を獲得する仕組みです。業績悪化で株価が下落することになれば、ストックオプションの将来的な行使を目的に入社した従業員や役員にとってはその会社で働くモチベーションの低下につながりかねません。ストックオプションを付与されている従業員・役員と、そうでない従業員・役員が混在している場合も、 報酬に関する格差拡大につながりかねない 点でリスク要因になりうるでしょう。また、ストックオプションの権利行使が入社の大きなインセンティブになっている場合、 優秀な人材が実際に権利を行使して多額の利益を得た後は会社を辞めてしまうリスク があります。

「QUICK Money World」をマーケット予想から企業分析まで最大限活用したい方は、有料会員になってみてはいかがでしょうか。企業の開示情報、プレスリリースをメールで通知致します。メールアドレスのほか、Googleアカウント・Apple ID等でも登録できます。 ⇒ 有料会員の説明はこちら

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる