バイナリー オプション 日本

戻り売りトレード

戻り売りトレード
毎朝のチャート分析

【2022最新版】
RAIのトレードマニュアル

rai

rai

なぜ5分足トレード
をしているか

  • 長い足でやるとチャンスがくるまで時間がかかる
  • ポジション保有をしている間、常に急変動リスクに晒される
  • ポジション保有中精神的に落ち着かない(拘束されてる感じ)
  • 短期足で同じ時間帯にトレードしていると癖があることがわかった
  • 長期保有すると変動幅が大きいのでロットを落とさざるを得ない
  • 長期保有すると複数ポジションが持ちにくい(やるとレバレッジが上がってしまう)

人それぞれ向き不向きはあるかと思いますが、1番はメンタルをいかに正常に保てるかだと思います。

よくあるご質問

よくある普通の教材などとの違いは、このように「他者のチェックが入っている」ということです。

またyoutubeのライブトレードなどをご覧いただいている方は信ぴょう性の高さがおわかりいただけるかと思います。欧州時間、NY時間両方で何度もライブをしていますし、リアルタイムなのでごまかせないというのは信頼度の裏付けになると思います。

ドル円とポンド円 絶好の反発ポイントを見極めろ(6月16日)

毎朝のチャート分析

1、 ドル円 本日の相場分析

【日足のトレンド目線】
昨日は、東京時間から戻り売り優勢の展開、夜の米国時間のFOMCでは、1994年以降最大となる0.75%の追加利上げを決定、発表後は買い優勢になるも上昇後は戻り売りに押されて結果は安値を更新、ドル売りが強まった形となり長めの陰線が確定しています。

【4時間足のトレンド目線】
4時間足では、ボリンジャーバンドの-3σ付近まで下落後はさすがに反発、ボリンジャーバンドがまだ横ばい状態ですのでレンジになる可能性も!

【意識したいポイント】

上は、 134円20付近、134円40付近、134円50付近、134円60付近、134円75付近
下は、 134円05から00付近、133円85付近、133円75付近、133円60付近、133円40付近、133円00付近


【注目の経済指標】
重要度☆☆☆

イギリス 20:00 英中銀金融政策委員会(戻り売りトレード MPC)議事要旨
イギリス 20:00 イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表

2、 今までになかったインジケーター

3、 ポンド円 本日の相場分析

【日足のトレンド目線】
昨日は、一昨日の安値を切り上げていたので底堅い展開、下は25日線、上がミドルライン、この間いでの推移が続いていました。

【4時間足のトレンド目線】
4時間足では、じりじりと安値を切り上げながら10EMAを超えてミドルライン付近まで到達、ネックラインも越えていますので素直に横ばいから上目線、押し目買い狙いで攻めたいところです。

163円04付近でロング仕込み中 ⇒ ※追記、 8時33分に163円20付近で手堅く利確しました。まだ上がりそうですけどね!

【意識したいポイント】
上は、 163円15付近、163円25付近、163円30から35付近、163円60付近、163円80付近、164円00付近
下は、 163円05から00付近、162円90付近、162円80付近、162円50付近、162円30付近、162円20付近

ドル円とポンド円 絶好の反発ポイントを見極めろ(6月16日)

毎朝のチャート分析

1、 ドル円 本日の相場分析

【日足のトレンド目線】
昨日は、東京時間から戻り売り優勢の展開、夜の米国時間のFOMCでは、1994年以降最大となる0.75%の追加利上げを決定、発表後は買い優勢になるも上昇後は戻り売りに押されて結果は安値を更新、ドル売りが強まった形となり長めの陰線が確定しています。

【4時間足のトレンド目線】
4時間足では、ボリンジャーバンドの-3σ付近まで下落後はさすがに反発、ボリンジャーバンドがまだ横ばい状態ですのでレンジになる可能性も!

【意識したいポイント】

上は、 134円20付近、134円40付近、134円50付近、134円60付近、134円75付近
下は、 134円05から00付近、133円85付近、133円75付近、133円60付近、133円40付近、133円00付近


【注目の経済指標】
重要度☆☆☆

イギリス 20:00 英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨 戻り売りトレード
イギリス 20:00 イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表

2、 今までになかったインジケーター

3、 ポンド円 本日の相場分析

【日足のトレンド目線】
昨日は、一昨日の安値を切り上げていたので底堅い展開、下は25日線、上がミドルライン、この間いでの推移が続いていました。

【4時間足のトレンド目線】
4時間足では、じりじりと安値を切り上げながら10EMAを超えてミドルライン付近まで到達、ネックラインも越えていますので素直に横ばいから上目線、押し目買い狙いで攻めたいところです。

163円04付近でロング仕込み中 ⇒ ※追記、 8時33分に163円20付近で手堅く利確しました。まだ上がりそうですけどね!

【意識したいポイント】
上は、 163円15付近、163円25付近、163円30から35付近、163円60付近、163円80付近、164円00付近
下は、 163円05から00付近、162円90付近、162円80付近、162円50付近、162円30付近、162円20付近

ドル円とポンド円 絶好の反発ポイントを見極めろ(6月16日)

毎朝のチャート分析

1、 ドル円 本日の相場分析

【日足のトレンド目線】
昨日は、東京時間から戻り売り優勢の展開、夜の米国時間のFOMCでは、1994年以降最大となる0.75%の追加利上げを決定、発表後は買い優勢になるも上昇後は戻り売りに押されて結果は安値を更新、ドル売りが強まった形となり長めの陰線が確定しています。

【4時間足のトレンド目線】
4時間足では、ボリンジャーバンドの-3σ付近まで下落後はさすがに反発、ボリンジャーバンドがまだ横ばい状態ですのでレンジになる可能性も!

【意識したいポイント】

上は、 134円20付近、134円40付近、134円50付近、134円60付近、134円75付近
下は、 134円05から00付近、133円85付近、133円75付近、133円60付近、133円40付近、133円00付近


【注目の経済指標】
重要度☆☆☆

イギリス 20:00 英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
イギリス 20:00 イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表

2、 今までになかったインジケーター

3、 ポンド円 本日の相場分析

【日足のトレンド目線】
昨日は、一昨日の安値を切り上げていたので底堅い展開、下は25日線、上がミドルライン、この間いでの推移が続いていました。

【4時間足のトレンド目線】
4時間足では、じりじりと安値を切り上げながら10EMAを超えてミドルライン付近まで到達、ネックラインも越えていますので素直に横ばいから上目線、押し目買い狙いで攻めたいところです。

戻り売りトレード

163円04付近でロング仕込み中 ⇒ ※追記、 8時33分に163円20付近で手堅く利確しました。まだ上がりそうですけどね!

【意識したいポイント】
上は、 163円15付近、163円25付近、163円30から35付近、163円60付近、163円80付近、164円00付近
下は、 163円05から00付近、162円90付近、162円80付近、162円50付近、162円30付近、162円20付近

第1位


現役FXトレーダー1000名に聞き取り調査(調査元:投資の教科書)

2022年6月14日「本日はすべて戻り売りから。」

昨晩の概況と本日の見通し 6月14日 作成時 10:17 AM

ドル円は134.25‐35で売り、134.55でストップ、133.80‐70で利食い。
レンジ 133.700(133.800)--(134.250)134.350 作成時 134.038-042 9:39AM

ユーロドルは1.0445‐55で売り、1.0475でストップ、1.0380‐70で買い戻し。
レンジ 1.03700(1.03800)--(1.04450)1.04550 作成時 1.04214-217 9:43AM

ユーロ円は139.95‐140.05で売り、140.35ストップ、139.30‐20で買い戻し。
レンジ 139.200(139.300)--(139.950)140.050 作成時 139.649-653 9:51AM

ポンド円は163.35‐45で売り、163.75でストップ、162.70‐60で買い戻し。
レンジ 162.600(162.700)--(163.350)163.450 戻り売りトレード 作成時 163.020-030 9:58AM

対ドルは1.2185‐95で売り、1.2215でストップ、1.2125‐15で利食い。
レンジ 1.21150(1.21250)--(1.21850)1.21950 作成時 1.21535-541 9:58AM

豪ドル円は93.50‐60で売り、93.75でストップ、92.80‐70で買い戻し。
レンジ 92.700(92.800)--(93.500)93.600 作成時 93.182-188 10:05AM

対ドルは0.6970‐80で売り、0.7000でストップ、0.6920‐10で買い戻し。
レンジ 0.69100(0.69200)--(0.69700)0.69800 作成時 0.69465-469 10:05AM

NZ円は84.45‐55で売り、84.85でストップ、83.85‐75で買い戻し。
レンジ 83.750(83.850)--(84.戻り売りトレード 450)84.550 作成時 84.126-134 10:13AM

対ドルは0.6295‐0.6305で売り、0.6325でストップ、0.6240‐30で買い戻し。
レンジ 0.62300(0.62400)--(0.62950)0.63050 作成時 0.62676-686 10:13AM

ドル円 レンジ 133.700(133.800)--(134.250)134.戻り売りトレード 350 作成時 134.038-042 9:39AM
ユーロドル レンジ 1.03700(1.03800)--(1.04450)1.04550 作成時 1.04214-217 9:43AM
ユーロ円 レンジ 139.200(139.300)--(139.950)140.050 作成時 139.649-653 9:51AM
ポンド円 レンジ 162.600(162.700)--(163.350)163.450 作成時 163.020-030 9:58AM
ポンドドル レンジ 1.21150(1.21250)--(1.21850)1.21950 作成時 1.21535-541 9:58AM
豪ドル円 レンジ 92.700(92.800)--(93.500)93.600 作成時 戻り売りトレード 93.182-188 10:05AM
豪ドルドル レンジ 0.69100(0.69200)--(0.69700)0.69800 作成時 戻り売りトレード 0.69465-469 10:05AM
ニュージー円 レンジ 83.750(83.850)--(84.450)84.550 作成時 84.戻り売りトレード 126-134 10:13AM
ニュージードル レンジ 戻り売りトレード 0.62300(0.62400)--(0.62950)0.63050 作成時 0.62676-686 10:13AM
----------------------------------------------------------------------------------------------

■関東財務局長(金商)第238号/(社)金融先物取引業協会 会員番号1503 金融商品取引業者 JFX株式会社

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

copyright c 2015 FXブログ|小林芳彦のマーケットショット all rights reserved. powered by FC2ブログ.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる