FX初心者スレ

ダウ理論とは

ダウ理論とは
ダウ理論(Dow Theory)とは、チャールズ・ダウが提唱した市場での値動きを評価するための理論である。 概要
ダウ理論は、以下の6つの基本法則から構成されている。 1.平均はすべての事象を織り込む 政府が発表する経済統計や企業の業績・更には自然災害の様な予測不可能な事象に至るまで、需給に関するあらゆる事象は全て市場価格に織り込まれる。 市場価格はあらゆるファンダメンタル(材料)の反映であるという考え であり、その意味で効率的市場仮説の主張に基づいた考えとも言える。 2.トレンドには3種類ある ダウ理論では、価格変動の分析において市場動向(トレンド)を重視する。そのトレンドを以下の3つに分類している。 1.主要トレンド:1年~数年のサイクル。 2.二次トレンド:3週間~3ヶ月のサイクル。 3.小トレンド :3週間未満のサイクル。 これらのトレンドは互いに独立しているのではなく、二次トレンドは主要トレンドの調整局面であり、小トレンドは二次トレンドの調整局面として捉えられる。 3.主要トレンドは3段階からなる また、主要トレンドは買い手の動向によって3つの段階からなるとしている。
1. 先行期 :市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、いわゆる “底値買い”をする時期 。価格は、下落しているか底値圏で上下している。 2. 追随期 :市場価格の上昇を見て 追随者が買いを入れる時期 。価格は、上昇局面にある。 3. 利食い期 :価格が充分に上昇したところを見て、 先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期 。価格は既にその前から上昇局面にあるものの、その上昇する値幅は小さくなっている。 4.平均は相互に確認されなければならない 複数の平均的指標が存在する場合、その両者に同じシグナルが見られないなら明らかにトレンドとして捉えることは出来ないと考える。もっともシグナルが同時期に出現する必要はないものの、直近においてシグナルが発生していればトレンドとして捉えるべきであり、且つ可能な限り同時期に近ければ確定的としている。
ダウが活躍した時代のアメリカでは、工業生産が盛んになると共に製品を輸送するための鉄道が整備された時期であった。工業生産の好調・不振は即座に鉄道業の経営に影響したことから、ダウが創刊した『ウォールストリート・ジャーナル』ではダウ・ジョーンズ工業平均株価と運輸株平均をチャート形式で掲載している。 5.トレンドは出来高でも確認されなければならない 市場の終値の変動をダウは重視するが、同様にトレンド発生の確認手段として出来高の推移も重視する。
例えば上昇局面においては値上がり時に出来高が増加し値下がり時には出来高が減少、下降局面においては逆になる。主要トレンドに従って取引する投資家が多数派であり、二次トレンドや小トレンドで利益を得ようとする投資家は少数派であると考え、それが出来高の多少に反映するとする。 6.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する 現在の市場で発現しているトレンドは、明確にトレンドの転換シグナルが現れるまで継続し続けるとする。トレンドに従った売買によって多くの投資家は利益を得るのであり、トレンドに逆らった売買で利益を得るのは難しい。

ローソク足だけでトレードする技術

・結果を出すために必要な基礎を身につける

練習編はトレーニングによって基礎を身につけることが目的です。
「FX原理原則」に付属の教材です。

キャッチコピーの「トレードが10倍楽になる」という意味は
「基本の土台」を作ることで何をするにしても楽になりますよという意味です。

基礎を身につけたいときや挫折しそうになったときにも見てください。

・自分に足りない基礎がわかる

・結果を出すために必要な技術の練習方法がわかる

・ローソク足だけでトレードできる力がつく

・基本が身についていない人

・どうすれば上達するかわからない人

・トレードに自信がない人

4.主に身につくこと

・ローソク足だけでトレンド判断ができる
・ローソク足だけでエントリーや決済ができる
・サポートライン、レジスタンスラインを引くことができる
・レンジ相場とトレンド相場の区別ができる
・トレンドが出る前から把握しトレード準備ができる
・調整のブレイクがわかる
・フィボナッチでダマシを減らすエントリーができる
・フィボナッチで強いサポレジや利益目標がわかる
・波動カウントが上達する
・波動を見てトレードができる

5.基礎から応用へと進むことが大事(動画)

なぜうまくできないのか?

エリオット波動が難しいという場合。

たいていの場合、波動の前に、 基礎が不十分なこと があります。

例えば、あくまで私の感覚ですが、次のような 習得ステップ が考えられます。

・ダウ理論でのトレンド判断…小学校
・様々なトレンドフォローの手法…中学校
・デイトレなど短期トレード…高校
・エリオット波動でのトレード…大学

重要な質問

・ダウ理論の高値安値を見て、トレンド判断はできるかどうか
・調整中の相場とトレンド相場の判断ができるかどうか
・調整をブレイクしたことが判断できるかどうか

「調整やトレンドが何回おきたか」 を見る必要がありますので、
調整とトレンドの区別ができないと、カウントもできない可能性が高くなります。

トレンドがどこまで続いているのか判断することが難しいからです。

基礎から土台を作っていかないと、いきなり応用をやってもうまくいきにくいからです。

何をやってもうまくいかない理由

ダウ理論のような土台がない状態は、
軸がない状態 ともいえます。

軸がないと、あっちへふらふら、こっちへふらふらとなりがちです。

例えば、エリオット波動がダメならハーモニック、それもダメならバイナリーと
手法を次々と試してもうまくいかないことがあると思います。

インジケーターについても同じです。
移動平均線がダメならボリンジャーバンド、ダメならフィボナッチ、
それもダメならストキャスティクスとメインのインジをころころ変えたり。

エントリーや決済をするのも、 サポレジを見るのか、ピボットを見るのか、
インジがたくさんあってわけがわからなくなっている かもしれません。

解決する答えは簡単で、 軸を持てばよい ということになります。

例えばダウ理論という軸を持てば、サポレジは高値安値を見て考えますので。

もしフィボナッチやピボットなど他にあったとしても、
ダウのサポレジと重なることがあればより根拠があると考えればよく、
何を見てよいか迷わずにすみます。

土台がないと、何を重視すればよいかわからないため、
何をやってもうまくいかない状態 になりやすいのではないでしょうか。

急がばまわれ

今回の練習編では、 基礎の土台からしっかりと作っていくことを
目的 としています。

登山でも、早く登ろうとするほど、坂道が急になり、進むのが困難になります。

もし、トレードがうまくいかず悩んでいるのであれば。
基礎から着実に力をつけていくことで、結果を出すことができると考えます。

ダウ理論とは何ぞや!?

ダウ理論(Dow ダウ理論とは Theory)とは、チャールズ・ダウが提唱した市場での値動きを評価するための理論である。

概要
ダウ理論は、以下の6つの基本法則から構成されている。

1.平均はすべての事象を織り込む

政府が発表する経済統計や企業の業績・更には自然災害の様な予測不可能な事象に至るまで、需給に関するあらゆる事象は全て市場価格に織り込まれる。 市場価格はあらゆるファンダメンタル(材料)の反映であるという考え であり、その意味で効率的市場仮説の主張に基づいた考えとも言える。

2.トレンドには3種類ある

ダウ理論とは

ダウ理論では、価格変動の分析において市場動向(トレンド)を重視する。そのトレンドを以下の3つに分類している。

1.主要トレンド:1年~数年のサイクル。

2.二次トレンド:3週間~3ヶ月のサイクル。

3.小トレンド :3週間未満のサイクル。

これらのトレンドは互いに独立しているのではなく、二次トレンドは主要トレンドの調整局面であり、小トレンドは二次トレンドの調整局面として捉えられる。

3.主要トレンドは3段階からなる

また、主要トレンドは買い手の動向によって3つの段階からなるとしている。
1. 先行期 :市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、いわゆる “底値買い”をする時期 。価格は、下落しているか底値圏で上下している。

2. 追随期 :市場価格の上昇を見て 追随者が買いを入れる時期 ダウ理論とは 。価格は、上昇局面にある。

3. 利食い期 :価格が充分に上昇したところを見て、 先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期 。価格は既にその前から上昇局面にあるものの、その上昇する値幅は小さくなっている。

4.平均は相互に確認されなければならない

複数の平均的指標が存在する場合、その両者に同じシグナルが見られないなら明らかにトレンドとして捉えることは出来ないと考える。もっともシグナルが同時期に出現する必要はないものの、直近においてシグナルが発生していればトレンドとして捉えるべきであり、且つ可能な限り同時期に近ければ確定的としている。
ダウが活躍した時代のアメリカでは、工業生産が盛んになると共に製品を輸送するための鉄道が整備された時期であった。工業生産の好調・不振は即座に鉄道業の経営に影響したことから、ダウが創刊した『ウォールストリート・ジャーナル』ではダウ・ジョーンズ工業平均株価と運輸株平均をチャート形式で掲載している。

5.ダウ理論とは トレンドは出来高でも確認されなければならない

市場の終値の変動をダウは重視するが、同様にトレンド発生の確認手段として出来高の推移も重視する。
例えば上昇局面においては値上がり時に出来高が増加し値下がり時には出来高が減少、下降局面においては逆になる。主要トレンドに従って取引する投資家が多数派であり、二次トレンドや小トレンドで利益を得ようとする投資家は少数派であると考え、それが出来高の多少に反映するとする。

6.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

現在の市場で発現しているトレンドは、明確にトレンドの転換シグナルが現れるまで継続し続けるとする。トレンドに従った売買によって多くの投資家は利益を得るのであり、トレンドに逆らった売買で利益を得るのは難しい。

ドル円理論価格 1ドル=133.60円(前日比+0.69円)

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

ダウ理論とは何ぞや!?

ダウ理論(Dow Theory)とは、チャールズ・ダウが提唱した市場での値動きを評価するための理論である。

概要
ダウ理論は、以下の6つの基本法則から構成されている。

1.平均はすべての事象を織り込む

政府が発表する経済統計や企業の業績・更には自然災害の様な予測不可能な事象に至るまで、需給に関するあらゆる事象は全て市場価格に織り込まれる。 市場価格はあらゆるファンダメンタル(材料)の反映であるという考え であり、その意味で効率的市場仮説の主張に基づいた考えとも言える。

2.トレンドには3種類ある

ダウ理論では、価格変動の分析において市場動向(トレンド)を重視する。そのトレンドを以下の3つに分類している。

ダウ理論とは

1.主要トレンド:1年~数年のサイクル。

2.二次トレンド:3週間~3ヶ月のサイクル。

3.小トレンド :3週間未満のサイクル。

これらのトレンドは互いに独立しているのではなく、二次トレンドは主要トレンドの調整局面であり、小トレンドは二次トレンドの調整局面として捉えられる。

3.主要トレンドは3段階からなる

また、主要トレンドは買い手の動向によって3つの段階からなるとしている。
1. 先行期 :市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、いわゆる “底値買い”をする時期 。価格は、下落しているか底値圏で上下している。

2. 追随期 :市場価格の上昇を見て 追随者が買いを入れる時期 。価格は、上昇局面にある。

3. 利食い期 :価格が充分に上昇したところを見て、 先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期 。価格は既にその前から上昇局面にあるものの、その上昇する値幅は小さくなっている。

4.平均は相互に確認されなければならない

複数の平均的指標が存在する場合、その両者に同じシグナルが見られないなら明らかにトレンドとして捉えることは出来ないと考える。もっともシグナルが同時期に出現する必要はないものの、直近においてシグナルが発生していればトレンドとして捉えるべきであり、且つ可能な限り同時期に近ければ確定的としている。
ダウが活躍した時代のアメリカでは、工業生産が盛んになると共に製品を輸送するための鉄道が整備された時期であった。工業生産の好調・不振は即座に鉄道業の経営に影響したことから、ダウが創刊した『ウォールストリート・ジャーナル』ではダウ・ジョーンズ工業平均株価と運輸株平均をチャート形式で掲載している。

5.トレンドは出来高でも確認されなければならない

市場の終値の変動をダウは重視するが、同様にトレンド発生の確認手段として出来高の推移も重視する。
例えば上昇局面においては値上がり時に出来高が増加し値下がり時には出来高が減少、下降局面においては逆になる。主要トレンドに従って取引する投資家が多数派であり、二次トレンドや小トレンドで利益を得ようとする投資家は少数派であると考え、それが出来高の多少に反映するとする。

6.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

現在の市場で発現しているトレンドは、明確にトレンドの転換シグナルが現れるまで継続し続けるとする。トレンドに従った売買によって多くの投資家は利益を得るのであり、トレンドに逆らった売買で利益を得るのは難しい。

FXのトレンド転換に欠かせないダウ理論とはについて解説(Lesson2)

現役プロップファンド運用トレーダーのヤスです。自社資金のFX運用を行う傍ら、FXスクールの「Finest Traders Academy」の講師兼運営を行っています。このサイトでは、私が専門とするのFXの枠を超えて、「投資全般」に関する有意義な情報を提供していきます!私のようなプロのトレーダーを目指す人から、普段は自分のお仕事をしながら、「投資」を楽しんで、資産形成したい投資初心者の方まで幅広く学べるサイトを目指いしています!!

FXで有効なダウ理論の基本法則とは

市場(為替レート)はすべての情報を織り込む

・各国の政策金利
・金融緩和、金融引き締め

トレンドには3種類ある

●1時間から1ヶ月ほどの「短期のトレンド」
●数週間から数か月の「中期のトレンド」
●1年から数年続く「長期のメイントレンド」
となっています。


このダウ理論の3つのトレンドの中では 「短期のトレンド」をテクニカル的に分析しながら、トレードをしている ことになります。

主要トレンドは3段階からできている

●第1段階・・一部の戦略的な投資家が買い集めを行う先行期
●第2段階・・多くの一般投資家が参入してくる追従期
●第3段階・・不慣れな投資家が遅れて飛び乗ってくるバブル期

です。
ここで、 多くの負けトレーダーが参入してくるのが、第3段階 であり、
この頃ではニュースで騒がれたりしてあまり今まで相場に関与していない人たちがこぞって参入してくる時期であもあります。

トレンドは明確な反転シグナルが発生するまで継続する

ダウ理論では、直近のトレンドの高値・安値を非常に重要視しており、
この高値・安値の更新が続く限りはトレンドは継続すると定義しています。

そして、
この高値・安値の「更新」ができなかったときが「反転のシグナル」の発生 と捉えています。

後に、解説していますが、実はFXでダウ理論を用いてトレードしていく中で、
トレンドの継続を認識することよりも、 トレンドの転換を見つけることの方が我々は重要 と考えています。

多くの勝てないトレーダーは、「トレンドを認識することで安心します」
そして、その「安心」の中で、トレンド方向にエントリーをしたら勝てると思い込んでいる為、
結果的に「勝てない」という状況に陥ってしまいます。

FXのトレードで勝つ為のコツは、
実は「皆が怖いと思う(まだトレンドは認識されていない)」ところから、
エントリーすることが結果的に勝てるコツである ことを先ずは認識しておいてください(^^)/

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる