FXのチャートの見方

暗号資産

暗号資産
図1 ビットコインの価格の推移(2017~18年)
(出典:coinmarketcap.com)

仮想通貨(暗号資産)等の強制執行

1.債務者自身のウォレットで仮想通貨を保持している場合

いわゆる「タンス仮想通貨」として、債務者が、自身のPCやスマートフォン上のソフトウェアウォレットで保管している場合や、専用のUSBデバイスなどの媒体によるハードウェアウォレットで保管している場合がある。このような場合において、仮想通貨そのものに対し強制執行することの可否について、以下では念頭に置いている。
なお、仮想通貨のウォレットの種類については「仮想通貨交換業等に関する研究会」第9回における説明資料でも整理されている
(https://www.fsa.go.jp/news/30/singi/20181112.html)。また、近時では「仮想通貨ウォレットの実態調査」と題する調査結果も公表されているようであり非常に参考になる(https://vcgtf.github.io/papers/DP2019-01.pdf)。

1)執行方法
ところで、民事執行法は、不動産、動産、債権その他財産権、電子記録債権等の財産の種類によって、それぞれの執行方法を規定している。この点、仮想通貨は、その資金決済法上の定義によると「電子機器その他の物に電子的方法により記録されている財産的価値」を有しているものと整理できる。したがって、この場合、「その他財産権」に対する強制執行に分類され、そうすると、債権執行の例によることになる(民事執行法167条)。
そして、この場合、仮想通貨交換業者のような第三債務者がいない。したがって、執行債務者である仮想通貨保有者に対してのみ、差押命令を送達して、その時点で差押の効力が生じることになる(民事執行法167条3項)。

2)差押対象の特定
仮想通貨の種別を明らかにすれば足りると考えられる。
なお、平成31年1月17日時点において、資金決済法上の仮想通貨の定義(資金決済法2条5項1号、同2号)に該当するものとして扱われている仮想通貨は、下表のとおりである。
各仮想通貨に関する、基礎情報、取引単位、付加価値、発行状況、用いている技術、内在リスク、流通状況等の詳細については、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)の「取扱仮想通貨及び仮想通貨概要説明書」から閲覧することができる。下表は、同説明書記載の情報からピップアップして、筆者が便宜上取り纏めたものである(https://jvcea.or.jp/about/document/)。


3)換価方法
民事執行法上、「取立が困難な場合であるとき」に該当するから、譲渡命令又は売却命令によることになると考えられる。ただし、譲渡命令が発せられても、執行債務者たる仮想通貨保有者が、秘密鍵を差押債権者又は執行機関に教えるといった協力がないと、実際に差押債権者に帰属させる形で譲渡できない。また、売却命令が発せられて、執行官が売却しようとしても、同様の問題が生じてしまう。
そうすると、結局、間接強制の方法によらざるを得ないと考えられ、執行の実効性としては、非常に乏しいと評価せざるを得ない。また、実例報告としても、筆者が見聞きした範囲内ではいまだ接したことが無い。

2.暗号資産 債務者が仮想通貨交換業者に仮想通貨を預託し仮想通貨交換業者のウォレットで保管している場合

1)執行方法
利用者は、仮想通貨交換業者に対して、その保管している仮想通貨等(金銭も含む。)に関し、売買、交換、両替、寄託等に関する契約に基づく仮想通貨の返還請求権に準じた債権を有していると理解されている。そのため、債権執行の例によることになる。
他方で、利用者の交換業者に対する所有権に基づく物権的返還請求権は否定されている(東京地判H27.8.5マウントゴックス事件)ため、物権的に構成し同債権を被差押対象債権とすることは難しいと考えられる。

ビットコインで海外送金!?海外送金で使うべき仮想通貨5選!

コラム

仮想通貨(暗号資産)とは

この記事ではそんな仮想通貨で海外へ送金する方法について紹介していきます。

海外送金時にオススメの仮想通貨5選

1.ビットコイン(Bitcoin/BTC)

bitcoin

ただし、初代仮想通貨ということもあり”送金スピードが遅い(平均10~20分※)””送金手数料が高い”といったデメリットもあります。送金先の受取人が利用可能であれば、下記に挙げるような他の仮想通貨での送金を検討すべきでしょう。

2.ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)

bitcoincash

ビットコイン(BTC)から派生して2017年8月に誕生した仮想通貨です。ビットコイン(BTC)のデメリットの一つである”手数料”の問題を解消するためにビットコインキャッシュ(BCH)は開発されました

3.リップル(Ripple/XRP)

ripple

その開発目的からも分かる通り、送金完了まで数秒という非常に早い送金スピード、そして安い送金手数料がリップル(XRP)の特徴です。

4.ステラルーメン(Stellar/XLM)

steller

リップル(XRP)と同様に別々の通貨を繋ぐ役割を持つ通貨(「ブリッジ通貨」)としての利用を目的として作成されており、送金スピード、手数料が非常に優れています

上記に示した通り、とても利便性の高い通貨ではありますが、まだまだ新興の通貨であるため、価値の変動が大きく、取り扱っている取引所も少ないのが難点です。

5.テザー(Tether/USDT)

tether

仮想通貨は価値変動が大きいものが多いというのが現状ですが、相場環境に左右されず、常に米ドルとその価値が連動しているため安定したレートで法定通貨への交換を行うことができるようになっています。

ステーブルコインの中ではメジャーな通貨なので、取り扱う取引所も増えていますが、日本ではまだ対応している取引所はありません。もしテザー(USDT)の利用が必要な場合は海外の取引所を利用する必要があります。

Matic is nearly wiped off of exchanges! What is the effect on the price?

Why Polygon is nearly wiped off of exchanges

Ethereum’s price rally may have stunted the growth of 暗号資産 most other altcoins, however, Polygon MATIC is now pretty 暗号資産 much wiped off the exchanges. While in early January 暗号資産 暗号資産 2021, there was 1.24 Billion MATIC on spot exchanges and now in May 2021, in over 暗号資産 暗号資産 4 months, only 88.49 Million MATIC remains. On-chain 暗号資産 暗号資産 sentiment suggests that retail traders are currently bullish for MATIC in the long term. This is based on the overall progress of the project and not 暗号資産 just the price rally that started this alt season.

Much of MATIC’s supply is being actively used through Polygon ecosystem for various productive activities. Based on this, 暗号資産 it’s obvious that Polygon is a project that has found product/market fit that very few altcoins have. Additionally, MATIC has proven its utility and importance for 暗号資産 the Polygon ecosystem. It differentiates itself from speculative assets and memecoins sitting on exchanges and concentrated in 暗号資産 large HODLer wallets.

Why Polygon is nearly wiped off of exchanges

MATIC || Source: Twitter

AAVE and SUSHI takeover on 0x Polygon was a significant event in DeFi summer 2021 and as more projects inject liquidity through Polygon it becomes more relevant. Since Ethereum 暗号資産 flowing out of exchange signals increasing investor confidence, a similar theory applies to MATIC as well.

With it 暗号資産 being #1 L2 Scaling solution for ETH 2.暗号資産 0 the upcoming halving events and updates on the 暗号資産 ETH network are bullish for MATIC’s price as well. The retail traders and HODLers with ETH in their portfolio are also the ones with MATIC in 暗号資産 it, in most cases and this has led to an increasing correlation between the price of the two assets based on spot exchange activity.

Why Polygon is nearly wiped off of exchanges

Based on the above chart from Lunarcrush, MATIC’s social volume has currently dropped, however price is close to the $1 暗号資産 level. The spike in social volume has been followed 暗号資産 by periods of range-bound price action and it is, therefore, conducive that the social volume is low.

There is a higher correlation between the MATIC reserves on exchanges and 24-hour trade volume, vs the social volume. This chart also shows that MATIC is not 暗号資産 driven by mere speculation or social media frenzy 暗号資産 and the price is not controlled by a few 暗号資産 暗号資産 wallet addresses. MATIC’s price rally is anticipated to continue 暗号資産 alongside ETH’s price discovery and rally to the $4000 level.

2017年に大暴騰して世間から注目を集めたビットコインは,2018年には暴落し,ハイリスクな投機商品という認識が広まった(図1).他方で,ビットコインから派生したブロックチェーン技術は,次世代の最先端技術として注目され,さまざまなパイロット・プロジェクトが進められている.とは言え,現在までのところ,ブロックチェーン技術の大規模な実装が社会に受容された事例は,ビットコインを中心とする暗号資産(仮想通貨)がほぼ唯一の例である.

ビットコインの価格の推移(2017~18年)

図1 ビットコインの価格の推移(2017~18年)
(出典:coinmarketcap.com)

信頼できる第三者が存在しなくても,取引の安全性を高める手段として実装されたPoW(Proof of Work)は,ビットコインの成功の原点であった.ところが,ビットコインの相場の高騰に伴って,PoWを実行すること,つまりビットコインのマイニングを行うことで,高い利益が期待できるようになった.その結果,世界的な資源配分の歪みを生じさせるほどの過剰な設備投資が誘発され,それが地球環境問題を深刻化させるといった副作用が生じた.

2.ビットコイン論文が想定していた世界とその前提条件

3.ビットコインの黎明期における用途

4.ビットコインの普及期におけるサトシの想定していた世界からの逸脱

4.1 暗号資産 暗号資産 最初の逸脱:素人投資家の参入と交換業者の発展

4.2 第2の逸脱:交換業者へのサイバー攻撃

金融庁の検査で明らかになったのは,顧客の資産を預かる立場として,コインチェック社の体制はまったく不十分なことであった.コインチェック社は,26万人分のNEMをたった1つのアカウントで管理していた.そのアカウントから暗号資産を移転する手続きは,たった1つの暗号鍵によって守られていたにすぎない.その秘密鍵は,常時インターネットと接続された状態にあった.この暗号鍵の管理が杜撰であったため,サイバー攻撃を受け,鍵が不正に利用されて,NEMが送金されてしまったのである(表1).

コインチェック事件におけるNEMの動き

表1 コインチェック事件におけるNEMの動き(出典:NEMのブロックチェーン情報をもとに筆者作成)

たとえば,ビットコインのノードとして直接接続しているgeekな利用者は,トラストレスの世界で生きている.しかし,自らがノードに接続することのできない素人の利用者は,取引所にビットコインを預け,取引所に依存してビットコイン取引を行っている.この場合,そうした利用者にとって,取引所こそが「信頼できる第三者」であり,そこにトラストの構造が存在する(図2).

「トラストレスの中のトラスト」構造の問題

図2 「トラストレスの中のトラスト」構造の問題

4.3 第3の逸脱:専用採掘業者の発展

ビットコインにおけるマイニングとは,ハッシュ関数を使って時系列のデータをリンクさせ,(事実上)書き換えることが困難なデータの連鎖を作り出す作業のことである.ビットコインが何がしかの価値をやり取りする手段と位置付けられたのは,インターネットというオープンな環境に置かれながら,データが改竄困難という特徴を持っていたからで,これが最大のメリットと考えられている.その技術を電子現金に使えばビットコインになるが,他の用途にも使えるのではないかということで,ブロックチェーン技術やDLT(Distributed Ledger Technology)といった言葉が使われるようになった.

しかし,実際にはそんなにうまくは進まない.生成したハッシュ値は,基本的にすべてのビットがランダムに設定されるから,どのビットも0となる可能性は1/2と考えることができる.このため,(1/2) 20 の確率でしか,この条件は満たされないのだ.これは,約0.0001%(1/1,048,576)の確率でしかない.そこで,マイナーは,nonceを少し変えてみる.するとハッシュ値はまったく違ったものとなるが,それが条件を満たす確率も約0.0001%である.マイナーが1人しかいない場合,nonceを変えながらこの条件を満たすハッシュ値が見つかる確率が50%になるためには,試行を約72万回行わなければならない.これが,膨大なハッシュ値の計算を行わなければならない所以である(図3).このため,世界中のマイナーが,SHA‐256のハッシュ関数の計算のみに特化したASICを多数搭載したマイニングマシンをマイニング工場に設置して,マイニング報酬を求めて,約10分おきの競争を繰り広げているのだ(図4).

ハッシュ値の満たすべき条件と難易度調整

図3 ハッシュ値の満たすべき条件と難易度調整

競争的マイニングのイメージ図

図4 競争的マイニングのイメージ図

この問題を指摘しているサイトDigiconomist.netの推計によれば,マイニングに使用されている電力は,2017年10月頃から上昇率を高め,暗号資産の価格が暴落する中でも,2018年6月頃まで増加を続けた.その結果,1年間換算で約70TWh(テラ・ワット・アワー)に達した(図5).これを国別の消費電力と比較するとオーストリアが最も近い.オーストリア1国が1年間に使用する電力が約70TWhだからである.条件に合うハッシュ値を探索するために費やされたエネルギーは,何か有用なものを生み出すわけではなく,浪費されるだけだ.ビットコインの価格が上昇するということは,この浪費が増大することを意味する.これは,ビットコインの抱える深刻な問題のひとつである.

ビットコイン・マイニングの電力消費量

図5 ビットコイン・マイニングの電力消費量
(出典: Digiconomist.net)

しかし,2018年11月の相場下落に伴い,マイナーの収益環境が一段と悪化すると,マイニングから撤退する企業が相次いだ.大手マイナーの中でも,採算の悪いマイニング工場を閉鎖する動きが進んだという.その結果,推定消費電力が約40TWhにまで減った.現在のビットコインの相場レベルであれば,当面は消費電力が急増することは考えにくい.Digiconomist.netで1年前に想定されていた悲観的なシナリオでは,2018年末には消費電力は 120TWhを超えるとされていた(図6)が,この予測は人類にとって望ましい方向に外れることとなった.

同電力消費量の将来予測推計値(2017年末時点)

図6 同電力消費量の将来予測推計値(2017年末時点)
(出典: Digiconomist.net)

4.4 第4の逸脱:アルトコインの増加と51%攻撃

その攻撃方法は微妙に異なっているが,基本的には膨大なハッシュ計算能力を投入してブロックチェーンのマイニングを行い,攻撃者に都合の良いチェーンの分岐(fork)を発生させてそれをチェーンの本流にしてしまうという攻撃方法であった(図7).これらはいずれも,ハッシュ計算能力が攻撃者側に偏った場合に発生すると想定されていた51%攻撃のバリエーションである.

ブロックチェーンに対する51%攻撃の概要

図7 ブロックチェーンに対する51%攻撃の概要

Just-In: Gary Gensler Says a lot of crypto assets qualify as Security

Gary Gensler, the newly appointed chief of the US Security and Exchange 暗号資産 Commission recently appeared on CNBC to talk about 暗号資産 various aspects of his regulatory policies in the coming time including cryptocurrencies. During the interview, Gensler said that the current crypto market requires a regulatory overhaul especially considering a majority of the cryptocurrencies qualify as 暗号資産 a security. Thus, the onus falls on the regulatory body to ensure investor protection.

“To the extent that something is a security, the SEC has a lot of authority. And a lot of crypto tokens — I wont call them cryptocurrencies for this moment — are indeed securities.”

He added,

“We need to update and freshen our rules to ensure that, while retail investors and any individual has first amendment rights to speak and so forth, that they’re not misleading the public, they’re not manipulating the public, manipulating the markets,”

Gensler who is seen as pro-crypto by many suggested that the crypto market despite the hype needs to adhere to the regulatory policies that ensure first and foremost investor protection. He also went on to call Bitcoin a “speculative” store of value.

Polygon's Co-Founder Sparks Fresh Investor Confidence Amid Crypto Market Crash

Polygon Price Analysis: $0.45 Fallout could Plummet MATIC price by 25%

ethereum

ETH Price Analysis: Can $1000 Support Undermine Selling Momentum?

BTC

BTC Price Analysis: Technical Indicator hints Upcoming recovery for Bitcoin

Curve Plummets To 16-Mth Low

CRV Price Analysis: Buyers Prepare To Boost CRV Prices To $1

dogecoin

DOGE Price Analysis: Pullback Opportunity Eyes its Next Jump to $0.1

Bitcoin and Ether are only two crypto assets that are not deemed as Security by the SEC, while most of the other assets are 暗号資産 seen as security. The ongoing SEC vs Ripple case 暗号資産 however may change the way SEC classify crypto assets s Security and non-security.

Gensler Says the US SEC Should be ‘Technology Neutral’

The new SEC chief went on to claim that even though there is a soaring demand for Bitcoin and other cryptocurrencies, the regulatory body must ensure that the market is well-regulated and remain technology-neutral. He also suggested that the new regulations should give the regulatory body some form of authority to oversee the crypto exchanges, similar to the equity and futures markets.

The recent comments from 暗号資産 the new SEC chair sound cautious for the crypto 暗号資産 exchanges and digital assets and indicate that the crypto market might be heavily regulated in the coming days.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる