FXの口座開設

RSIボリンジャー

RSIボリンジャー
お金

RSIボリンジャー

太字1
太字2
斜体1
斜体2
打ち消し線
++下線付きテキスト++

==マークテキスト== 19^th^ H~2~O (c) (C) (r) (R) (tm) (TM) (p) (P) +- :wink: :laughing: :yum: :cry: :-) :-( 8-) ;)

==リスト(RSIボリンジャー 箇条書き)== リストの作成は先頭に `+` `-` または`*`で始めることによってリストを作成できます + サブリストは2スペースのインデントで作成できます - または、マークアップの文字を変更することでもサブリストを作成できます + GogoJungle + 投資家の英知をすべての人に。 + とても簡単です!

リスト(箇条書き)
リストの作成は先頭に
+ - または * で始めることによってリストを作成できます

  • サブリストは2スペースのインデントで作成できます
    - RSIボリンジャー または、マークアップの文字を変更することでもサブリストを作成できます
    + GogoJungle
    + 投資家の英知をすべての人に。
  • とても簡単です!
  1. GogoJungle LABO
  2. EA(自動売買)
  3. インジケーター

==テーブル== | 名前 RSIボリンジャー RSIボリンジャー | 説明 | | ------ | ----------- | | EA(自動売買) | MT4で利用可能な自動売買ソフトウェア | | インジケーター | 売買サイン、発注補助、各種通知機能などのツール |

RSIボリンジャー
名前 説明
EA(自動売買) MT4で利用可能な自動売買ソフトウェア
インジケーター 売買サイン、発注補助、各種通知機能などのツール

==テーブル(カラムを右寄せ)== | 名前 | 説明 | | ------:| -----------:| | EA(自動売買) | MT4で利用可能な自動売買ソフトウェア| | インジケーター | RSIボリンジャー 売買サイン、発注補助、各種通知機能などのツール |

Bollinger Bands®

Bollinger Bands are a technical analysis tool developed by John Bollinger in the 1980s for trading stocks. The bands comprise a volatility indicator that measures the relative high or low of a security’s price in relation to previous trades. Volatility is measured using standard deviation, which changes with increases or decreases in volatility. The bands widen when there is a price increase, and narrow RSIボリンジャー when there is a price decrease. Due to their dynamic nature, Bollinger Bands can be applied to the trading of various securities.

bollinger bands chart

Bollinger Bands are comprised of three lines – the upper, middle, and lower band. The middle band RSIボリンジャー is a moving average, and its parameters are chosen by the trader. The RSIボリンジャー upper and lower bands are positioned on either side of the moving average RSIボリンジャー band. The trader decides the number of standard deviations they need the volatility indicator RSIボリンジャー RSIボリンジャー set at. The number of standard deviations, in turn, determines the distance between the middle band and the upper and lower bands. The position of these bands provides information on how strong the trend is and the potential high RSIボリンジャー and low price levels that may be expected in the immediate future.

Day RSIボリンジャー Trading Uptrends With Bollinger Bands

Bollinger Bands can be used to determine how strongly an asset is rising and when it is potentially reversing or losing strength. If an uptrend is strong enough, it will reach the upper band regularly. An uptrend that reaches the upper band indicates that the stock is pushing higher and traders can exploit the opportunity to make a buy decision.

If RSIボリンジャー the price pulls back within the uptrends, and it stays above the middle band and moves back to the upper band, that indicates a lot of strength. Generally, a price in the uptrend should not touch the lower band, and if it does, it is a warning sign for a reverse or that RSIボリンジャー the stock is losing strength.

Most technical traders aim to profit from the RSIボリンジャー RSIボリンジャー strong uptrends before a reversal occurs. Once a stock fails to reach a new peak, traders tend to sell the asset at this point to avoid incurring losses from a reversed trend. Technical traders monitor the behavior of an uptrend to know when it shows strength or weakness, and they use this as an indication of a possible trend reversal.

Day Trading Downtrends With Bollinger Bands

Bollinger Bands can be used to determine how strongly an asset is falling and when it is potentially reversing to an upside trend. In a strong downtrend, the price will run along the lower band, and this shows that selling activity remains strong. But if the price fails to touch or move along RSIボリンジャー RSIボリンジャー the lower band, it is an indication that the downtrend may be losing momentum.

When there are price pullbacks (highs), and the price stays below the middle band and then moves back to the lower band, it is an indication of a lot of downtrend strength. In a downtrend, prices should not RSIボリンジャー break above the upper band since this would indicate that the trend may be reversing, or it is slowing.

Many traders avoid trading during downtrends, other than looking for an opportunity to buy when the trend begins to change. The RSIボリンジャー downtrend can last for short or long durations – either minutes, hours, weeks, days, months, or even years. Investors must identify any sign of downtrends early enough to protect their investments. If the lower bands show a steady downtrend, traders must be cautious to avoid entering into long trades that will prove RSIボリンジャー unprofitable.

Trading W-Bottoms and M-Tops

W-Bottoms and M-Tops were part of Arthur Merrill’s work RSIボリンジャー that identifies 16 patterns with a basic W-Pattern and M-Pattern, respectively. Bollinger Bands use W patterns to identify W-Bottoms when the second low is lower than RSIボリンジャー the first low but holds above the lower band. It occurs when a RSIボリンジャー reaction low forms close to or below the lower band.

The price then pulls back towards the middle band or higher and creates a new price low that holds the lower band. When the price moves above the high of RSIボリンジャー the first pullback, the W-button is in place as shown in the figure below, and indicates that the price will likely rise to a new high.

Bollinger Bands

Source: Stockcharts.com

John Bollinger used the M patterns with Bollinger Bands to RSIボリンジャー identify M-Tops. In its basic form, an M-Top is similar to a Double RSIボリンジャー RSIボリンジャー Top chart pattern. An M-Top occurs when there is a reaction that moves close to or above the upper band. The price then pulls back towards the middle band or lower and creates a new price high, but does not close above the upper band. If the price then moves below the low of the prior pullback, the M-Top is in place as shown in the figure below.

Bollinger - Chart

Source: Stockcharts.com

Limitations of Bollinger Bands

Although Bollinger Bands are helpful RSIボリンジャー tools for technical traders, there are a few limitations that traders should consider RSIボリンジャー before using them. One of these limitations is that Bollinger Bands are primarily RSIボリンジャー RSIボリンジャー reactive, not predictive. The bands will react to changes in price movements, either uptrends or downtrends, but will not predict prices. In other words, like most technical indicators, Bollinger Bands are a lagging indicator. This is because the tool RSIボリンジャー RSIボリンジャー RSIボリンジャー is based on a simple moving average, which takes the average price of RSIボリンジャー several price bars.

Although traders may use the bands to gauge the trends, RSIボリンジャー RSIボリンジャー they cannot use the tool alone to make price predictions. John Bollinger, the RSIボリンジャー Bollinger Bands’ developer, recommends that traders should use the system along with two or RSIボリンジャー three non-correlated tools that provide more direct market signals.

Another limitation of Bollinger Bands is that the standard settings will not work for all traders. Traders RSIボリンジャー RSIボリンジャー must find settings that allow them to set guidelines for specific stocks that they are trading. If the selected band settings fail to work, traders may RSIボリンジャー alter the settings or use a different tool altogether. The effectiveness of Bollinger RSIボリンジャー Bands varies from one market to another, and traders may need to adjust the settings even if they are trading the same security over a period of time.

To learn more about Bollinger Bands, visit https://www.bollingerbands.com/

Additional Resources

Thank you for reading CFI’s guide on Bollinger Bands®. To keep advancing your career, the additional CFI resources below will be useful:

iPhone版TradingView(トレーディングビュー)でRSIを設定する方法

iPhone版TradingViewアプリで、RSIを設定する方法を紹介します。RSIは、一定期間の価格変動における値上がり幅の割合を示すオシレーター系のテクニカル指標で、相場の買われ過ぎや売られ過ぎを判断するのに役立ちます。正式名称は「Relative Strength Index」といい、日本語に訳すと「相対力指数」です。TradingViewのRSIは、デフォルトでRSIをベースにした移動平均線も重ねて表示されます。

iPhone版TradingViewアプリで、RSIを設定する方法を紹介します

RSIをチャートに追加する方法

iPhone版TradingViewを立ち上げ、ボトムナビゲーション(画面の一番下)の「チャート」をタップ

チャート画面に遷移したら、下部にある「+」アイコンをタップ

表示されるメニューの中から、「インジケーター」をタップ

次の画面で「テクニカル」をタップ

テクニカル画面に遷移したら「インジケーター」を選択し、一覧の中から「RSI(相対力指数)」をタップ

RSIの設定画面の使用方法

設定画面は、サブチャート左上のインジケーター名、もしくは表示中のRSIのタップ

「パラメーター」では、表示するRSIの時間足や期間、算出に用いる価格の種類などを設定します

  • ・始値
  • ・高値
  • ・安値
  • ・終値
  • ・高値+安値の平均
  • ・高値+安値+終値の平均
  • ・始値+高値+安値+終値の平均
  • ・高値+安値+終値×2の平均

④MA Type
RSIをベースにした移動平均線の種類を選択します。デフォルトの種類は「SMA」です。「Bollinger Bands」を選択すると、RSIのボリンジャーバンドが追加されます。

  • ・SMA
  • ・Bollinger Bands
  • ・EMA
  • ・SMMA(RMA)
  • ・WMA
  • ・VWMA

⑤MAの期間
MA Typeで指定した移動平均線を算出する期間を設定します。デフォルトの期間は「14」です。

⑥BB StdDev
MA Typeで「Bollinger Bands」を指定した場合のみ適用される項目です。表示するボリンジャーバンドの標準偏差を設定します。デフォルトの数値は「2」で、その場合、移動平均線と±2σの合計3本のラインが表示されます。

「スタイル」では、RSIの線の色や太さ、種類などを設定します

②RSI-based MA
RSIをベースにした移動平均線の表示/非表示を設定します。また、移動平均線の色や不透明度、太さ、種類を変更できます。

③Upper Bollinger Band
「パラメーター」タブのMA Typeで「Bollinger Bands」を指定した場合のみ適用される項目です。ボリンジャーバンド上限の表示/非表示を設定します。また、バンド上限の色や不透明度、太さ、種類を変更できます。

④Lower Bollinger Band
「パラメーター」タブのMA Typeで「Bollinger Bands」を指定した場合のみ適用される項目です。ボリンジャーバンド下限の表示/非表示を設定します。また、バンド下限の色や不透明度、太さ、種類を変更できます。

⑤RSI Upper Band
RSIのバンド上限(買われ過ぎライン)の表示/非表示を設定します。また、バンド上限の色や不透明度、太さ、種類、値を変更できます。デフォルトの値は「70」です。

⑥RSI Middle Band
RSIのバンド中間値(バンド上限と下限の間のライン)の表示/非表示を設定します。また、バンド中間値の色や不透明度、太さ、種類、値を変更できます。デフォルトの値は「50」です。

⑦RSI Lower Band
RSIのバンド下限(売られ過ぎライン)の表示/非表示を設定します。また、バンド下限の色や不透明度、太さ、種類、値を変更できます。デフォルトの値は「30」です。

⑧RSI Background Fill
RSIのバンド上限~下限内の背景色の表示/非表示を設定します。また、背景の色や不透明度を変更できます。

⑨Bollinger Bands Background Fill
「パラメーター」タブのMA Typeで「Bollinger Bands」を指定した場合のみ適用される項目です。ボリンジャーバンド内の背景色の表示/非表示を設定します。また、背景の色や不透明度を変更できます。

MACD,RSIボリンジャー ボリンジャーバンド,RSI~チャート分析シリーズ~

お金

これまで 「MACD,ボリンジャーバンド,RSI」 について説明してきました。
これらってなんのためにあるの?といったら、
ズバリ、株価、FXなどの投資で利益を得るため。そう、儲けるためです。
向かう目的はどのツールも一緒なので、実はこれら併用することができるのです。

この3点セットM、B、Rやっと役者がそろいましたので
始めます。

複合チャート(MACD,ボリンジャーバンド,RSI)

まずはトレンド。上昇?下降?

ボリンジャーバンドは

  • トレンドの方向性
  • ボラティリティ
  • 相対的価格の高さ

MACDは

過熱感は?どう?

相場の売られすぎのサインをみつけようということで、、
実際株式相場ではパニック売りとかパニック買いとか
トレンドにはならない瞬間的な
売られすぎ
買われすぎ
というときがあります。
こういう過熱感を見極める2つの指標がRSIです。(ボリンジャーバンドでも過熱感はわかりますが。。)
ただRSIのときにお話しした通り
買われすぎの70%を超えても、売られすぎの30%を割っても、そこではまだ売買してはいけません。

それでは実践編

3つのツールを簡単に説明しましたので
まずはトレンドをみましょう。
ということで
下図にもあるように
まずMACDのゴールデンクロスに注目してみましょう。
「A」の矢印です。
※ゴールデンクロスが売買シグナルを判断する最初の目の付け所です。

RSIでは売られすぎでも買われすぎでもありません。しかし、ゴールデンクロスの一日後に
ローソク足チャートが20日移動平均線を横切ってますね。
「B」の矢印です。
ということはいままで起きてた下降トレンドが終了したということになります。

ここでRSIをみてみるとさすがに上がりすぎ(買われすぎ)ちゃってRSIが80近くまでいってますね。
「C」の矢印です。

RSIボリンジャー

そして、その2日後。。
MACDを見てください。デッドクロスきましたね。
「D」の矢印です。

ということでもう一日見ます。。
するとここでやっと、MACDがデッドクロスを形成(突き抜けて)し、ボリンジャーバンドはローソク足が20日移動平均線をクロスしたため、上昇トレンドの終わりを示しました。
「E」の矢印です。
イコール下降トレンドの可能性が高くなってきたということです。

※相場の格言に 「頭と尻尾はくれてやれ」 という言葉があるとおり、中身を確実にとりにいくことが重要かと思います。

  • MACDのヒストグラムをみてそろそろクロスの兆候ある?
  • ボリンジャーバンドをみてトレンドの始まり?終わり?その途中?
  • RSIをみて買われすぎ?売られすぎ?そうでもない?
  1. MACDのクロス+ボリンジャーバンドのクロスで売買しましょう。
  2. MACDクロスかつRSIが70以上30以下であればボリンジャートレンドは無視して売買しましょう。

つまりMACDをメインの分析チャートとして
RSI,ボリンジャーバンドは補助的な役割として
使うとよいでしょう。
こういった軸となるルールをつくっていくと非常にやりやすく、ルールを変更する際にも変更しやすいです。
あとは銘柄にあわせて、移動平均の日数を変えるとかしてカスタマイズしてきましょう。
ま、基本はデフォルトの設定のままでいいかと思います。

iPhone版TradingView(トレーディングビュー)でRSIを設定する方法

iPhone版TradingViewアプリで、RSIを設定する方法を紹介します。RSIは、一定期間の価格変動における値上がり幅の割合を示すオシレーター系のテクニカル指標で、相場の買われ過ぎや売られ過ぎを判断するのに役立ちます。正式名称は「Relative Strength Index」といい、日本語に訳すと「相対力指数」です。TradingViewのRSIは、デフォルトでRSIをベースにした移動平均線も重ねて表示されます。

iPhone版TradingViewアプリで、RSIを設定する方法を紹介します

RSIをチャートに追加する方法

iPhone版TradingViewを立ち上げ、ボトムナビゲーション(画面の一番下)の「チャート」をタップ

チャート画面に遷移したら、下部にある「+」アイコンをタップ

表示されるメニューの中から、「インジケーター」をタップ

次の画面で「テクニカル」をタップ

テクニカル画面に遷移したら「インジケーター」を選択し、一覧の中から「RSI(相対力指数)」をタップ

RSIの設定画面の使用方法

設定画面は、サブチャート左上のインジケーター名、もしくは表示中のRSIのタップ

「パラメーター」では、表示するRSIの時間足や期間、算出に用いる価格の種類などを設定します

    RSIボリンジャー RSIボリンジャー
  • ・始値
  • ・高値
  • ・安値
  • ・終値
  • ・高値+安値の平均
  • ・高値+安値+終値の平均
  • ・始値+高値+安値+終値の平均
  • ・高値+安値+終値×2の平均

④MA Type
RSIをベースにした移動平均線の種類を選択します。デフォルトの種類は「SMA」です。「Bollinger Bands」を選択すると、RSIのボリンジャーバンドが追加されます。

  • ・SMA
  • ・Bollinger RSIボリンジャー Bands
  • ・EMA
  • ・SMMA(RMA)
  • ・WMA
  • ・VWMA

⑤MAの期間
MA Typeで指定した移動平均線を算出する期間を設定します。デフォルトの期間は「14」です。

⑥BB StdDev
MA Typeで「Bollinger Bands」を指定した場合のみ適用される項目です。表示するボリンジャーバンドの標準偏差を設定します。デフォルトの数値は「2」で、その場合、移動平均線と±2σの合計3本のラインが表示されます。

「スタイル」では、RSIの線の色や太さ、種類などを設定します

②RSI-based MA
RSIをベースにした移動平均線の表示/非表示を設定します。また、移動平均線の色や不透明度、太さ、種類を変更できます。

③Upper RSIボリンジャー Bollinger Band
「パラメーター」タブのMA Typeで「Bollinger Bands」を指定した場合のみ適用される項目です。ボリンジャーバンド上限の表示/非表示を設定します。また、バンド上限の色や不透明度、太さ、種類を変更できます。

④Lower Bollinger Band
「パラメーター」タブのMA Typeで「Bollinger Bands」を指定した場合のみ適用される項目です。ボリンジャーバンド下限の表示/非表示を設定します。また、バンド下限の色や不透明度、太さ、種類を変更できます。

⑤RSI Upper Band
RSIのバンド上限(買われ過ぎライン)の表示/非表示を設定します。また、バンド上限の色や不透明度、太さ、種類、値を変更できます。デフォルトの値は「70」です。

⑥RSI Middle Band
RSIのバンド中間値(バンド上限と下限の間のライン)の表示/非表示を設定します。また、バンド中間値の色や不透明度、太さ、種類、値を変更できます。デフォルトの値は「50」です。

⑦RSI Lower Band
RSIのバンド下限(売られ過ぎライン)の表示/非表示を設定します。また、バンド下限の色や不透明度、太さ、種類、値を変更できます。デフォルトの値は「30」です。

⑧RSI Background Fill
RSIのバンド上限~下限内の背景色の表示/非表示を設定します。また、背景の色や不透明度を変更できます。

⑨Bollinger Bands Background Fill
「パラメーター」タブのMA Typeで「Bollinger Bands」を指定した場合のみ適用される項目です。ボリンジャーバンド内の背景色の表示/非表示を設定します。また、背景の色や不透明度を変更できます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる