オプション戦略のご紹介

ローソク足分析

ローソク足分析
重要なのは、

川口一晃の「私のテクニカルストラテジー」

具体的にテクニカル分析を始める前に確認をしておきたいことがある。それは投資の世界で行われている分析のことである。実は投資の世界には大きく分けて2つの分析手法がある。一つは『ファンダメンタルズ分析』、他方は『テクニカル分析』である。
簡単に説明すれば、ファンダメンタルズというのは、国や企業の景気や業績といった経済状態を表す指標のことを指し、経済的基礎条件と言われている。そうした指標の分析を通じて投資の世界に利用するものがファンダメンタルズ分析である。
テクニカル分析というのは、過去の値動きからトレンドないしは買われ過ぎ状態・売られ過ぎ状態を分析し、将来の価格の動きを予測するものである。

ところで、投資の“ローソク足分析 現場”からひと言本音をつけ加えておきたい。
投資の世界で負けない投資家を目指すのであれば、テクニカル分析や価格の分析を自分の武器にしていくことをお勧めする。
実は、多くの投資家が費やしている投資の研究時間、分析時間を図に書くとピラミッド型の図になるのではなかろうか(図1)。

図1

図2

■価格の分析

ローソク足を使ったチャート

バーチャート

■ローソク足の基本

ローソク足は4つの価格から構成されている。始値、終値、高値そして安値の4つである。
例えば、日足(ひあし)、これは一日の値動きを1つのローソク足で示すものである。一日の始まった価格を始値という。これに対して、一日の中で最後に取引された価格を終値という。そして、一日の値動きの中で、一番高い価格で取引された高値および一番安い価格で取引された安値を記録していく。
週足(しゅうあし)であれば、月曜日の始値が週の始値になり、金曜日の終値が週の終値になる。
時間足(じかんあし)であれば、例えば10時から11時といった1時間の値動きを記録する。10時の価格が始値であり、11時直前の最後の取引が終値となる。

陽線 陰線

その描き方は、まず始値の水準に横線を引く。次に終値の水準にも横線を引く。つまり、長方形のボックスが出来上がる。
次に、始値よりも終値の水準が高い、すなわち価格が上昇して取引を終えた場合には白抜きにする。これを『陽線』と呼ぶ。逆に、始値より終値の水準が低い、すなわち価格が下落した場合には黒く塗りつぶし『陰線』と呼ぶ。もちろん、白や黒といった色は識別さえ出来れば色は何色でも構わない。ただ、昔は自分でグラフ用紙にローソク足を描いて勉強したことから、白と黒が基本になっている。
この長方形の上の部分から高値までの水準に線を描く。逆に、安値の水準まで底の部分から線を描くのである。この高値や安値を示す線のことを『ヒゲ』と呼ぶ。高値を示す線を『上ヒゲ』、安値を示す線を『下ヒゲ』と呼ぶ。これで完成である。

ローソク足の見方徹底解説・酒田五法編

こんにちは!まりです。 MT4をダウンロードされたみなさんなら、もうロウソク足をご覧になているはずです。 でもこのロウソク足ってなんだか不思議だと思いませんか? 上へ行ったと思ったら下に下がるし、動き .

ローソク足の見方徹底解説・応用編(ローソク足2本編)

こんにちは!まりです。 前回はローソク足の基礎編を解説しましたが、もう単体のパターンはマスターされましたか? ローソク足分析 ※まだの方はこの記事からご覧になられる方はコチラを先にご覧ください チャートは複数のロウソ .

\\ 私たちはハイローオーストラリアでバイナリーオプションをしています //

酒田五法とは?

江戸時代、徳川八代将軍吉宗時代の1700年代に活躍した天才相場師である本間宗久(1724~1803)が考案した売り買いのポイントを示す5つの法則です。

200年以上経った今でも、株式や為替相場のテクニカル分析のひとつとして受け継がれています。

酒田五法は、複数のローソク足の組み合わせとしていちばん最初に覚えておくべき基本の「型」。 「守・破・離」でいう「守」の部分にあたるんだ。

酒田五法の5つの基本パターン

三山(さんざん)

トリプルトップ

真ん中の山がいちばん高い場合は三尊(さんぞん)といいい、売りのシグナルになります。

海外のテクニカル分析ではヘッドアンドショルダーと呼ばれています。

トリプルボトム

真ん中の谷がいちばん低い場合は逆三尊(ぎゃくさんぞん)といいい、買いのシグナルになります。

三川(さんせん)

その中で有名でよくチャートに現れるのが、「三川明けの明星」「三川宵の明星」で、底値圏・天井圏からの反転シグナルになります。

ローソク足から相場の転換ポイントを知る!【仮想通貨チャート分析】

ネコくん

ネコくん

ネコくん

ネコくん

ローソク足1本で見る相場の転換ポイント

十字線は 始値の価格と終値の価格が全く同じだった時に表れる 比較的珍しいタイプのローソク足になります。

ポイント 十字線は最初に話したようにその後の市場が転換するサインとして見られ、 価格が低値の時に表れた場合はその後上昇するサイン 、 価格が高値の時に表れた場合はその後下落するサイン として見られます。
価格が暴騰している時、反対に暴落している時に表れた際は特に注意したいサインになります。

このローソク足は「トウバ」と呼ばれ、十字線の変化形になります。

ポイント トウバは価格の上昇後に大きく下落しているので、その後も下落を続けるサインのように思えますが、 ローソク足分析 価格が低値の時に表れた場合はその後上昇が期待されるサイン 、 価格が高値の時に表れた場合はその後下落するサイン といったように転換点を表すサインですので注意しましょう。
価格が暴騰している時、反対に暴落している時ほど特に注意したいサインになります。

図にあるような上ヒゲ下ヒゲが小陽線、小陰線からそれぞれ大きく伸びているローソク足を「コマ」と呼びます。

ポイント コマは、一般的に価格が上昇するか下落するかを迷っている相場、様子見相場として見られます。
コマが現れた際、ポイントになるのは コマ自体ではなくその次に表れるローソク足 です。 コマの次に表れるローソク足自体がその後の価格の上昇、下落を表すカギとなる ことが多いので、コマが現れた際は次のローソク足に要チェックです。

陰のカラカサ


このローソク足は「陰のカラカサ」と呼ばれ、「価格が大きく下落するも、その後復調して始値から少し低い価格で終値を迎えたことを表すローソク足」です。

ポイント 陰のカラカサは、 上昇相場の時には転換して下落へ 、 下落相場の時には転換して上昇へ といったように、こちらも 相場の転換ポイント として見られます。
価格が大きく上昇している時、大きく下落している時ほど、その後の相場の転換に注意したいサインになります。

特に 十字線 は、転換サインの代表と言える存在なのでしっかり覚えておきましょう。

転換サインを見逃すことで、 「天井で買ってしまった!」 や 「底値で売ってしまった!」 といったことが起こり大きく損してしまうこともありますので、しっかりチェックしておきたいところになります。

ネコくん

ネコくん

FXのローソク足の特徴や見方とは?チャート形状と分析パターンを紹介

FXのローソク足の特徴や見方とは?チャート形状と分析パターンを紹介

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。 ローソク足分析
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

78%の高勝率ローソク足分析・必勝パターンを【追認】で極める!●ダブルボトムを分解して「統計的優位性」を考えよう!

78%の高勝率ローソク足分析・必勝パターンを
【追認】で極める!
●モーニング・スター+エンガルフィング
ダブルボトムを分解して「統計的優位性」を考えよう!

  • 1 78%の高勝率ローソク足分析・必勝パターンを
    【追認】で極める!
    ●モーニング・スター+エンガルフィング
    ダブルボトムを分解して「統計的優位性」を考えよう!
    • 1.1 くまひげ先生のプライスアクション教室:
      78%反転◆FX特有のローソク足分析を極めるには!
      ●モーニング・スター(Morning Star)編(Vol.020)

    今回は、 ロングで「78%の高勝率ロウソク足分析・必勝パターン」 を
    取り上げましょう。

    ロング方向のトレードで、統計的に高い優位性があるのが、
    「モーニング・スター(Morning Star)」 です。

    日本では、「明けの明星」と呼ばれているパターンです。

    元々、相場が下落して底付近でこのパターンが現れた場合は、
    高い確率で、反転しますが、
    【追認】を加える事で、精度が大幅にUPします。

    ▼では、【追認】の「微差力」を加えた、「モーニング・スター(Morning Star)」をご覧ください。

    モーニング・スター(Morning Star)

    モーニング・スター(Morning Star)+【追認】

    ▲最初の赤丸で囲んだところは、 「ブリッシュ・エンガルフィング」 のパターンです。

    そして、2回目の同サポート・レベルで
    「モーニング・スター(Morning Star)」 が登場です。

    この 「エンガルフィング」+「モーニングスター」のパターンは、
    非常に反転する威力がある場合が多い です。

    一見、単純に見ると、
    これらは、ダブルボトムですが、
    プライスアクションJAPANの読者の方は、
    一歩先のプライスアクションを読めるように なっていただきたいのです。

    重要なのは、

    くまひげ先生のプライスアクション教室:
    78%反転◆FX特有のローソク足分析を極めるには!
    ●モーニング・スター(Morning Star)編(Vol.020)

    ローソク足パターンを診る『一歩進んだ考え方のコツ』とは・・・


    明けの明星・モーニングスター

    もうおわかりだと思うが、そう、 ハンマー(ピンバー) である。


    Morning Star(モーニング・スター)は、厳密に判断する場合、


    FXにおいては、慣れていないと、見分けるのが難しいケースも多く、
    Morning Star(モーニング・スター)として判断せずに、


    日本のローソク足分析では、「明けの明星」というパターンである。


    しかし、このパターンは有効性が高いため、
    ギャップが開かない形状での独特のパターンと
    前述の「50%以上」というルール を、
    是非、覚えておいていただきたい。


    しかし、このパターンがマーケットのボトム付近で出現した場合は、
    確率が高い場合が多く、前述の研究、S&P500インデックスに含まれる株式10年分、
    500万本のデータにおいての検証の結果は、
    78%反転するというデータ がある(日足)ため、
    FXでのパターンも、覚えておいていただきたい。

    あなたの日々のトレードの上達のために

    マジックボックスFX2+特別戦略室入室権利は、
    少数人数制限の特別特典になりますので、
    ご希望の方は、この機会にご利用ください。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる