FXを極めよう

FX長期運用で読むべき本

FX長期運用で読むべき本
Photo: FX長期運用で読むべき本 Adobe Stock

【2022年】ウォーレンバフェットのおすすめ本ランキング8冊!年400冊読む書評ブロガーが紹介!

\30日間 無料体験中!/
小説 ビジネス書 ライトノベル
40万冊を「無料体験」で聴く

1位. おすすめ本│『億万長者をめざすウォーレンバフェットの銘柄選択術』

FX長期運用で読むべき本 伝説の投資家、ウォーレンバフェットの投資手法 を紹介しています!

・ウォーレンバフェットの銘柄選択
・ウォーレンバフェットが重視する優良企業とは
・消費者独占型企業を見分ける8つの基準
・消費者独占型企業の4つのタイプ
・絶好の買い場が訪れる4つのケース
・ウォーレンバフェットが高ROE企業を好む理由
・期待収益率の水準で投資を判断する
・コカ・コーラ株の期待収益率と実績
・インターネット時代のアービトラージ戦略
・ウォーレンバフェット流投資のためのワークシート

投資収益率を高める3つの条件― 23のレッスンを学ぶうちに、投資力が身につくおすすめの1冊 です!

2位. おすすめ本│『賢明なる投資家 ウィザード・ブックシリーズ10』ウォーレンバフェット

株式と債券の配分方法、だれも気づいていない 将来伸びる「魅力のない二流企業株」や「割安株」の見つけ方 を紹介しています!

【本書の内容】
あくまでも本書の目的は、「投資戦略を決定したり、それを実行に移すための手法を投資の初心者にも理解できる形で示すことにあり、貯蓄を主目的とする人々と投資家の双方に対し、債券や株式といった有価証券への投資に回そうと彼らが考える資金の運用について、大きな過ちを犯すことのないよう導き、不安なしにいられる投資方針を作り上げる」一助となることで一貫している。

証券分析についてはあまり触れず、主として投資の原理や投資家のとるべき姿勢など賢明な投資家になる方法を紹介している。
具体的には、詳細な分析に基づき、元本を保全して、適切なリターンをあげる投資に徹すること。投機を避け、ポートフォリオの運用方針を単純化(優良債券の購入および優良企業の普通株への分散投資)することの重要性などを強調している。

株価と株式の本質的価値の差である安全域の原則を、確固として守った投資アプローチをとることで、 十分な投資収益を得ることができるおすすめの1冊 です!

『賢明なる投資家 ウィザード・ブックシリーズ10』を無料で読みたい人は、 「Audible」 の『 30日間 無料体験 』がおすすめ!

ライトノベル・小説・ビジネス書など、
400,000冊以上の本 がいつでも聴き放題!

ぴんと

ぴんこ

また、人気俳優・声優のボイスが、
本の魅力をさらに引き出しているので、
スキマ時間を有効活用したい人は、この機会をお見逃しなく!

株式に投資するETF4本で、積極運用のポートフォリオをつくる

書店で一番売れているETF本の最新版 『改訂新版 ETFはこの7本を買いなさい』(朝倉智也著)が、2月16日に発売。 投資先進国米国で、ほぼ毎年のように2桁成長を続けている注目の金融商品ETF(上場投資信託)。 現在の純資産残高は約683兆円。一方、日本のETFの市場規模は2021年4月末で約60兆円。しかし、 日本でもETFを投資の選択肢に入れる人が着実に増えている。特に注目度が高まっているのが海外ETFだ。(1)低コスト、(2)機動的な取引ができる、(3)分配金を受け取りながら運用できる、(4)究極の分散投資ができる、など多くのメリットがあるETF。 本連載では、長期投資やETFに興味がある人に向けて、そもそもETFとは何か、その賢い選び方・買い方、資産運用としてのETFとの付き合い方などについて、同書から一部を抜粋して公開する。

株式に投資するETF4本で、積極運用のポートフォリオをつくる

Photo: Adobe Stock

株式100%をベースとして「日本を含む先進国株式60%」
「新興国株式40%」がモデルポートフォリオ

株式に投資するETF4本で、積極運用のポートフォリオをつくる

FX長期運用で読むべき本
拡大画像表示

株式100%で運用する場合、複数の銘柄を買うのが面倒だという方や、まとめて投資できる額があまり大きくなく、複数銘柄でポートフォリオを作るのが難しいという方の場合、「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」1本だけで運用するのも一つの方法です。

改訂新版 ETFはこの7本を買いなさい

◎書店で一番売れているETF本の改訂新版! ◎「お金持ちになりたかったら、お金の勉強から逃げてはいけない!」 と中田敦彦氏が大激賞! ◎米国では年率2ケタの成長率で伸びている注目の金融商品。 ◎日本でも特に注目度が高まっているのが海外ETF。 ◎(1)低コスト、(2)機動的な取引ができる、(3)分配金を受け取りながら運用できる、(4)究極の分散投資ができる、など多くのメリットがあるETF。 ◎投信評価会社モーニングスターのトップが、注目の金融商品ETF(上場投資信託)の何がすごいのか、その選び方・買い方、運用法をわかりやすく解説する入門書の決定版!

「資産は現金で持つべき」。株・債券・仮想通貨の長期低迷を7人の投資家が予測

現金

ヘッジファンド運営会社チューダー・インベストメント・コーポレーション(Tudor Investment Corporation)の創業者でCIOのポール・チューダー・ジョーンズ(Paul Tudor Jones)や、ブラックロック(BlackRock)のマネージングディレクターのリック・リーダー(Rick Rieder)といった著名な投資家も、ここ何週間かは株式と債券の売却と現金の貯蓄を勧めている。

現金は王様

「市場にこの種のボラティリティがある場合、投資家は現金という安全な場所に群がる。今は間違いなくそのような力学が働いています」と、リチャード・バーンスタイン・アドバイザーズ(Richard Bernstein Advisors)の副最高投資責任者のダン・スズキ(Dan Suzuki)は、2022年5月初旬にブルームバーグに対して述べている。「現金へのシフトは、株式と債券両方の売却により行われている。それが現金需要の急激な上昇として表れています」

「FRB政策のタカ派姿勢と、ウクライナ戦争で高まるインフレという背景を考慮すると、投資家は現金の蓄積を続けるべきだ」と、トレジャリー・パートナーズ(Treasury Partners)CIOのリチャード・サパースタイン(Richard Saperstein)は言う。「株式が底を打つのは、FRBが引き締めの停止を示唆するか、インフレが緩和の兆しを見せるか、株価収益の魅力が大きく改善する時だけです」

グリーン・ビー・アドバイザリー(Green Bee Advisory)のウェルスコンサルタントのキャサリン・ヴァレガ(Catherine Valega)は、CNBCに対して「必ず十分な緊急用の貯金を持っておくこと」と述べている。「流動性の高い緊急用貯蓄を十分に持っていれば、とれる選択肢が広がりますから」

豪ドル(オーストラリアドル)の積立投資がすごい!レバレッジ別の想定利益は?

おばあさん

【ヤバイ】みんなのFXの評判・口コミを辛口評価!?メリット・デメリットとは? 今回はみんなのFXの評判や口コミを詳しく紹介していきたいと思います。 トレイダーズ証券が運営するこのみんなのFXですが、開設する価.

3位 DMM FX

dmmfxtop
おすすめ度
使いやすさA
安全性B
豪ドルスワップポイント0円

スワップポイント狙い以外でも取引したい方にオススメです。

\最大200,000円のキャッシュバック!/

[まとめ]豪ドルを積立投資してみよう!

豪ドルは比較的安定している通貨なのでレバレッジ5倍がリスクとリターンの均衡がとれていて取引する上で最適となっております。

また、豪ドルで長期積立を行いたい場合は、LIGHT FXのスワップポイントが50円とずば抜けて高いのでオススメしています!

【当サイト限定】
\53,000円&限定レポートもらえる/

・本ウェブサイトは、株式会社デジタルアイデンティティ(以下、「弊社」と表記します。)によって運営されており、その著作権その他の知的財産権は弊社に帰属します。本ウェブサイトの全部又は一部を無断で転用・複製することはできません。
・本ウェブサイトは、情報提供及び解説を目的としたものであり、FXその他の金融商品に関する契約締結の代理、媒介、斡旋、勧誘や投資・運用等の助言を行うものではありません。本ウェブサイトの情報の利用及び投資に関する最終的な決定は利用者の判断によるものとし、弊社はこれに一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトに含まれる記述・計算等はあくまでも例に過ぎず、弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに含まれる情報には将来の業績や事象に関する記述が含まれている可能性がありますが、それらの記述は予想であり、その内容の正確性等を保証するものではありません。弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、弊社はその内容について保証するものではなく、その使用等に関して弊社は一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトの内容は予告なしに変更、削除する場合があるほか、システムメンテナンス等のため一時的に公開、情報提供を停止する場合があります。
・その他、弊社は利用者が本ウェブサイトを用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

LIGHTFX


→当サイト限定レポートがもらえる!

トラッキングトレード


→FXブロードネットの口コミを見てみる

三井化学株式会社

20210813.png


辻󠄀様:
現在、三井化学本体では、人事給与・就業管理業務において、オンプレミスの人事システムを活用しており、タレントマネジメント領域においては、クラウドベースのシステムを活用しています。E-learningをはじめとする一部機能をグループ・グローバルベースで展開していますが、人員・人材情報管理という観点では、コア人事機能はグローバル統合がなされていません。そのため、各グループ会社が使っているコア人事のシステムから、RPAを活用し、マニュアル作業でデータを吸い上げ、当該クラウドベースの人事システム上で、人材管理を行っています。

・各グループで利用しているコア人事システムからマニュアル作業でインプットしている、かつ、毎月エクセルを利用して収集しているデータであるため、グローバルタレントマネジメントシステムで管理しているデータの信頼性が低い
・国内で利用している現行のコア人事/給与システムの保守が切れてしまう
(システムをバージョンアップすれば使えるものの、当該バージョンアップに相当の投資が見込まれる)
・現行のコア人事/給与システムには多くのアドオンやカスタマイズ等の追加開発が行われており、システムを使いこなす人材の育成が難しい

実際にシステムを検討するとなった際に、どのように目的を置かれましたか。


辻󠄀様:
弊人事部門では、長期経営計画を達成するために、人材戦略を策定し、当該内容を毎年ローリングしつつ、各種人事施策の立案・実行に繋げています。
昨年度の人材戦略ローリングにおいては、内外の環境変化を考慮しつつ、以下3つを優先課題として改めて設定しました。

① 人材をいかに獲得・育成・リテンションしていくのか
② どのように社員のエンゲージメントを高めていくのか
③ グループ経営強化とガバナンスをどのように強化していくのか

【システム選定理由】

これからのあるべき姿を実現できるシステムを探して

グローバルと国内とで目的を分けてシステム検討をされた結果、国内においてはCOMPANYを本体給与就業管理システムとして採用いただきました。その理由をお聞かせいただけますか。

DSC01173 (1).jpeg

写真:グローバル人材部 タレントマネジメントグループ グループリーダー 辻󠄀 拓己様

辻󠄀様:
グローバルのシステムも国内のシステムも共通で、

・製品機能の要件がそれぞれ我々の求める業務要件に合うか
・経済合理性があるか
・関係会社への導入に際し、混乱を回避できるか
・システムの設定スキルを内製化できるか


古村様:
アドオンやカスタマイズが増えると、業務に関して問い合わせや不明点があった際に、システム運用会社に都度問い合わせをすることが多くなります。そのため、現場から問い合わせがあっても即時の対応ができない、という課題を抱えていました。
その点でシステム設定スキルの内製化ができるか否かは、システム選定にあたって大きなポイントだったと思います。

辻󠄀様:
また、法改正や制度変更への対応の柔軟性はもちろんですが、我々も製造業であるため、三交替勤務をはじめとする複雑な勤怠制度等、様々な個別業務要件があります。それらを標準機能できちんとカバーできる製品であること、という点も非常に重要でした。

古村様:
当社は歴史のある会社なので、各種手当や就業ルール等はかなり複雑です。現行システムではアドオンが増えた結果、法改正があったときにはあらゆる箇所への確認が必要です。実際に、システム対応が2ヶ月遅れになってしまった結果、後から遡及対応するということもありました。バージョンアップを検討したこともありますが、やはり費用が高額になるため、暫定的な対応をせざるを得なかったという経緯です。

辻󠄀様:
ほかにも、コストやインフラ、保守費用、連携するシステム、製品の開発思想、ユーザー利便性、関係会社導入実績、といった観点を整理し、比較検討しました。
そのうえで、COMPANYはバージョンアップの頻度も高く、大手製造業の運用に必要な機能を網羅的に完備している。そして、標準化を前提とした効率的なオペレーションを構築するという点が、当社が目指すしくみと合致したため、COMPANYを選定しました。


【アウトソースから内製化へ】

アウトソースで出てきた課題と今後目指していく組織像

スキルの内製化という話も出ましたが、これまでアウトソースをされてきた中で、どのような点に課題を感じられていたのでしょうか。


古村様:
人事スタッフにとって社員との直接的なコミュニケーションはとても重要です。それをきっかけに、人事施策や制度・運用の改善等において、様々なヒント、アイデアが得られることが多いからです。しかし、給与や身上変更をはじめとして、ほぼすべての実務プロセスをアウトソースしたことにより、社員と直接対話する機会が減ってしまいました。その結果、人事パーソンとしての必要な感性を磨く機会も減ってしまったのではないかと危惧しています。
また、アウトソースにより、いわゆる“ブラックボックス化”もかなり進んでしまいました。従来とは異なり、不透明、かつ変化の激しい時代であるため、発生した問題・課題に対して創造的・機動的に対応することが、今後ますます重要になってきています。組織としても、個人としても、そうした対応能力強化のためには、一定程度の内製化は不可欠であると考えています。

アウトソースを選択される場合の理由の1つとして、業務コストの削減が挙げられると思います。今回アウトソースから一部内製化をされる場合、業務コストは上がると思いますが、その点はどのようにお考えでしょうか。


古村様:
今後もシステムや業務プロセスを大きく変えていくことは必ずあると思います。それに備えて実務プロセス全体を俯瞰し、最適な判断ができる人材を計画的に育成していくことは不可欠です。また、前述のとおり、担当者個々人においても、業務プロセス・システムをきちんと把握し、日々発生する諸問題に対して機動的に対応する、そして必要な場合はシステム・プロセスを変更することができる能力の向上は今後、ますます重要になっていきます。それを実現するために一部内製化が必要であると位置づけているため、一定程度のコストの上昇は、将来の業務能力向上に対する投資と捉えるべきだと考えています。


【今後の展望】

世の中のベストプラクティスを取り入れ、さらなる成長を

最後にプロジェクトに対しての意気込み、期待をお聞かせください。

DSC01244 (1).jpeg

写真:人事部 企画グループ報酬企画チームリ-ダー 古村 達也様


古村様:
社員が元気よく働ける環境を作ることが我々の仕事です。そして、この仕事を効率的かつ効果的に支える環境が、今回作ろうとしている新人事システムの世界です。 FX長期運用で読むべき本
これまで勘と経験・度胸に頼って仕事をしていましたが、人材データが1つのプラットフォームに統合され、あらゆるデータが取りやすくなることで、人事が本来集中すべき仕事に、より多くの時間が割けるようになると思っています。
今回選んだCOMPANYは、日本企業のベストプラクティスが詰まったしくみ。今までの業務を変えることには、必ず負荷が伴うものですが、大きな意義のある仕事、将来の自らの業務を楽にする仕事であり、“楽しい仕事”がやってきたと捉えています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる