FXの練習方法は

信用取引ってなに

信用取引ってなに

仮想通貨における「ポジション」とは、定義が曖昧ではありますが、広義に 「仮想通貨を持っている状態」 のことを指します。

信用売りとは(しんよううりとは)

信用売り とは、株式投資の信用取引において、株券を証券会社から借りて株を売ることです。株券を保有していない状態で株を売ることから、空売りとも呼ばれます。
反対に、株券の購入資金を証券会社から借りて株を買うことを信用買い、或いは空買いと言います。
信用売りでは、売値よりも安い価格で買い返済することで、売値と買値との差額分が利益となります。
売値よりも高い価格で買い返済した場合は、その差額分が損失となります。

信用売りの目的

株式投資において取引が買い一辺倒だと、相場が下降トレンドのときには打つ手がありません。
買いだけで出来ることは、せいぜい評価損が大きくならないうちに手仕舞い、キャッシュポジションの比率を高くする程度です。
信用売りが出来れば、株価の下落過程で利ざやを稼ぐとか、つなぎ売りで損失をヘッジするなど、取引の選択肢が広がります。

信用売りのメリット

一般的に信用取引のメリットとしては、手持ち資金よりも大きな金額の取引が出来ることがよく言われています。最大で手持ち資金の約3倍の約定金額の取引が出来ます。
しかし、信用取引の一番重要なメリットは、株券を持たずに売りから入ることができること、すなわち信用売りができることです。
信用売りのメリットは以下の2点です。

  • 株式相場が下降トレンドのときに利益を出せること。
  • 買いポジションの現物株と同じ銘柄を信用売りすることで、株価下落のリスクをヘッジすること。すなわち、つなぎ売りができること。

信用売りのデメリット・注意事項

逆日歩が発生すること

信用売りした当該銘柄の株券が市場で不足した場合は逆日歩が発生します。
逆日歩は、一株当りの額は小さくても、信用売りした株数が多い場合は大きな額になります。
また、逆日歩は売り建て玉が存在する限り、日々発生する費用なので、ボディーブローのように効いて痛い出費となります。

株価が急騰すると損失が想像以上に大きくなること

信用売りした銘柄が予想に反して急騰した場合、損失が想像以上に大きくなることがあります。
現物株の買いポジションでは、当該銘柄の会社が倒産して株式の価値がゼロになった場合、損失額は最大でも株式の購入価格であり、損失が購入費用より大きくなることはありません。
仮に1株1,000円で1,000株買った後に、価値がゼロになった場合の損失額は、
1,000円×1,000株=100万円となります。

ビッグマック指数ってなに?マックを通して見える世界!!

ビッグマック指数とは解説

1

【評判・口コミ】投資のソムリエに投資しない方が良い?!その理由とは?

2

ひふみ投信の口コミ・評判は?ひふみのつよみを徹底解説!!

3

なんでVTIに投資しないの?僕が楽天VTIに投資している3つの理由!!

4

管理人紹介

5

毎月1万円のお小遣いを楽天VTIに投資している理由

6

【口コミ】【評判】アライアンス・バーンスタインに投資する必要がない3つの理由

信用取引ってなに 7

現金・預金はキケン?!投資をしない日本人

8

投資初心者はまず少額でインデックス投資から始めよう!!

9

つみたてNISAはデメリットも多い?!一般NISAと徹底比較!!

10

初心者がやるべき簡単投資法!!ドルコスト平均法とは?

月1万円のお小遣いでも投資を楽しみたい子育てパパ。 独身時代にもらった給料を1ヶ月で使い切る生活をしていたが、会社経営と結婚の経験を経てお金と経済に興味を持つ。 お金と経済の話が好きすぎてFP2級技能士とAFPの資格を取ってしまった作業療法士。 稼ぐための投資ではなく、楽しむための投資を広めたい。 『資産形成をもっと楽しく。』をモットーに子育て中の方でも楽しめる「おこづかい投資術」を紹介していく。

【初心者必読】仮想通貨におけるポジションってなに?現物取引とレバレッジ取引のポジションを解説!

【初心者必読】仮想通貨におけるポジションってなに?現物取引とレバレッジ取引のポジションを解説!


仮想通貨における「ポジション」とは、定義が曖昧ではありますが、広義に 「仮想通貨を持っている状態」 のことを指します。

  • ノーポジション(ノーポジ)→仮想通貨を保有していない状態
  • ポジションを建てる(とる)→新しく通貨の売買を行うこと
  • ポジションを解消した(外した)→仮想通貨を売って保有していない状態
  • ポジションを集中させる→一定の通貨のみ保有すること

ポジショントークとは? 信用取引ってなに 信用取引ってなに 自身の保有している仮想通貨に対し、SNSなどを用いてPRして値が上がるように操作すること。 略して「ポジトーク」ともいう。特に影響力のある人物がポジショントークをすると相場に影響が出ることも。

仮想通貨のレバレッジ取引における「ポジション」


まず先に「現物取引」と「レバレッジ取引」の違いをおさらいしましょう。

・現物取引 → 保有している資産と同じ対価の仮想通貨を取引をすること。 持っている資産の範囲内でしか取引ができないが、借金をするリスクはない。

・レバレッジ取引 → 仮想通貨交換業者に証拠金となる通貨を預け、ビットコインを借りて運用して取引をすること。 レバレッジを何倍も効かせることにより、保有している資産より大きい金額で取引ができる一方で、借金を抱えることになるリスクもある。 信用取引・FXとも呼ぶ。

レバレッジ取引では ポジションのことを、「建玉(たてぎょく)」 とも呼びます。

レバレッジ取引例 【買い注文の場合】
買い注文をだす →買い注文が成立→ 建玉(ポジション)を持つ →買った時より値が高くなるのを待つ→値が上がる→売り注文で決済する・・・一般的な現物取引の投資法。 レバレッジ取引においてこのような買い注文の仕方を「ロングポジション」という。

【売り注文の場合】
売り注文を出す→売り注文が成立→ 建玉(ポジション)を持つ →売った時より値が下がるのを待つ→値が下がる→買い注文で決済する・・・ レバレッジ取引においてこのような売り注文の仕方を「ショートポジション」もしくは「空売り」と呼ぶ。

レバレッジ取引における建玉(ポジション)「ロング」と「ショート(空売り)」とは?


レバレッジ取引の場合、「買い注文」を「ロング」といい、「売り注文」を「ショート(空売り)」と呼びます。

「ロング」と「ショート」の違い ロング ・・・ 買い注文を出し、値が上がるのを待って売りに出すこと。 通貨の価値が上がった分だけ利益を得る。 現物取引において一般的な投資法。
ロングの例・・・現金で1BTCを買い、BTCが5倍に値が上がった際に売りに出した。利益は5-1で4BTCの利益を得ることとなる。

ショート(空売り) ・・・ 仮想通貨交換業者に対し一定の証拠金を担保にして通貨を借り、その通貨を使って売り注文を出すこと。 高く売って安く買い戻すことで利益を得る。
ショートの例・・・1BTC=5万円で空売りし、1BTC=4万円に値が下がった時に買い戻した。利益は5-4=1万円の利益を得ることとなる。 証拠金とは? レバレッジ取引において一定の額を取引所に担保として預ける必要がある。 その資金を「証拠金」と呼び、適用するレバレッジにより資金額は異なる。

先物取引で大負けすると借金ができるって本当? 経験者が教えます!

Content image

225先物取引では、株の信用取引と比べて約8倍ほど退場までの道のりが近い?

信用取引の場合100万円口座に入れると約330万円の取引が可能となります。

225先物の場合100万円口座に入れると約2500万円の取引が可能となります。

【先物取引・信用取引】お金を借りて取引するのはどっち?

信用取引においては、入金した100万円を保証金として、残りの230万円は証券会社から借りるかたちとなります。こちらは、実際に金利も発生しますし空売りした場合には、貸し株料が取られるので少しは、実感が湧くと思います。

実に信用取引でのレバレッジは、約3倍だと考える事ができますよね。

225先物では、入金した100万円を証拠金として、SPAN証拠金x掛け目を最低ライン残すとして、その値幅分で勝負させます。こちらは、実際にお金を借りているのではなく、証拠金の範囲に応じた値動き分だけ取引が可能となります。なので、勝っているうちはいくらでも取引が出来ます。ただしショックなど相場の大変動などで一気に1000円以上反対に値動きがあれば、それ以上の値幅分がマイナス表示されます。このマイナス分は、返済の義務が生まれますので証券会社に対しての借金となります。なので100万円あずけて225先物をトレードするにあたり、残り2400万円は、証券会社から借りて取引していると思っているくらいの方が、大火傷をしなくて済むのかも知れません。

現在の225先物取引でのレバレッジは、約25倍だと考える事ができます。

どちらも、値動きがゆっくりなものであれば、まず証拠金維持率・保証金維持率に引っかかって、追証(最低ラインの保証金・証拠金を補う額)が発生し、追証分のお金を入金・振替しなければ、全ポジションが自動決済されてしまいますので、そう簡単にはマイナス口座になる事はございません。このように、防御策はとられています。

信用売りとは(しんよううりとは)

信用売り とは、株式投資の信用取引において、株券を証券会社から借りて株を売ることです。株券を保有していない状態で株を売ることから、空売りとも呼ばれます。
反対に、株券の購入資金を証券会社から借りて株を買うことを信用買い、或いは空買いと言います。
信用売りでは、売値よりも安い価格で買い返済することで、売値と買値との差額分が利益となります。
売値よりも高い価格で買い返済した場合は、その差額分が損失となります。

信用売りの目的

株式投資において取引が買い一辺倒だと、相場が下降トレンドのときには打つ手がありません。
買いだけで出来ることは、せいぜい評価損が大きくならないうちに手仕舞い、キャッシュポジションの比率を高くする程度です。
信用売りが出来れば、株価の下落過程で利ざやを稼ぐとか、つなぎ売りで損失をヘッジするなど、取引の選択肢が広がります。

信用売りのメリット

一般的に信用取引のメリットとしては、手持ち資金よりも大きな金額の取引が出来ることがよく言われています。最大で手持ち資金の約3倍の約定金額の取引が出来ます。
しかし、信用取引の一番重要なメリットは、株券を持たずに売りから入ることができること、すなわち信用売りができることです。
信用売りのメリットは以下の2点です。

  • 株式相場が下降トレンドのときに利益を出せること。
  • 買いポジションの現物株と同じ銘柄を信用売りすることで、株価下落のリスクをヘッジすること。すなわち、つなぎ売りができること。

信用売りのデメリット・注意事項

逆日歩が発生すること

信用売りした当該銘柄の株券が市場で不足した場合は逆日歩が発生します。
逆日歩は、一株当りの額は小さくても、信用売りした株数が多い場合は大きな額になります。
また、逆日歩は売り建て玉が存在する限り、日々発生する費用なので、ボディーブローのように効いて痛い出費となります。

株価が急騰すると損失が想像以上に大きくなること

信用売りした銘柄が予想に反して急騰した場合、損失が想像以上に大きくなることがあります。
現物株の買いポジションでは、当該銘柄の会社が倒産して株式の価値がゼロになった場合、損失額は最大でも株式の購入価格であり、損失が購入費用より大きくなることはありません。
仮に1株1,000円で1,000株買った後に、価値がゼロになった場合の損失額は、
1,000円×1,000株=100万円となります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる