FXトレード

流動性リスクの正しい理解

流動性リスクの正しい理解
・毎月50万円の配当収入を最速であなたの手に ・毎月50万円の配当収入が手に入る!? ・毎月50万円の配当収入が目指せる ・すでに1000名以上の方がFIREで配当収入を得ています!

国債先物オプション入門―オプション市場からみた金利リスクについて―

前述のケースでは1σを用いましたが、これより大きな値を用いれば過去の経験でカバーされる割合が上昇します。例えば、2σ(=2×0.1%)に相当する-0.2%から+0.2%のレンジであれば過去の金利変化の95%がカバーされます(これも正規分布から得られる性質です)。逆に考えれば、1営業日で金利が±0.2%以上変化する確率は5%以下になりますから、金利リスク量として1σから2σの値を用いることでリスク量について保守的な値を用いることができます。金融機関の実務の言葉を借りれば、これは95%のレンジ(信頼区間)でみたリスク量(Value at Risk, VaR)になります(この事例だと、0.2%が95%の信頼区間でみたVaRです)*5。ちなみに、これらは過去のデータから算出したボラティリティであるため、ヒストリカル・ボラティリティ(Historical Volatility, HV)と呼ぶこともあります。

このように、オプションの価格は金利リスクに関する需給の綱引きで決まるわけですから、オプションの価格が分かれば、その価格から投資家が感じている金利リスク量を推測することができます。このリスク量はオプション価格から示唆(インプライ)される金利リスク(ボラティリティ)であることから、インプライド・ボラティリティ(Implied Volatility, IV)と呼ばれます。IVは金利と同様、通常、年率で表示されます。

国債先物オプションの特徴は、行使価格(国債先物を購入できる価格)毎に上場している点です*15。具体的には中心となる価格に対して上下10種類ずつ、合計21種類の行使価格が設定されます(例えば行使価格が145円00銭、145円50銭などのように50銭刻みでオプションが設定され、それぞれ上場します)。中心となる行使価格は取引開始日の前営業日の先物価格に最も近い価格がベースになります(この価格をATM(At The Money)ということもあります)。決済については、権利行使日の取引終了時刻(15時15分)に先物取引を成立させることなどで行います。

もっとも、オプションから算出した金利リスク量を中長期で把握したい場合、国債先物オプションそのものは限月交代のたびにデータをつなぐ必要がありますし、行使価格が50銭刻みであることに係る調整も必要です。そのため、国債先物オプションから算出した「S&P/JPX日本国債VIX指数」をみることが一案です*18。この指数は国債先物オプションから算出されているため、国債先物価格に基づくプライス・ボラティリティが算出されている点に注意してください。日本国債 VIX 指数は2019年7月10日からリアルタイムでの配信が始まり、取引時間中でも指数の変化の把握が可能となったことから、市場にサプライズがあった際の指数の変化をタイムリーに把握できるようになりました。

慢性期病床における食物繊維高含有流動食によるプレバイオティクス効果の検討【PR】

近年、腸内細菌叢の機能が徐々に解明され、便秘・下痢症や炎症性疾患のみならず、一部のがん、肝疾患、肥満、糖尿病、動脈硬化、自閉症、アレルギー性疾患との密接なかかわりも明らかにされつつあります。腸内細菌叢が疾患に及ぼす作用と機序は、腸内細菌によって産生される短鎖脂肪酸(short-chain fatty acids : SCFAs:酢酸、酪酸、プロピオン酸)の量と質に依存することが示唆されています。そのため、SCFAsの原料として何をどれだけ摂取するかが生体に大きな影響を与えることになります 1) 。

プロバイオティクスとプレバイオティクスの図

便pHの図
総有機酸の図

便性状の図

便pHは通常6.0 ~ 6.5程度ですが、試験開始前の患者の平均pHは平均8.1と高値でアルカリ性を示していました。長期経腸栄養患者における他研究 2)3) でも同様の例が臨床データとしては報告されています。これは、臨床現場で使用される流動食の多くが食物繊維不足で、配合されている繊維成分量では腸内発酵に十分寄与できず、大腸内でのSCFAsの産生が低下しているためと考えられます。

参考引用文献
1)Nature 流動性リスクの正しい理解 518, S9( 26 February 2015) 流動性リスクの正しい理解
2)大森啓充,他:長期経管栄養施行中の重症心身障害児(者)の腸内菌叢および糞便性状の検討,腸内細菌学雑誌,2013,27(1):1-6.
3)The Effectiveness of Lactobacillus 流動性リスクの正しい理解 Beverages in Controlling Infections among the Residents of an Aged Care Facility;Ann Nutr Metab 2016 ; 68 : 51–5.

皮膚・排泄ケア認定看護師の立場から(日本医科大学千葉北総病院 流動性リスクの正しい理解 皮膚・排泄ケア認定看護師 渡辺光子先生)

失禁関連皮膚炎(IAD)対策と便pH

今回の研究結果は、臨床における看護とどのようにかかわるのでしょう。近年大きな課題とされている「失禁関連皮膚炎(Incontinence Associated Dermatitis:IAD)対策」の観点から、皮膚・排泄ケア認定看護師の渡辺光子先生にお話をうかがいました。

──「失禁関連皮膚炎(IAD)」が問題になっているのはなぜですか。
失禁関連皮膚炎(IAD)は、失禁による尿や便が皮膚に直接接触することで発症する皮膚損傷のことです。高齢化や重症化が進む近年の入院患者さんは、免疫力や皮膚バリア機能の低下といった高齢者特有の身体状態に、オムツによる湿潤環境が加わり、IADの発症リスクが高くなっています。実際に臨床で出合う症例数は多く、日本創傷・オストミー・失禁管理学会が評価スケールの作成に着手するなど、ここ数年でIADに対する取り組みは活発化しています。

──IADの原因を教えてください。
大きな影響を及ぼすのは、尿や便の水分と化学的刺激です。皮膚の水分過剰は角層構造に膨張や崩壊を生じさせ(皮膚浸軟など)、皮膚のバリア機能を失わせます。それによって、刺激物質が角層内部にまで浸透し、IADが起こります。
健康な皮膚(pH4~6)は弱酸性ですが、尿や便が接触すると、尿素や消化酵素の影響でアルカリ化が進みます。特に水様便の場合、脂質やタンパク質を分解する消化酵素を多く含むため、皮膚に与える刺激はより大きくなります。

── 便pHの低下は、IAD対策にどのようにかかわってきますか。
臨床では、IADの予防として、肛門周囲などを保護・治療する目的で亜鉛華軟膏を厚めに塗りますが、その際ストーマ用のパウダー(皮膚保護剤)を混ぜることがあります。これは、アルカリ性の高い便による皮膚への刺激を少しでも緩衝するためです。便pHの低下は、刺激の軽減を示すため、このケアの効果をより高め、IADのリスクを減らすことにつながると思います。

加藤浩次の副業FIRE|早期リタイヤ支援プロジェクトが危険な理由!

マンゴー

加藤浩次の副業FIRE|早期リタイヤプロジェクトの気になる点

早期リタイヤ支援プロジェクト「FIRE」の内容

FIREで扱うビットコインFXとは、ビットコインの価格変動を利用して、その差益で利益を目指すという内容になります。

投資関連に関しては、ブログ内でもいくつか記事にして、毎回お伝えしていることがあるのですが、それは「投資に絶対はない」ということです。

早期リタイヤ支援プロジェクト「FIRE」のホームページ内では、安定収入やFIREといった文言が散見しますが、投資である以上これらの文言は 誇大表現と言わざるを得ません。

・毎月50万円の配当収入を最速であなたの手に

・毎月50万円の配当収入が手に入る!?

・毎月50万円の配当収入が目指せる

・すでに1000名以上の方がFIREで配当収入を得ています!

どこにも「稼げる」とは言っていませんよね?

1000名以上が配当収入を得ている?

どこにも収益がプラスとは言っていません。

資産を「保有」することで得られる収益のことをインカムゲインといいます。

価値が変動する資産を「売買」することで得られる収益のことをキャピタルゲインといいます。

FIREナビゲーター加藤浩次の評判

「マネパン」、「グラシアス」、「セカンドオーナービジネス」、「一攫千金プロジェクト」と、どれもネット上では評判の悪い副業案件ばかりです。

「もし加藤浩次氏が、それぞれの事業に対して真剣に取り組まれているのであれば、なぜコロコロと案件名を変えて事業展開する必要があるのでしょうか?」

筆者はここに、早期リタイヤ支援プロジェクト「FIRE」の真実が隠れているように感じます。

加藤浩次の副業FIRE|早期リタイヤプロジェクトのリスク

調べていくと、FIREにはAIを使ったシステムがあり、そのAIが独自で分析して、ビットコインFXの勝ち確パターンを導くのだそうです。

FIREのリスクその1

AIの分析はエンベローブという指標をもとに行われるそうです。

エンベロープ(移動平均乖離率バンド)

移動平均線からある程度乖離(かいり)した価格に移動曲線を描き、バンド(帯域)を表示したものです。このラインをトレンドの反転のポイントや、支持・抵抗の目安として用います。これは価格が基本的に移動平均線に絡みつくように動き、上下バンドの範囲内に収まる習性を利用するものです。

しかし、このテクニカル手法の弱点は、強いトレンドのある相場では通用しないということです。

投資関連・・・リスク高

さらに誰も将来性を予測できないビットコインなどの仮想通貨

FIREのリスクその2

しかし、基本プランではどうやらメールを受け取った後、『自身でメールの指示に従って』取引を行わなければならないようです。

FIREホームページ上の「メールを受け取るだけ」がすでに条件つきであり、誇大表現と受け取れます。

『投資助言(代理)業として財務局に登録はされているのか?』

≪投資助言(代理)業としての登録が必要と考えるその根拠≫

加藤浩次の早期リタイヤ支援プロジェクト「FIRE」について多くの情報を調べましたが、【金融商品取引法に基づく表示】を確認することはできませんでした。

実際の返金相談や詐欺事例

「これを購入するだけで、たいした労働や労力を費やさなくも儲かる」

【過去の詐欺事例】

大手証券会社が開発したAIを使って自動的に資産が増えると誘われて、決済代行口座を使って送金。

最初は毎月の支払いがあったが、気がつけば連絡がつかなくなった。

①特商法表記の記載がない

②実績と根拠に疑いが残る

③海外法人のため、トラブルが起こった時の対処が難しい

④FIREホームページ上の誇大表現が過ぎる

詐欺にあわれと感じた方へ

そんな時は「集団訴訟プラットフォーム」に参加するという手段があります。

そして世界中の猛者たちが必死の思いで奪い合っているものです。

何の覚悟もなく楽して手に出来るほど、容易な争奪戦ではない。

今の『 厳しすぎる』世の中を突き抜けるための無料講座

収入が減る一方で支出が増えているのですから、生活が楽になるはずがありませんよね。

そう考えると、私たちはこれからの未来をどのようにして備える必要があるのでしょうか。

収入が増えず、支出が増える環境下では、「きれいごと」は言っていられません。

自分や家族の生活を自衛できるように、何としてでも『稼ぐ力』を身に付けていく必要があると思います。

そこで今回、『稼ぐ力』が身につく無料メール講座を開催しています。

副業によっては、たとえ ビジネス経験0 だったとしても、ほぼリスクなく始められて月20万円、30万円と成果を出すことのできるビジネスも存在します。

◇収入を得ながら、この先も通用する本格的なスキルを身に付けたい

◇副業をやってみたけど、うまくいかず途中で諦めてしまった

◇興味はあるけど、正直何から始めたらいいかわからない

◇副業としてだけでなく、ゆくゆくは本業にしたい

◇会社に依存せず、フリーランスとして生きる強さを身に付けたい

ビジネスで成功するためには欠かせないものがあります。

それは 「正しいビジネスを正しい手順で行う」 ということです。

どれが正しいビジネスで正しい方法なのか、わかりづらくなっているんですね。

会社依存をなくし、自由と強さを手に入れたビジネスとは?

無料相談コーナー

しかし、そのほとんどが収益化まで辿り着けない薄っぺらい内容だったり、サポートが付くからと高額案件を買わせるだけ買わせて、後は放置する詐欺みたいなものが本当に多いです。

企業不祥事例から考えるコンプライアンス・リスク管理の実務

略歴: 兵庫県出身。1993年、東京大学法学部卒、全日本空輸株式会社入社。1997年、大蔵省(当時)財政金融研究所研究官として、発展途上国への税制勧告等の知的支援業務に従事、1999年に全日空法務部に復帰後、法曹を志し、弁護士資格を取得。2006年10月、国広総合法律事務所入所。コンプライアンス態勢構築、リスク管理等を専門とし、「『すき家』の労働環境改善に関する第三者委員会」、Jリーグ「湘南ベルマーレに関する(パワーハラスメント)通報等に関する調査チーム」等、社内外の調査業務に多数従事。
論稿: 「近時の不祥事例にみる内部通報制度の機能不全要因の解消・改善への処方箋」(ビジネス法務2020年8月号)、「海外贈収賄防止 コンプライアンスプログラムの作り方」(第一法規株式会社・共著2020年)等執筆。

1.企業を取り巻くリスクの現状
1)近時の企業不祥事の概観
ア.続出するデータ改ざん・品質不正
イ.グループ企業不祥事
ウ.内部告発・内部通報発覚型
エ.ハラスメント事案
オ.その他
2)実際の不祥事例に見るコンプライアンス・リスク
3)コンダクト・リスクとは
4)企業を取り巻くコンプライアンス・リスク(まとめ)

2.コンプライアンスの実務
1)コンプライアンスの本質
2)企業グループとしての対応の必要性
3)「知識」よりも「意識」
4)情報開示・コントロールの重要性
5)リスクベース・アプローチ
6)「コンプラ疲れ」から「現場を巻き込むコンプライアンス」へ
7)今後も留意すべき事案類型

3.実際の不祥事例から見る企業に潜む不正リスク
1)他社不祥事から見る不正リスクのありか
ア.企業風土(統制環境)
イ.聖域事業・聖域部門
ウ.非中核部門・新規事業
エ.グループ会社
2)不正の背景にあるもの
ア.動機(インセンティブ・プレッシャー)
イ.不正の機会
ウ.正当化

4.不正の未然防止・早期発見に必要な視点
1)経営トップのコミットメント
・言行一致(インテグリティ)の重要性
・情報伝達の正確性・迅速性の確保
2)不正の未然防止・早期発見のためのチェックポイント
ア.社内の情報伝達に問題はないか
イ.組織に働く人間心理・バイアスを理解する
・職場に巣くう三猿(見ざる、聞かざる、言わざる)
・グループシンク(集団思考・集団浅慮)
・リスキーシフト
・確証バイアス・正常性バイアス
・同調圧力(peer pressure)
ウ.あってはならないの呪縛から抜け出す
エ.自社の不正リスクを正しく評価・把握する
オ.職業的懐疑心の重要性~不正の兆候を見逃さないために~
カ.内部通報制度の検証・有効活用

5.危機管理における留意点
1)危機管理の失敗パターンを考える
ア.二発目轟沈型
イ.意思疎通不全型
ウ.再発防止不徹底型
2)留意すべきポイント
ア.正しい「現状認識」「リスク評価」
イ.流動する「社会的責任」「説明責任」
ウ.「消極的隠蔽」の未然防止
エ.「ステークホルダー」視点による俯瞰
オ.「事実調査」「原因究明」「再発防止」の工程管理
カ.会社が真に守るべきものは何か
3)悩ましい事案にどう対応するか


24,200 22,000 2,200
28,600 26,000 2,600
31,900 29,000 2,900

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
(弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
HPからお手続きができない場合、お電話にてご連絡下さい。
開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
代理出席は受付いたします。

第6回 収益性の分析(2)

貸借対照表は会社のさまざまな状況が読み取れますが、その分析方法を解説します。また、分析のポイントとしては結果の数字だけではなく、何と何を割って何の数字を拠出しているのか、それによって何がわかるのか、を本当に理解しておくことだと思います。相関関係を理解しておくことで、費用をともなう意思決定の精度が抜群に向上します。また結果の数字が平均値と乖離しているなどの違和感があった場合、その計算式の数値に何らかの異常があるわけです。ですからその異常を修正できれば経営は改善されることになります。

自己資本比率

流動比率

固定比率

ケニーズの数年前の固定比率は500%でした。これは固定資産に対して売上・利益額が低く内部留保が出来なかった為です。さらに売上が少ないにも拘わらず老朽化などの改修費用は嵩んでいた為です。改善策として、生産性や費用対効果の高いものにプライオリティをおき投資をすることを徹底しました。また無駄なものは除却しました。事業が軌道に乗った現在のケニーズの固定比率は43%と優秀です。今後は固定比率を50%に収斂するように改修や環境保全に充当していきたいと考えています。
また、そのほか類似の指標には固定長期適合率(固定費を自己資本+長期借入金で割ったもの)というものがありますが、この指標を使うと宿泊・飲食業の数値は96%になります(こちらも100%以下が基準、それでも高いですね)。ちなみにケニーズの固定長期適合率は37%とこちらも優秀です。

「損益計算書」×「貸借対照表」クロス分析

さて、ここまでは決算書の「損益計算書」と「貸借対照表」を個別に分析してきましたが、この二つの財務諸表を組合わせ、さらに分析を進めます。動きのある「損益計算書」と財産表の「貸借対照表」の相関関係を分析できることから動態比率分析といわれることもあります。

総資本経常利益率

総資本に対する経常利益の割合を示す指標です。投下した資本を利用してどれだけの利益を生み出したのかを示す儲かりの総合指標です。この数値が高ければ、「少ない資本で多くの利益を上げる」ことが出来ており企業が効率的に資本を運用できているといえます。計算式は、以下になります。

  • 売上高対支払利息比率=支払利息-受取利息÷順売上×100【売上に対する他人資本への依存度】
  • 総資本回転率=売上÷総資本【売上に対する資本の効率性】
  • 現金預金回転期間=365÷(純売上÷現金預金)【支払い能力の高さ】
  • 棚卸資産回転期間=365÷(売上÷棚卸資産)【滞留在庫の有無】
  • 売上債権回転期間=365÷(売上÷売上債権)【滞留債権の有無】
  • 固定資産回転期間=365÷(売上÷固定資産)【固定資産が売上に貢献的か?】
  • 流動資産延命期間=流動資産÷固定費×100

さて、これまではキャンプ場の分析を主軸にすすめてきましたが、7回目以降は待ちにまった実践編です。収益性を改善する為には、どうしたら良いのかを検討していきたいと思います。まずは需要と価格の相関関係を考察し、ベストプライスを探る手法を展開します。その行為をレベニューマネジメントといい、「収益を最大化するため、需要予測をもとに適切な販売管理を行うこと」となります。マネジメントが嵌れば確実に収益は向上しますし、需要を基にする為、値上げによる顧客離れも抑制しつつ単価を向上させることも可能となります。

実は今更なのですが私はあまり数字が好きではなく、レベニューマネジメントはデータの収集と設定が非常に面倒なんですね。マネジメントの原理は知っていても1年半やるかやらないか迷っていました。面倒そうでしたので。ですが知ってるだけではなく、困難なことでも実践していかなければなりません。やれば変わります。どう変わるかも示します。お楽しみに!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる