外国 為替 取引

商品先物取引との違い

商品先物取引との違い
IPOやバイアウトを目指す急成長企業に数万円から投資可能!ESG企業の募集案件も多数

【オンラインセミナー】米国株式&CFD投資家必見!ファンダメンタルズに左右されない勝ち組トレーダーとなるには?~“株職人”相場師朗氏のトレード技術を学ぶ

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.003%、ステージ2: 0.002%、ステージ3: 0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、東京証券取引所上場株式を原資産とするCFD取引の日計り取引は「取引金額×0.05%」の手数料がかかり、建玉を持ち越した場合、キャッシュバック方式により、売買手数料は無料です。ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■外国株式オプション取引は、対象とする外国上場株式の市場価格あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする外国上場株式の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式オプション取引の取引手数料については、1ロットあたり3.0米ドルが一回の取引ごとに課金されます。その他にも取引所手数料やキャリングコストなど様々な費用がかかります。手数料の詳細は、発注前の取引画面でご確認ください。外国株式オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会

ご使用になられているブラウザ環境によりウェブサイトを正しく表示できません。

本サイトでは iOS 9.X および Microsoft Internet Explorer 10 以降のブラウザのご利用を推奨しています。これ以外の環境でご利用いただいた場合、本サイトの利用に必要な機能が使用できず、画面が正常に表示されない、動作しない等の現象が起きることがあります。

先物とは何か?初心者さんに先物の基礎をわかりやすく解説します

先物とは何か?初心者さんに先物の基礎をわかりやすく解説します

株の基礎知識

突然ですが、あなたは 【先物】 とは何かご存知でしょうか。
なんとなく聞いたことはあっても、よく分からないという方も多いかもしれませんね。
私もまさにそうでした。

株をやっていても、ニュースで「原油先物価格が下落した影響で……」なんてフレーズをよく見るのですが、先物って何なのでしょうね。

先物とは、ものすごく簡単に言うと「未来にこれを買うよ」という約束をする取引のことなんです。
株の現物取引なんかは「今」買ったり売ったりしますよね。
でも先物は基本的に「将来」買ったり売ったりする約束なんです。

更に、 先物というのはFXや株式投資をする方にとっても非常に重要なものなんです。
厳密に言うと先物にも様々な種類がありまして、その中のいくつかは社会全体に大きな影響を与えているのです。
そうなると勿論、株やFXをやるうえで全体相場を確認するための、非常に重要なものとなるわけです。

今回は先物とはどんなものなのか、わかりやすく解説してみますよ。
また、株をやる人ならば日経225先物等の株価指数の先物がどんなものか知っておくことは必須ともいえます。
是非覚えてしまいましょう。

先物とはなにか?

まず最初に、冒頭でも少し出てきましたが、先物を簡単に言うと
「いつに、いくらでこれを買うよ」という未来の約束をすることなんです。 まさに先の物。

例:来年収穫される新米を買いたい場合

でも、お米ってその年ごとにどれだけ収穫できるのか、わからないですよね。

来年もしかしたら酷い嵐がきて、ほとんど収穫できないかもしれません。
そうなるとお米の価格って、上がりますよね。
みんなお米が欲しいのに量が少ない場合、価格(価値)はあがってしまいますからね。

それとは逆に、天候に恵まれて多く収穫できることもありますよね。
そうなるとみんなのもとに満遍なくお米は行き渡りますが、お米の価格は低くなります。
売っても売っても在庫があるので、値段は安くなるでしょう。

つまり、お米の価格ってその年ごとで全然違うわけですよね。
買う時にならないと値段が分からないんです。

そこで、あなたと農家の方が話し合って考えた結果、収穫前に
「お米の値段をあらかじめ決めておきましょう。収穫したお米10kgを5,000円で取引しましょう」
という約束を決めたのです。

お米が非常に不作で、価値があがり、市場価格は6,000円になっていたとします。
そうするとあなたは、 市場価格よりも1,000円安く買うことができてしまうんです。
非常に得をしましたよね。

逆に、非常に天候に恵まれて大量のお米が作られたとしたら、どうでしょうか。
市場価格では4,000円という値段になっていました。
そうするとあなたは、 市場価格よりも1,000円高く買うことになり、損をしてしまいました。

この 「未来ににいくらで買う約束」をして、そこで利益を狙う というのが、先物取引です。
これはあくまで非常に原始的な例であって、現在の先物取引の商品である原油やとうもろこしが家に届くことはありませんが、大体こんな取引だと思ってくれてOKです。
(ちなみに金の先物取引の種類によっては、金インゴットを持つことができます。面白いですね)

先物の代表格、金の先物取引

次に、現在実際に取引されている先物の商品で考えてみましょう。
先物には様々な種類があり、後ほど色々と紹介しますが、 金 (ゴールド)の先物は非常に有名です。

これも先程の例と同じく、 「○月に○○円で金をどのくらい買いますよ」という「約束」を取引しているのです。

ところで、金という商品には 【安定資産】 という特徴があります。

例えば、日本で金融危機や自国の通貨である【円】の価値が揺らぐような状況が訪れたとしますよね。
すると、 「この通貨が紙くずになる前に、通貨を金にしておこう」 と考える人が多くなるんですよ。

なぜなら、金というのは現代の社会で様々な場面で使われていて、未来永劫に不変とまではいかなくとも、現段階では【比較的価値が安定しているもの】であり、【常に需要と供給があるもの】なんです。
なので、何かまずいことが起きると【通貨】で【金】を買う傾向が強くなり、金の価格が上がります。

逆に、「今は景気が良くて毎日株式市場にお金流れてきてるよ」という状況になれば「株取引の方が儲かりそう」と思う人が多いので株を買う人が多くなりますよね。
すると今度は金を取引する人は少なくなり、金の価格は下がります。

先物取引は、そういった状況を見ながら少し未来の金の価格を予測して、買う・または売る約束をする取引なんですね。

先物取引は「先」の売買

株式投資の場合は、 「今」 買いますよね。
「この会社はこんなに良い商品を作っていて将来有望だ。これから世界の第一線で活躍する会社になるぞ」と思えば、「今」買います。
そして将来値上がりしたタイミングで売って、その差額で利益を出します。

でも、先物の場合は 「未来に買う約束」 をしています。
最初のお米の例でも出てきましたが、「私は来月、この商品をいくらで買うよ」ということです。

例えば、あなたが金を5900円の時点で買ったとするなら、「○月に5900円で金を買う約束をした」ということです。
そして、金の価格がそこから推移して6000円になったとして、そこで決済することができます。

つまり、「5900円で買う約束」を売るわけですよ。
するとそこに100円の差額が発生して、それが利益となります。

先物には保有できる期間あり

ここまでの解説を聞いていて、「じゃあ金の先物を永遠に持ち続けていたら有事のときも安心?」なんて考えた方もいらっしゃるかもしれません。
確かに金のインゴットを買えば有事の際も安心かもしれませんが、 金の先物では不可能 なんです。

なぜなら、 先物は保有できる期間が決められているためです。
現物株の場合は会社が存在していて上場している限りは、半永久的に株を保有することができますが、先物は保有できる期限があります。

というのも、先物には 【限月】 と呼ばれる期間が決められており、この期限の最終日を 納会日】 といいます。
納会日に反対売買をしていない場合、納会日が来た時点で強制決済されるんです。
期限は商品によって様々ですが、半年~1年の期間と定められていますよ。

先物は証拠金だけで売りも買いもできる

先物というのは「先」の取引で、「今」買うわけではない 商品先物取引との違い 、ということは先述した通りですよね。
この特徴があるため、 先物を買う時は必要になるお金は【証拠金】というお金のみを入れておけば取引できてしまう んです。

例えば、株の現物取引をする場合、1株500円の株を100株ほしいと思ったときは500円×100株なので、50,000円必要になりますよね。

でも、先物なので現物の価格全てではなく、その一部の100,000円を証拠金として口座に入れていれておくことで取引ができてしまうわけです。 (これはあくまで例です。その時によって必要な証拠金が変動しますので、ご注意ください)

この証拠金というのは、取引をするにあたっての担保だと考えてもらって問題ありません。
約束を守る証拠 、ということですね。

更に、株の場合は空売りという信用取引をしない限り売りから売買をスタートすることはできませんが、先物の場合は買いと売りのどちらからでもスタートすることができますよ。

証拠金取引の恐ろしいデメリット

証拠金さえいれれば少額からでも先物が始められる 、というのは非常に魅力的ですよね。
誰でも始められそうですし、案外気軽なもののように思えてきます。

でも、少し待ってください。
先物は非常に危険な側面も持っています。

例えば、金が1グラム5,000円の時に、1,000グラム買ったとします。
その時に必要な証拠金100,000円でした。

その後、金の価格が上がって5,000円が5,100円になった場合、利益分の100円×1,000グラムなので、 合計100,000円の利益が出ます。
とんでもない利益ですね。すごく嬉しくなりますよね。 カイジなら(>x<)←こういう顔になってますね。

でも、逆に 5,000円から4,900円に値下がりしてしまった場合は大変です。
損失の100円×1,000グラムなので、 -100,000円の損失です。
口座に入れていた証拠金は空っぽです。

更に運が悪ければ、5000円から4500円にまで値下がりしてしまった場合の損失は-500,000円となり、 証拠金以上のマイナスが発生してしまいます。
つまり、損失分のお金を支払う必要があるんです。とんでもないことになってしまいました。 カイジなら泣いてます。

こういった特徴があるため、 先物取引は ハイリスク・ハイリターン な金融商品だと言われることもありますよ。

商品先物と金融先物

先物には様々な商品がありますが、大きく分けて 商品先物 と 金融先物 の2つに分かれます。
商品先物の代表的なものだと、 金、白金、原油、大豆、とうもろこし 等です。

金融先物というのは、もしかしたら聞いたことがあるかもしれませんが、
日経225先物、TOPIX先物、ダウ先物などの株価指数の先物 なんです。

株価指数の先物ってどういうこと? と思うかもしれませんが、なんてことはありません。
商品先物がそのまま株価指数に代わっただけです。

金融先物のSQ日

金融先物は商品先物と唯一大きく違う点があります。
それは売買が決済される日です。

金融先物は売買できる期限の翌日に出る決済価格を SQ (エスキュー。スペシャル・クォーテーションの略) といいまして、SQ値が出る決済日を SQ日 といいます。
金融先物の場合、満期日までに決算をしていなかった場合は、SQ値によって全ての取引は強制決済されます。

また、SQが近くなると、株式相場が荒れると言われています。

超重要!この先物には注目です

先物の仕組みがだいぶ分かってきたところで、
世間に影響を与える先物といえば、代表的なところで原油、金、それから日経225やダウ先物が挙げられます。

まず最初に 原油 です。
原油は様々な国が注目する、重要なエネルギー資源です。
何か物を作ったり、動かすにも原油が使われるので、もはや人々の生活における必需品ともいえるものでしょう。
また、車社会の国を支えるものであり、原産国である国にとっては命綱にも等しいものです。 (主な原油生産国はアメリカ、サウジアラビア、ロシアです)

次に、 は先程も少し出てきましたが、安定資産としての側面が強く、通貨に対する不安がある状態や、世界経済が減退する懸念が高まると買われる傾向にあります。
これも景気を知る上で重要なもので、原油とは逆にリスクをとりたくない場合に買われることが多いです。

更に、 指数先物 の場合は指数の実体に連動する存在であるため、株式投資をする人たちにとっては非常に重要な存在です。
日経225先物は日経225を牽引しますし、ダウ先物はダウを牽引するということですね。

これには様々な理由がありまして、
主に日経平均と日経平均の価格差が広がると、その価格差を利用した取引が盛んになるためだと言われています。

これはどういうことかというと、例えば日経平均が上がりすぎていて、日経先物が低すぎる状態だとします。
そうすると、2つの価格差はいずれ埋まるだろうと見込んで、日経平均に影響の強い銘柄を空売りし、日経先物を現物買いするということですね。
すると、日経と日経先物の価格差が縮まったときに、両方で利益を出すことができます。

先物は参加者が非常に多く、流動性が非常に高く取引がしやすいという特徴があるため、機関投資家が非常に多い市場です。
先程の先物と実体指数の差で利益を狙うやり方も、まさに機関投資家が好む方法なのだそう。

未来の取引に刮目せよ

「今」 買うのではなく 「先」 商品先物取引との違い の取引を行う先物取引のことを、少しでも理解してもらえたでしょうか。

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓をぽちっと押してくださいませ! 三└(┐Lε:)┘ (いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

「先物だか裂きイカだか知らないけど良い銘柄教えてよ!!(´;ω;`)」 というあなたはこちらがおすすめ。
↓↓もちこがいつもお世話になっている投資顧問さん↓↓

無料で会員登録すると、市場がやってる日なら毎日無料メルマガで1つ銘柄を教えてもらえますよ。
プロの選ぶ銘柄は勉強にもなるので、よく利用させてもらっています。

先物取引の始め方は?証券会社・銘柄選びと口座開設の手順、注意点

PayPay証券

1000円から日米株にスマホで投資できる!IPOに1株から申込可能。キャンペーンも開催

ファンディーノ

株式投資型クラウドファンディング・ファンディーノ

IPOやバイアウトを目指す急成長企業に数万円から投資可能!ESG企業の募集案件も多数

株式投資の最新ニュース

  • 2022/6/172022.06.17 米ドル円は134円まで上昇後急落。 日銀政策会合は政策金利据え置き
  • 2022/6/17独シーメンス・エナジー、風力発電機ガメサを完全子会社化へ。合理化で立て直し図る
  • 商品先物取引との違い
  • 2022/6/17欧州委、クリーン水素の電解槽の製造能力拡大へ。25年までに10倍
  • 2022/6/17米ファイザー22年1~3月期売上高77%増。コロナワクチン売上好調も通期見通し引き下げ
  • 2022/6/17高校生の夢を応援する次世代教育を。「ゼロ高」運営ベンチャーがFUNDINNOで募集

株式投資の人気コラム

HEDGE GUIDE 編集部 商品先物取引との違い 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」

暗号資産の先物取引の特徴|FXや信用取引との違い

1

ビットコイン、再びピンチ。本日の注目と希望の光は?

2

ビットコイン暴落、FOMC控え、反発の条件を考察

3

今晩FOMC、ビットコイン反発の条件

4

ビットコインの高勝率シグナルが点灯|今後の仮想通貨相場見通しは

5

強めの米CPIでリスクオフ再燃、ビットコインはどうなる?

暗号資産ニュース週間ランキング

1

【史上最大】イーサリアム「The Merge」が実装間近 | 概要を詳しく解説

2

【約3兆円規模】なぜ今「Celsius」が話題なのか?時系列で解説

3

STEPNが最新アップデートを実施。新機能「ミンティングスクロール」とは?

4

【41%下落】STEPNが中国でのサービス提供終了を発表

5

5月17日時点のCMEのBTC先物建玉分析、中期的には3,593ドルの上押し圧力【フィスコ・ビットコインニュース】

メデイア・広告掲載について

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、株式会社マネーパートナーズソリューションズ、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng 商品先物取引との違い Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

先物取引の始め方は?証券会社・銘柄選びと口座開設の手順、注意点

PayPay証券

1000円から日米株にスマホで投資できる!IPOに1株から申込可能。キャンペーンも開催

ファンディーノ

株式投資型クラウドファンディング・ファンディーノ

IPOやバイアウトを目指す急成長企業に数万円から投資可能!ESG企業の募集案件も多数

株式投資の最新ニュース

  • 2022/6/172022.06.17 米ドル円は134円まで上昇後急落。 日銀政策会合は政策金利据え置き
  • 2022/6/17独シーメンス・エナジー、風力発電機ガメサを完全子会社化へ。合理化で立て直し図る
  • 2022/6/17欧州委、クリーン水素の電解槽の製造能力拡大へ。25年までに10倍
  • 2022/6/17米ファイザー22年1~3月期売上高77%増。コロナワクチン売上好調も通期見通し引き下げ
  • 2022/6/17高校生の夢を応援する次世代教育を。「ゼロ高」運営ベンチャーがFUNDINNOで募集

株式投資の人気コラム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる