FXがはじめての方へ

株価指数先物 魅力とメリット

株価指数先物 魅力とメリット

髪や地肌はもちろん、体や心も癒してくれるその魅力について、ヘアメイクアップアーティストの山本浩未さんにお話をおうかがいして、ヘッドスパの意外な効果を知ることができました。具体的には、どんなメリットがあるのでしょうか。

髪だけじゃない! 全身にメリットがある「ヘッドスパ」の魅力とは?

髪だけじゃない! 全身にメリットがある「ヘッドスパ」の魅力とは?


髪や地肌はもちろん、体や心も癒してくれるその魅力について、ヘアメイクアップアーティストの山本浩未さんにお話をおうかがいして、ヘッドスパの意外な効果を知ることができました。具体的には、どんなメリットがあるのでしょうか。

髪だけじゃない! 全身にメリットがある「ヘッドスパ」の魅力とは?

※HOT PEPPER 株価指数先物 魅力とメリット Beauty調べ

■ヘッドスパ=足裏マッサージ!? 皆さんも、肩が凝ったり、頭が痛くなったりしたら足裏マッサージに行っていませんか? 山本さんいわく「皆さん、足は解りやすいから足裏マッサージなどに行かれると思いますが、頭でも同じことなのです」とのこと。

■髪の毛は死んだ細胞! だからケアは頭皮に!?「結局髪の毛というのは、もう死んじゃった細胞。だから、頭皮をちゃんとケアしてあげればいい毛が生えてくるんですよ」と、山本さん。ヘアカラーやアイロンなど、髪の毛に負担をかけることが多いので、少し手をかけてあげるだけで、効果が違ってくるのです。地肌のケアが、髪のケアにもなります。髪全体がしっかりしてきて、ハリ、コシ、ツヤが出てきます。あたたはトータルケア、できてますか?

■頭皮の刺激で小顔効果!?「私なんかやってもらうと顔がピッと上がりますから」と、山本さんのお言葉。シンプルに言うと、ヘッドスパは血行が良くなります。そうすると、顔を含め頭部全体も血行が良くなって、顔全体がすっきりして肌色もよくなってくるのです。小顔効果やリフトアップ効果も期待できるというのは嬉しいですね。…

快進撃を続けるデリバリー業態、淡路島生パスタ「和太利庵(わたりあん)」。その魅力とメリットを、導入店舗「串天ぷらと日本酒バル かぐら 神田店」に聞く!

居酒屋「淡路島と喰らえ」などを展開する株式会社エフ・エフ・アルファがコロナ禍を機に着手したVR(ヴァーチャルレストラン)業態のひとつ、淡路島生パスタ「和太利庵」が好調だ。UberEatsでは4.7点超の高評価を獲得、店舗数は直営店・加盟店あわせて25店舗を超え、勢いが止まらない。今回は、「和太利庵」に加盟するEver Changing代表取締役・森剛氏にインタビュー。同社は、自社店舗「串天ぷらと日本酒バル かぐら 神田店」のキッチンを利用して「和太利庵」の商品を主にデリバリーで販売。日商5万~10万円を生み出している。導入のきっかけや売上、オペレーションの感触などを伺った。


(代表の森氏。従来のやり方に固執せず新しいものを取り入れる姿勢は、社名の「Ever Changing」を体現している)


(もともと入口だったスペースをテイクアウト用窓口に。その横の壁の部分を抜いて入り口に改装した)


(店頭で「和太利庵」とともに店内居酒屋メニューのお持ち帰りをアピールしている)

■エフ・エフ・アルファのVRブランド「和太利庵」では加盟店も募集中。既存店の厨房を使ってデリバリー専門で「和太利庵」を営業することができます。詳しくはこちら

楽天モバイルの乗り換え先で人気の「povo2.0」のメリットとデメリットを解説

povo2.0

povo2.0はauの格安プラン。基本料0円で契約でき、データ通信量はトッピングを自分で追加する方式となっている(画像は「povo」公式サイトより転載)

povo2.0にはどんなメリットがあるの?

情報提供はこちら

PICK UP NEWS

熊野古道で別世界の体験ができるホテル「SEN. RETREAT CHIKATSUYU」の魅力とは?

商談支援アプリ「Handbook X」で商機を逃さない!“ストーリーのある商談”実践法

元AKB48島田晴香×ビーマップの取り組みがアイドルのセカンドキャリアを変える?

RANKING

楽天G、楽天モバイルの巨額赤字を高収益の金融子会社の上場で穴埋めか

楽天モバイルからの乗り換え先で人気!「OCN モバイル ONE」のメリットとデメリット

LINEMO「Rakutenオリジナル製品が使えます!動作確認しました」と強烈アピールが話題

「povo2.0」の基本料0円と、楽天モバイルの1GBまで0円は何が違うの?

ドコモ“大容量”路線の「ahamo大盛り」は盛況な0円プランに勝てるのか?

編集部イチオシ企画

熊野古道で別世界の体験ができるホテル「SEN. RETREAT CHIKATSUYU」の魅力とは?

2022年 6月 5月 4月 3月 2月 1月 2021年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 2020年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 2019年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 2018年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 株価指数先物 魅力とメリット 3月 2月 1月 2017年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 2016年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 2015年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 2014年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 2013年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月 2012年 12月 11月 10月 9月 8月 7月 株価指数先物 魅力とメリット 6月 5月 4月

【インタビュー】ミラティブが仕掛ける新たなゲーム体験「ライブゲーミング」に迫る 配信者と視聴者がつながる魅力、開発のメリットとは

井上: やはり開発費など、ビジネス上の数値感を知りたい方が多い印象です。ARPUであったり、各タイトルの利用率や利用数をお伝えすることもあります。 実際にお話をする機会が得られた場合は、必ず2回、ミーティングを行うようにしています。1回目は具体的な数字は出さずに「ライブゲーミングとは」というところからお伝えして、2回目でどういうゲームタイトルなのか、どんな仕様なのかを具体的に話し合っていくイメージです。なので、1回目の段階では手ぶらでもまったく問題ありません。単に「気になる」「新しいことをやってみたい」くらいの気持ちでも大歓迎です。

――:開発規模も小さめというお話でしたが、従来のゲームと比較して、開発環境にはどんな違いがありますか?

小川:開発規模に関しては、カジュアルゲームなど、従来からミニマムなチームでどんどん新しいものを出していく会社さまもあるとは思います。ただ、カジュアルゲームは基本的に広告収益がメインになります。しかし、私たちはライブゲームのマネタイズの中心に、ライブを通したギフトコミュニケーションも置こうと考えています。こうしたマネタイズの違いと、短期の開発期間の掛け合わせは従来のゲームとの違いと言えます。

井上: Unityで開発できるのも特徴です。Unityが使えるエンジニアさんは業界に多く、もともとソーシャルゲームを作っていた会社さまであれば、チャレンジしやすい環境があります。

――:具体的に、どのくらいの金額感であれば開発に踏み切れるのでしょう。

井上: もちろんゲーム内容にもよりますが、1,500万から2,000万程度が平均になると見ています。私たちが捻出させていただく開発費によってリリース後のレベニューシェアなど座組も変わってくると思うので、開発パートナーさまがやりやすい形を提案させていただきます。

――:視聴者さんが参加しやすいライブゲームのジャンルなどは分かっているのですか?

小川:そこは今も探している状態です。さらにいうと、いろいろなジャンルの可能性を否定したくはないのです。さまざまなタイトルで、どのように視聴者さんが介入できる余地があるのかを各開発パートナーさまと協議したいと思っています。

――:例えば『エモモバトルドロップ』はカジュアルなアクションライブゲームですが、決してアクションにこだわる必要はないと。

小川:その通りです。RPGやシミュレーションもありだと思います。今後どういうジャンルで、視聴者さんと配信者さんのコミュニケーションが作れるのかは私たちにとっても大きな挑戦です。

――:ちなみに、『エモモバトルドロップ』などはイベント形式で展開していますよね。他のライブゲームも期間限定になるのか、それとも恒常的に遊べる作品も登場するのでしょうか。

小川:現在開発中のタイトルは常設をイメージしています。もちろんタイトルによって、またユーザーさんの反応によって切り替える可能性もあるかと思います。今は各タイトルのポテンシャルを最大化するため、常設をメインで考えている状況です。

――:現状では、ミラティブさん側からは開発パートナーさまのライブゲーム開発に関して、どのようなサポートを行っているのでしょうか。

小川:既に企画進行している先行開発パートナーさまに対しては、Mirrativとつなげるために必要なAPIのご提供、それを接続する間に出てきた質問に対しての回答など、技術的サポートをさせていただいています。

井上: 費用面や集客の部分でもサポートしています。ライブゲーミングは初めての試みなので腰が重たくなる可能性もあり得ると考えていて、開発に対して一歩踏み出していただくため、一部の開発費を弊社から捻出するケースも多いです。よりチャレンジしやすい環境は、我々から積極的に整えています。

――:先行開発パートナーさまからはライブゲーミング開発に対してどんな意見がありますか?

井上: 包み隠さず申し上げると、『エモモ』のアセットを利用したいというご意見が多いです。これに関しては今すぐにご提供できないものの、対応を検討している段階です。

――:既存のゲームですか。

井上: 実際にいくつかのゲーム関連会社さまとお取り組みさせていただいておりまして、おなじみのゲームを配信したり、視聴したりするだけでゲームのアイテムがもらえるというシステムです。本来だと自分が課金をしてゲームのアイテムを入手すると思うのですが、ライブゲーミングだと視聴者さんが配信にギフトを贈ることで、自分もゲームアイテムが手に入るのです。

ライブゲーミングの可能性を信じて、進化を続ける

――:ライブゲーミングの今後の可能性という点では、どんな考えをお持ちですか?

井上: 可能性でいうと無限大ですよね。ソーシャルゲームを思い返すと、例えば『怪盗ロワイヤル』などから始まり、たくさんのジャンルのゲームが生まれたように記憶しています。今のライブゲーミングは、まだ『怪盗ロワイヤル』がリリースされたあたりの状況であり、今後多彩なゲームジャンルを出していきたいです。

――:ライブゲームの開発をより良くするための課題はありますか?

小川:課題としてあるのは、いかに開発パートナーさまのゲーム制作コストを下げるかという点です。そのため、ライブゲームを作るコストがもっと下がる支援をミラティブからさせていただけないかなと思っています。例えばMirrativとライブゲームを接続するAPIを提供はしていますが、そのラインアップがまだ十分ではありません、APIのラインアップを拡張していく、それによってライブゲームを作るコストを下げる努力は、まずしていきたいですね。

――分かりました。では、ライブゲーミングを今後どのように成長させていくのか、展望があれば教えてください。

井上: 2022年12月までのタイミングで、当社開発タイトル、開発パートナーさまのタイトル、両方あわせて50本近く出していきたいと考えています。膨大な数ではありますが、すでに目処も見えているので、まずはしっかりと達成できるよう動いていきたいです。今後もその門扉を広げて開発パートナーさまが気軽にライブゲームづくりにチャレンジいただけるように、さまざまな情報を発信していきたいと考えています。

小川:そもそも現在のゲーム市場にはたくさんのタイプのゲームがあり、ユーザーさんの嗜好も多様になっています。ライブゲームも同様に、それぞれに適切なライブゲーミング体験があるはずです。今後はライブゲームごとに異なる体験を各開発パートナーさまと作っていきたいですし、それを通してユーザーさんが幅広く多様に遊んでいただけるようなプラットフォームを目指していきたいです。

生産性アップだけじゃない!「ワーケーション」の意外なメリット3つ

HACK! THE NEW SOCIETY with &e. より良い未来の作り方

6:00 起床
〜7:30 仕事
〜8:株価指数先物 魅力とメリット 30 朝食
〜10:00 仕事
~10:30 LAND STATION HAKUBAに移動
〜11:30 LAND STATION HAKUBAのスタバで読書
〜12:30 レストラン「雪峰」で昼食
〜15:00 白馬岩岳マウンテンリゾートでコーヒーブレイク
〜18:00 ホテルに戻って夕食まで温泉+仕事
〜20:00 ホテルで夕食
〜21:00 のんびり温泉
〜22:00 メールの返信など簡単な作業
22:00 就寝
太字部分が仕事をしている時間帯

お店などが営業していて観光を楽しめる昼間の時間帯で休暇を満喫し、朝と夜を中心に仕事をしているそう。

生産性アップの他には? ワーケーションの意外なメリット

さらにメリットだと感じているのは「仕事にムダがなくなること」だそうです。

限られた時間で効率よく仕事をこなすためには、「やるに越したことはないけど、やらなくてもいい仕事」を捨てることが大切になってきます。

やるべきことは何か、やらなくていいことは何かを判断することは、オフィスや自宅で仕事するときにも大事なので、そのトレーニングにもワーケーションは有効でしょう。

また、山田さんにとってワーケーションの最大のメリットは「ストレスが減ったこと」

都心から離れることで、自然に癒やされ、リラックスができると同時に、都心の便利さに気づけることもワーケーションのメリットです。

山のような不便なところにいると、すぐにWi-Fiがつながることにも、さらには蛇口をひねるだけで水が出てくることにもありがたみを感じることができます。

両方の良さを享受する、そんな好循環も感じてもらえたらと思います。

山田さんが語るワーケーションの魅力。後編は、ワーケーションを成功させるエリアや宿の選び方と注意点、持参したいおすすめのギアについて紹介します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる