バイナリ―オプション取引

株価チャートストキャスティクスとは

株価チャートストキャスティクスとは
「RSI」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもRSIはとても便利なインジケーターです。 ただですね、 実際にRSIだけを利用してエントリーするようなことは危険であると言えます。 私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、RSIだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・ やはり、RSIだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。 しかし・・・・・ ある時期から、RSIだけでなく、自作のオリジナルインジケーターをRSIと組み合わせて利用するようにしました。 例えばですが、 ①RSIとストキャスティクスとCCIを組み合わせしたサインインジケーター「 SRC 」を利用 ②RSIとストキャスティクスの数値をMTFで表示できるインジケーター「 Rsi-Sto-View 」を利用 ③RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「 BS signal 」を利用 などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。 そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、最終的に収益が大幅に上がっていったんですよね。

仕掛け時を見極める! ストキャスティクス の正しい使い方

ストキャスティクス という名称は知っていても、テクニカル指標としての特徴、 ストキャスティクス の正しい見方ができ、実践のトレードで活用できている方は少ないかもしれません。
そこで今回は、 ストキャスティクス の計算式から、一般的に言われている ストキャスティクス の間違った見方、利益を上げるための戦略、仕掛けのタイミングについて紹介していき、実践のトレードで ストキャスティクス を使ったトレードをする際の参考にしていただける内容をお伝えします。

ストキャスティクス とは?

ストキャスティクス 株価チャートストキャスティクスとは は、
・%K
・%D
・S%D
3つの数値を使用します。
はじめに%Kが開発され、その後、%K動きを滑らかにした%Dが開発されました。その後さらに、%Dの動きを滑らかにしたS%Dが開発されました。
なぜ動きを滑らかにする改良が続いたのかというと、 ストキャスティクス はとても反応が早い指標であるため、少し価格が上昇すると数値が大きくなり、少し価格が下降すると数値がと小さくなります。反応が早いということは長所でもありますが、騙しが多くなるため、その調整をするための改良が続きました。

そして、 株価チャートストキャスティクスとは ストキャスティクス には%Kと%Dの2本を使う「ファースト ストキャスティクス 」と、%DとS%Dの2本を使う「スロー ストキャスティクス 」があります。ファーストは、わずかな値動きにも敏感に反応しやすいため、短期トレードに向いていますが、ダマシも多いため注意が必要です。
スローはファーストに比べると緩やかであり、その分反応は遅くなりますが、ダマシも少なくなりますので、仕掛けのタイミングを判断する際は、スローを使った方が安全だと言えます。

重要な3つの計算式

ストキャスティクス の計算は、難しく思われがちですが、一つ一つの意味を確認することで、実は単純な計算式で成り立っているということが分かります。
それでは、%K、%D、S%Dの数値が表す意味と、それぞれの数値の関係性について紹介していきます。


%K=(Cn‐Ln)/(Hn‐Ln)×100
Cn :当日数値
Hn 株価チャートストキャスティクスとは :当日を含めた過去n日間の最高値
Ln :当日を含めた過去n日間の最安値
Cn-Ln :現在の価格とある期間の最安値の比較
Hn-Ln :ある期間の最高値と最安値の幅
×100 :パーセント表示に変換

%D=A/B×100

A:(当日終値‐直近n日間の最安値)のX日間合計
B:(直近n日間の最高値‐直近n日間の最安値)のX日間の合計
※Xは、通常3を使います。以下X=3として解説します。

当日終値‐直近n日間の最安値)の3日間合計 ⇒%Kにおける(C-Ln)の3日間合計
直近n日間の最高値‐直近n日間の最安値の3日合計 ⇒%Kにおける(Hn-Ln)の3日間合計
×100 ⇒パーセント表示に変換

%Dとは、%Kを3日間平均しただけの数値であることが分かります。
また、%Kと%Dを使うものをファースト ストキャスティクス といいます。

S%D=%Dの3日移動平均

%Kの3日平均が%D、%Dのさらに3日平均がS%Dです。
そして、%DとS%Dをスロー ストキャスティクス といいます。

間違った ストキャスティクス の見方

ストキャスティクス についての情報は、ネットで検索して調べたり、投資関連の書籍にも記載されていますが、その情報の多くに間違った内容が記載されています。
以下のような間違った ストキャスティクス の見方があります。
・70(80)%以上が買われすぎで売りシグナル
・30(20)%以下が売られすぎで買いシグナル

利益を上げるための戦術

ストキャスティクス 株価チャートストキャスティクスとは では、前述のような間違った見方をされていることがあります。本来の ストキャスティクス が持つ利益を上げるための有効的な使い方を理解し、正しい見方をすることで、実践のトレードで活用することができます。

そこで今回は、投資の学校で講師を務める“小次郎講師”流の ストキャスティクス の使い方を紹介し、利益を上げるための戦術を作りましょう。

②%Kでは、ある一定期間のなかで、現在の価格がどれくらい高いかを判断します。
そして、%Kのパラメーターは、26日を使います。(※日足以外でも26日が有効)
通常5、9、14日等を使うことが多いですが、パラメーターが小さすぎると、わずかな変化で数値が動いてしまい、仕掛けのタイミングが上手く掴めません。 株価チャートストキャスティクスとは
逆に、パラメーターが大きすぎると、売買のシグナルが多く出すぎてしまい、騙しも多くなってしまいます。パラメーターは、その銘柄の継続期間、自分自身のトレードスタイルに合わせて決めます。小次郎講師流では、26日というパラメーターを使用します。
そこで、小次郎講師流の ストキャスティクス では、

利益を上げる戦術を構築するためには、パラメーターをどのように設定するかによって、 ストキャスティクス を有効的に活用できるかできないかが決まります。

売買を仕掛けるタイミング

ストキャスティクス を使って利益を狙うための戦略として、%KとS%Dを使い、%Kのパラメーターは26日で設定するというところまで説明しました。
では、実際にチャート上に ストキャスティクス を出したとき、どのサインを手掛かりに売買を仕掛ければ良いのかという、実践的な内容を解説します。

S%Dの方向転換を見極める

◇仕掛けの条件
・%Kが90以上で天井を付けた後、80を超えていたS%Dが80を割った時、売り場。
・%Kが10以下で底を付けた後、20を割り込んでいたS%Dが20を超えた時、買い場。

◇騙しの対策
・%KがS%Dと同じ方向を向いているということが仕掛けが成功する条件
・仕掛けた前後に%Kが明確に反転した場合は、仕掛け前なら仕掛けの中止。仕掛けた後なら、速やかに手じまう。
一度見送った%KとS%Dが見送った売買の方向に一緒に動き出したら、大きく上がった後で無い限り仕掛ける。

◇ロスカットのタイミング
・売りを仕掛けた後S%Dが再度80を超えたらすぐに手じまう。
・買いを仕掛けた後S%Dが再度20を割ったらすぐに手じまう。
・値幅でのロスカットも同時に設定する。

◇再エントリーのタイミング 株価チャートストキャスティクスとは
・売りをロスカットした後、再度S%Dが80を割れたら、再度売りで入る。
・買いをロスカットした後、再度S%Dが20を超えたら、再度買いで入る。
※だまし対策、ロスカットは同じ。

急騰トップ、急落ボトム

◇仕掛けの条件
・%Kが90から10まで一気に下落したにもかかわらず、S%Dが20を割らずに上昇してきたとき、買い場。(急落ボトム)
・%Kが10から90まで一気に上昇したにもかかわらず、S%Dが80を超えずに下降してきたとき、売り場。(急騰トップ)

◇騙しの対策
・%KがS%Dと同じ方向を向いているということが仕掛けが成功する条件。
・仕掛けた前後に%Kが明確に反転した場合は、仕掛け前なら仕掛けの中止。仕掛けた後なら、速やかに手じまう。

◇ロスカットのタイミング
・買いを仕掛けた後S%Dが20を割ったらすぐに手じまう。
・売りを仕掛け後S%Dが80を超えたらすぐに手じまう。
・値幅でのロスカットも同時に設定する。

今回は、 ストキャスティクス 一体どのようなテクニカル指標であり、どんな特徴があるのか。そして、実際に利益を上げるために ストキャスティクス 株価チャートストキャスティクスとは を使うときのポイントについて紹介しました。

ストキャスティクス の計算式は、一見複雑そうですが、一つ一つの意味を理解すれば単純な計算式だということに気付くことができます。
ストキャスティクス を使った戦略的なトレードをする際の参考にしてください。

僕が運営している投資の学校とは、2008年に「世界水準の投資教育と最高の学びを提供する」というビジョンの元、
大学受験の予備校のようなスタイルで一流の投資家から直接、彼らの実践方法を学べる学校として創業しました。

ストキャスティクスとは?FX初心者でも使える見方、使い方などを詳しく解説

FX初心者向け

ストキャスティクスは初心者でも使いやすいインジケーターとなっており、上手に使用することで利益を上げることができます

ストキャスティクスとは?

ストキャスティクスとは、相場の過熱感を分析し、相場が反転するタイミングを見つけるために利用されることが多いインジケーターのことで、オシレーター系のインジケーターの一つです

「FXをなんとなくでやっている…」 「もっと根拠を持ってトレードができたらな…」 FX初心者の中には、上記のように感じておられる方もいるのではないでしょうか。 上記の悩みの一部は、インジケーターを活用することによって解決できます。.

ストキャスティクスの見方と使い方

ストキャスティクスは0~100の間で、「%K」「%D」という2本の線を表示します

2本のラインが80%以上で推移すると「買われすぎ」、20%以下で推移すると「売られすぎ」が基本になります

ストキャスティクスで現れるサイン

ゴールデンクロス

デッドクロス

「%K」が「%D」を上から下に抜ける現象です。
買われすぎゾーンでデッドクロスが発生 → 売りサインになります。

ダイバージェンス

ファストストキャスティクスとスローストキャスティクス

ファストストキャスティクス

スローストキャスティクス

初心者は「スローストキャスティクス」がおすすめ

初心者におすすめなのは、比較的ダマシの少ないスローストキャスティクスです

ストキャスティクスと相性の良いインジケーターの組み合わせ

ストキャスティクス × MACD

「底値で買えればもっと利益でたのになあ。」 「あそこが天井だと分かれば空売りで大儲けできたのに。」 「底値や天井を知ることができるなにかいい方法はないものか。」 FXをやっていて、上記のような思いをしたことはありませんか? 今回.

ストキャスティクス使用上の注意点

ストキャスティクスは、逆張りのテクニカル分析という性質を持っているため、利益確定は素早く行う必要があります
手仕舞いのサインを待ち過ぎると、利益を確定するのに出遅れてしまうリスクがあるので、注意しましょう。

FXを始めると必ず出てくる「トレンド相場」と「レンジ相場」という言葉。 よく聞く言葉だけど違いが分からない… と悩んでいませんか? FXをするならば、テクニカル分析をするうえでも理解しておかなければならない項目です。 そして.

ストキャスティクスのまとめ

FXのヒドゥンダイバージェンスとは?ダイバージェンスとの違いについても解説

FXの取引スタイルには、逆張りと順張りというものがあります。 逆張り順張りどちらにしても、その兆候を察知する事が出来れば大きな優位性となり、トレードでも負けにくくなっていくでしょう。 今回はそんなトレンドの兆候を察知する「ヒドゥンダ.

初心者が陥りがちなFXの失敗例と対策5選!リスクを限定する技術を解説

FXでは、誰しも初心者の間は失敗をするものです。 「まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ」 という格言があるように、まずは失敗しても、次につながるトレードを行う必要があります。 今回は、そんなトレードに役立つ技術について解説したい.

ブレイクアウトとは?FX初心者がブレイクアウト手法で利益を上げるためのコツも紹介!

FXで投資をしてお金を稼ぎたい人もいるでしょう。 FXは為替を利用して投資を行って利益を狙いますが、今では多くの業者がトレードの場所を提供しており、口座開設も簡単に行うことができます。 そのため、FXの投資はとても身近に感じることが.

FXのpipsとは?算出方法、計算時の注意点など徹底解説!

「"pips"って聞いたことあるけど何なの?」 「"pips"ってどうやって数えるんだろう…」 このような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか? FXの取引においてpipsは必須の知識です。 なぜならpipsを知っている.

【初心者でもOK】FXの自動売買とは?特徴やおすすめの自動売買を徹底解説

「FXを始めたいけど、忙しくて中々こまめにチェックする時間が取れないな…」と諦めている人はいませんか? また、FXを始めてみたけど売買が難しくて中々利益が出せていない人も初心者には多いのではないでしょうか? それは、取引の手法の1つ.

FXの利益や損失にかかる税金の計算方法とは?【節税方法も解説】

今回は、FXで得た利益に対する税金について解説をします。 FXで利益を出せたとしても、税金のことは無視できません。 FXで利益を出したら税金を支払いするのは、日本国民の義務です。 確定申告が必要、また、必要でないケースがあります。.

初心者のためのストキャスティクス完全解説【具体的な活用法をチャートで解説】

この記事で解決する悩み ・GMOクリック証券FXネオが自分に合っているか知りたい! ・長所短所を知りたい! ・開設方法を知りたい! 株価チャートストキャスティクスとは 元野村證券の筆者が元証券マン目線で解説し .

【初心者向け】FX用語「pips」を完全解説

pipsってどういう意味? pipsの意味がわかってどうするの? 以上の悩みを解決できる記事を書きました。 本記事を書いている私はFXトレーダーとして活動してます。 本記事の信頼性を担保 .

FX初心者が勉強するなら、まずチャートです【次がシナリオ、資金管理】

こんにちは、Kazuoです。 元野村證券で、FX運用益は月7桁達成しています。 今回は 「FXを始めたいけど、どうやって勉強すればいいのか分からない。勉強すれば本当に勝てるのだろうか。」 .

アメリカ時間って?FX3大市場の取引時間を解説【特徴を理解し、通貨ペアを選んで自分に合ったトレードをしよう】

Kazuo(@kazuo_blog)です。 今回は、FX初心者の 「FXって時間帯によって変わるの?」 「それぞれの市場の特徴を知りたい」 そんな疑問を解消します。 株価チャートストキャスティクスとは 結論: .

FX初心者向けおすすめ漫画5選【結論:漫画はやっぱり読みやすく分かりやすい】

Kazuo(@kazuo_blog)です。 「FXをまずは漫画から読みたい」 「FXを分かりやすく解説している漫画を知りたい」 株価チャートストキャスティクスとは そんな疑問にお答えします。 本記事の内容 ポ .株価チャートストキャスティクスとは


Kazuo

【正しい知識で資産を増やす選択肢を!】
《経歴》立命館大学→野村證券→ファイナンシャルプランナー兼トレーダー兼ブロガー
飽きっぽい、挫折しやすい、すぐ辞める。
そんな学生生活を教訓に
「やりきる」ことを目指し活動中。
トレーダーとして、
某大手証券会社のFXダービーにて全国5位に入賞
月7桁を達成
「好きこそ物の上手なれ」
まずは何事も好きになるまでとことんやりきるスタンスで活動します。

ストキャスティクスとRSIを組み合わせて使ったスキャルピングトレード手法を紹介!

ストキャスティクスとRSIを組み合わせて使ったスキャルピングトレード手法を紹介!

「RSI」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもRSIはとても便利なインジケーターです。

ただですね、 実際にRSIだけを利用してエントリーするようなことは危険であると言えます。

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、RSIだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、RSIだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

しかし・・・・・

ある時期から、RSIだけでなく、自作のオリジナルインジケーターをRSIと組み合わせて利用するようにしました。

例えばですが、

①RSIとストキャスティクスとCCIを組み合わせしたサインインジケーター「 SRC 」を利用

②RSIとストキャスティクスの数値をMTFで表示できるインジケーター「 Rsi-Sto-View 」を利用

③RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「 BS signal 」を利用

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、最終的に収益が大幅に上がっていったんですよね。

ストキャスティクスは信頼できますか?

そこで、ストキャスティクス(設定5・3・3)slowに注目してチャートを見ていると、20パーセント以下で買い80パーセント以上で売れば、結構儲かりそうな気がしたのです。
このストキャスティクスと言う指標はどのくらい信頼できるものなのでしょうか?
私は現在、2000万円ほどを自分で運用しております。
中長期での運用スタイルで今までは、やってきたのですが、ストキャスティクスを参考にして短期に売買するほうが効率的なのではと、方針変更を考えております。
ご指導よろしくおねがいします。

A 同じカテゴリの新着質問

教えて!goo グレード

  • ベストアンサー優先
  • 回答者: hama4
  • 回答日時: 2005/10/05 21:51

以前にも似たような質問があって回答したことがあります。

条件:
1.期間9日で、15%以下でFast%DとSlow%Dのゴールデンクロスで買いサイン、85%以上のデッドクロスで売りサインとする
2.買いサインが出た翌取引日の寄り付きで買い、売りサインが出た翌取引日の寄り付きで売る
3.買値より売値が1円でも上回っていれば成功、同じか下回っていればダマシとする
4.平均上昇率は各銘柄・各売買の上昇・下落の率を単純平均したもの
以上の条件で検索してみました。

ありがとうございます。
勉強不足でテクニカルなことは殆ど解らない私です。
なかなか信頼できる指標だと感じました。

  • 回答者: makachinn
  • 回答日時: 2005/10/06 19:17

以下は、私の見解です、ほんの参考程度に読み流して下さい。


解説
我々は、チャートとどのように付き合うべきか?
株式投資は、小泉首相の言葉を借りれば"『総合的に判断します』”が正しいと考えます。
各チャート分析は、時系列・非時系列で、株価・出来高、各事象の変化の
一部を抽出し、加熱・冷却、需給の圧力等を強調して表示させる道具です。
戦に臨んで、戦道具に精通し、環境に応じたより良い道具を選ぶことは、
戦いを有利に運べる可能性が高まることは当然と思います。
しかし、戦の雌雄を決するのは、道具もさることながら、『物事を総合的に判断』
する、その能力に依存するものと思えてならないのです。
ご質問のストキャスティックスは、オシレーター系のチャート分析ですから、RSIなどと同様、
特異な習性があります。この道具を使いこなす方は、もちろん、この習性を熟知して、
他のチャート分析等と組み合わせて、その欠点を補い、テクニカルから見た判断を
されておられると考えます。言わば、戦には刀も弓も鉄砲も必要と言うことです。
しかし、これら全ては道具です、道具類に過度の信を置いて売買することに、
少なからず危険を感じます。このあたりの事をよくよくお考えの上、
株式投資に成功されん事を祈ります。
株式投資歴の長い先輩に対し「釈迦に説法」となりました事をお詫び申し上げます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる