外国為替市場

FXの取引時間 取引が活発な時間帯

FXの取引時間 取引が活発な時間帯
性別:男性
年齢:30代
職業:派遣社員
マネックスと言えば米国株といわれるほど、米国株に特化した仕様になっています。 銘柄選定や分析の際にファンダメンタルズ分析はかかせませんが、マネックス独自の銘柄スカウターが非常によくできています。 実際、取引自体は他の証券会社でも銘柄スカウターのために、マネックス証券口座を開く人がいるくらいです。 マネックスで取引するにせよ、しないにせよ、米株をやる方はマストな証券会社です。

FXの取引時間 取引が活発な時間帯

ロンドンセッション – GMT午前8時から午後4時までオープン; EUR, GBP, USDが最も動きのある通貨

米国セッション – GMT午後1時から午後10時までオープン;USD, EUR, GBP, AUD, JPYが最も動きのある通貨

Tradexfin Limitedは、証券ディーラーライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁(FSA)により規制されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 | 契約条件
Fintrade Limitedは、証券ディーラーライセンス番号GB20025835の下、モーリシャス金融サービス委員会(FSC)より、規制されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 | 契約条件

TPS Management Limitedの所在地は、Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, Cyprusです。 TPS Management LimitedはTradexfin Limitedが完全に所有しています。

リスク警告: FXおよびCFD商品取引には投資元金を失う非常に高いリスクが伴います。弊社Tradexfinのリスク開示およびFintradeのリスク開示をお読みの上、十分にご理解ください。

お客様の個人情報を大切にします

お客様のクッキーの設定

クッキーとは何ですか?

クッキーは何の役に立つのですか?

以下は、クッキーが弊社に提供する一部の機能の概要です:

    FXの取引時間 取引が活発な時間帯
  • お客様の個人情報を確認し、お客様のアクセス元の国を特定する
  • ブラウザ種類と端末をチェックする
  • ユーザーの参照元となったサイトを追跡する
  • 第三者によるコンテンツの適切なカスタマイズを可能にする

本ウェブサイトは、Google, Inc. 社(「Google」)が提供するウェブ分析サービスのGoogle FXの取引時間 取引が活発な時間帯 アナリティクスを使用しています。Google アナリティクスは、お客様のコンピュータに保存されている分析クッキーを使用してユーザーのウェブサイトの利用を分析します。クッキーによって生成されたお客様のウェブサイトの利用に関する情報(お客様のIPアドレスを含む)は、Googleによってそのサーバーに送信され、保存される場合があります。Google はこの情報を使用してウェブサイトの利用状況を評価し、ウェブサイトの活動に関するレポートを編集し、ウェブサイトの活動やインターネットの利用に関連するその他のサービスを提供する場合があります。また、Google は法律によってこちらを行うことが必要な場合には本情報を第三者に転送する場合があり、こちらには当該第三者がGoogle に代わって情報を処理する場合も該当します。Googleは、お客様の IP アドレスを他のデータと関連付けることはありません。本ウェブサイトを使用することにより、お客様は、Googleにお客様に関する情報を上記に規定された方法および目的にて処理する許可を与えます。

【米国在住者向け】アメリカでFXの始めるにあたり ∼ビザ、取引時間や取引所について∼


この質問には2つの別の要素があるのですが、まずトレーダーの仕事で米国就労ビザが取得できる場合というのは、 ビザのスポンサーになってくれるところがあるなら有り得る話 です。例えばどこかのトレードデスクや、企業で資産運用を任される場合、その企業側がビザのスポンサーになってくれることはあります。サミさんのいるT3ライブも以前はビザのスポンサーをしていました。

ですが、その際に発行されるビザは H1Bビザといって、投資家ビザ(E1ビザ)ではありません 。H1Bは特殊技能を持つ技術者が得られるビザなので、例えばエンジニアや医者を始め、それ以外でも何か技術を要する高学歴者のビザはH1Bです。

ちなみに、 投資家ビザというのはEビザといって、トレーダーには関係なく、アメリカで起業をする方向けのビザ です。厳密には、E1EB5といった、永住権なしのものとありのものの2つがあるようですが、どちらにせよ一定額以上の投資と、米国人の従業員を雇うなどの条件が付くものなので、なかなかハードルが高いビザなのですね。

配偶者ビザのH4やE2などは?

しかし、例えばH4ビザなんかは就労許可証をもらえないことが多いです。その際に取得するのが FXの取引時間 取引が活発な時間帯 ITINIndividual Taxpayer Identification Number)です。

しかしながら、ビザの有効期限の問題や、 収入があることで移民局側から何か言われる可能性も否定できない ので、これもビザを取得したときの移民弁護士に相談するのが良いですね。

学生ビザのF1・M1保持者はどうか

FXの取引時間

FXの取引可能時間


日本国内は時差がないので、どこに住んでいても取引時間は共通ですね。簡単に主要都市の時間をまとめると、

日本:日本時間月曜日午前7時から土曜日午前7時(冬期)
ニューヨーク:イースターン時間日曜日午後5時から金曜日午後5時
サンフランシスコ:パシフィック時間日曜日午後2時から金曜日午後2時
ロンドン:UK時間日曜日午後10時から金曜日午後10時
シドニー:シドニー時間月曜日午前9時から土曜日午前9時

ですので、旅行や長期滞在などで地域が変わると、取引時間もその地の時間で変わるので、気をつけてくださいね。ちなみに、この中でサマータイムがないのは日本だけですよね。ですので、 日本は夏季は一時間早まります 。今アメリカではサマータイムがオフになりウィンタータイムなんて言ったりしていますが、本来は今の時間が正式な時間です。

このサマータイムは英語圏ではDST(Daylight Saving Time)といって、夏ごろ(4月始めから10月終わり)の間を一時間早め、明るい時間を有効に使うことが目的だとかそうでないとか。近年はスマホ保持が当たり前になったので良いですが、私が米国に来た10年以上前はガラケーが当たり前で、時間変更も手動だったため、当時は多くの人が仕事や学校に遅れてきたりしていました^^

アメリカ国内の時差と取引時間

イースターンタイムゾーン:ニューヨークやボストンなどの東海岸
パシフィックタイムゾーン:ロサンゼルスやサンフランシスコなどの西海岸
マウンテンタイムゾーン:ユタやアリゾナ、コロラドなどの山岳部
セントラル:ミズーリ、テキサス、モンタナなどの中部

イースターン:日曜日午後5時〜金曜日午後5時
パシフィック:日曜日午後2時〜金曜日午後2時
マウンテン:日曜日午後3時〜金曜日午後3時
セントラル:日曜日午後4時〜金曜日午後4時
アラスカ:日曜日午後1時〜金曜日午後1時
ハワイ:日曜日午後12時〜金曜日午後12時

ちなみに、アメリカは全州サマータイムがあるのかと言うとそうではなく、 ハワイとアリゾナ州では採用していないのでご注意 ください。また、サマータイムやウィンタータイムの変更は、日曜日の午前12時頃に行われるのですが、FXの世界ではその変更になる直前の月曜日から時間変更がされるので、時間変更前の1週間は1時間時間がずれる、なんてトリビアもあります^^

ニューヨークタイム、ロンドンタイム、東京タイム


これまでは取引可能な時間帯として、各国やアメリカ国内の時間の説明をしてきましたが、FXの世界では、このニューヨーク、ロンドン、東京の3つの地域での時間が、取引する上で値動きの傾向を予測するのに重要だったりします。ここでいうロンドンタイムとかニューヨークタイム、という呼び名は、 取引可能な時間帯のことではなく、その地域に住んでいるトレーダーが最も活発に取引する時間帯 を意味します。ですので、各時間帯によって値動きの傾向が変わってくるので、それを意識しながら取引するとより戦いやすくなります。冒頭で、私は取引時間に恵まれていると言ったのはこのことなんですね。ニューヨークタイムで取引できるので、トレンドができやすく、動きやすいので一番取引しやすいのです。

時間がない兼業トレーダーでも問題なし!隙間時間で利益を上げたい取引時間のクセを解説

Business Time World Time - geralt / Pixabay

Watch Collection Mechanical - Pic_Panther / Pixabay

Pic_Panther / Pixabay

FXは土日を除く平日時間帯で、原則24時間取引が可能です。月曜朝にオープンし、土曜朝にクローズします。

ただし、3月の第2日曜日~11月の第1日曜日はサマータイムというものが設定されており、通常よりも1時間オープン・クローズの時間帯が早まるため注意が必要です。

時期オープン時間クローズ時間
サマータイム月曜 06:00土曜 06:00
サマータイム以外月曜 07:00土曜 07:00

土日は基本的に取引が停止されていますが、中東など一部の地域では土日でも取引が行われています。そのため、週末に大きなニュースなどが発生した場合は週末に為替の急激な変動が発生することもあります。

取引時間の早見表

特に濃い色で示されている時間帯は値動きが活発であり、積極的に取引を行いたい時間帯です。

各時間帯の特徴や特性

Money Finance Mortgage Loan - nattanan23 / Pixabay

nattanan23 / Pixabay

オセアニア時間

Uluru Ayers Rock Sandstone Monolith - wagjm / Pixabay

wagjm / Pixabay

しかし、この時間帯は参加者も少なく、明け方にかけてよほど大きな発表等がなければそこまで大きく値が動くことはありません

また、ほとんどの業者はオセアニア時間帯のスプレッドが広くなっているため、オセアニア時間帯でのトレードは控えた方が無難です。

City Bridge Evening Twilight Bay - xegxef / Pixabay

xegxef / Pixabay

シグナルさえしっかりと読むことができれば、あまりダマシなどが発生しにくく初心者に優しい相場と言えるかもしれません。

ただし、東京時間はまだまだ参加者も少ないため、東京市場で構築されたトレンドは長く続かないことが多いです。午前中で大きく利益がとれたなら、11時過ぎくらいで手じまいしてしまうのもよいでしょう。

仮に為替が一時的な上昇トレンドとなっていても、株価が大きく下がっている時には上値が重くなったりします。トレードの際は株価の動きも意識するようにしましょう。

日経平均は前日の米株値動きの影響を受けやすいので、前日の米株値動きを確認しておくとある程度株価の予想も立ちやすくなります。

9:55に仲値が発表されます。仲値は金融機関が外国為替を取引する際の基準となるレートであり、発表後は輸出入企業の取引が活発になるため値動きも活発化していきます。

ロンドン時間

London City Skyscrapers Buildings - CoreRising / Pixabay

CoreRising / Pixabay

ロンドン時間は東京市場で出来たトレンドに逆行するような値動きとなることが多いです。

これはロンドン時間に参戦する投資家の目線に立ってみると理解できると思いますが、東京時間で発生したトレンドにそのまま乗ってしまうと高値買い、安値売りとなってしまうんですよね。

東京時間のトレンドに逆行してエントリし、トレンドが転換できれば底・天井でエントリできたことになります。

もしトレンドを転換するまでに至らなくても、ある程度戻ってくれば押し目買い・戻り売りに転じることでより多くの利益をとることができるようになる訳です。

米国株の取引時間について解説!日本株との違いは?

米国株の取引時間について解説!日本株との違いは?

アメリカ市場の取引時間は、9時30分~16時(日本時間23時30分~翌6時)です。そのため、日本時間の土曜日の朝6時まで取引ができ、月曜日は23時30分から取引を開始できます(サマータイム中の取引時間は日本時間の22時30分〜翌5時)。 プレマーケットやアフターマーケットなど立会時間外取引市場を活用する場合は、月曜日は21時(または22時)から、土曜日は午前9時(または10時)まで取引が可能です。 ただし、注文受付や取引時間は証券会社によって異なる場合があるので、事前に確認しましょう。

アメリカの祝日

アメリカの祝日

  • 1月1日:元日(New Year’s Day)
  • 1月17日:キング牧師生誕記念日(Martin Luther King Jr Day)
  • 2月21日:ワシントン生誕記念日(Washington’s Birthday)
  • 5月30日:戦没将兵追悼記念日(Memorial Day)
  • 6月19日:奴隷解放記念日(Juneteenth)
  • 7月4日:独立記念日(Independence Day)
  • 9月5日:労働者の日(Labor Day)
  • 10月10日:コロンブス・デー(Columbus Day)
  • 11月11日:退役軍人の日(Veterans Day)
  • 11月24日:感謝祭(Thanksgiving FXの取引時間 取引が活発な時間帯 Day)
  • 12月25日:クリスマス(Christmas Day)

米国株やその取引市場の特徴とは?日本の株式とどう違う?

世界最大で最強の市場

アメリカの株式市場(NYダウ)は、長期的に成長が続いています。平成の30年間で、日経平均株価のパフォーマンスはマイナスでしたが、NYダウは約12倍になりました。また、ナスダック総合指数は平成の30年間で約21倍になっています。

ナスダック総合指数

高配当銘柄が多い

FXの取引時間 取引が活発な時間帯 FXの取引時間 取引が活発な時間帯
銘柄 直近配当利回り
デボンエナジー 6.FXの取引時間 取引が活発な時間帯 86%
IBM 4.81%
アルトリア・グループ 7.36%
ベライゾン コミュニケーションズ 5.04%
AT&T 5.37%
SFL コーポレーション 8.13%
ルーメン テクノロジーズ 8.87%

多くの企業で配当が年4回ある

一方で米国株は、多くの銘柄が年4回の配当を実施しています。そのため、四半期に一度のペースで配当を受け取ることが可能です。例えばアップル は、例年2月、5月、8月、11月に配当を実施しています。

数十年単位の長期連続増配銘柄が豊富にある

やスリーエム 、コカ・コーラ 、ジョンソン・エンド・ジョンソン など、50〜60年以上連続で増配を達成している銘柄があります。

1株単位で気軽に購入できる

ティッカーシンボルで表示されるので初心者でもわかりやすい

ティッカーシンボル

FXの取引時間 取引が活発な時間帯
銘柄 ティッカーシンボル
アップル AAPL
マイクロソフト MSFT
コカ・コーラ KO
テスラ TSLA
アマゾン AMZN
ベライゾン・コミュニケーションズ VZ

値幅制限がないのでハイリスク、ハイリターン

日本株には、投資家保護を目的に「ストップ高」「ストップ安」という値幅制限が設けられています。ストップ高またはストップ安になると、その日の取引はできなくなります。しかし、米国株にはストップ高、ストップ安などの値幅制限はありません。値幅制限がないので、ハイリスク・ハイリターンの取引が可能です。

米国株を取引できる証券会社5つ

1.SBI証券

米国株の取引時間について解説!日本株との違いは?

取扱外国株式

米国株の取扱銘柄数は6,000銘柄超(2022年6月11日時点)です。最低手数料は0ドルで、米国株をSBI証券に貸して金利手数料を得る「米国貸株サービス」も行っています。決算速報やアナリストレポートが充実しているため、情報の収集も効率的です。米国株をはじめとした外国株式の取り扱いが豊富であり、手数料が安いという魅力があります。

FXの取引時間 取引が活発な時間帯
注文可能時間 冬時間 下記以外の時間帯
19時〜19時30分
取引終了後〜9時頃
夏時間 下記以外の時間帯
19時〜19時30分
取引終了後〜9時頃
時間外対応 下記以外の時間帯
23時30分〜6時
6時〜10時30分 FXの取引時間 取引が活発な時間帯
19時〜19時30分 ※冬時間
取引手数料 約定代金の0.495%
最低手数料:0ドル
上限手数料:22ドル
米国株取扱数 6,000銘柄超 ※2022年6月11日時点
キャンペーン ・米国株式入庫で選べるポイント100ptもれなくプレゼント!キャンペーン
・【対象米国ETFは買付手数料無料!】SBI ETFセレクション
・Wow!株主デビュー!~米国株式手数料Freeプログラム~
・米国株式移管入庫手数料まるっとおまかせプログラム!

性別:女性
年齢:30代
職業:正社員

米国株式の取扱銘柄が多く手数料が安いことからSBI証券で米国株式の取引をしています。取扱銘柄が5000を超えていて、銘柄のレポート等も充実しているのでなかなか自分では追いきれない情報も学ぶことができるのでその点がとても魅力的だと思います。また、米国株にもNISAが使うことができるので日本株より化ける可能性が高い米国株式のメリットを受けられると思います。

2.楽天証券

米国株の取引時間について解説!日本株との違いは?

楽天証券指定の米国ETFは、買付手数料が無料です。取引ツールが使いやすく、投資情報も充実しています。

FXの取引時間 取引が活発な時間帯 FXの取引時間 取引が活発な時間帯
注文可能時間 冬時間 下記以外の時間帯
月〜金:6時〜8時
土:6時〜8時、翌2時30分〜3時30分、5時〜5時15分
日:翌2時30分〜3時30分、5時〜5時15分
夏時間 下記以外の時間帯
月〜金:5時〜8時
土:5時〜8時、翌2時30分〜3時30分
日:5時〜5時15分、翌2時30分〜3時30分
時間外対応 月〜金:8時〜23時30分
土:8時〜翌2時30分、3時30分〜5時、5時15分〜6時
日:6時〜翌2時30分、3時30分〜5時、5時15分〜6時
※冬時間
取引手数料 約定代金の0.495% FXの取引時間 取引が活発な時間帯
最低手数料:0ドル
上限手数料:22ドル
米国株取扱数 4,577銘柄 ※2022年6月11日時点
キャンペーン・米ドル為替手数料キャッシュバックキャンペーン
・米国株式取引手数料無料プログラム

米国ETF

性別:男性
年齢:30代
職業:派遣社員

ネット証券の中でもSBIと並んで口座開設数が多い人気のある証券会社です。 サポート体制もしっかりしており安心して使うことができます。 例えば、SBIの場合、日本株と米株は別のアプリを起動する必要がありますが、楽天の場合、ひとつのアプリで日米ともに取り扱いできるので米株を扱う際の資金管理がしやすいです。 チャートも統一されており、ユーザーインターフェースも直感的でよくできていると思います。

3.マネックス証券

米国株の取引時間について解説!日本株との違いは?

マネックス証券は米国株と中国株を取り扱っています。米国株と中国株を合わせた取扱銘柄数は6,000を超え、米国株の最低手数料は0ドルです。

FXの取引時間 取引が活発な時間帯
注文可能時間 冬時間 下記以外の時間帯
10時〜22時
夏時間 下記以外の時間帯
9時〜翌21
時間外対応 22時〜23時30分、翌6時〜10時
※冬時間
取引手数料 約定代金の0.495%
最低手数料:0ドル
上限手数料:22ドル
米国株取扱数 4,619銘柄 ※2022年6月時点
キャンペーン ・米国株デビュー応援プログラム手数料キャッシュバック
・USAプログラム(米国ETF買付応援プログラム)

性別:男性
年齢:30代
職業:派遣社員

マネックスと言えば米国株といわれるほど、米国株に特化した仕様になっています。 銘柄選定や分析の際にファンダメンタルズ分析はかかせませんが、マネックス独自の銘柄スカウターが非常によくできています。 実際、取引自体は他の証券会社でも銘柄スカウターのために、マネックス証券口座を開く人がいるくらいです。 マネックスで取引するにせよ、しないにせよ、米株をやる方はマストな証券会社です。

4.DMM 株

米国株の取引時間について解説!日本株との違いは?

DMM 株は約定代金にかかわらず、米国株取引手数料は一律0円です。保有する米国株を担保にして信用取引ができます。また、1つのスマホアプリで国内株と米国株の両方を取引できるため、非常に便利です。

FXの取引時間 取引が活発な時間帯
注文可能時間 冬時間 下記以外の時間帯 FXの取引時間 取引が活発な時間帯
日〜金:6時〜16時
土:3時〜16時
夏時間下記以外の時間帯
日〜金:5時〜16時
土:3時〜16時
時間外対応 16時〜23時30分
取引手数料 約定代金にかかわらず一律0円
米国株取扱銘柄数 1,617銘柄 ※2022年6月11日時点
キャンペーン 現在実施中の米国株キャンペーンはありません。

5.PayPay証券

米国株の取引時間について解説!日本株との違いは?

PayPay証券では、米国株の取引時間によって手数料が変わります。23時30分〜6時は「基準価格×0.5%」で、それ以外の取引時間は「基準価格×0.7%」です。取扱銘柄数は少ないですが、アマゾン やアップル 、コカ・コーラ など有名企業は揃っています。

FXの取引時間 取引が活発な時間帯
注文可能時間 冬時間 下記以外の時間帯
10時〜22時
夏時間 9時〜21時
時間外対応 22時〜23時30分、翌6時〜10時
※冬時間
取引手数料 ・取引時間 23時30分〜6時:「基準価格×0.5%」 FXの取引時間 取引が活発な時間帯
・取引時間 上記以外:「基準価格×0.7%」
米国株取扱銘柄数 145銘柄 ※2022年6月11日時点
キャンペーン ・日米株買い付けキャンペーン

性別:女性
年齢:50代
職業:アルバイト・パート

PayPay証券は、アプリがとても見やすく使いやすいので、投資の素人でも1,FXの取引時間 取引が活発な時間帯 000円から気軽に個別株等を購入できます。GAFAM等よく目や耳にする世界的に超有名な企業や、自分が商品を買ったことがある会社等の株主になれるのは楽しい体験です。アプリを開くと現在の自分の保有株がどれくらいの価値になっているのかすぐ確認できるので、投資初心者にはおすすめできると思います。

米国株売買の始め方

米国株を扱う証券会社で口座を開設する

米国株の取扱銘柄数や手数料、注文時間、取引時間、取引ツールなどを比較して、自分に合う証券会社を選ぶことが大切です。自分に合う証券会社を見つけたら、口座開設の手続きを行います。スムーズに手続きを進めるために、事前に必要書類を確認しておきましょう。

決済通貨を決めて購入資金を入金する

FXの取引時間 取引が活発な時間帯
決済方法 内容
円貨決済 証券口座に入金した日本円を使って米国株を注文する方法。証券会社の指定為替レートで自動的に円がドルに換金され、売買を行う。
ドル決済 米国株を直接ドルで購入する方法。米ドルMMF買付や為替取引、ドル入金などの方法で、あらかじめドルを用意する必要がある。

銘柄を選択して購入する

注文が成立すると、保有株の評価損益などの情報を確認できるようになります。あらかじめ「株価が◯◯円まで上がったら(下がったら)売る」など、売買ルールを決めておくと決済タイミングを迷わずに済みます。

米国株を取引するときのポイント

低コストで日本語に対応している日本のネット証券がおすすめ

海外の証券会社は日本語に対応していないところが多いので、外国語が堪能でないとスムーズに利用することができず、気軽に問い合わせもできません。国内の対面式の証券会社は手数料が高いのでコスト負担が大きく、利益を圧迫してしまいます。

対面式の証券会社より低コストで取引できるのも魅力です。米国株を取引する場合は、日本のネット証券を選ぶと、低コストで安心して利用できます。

手間を省ける円貨決済とコストを抑えられる外貨決済

円貨決済は、証券口座に入金している日本円を使って米国株を購入する方法です。購入時に証券会社の指定為替レートで自動的にドルに交換されるため、ドルを用意する手間を省けます。外貨決済より手数料は高くなりますが簡潔でわかりやすいため、米国株初心者におすすめの決済方法です。

米国株を購入する際は、手間を省ける円貨決済かコストを抑えられる外貨決済を選択する必要があるので、事前に決めておくとよいでしょう。初心者には円貨決済をおすすめします。

米国株のおすすめ銘柄はGAFAM

Google(Alphabet)

Google(Alphabet) は、Google ChromeやYou Tube、Gmail、Google Calendar、Androidなど、多くの人が利用するサービスを提供している、世界的に有名なIT企業です。Alphabet は、Googleやグループ会社の持株会社として2015年に設立されました。

Apple

Appleは 、iPhoneやiPad、Mac、Apple Watchなどを販売する超有名企業で、2022年6月時点では時価総額は2兆2,194億ドル(約288兆円)以上です。これはトヨタの時価総額約35兆円の8倍以上であり、東証一部の時価総額の半分に相当します。

Facebook(Meta)

Amazon

Microsoft

個別株だけじゃない!米国株式の取引で押さえておきたいETF、ADR

ETFとは

ETF(Exchange Traded Fund)とは上場投資信託のことです。

ETFの主な特徴

  • 指数に連動するため値動きを把握しやすい
  • 分散投資ができる
  • コストが安い
  • いつでも売買できる

ETFは株価指数などに連動するパフォーマンスを目指しているため、NYダウやナスダック総合指数などの指数をチェックすれば値動きを把握できます。

ADRとは

ADR(American Depositary Receipt)とは米国預託証書のことです。米国預託証書は、アメリカ以外の企業や政府、アメリカ企業の外国法人などが発行する有価証券に対する所有権を示す、米ドル建ての記名式譲渡可能預り証書です。

米国株を取引する主要な2つの市場

伝統のある大手優良企業の上場が多いニューヨーク証券取引所(NYSE)

ニューヨーク証券取引所(NYSE)は「ビッグ・ボード」とも呼ばれる世界最大の証券取引所で、ニューヨークのウォール街にあります。ロンドン証券取引所の次に古い証券取引所です。

ニューヨーク証券取引所は上場審査が世界で最も厳しい証券取引所として知られており、ゴールドマン・サックスやエクソン・モービル、コカ・コーラ、ウォルマート、JPモルガン・チェース、ジョンソン・エンド・ジョンソンなど世界的に有名な企業が名を連ねています。

ハイテク・IT関連企業が多く上場しているナスダック(NASDAQ)

ナスダック(NASDAQ)は、1971年に設立された新興企業向けの株式市場です。新興企業向けの株式市場としては世界最大規模で、アップルやアルファベット、アマゾン、ネットフリックスなど、人気企業が多数上場しています。

ナスダックは日本市場で例えるとマザーズやジャスダックのような位置づけで、大きく成長する可能性を秘めた企業の株が取引されています。

米国株の取引で覚えておくとよいアメリカの代表的な株式指数3つ

1.米国株指数の中で最も古いNYダウ

NYダウはアメリカの代表的な株式指数で、1896年からダウ・ジョーンズ社が算出しています。「ニューヨークダウ」と呼ばれることが多いですが、正式名称は「ダウ工業株30種平均」です。

2.NASDAQの全銘柄を対象に算出されるナスダック総合指数

ナスダック総合指数は、ベンチャー向け株式市場であるNASDAQに上場する全銘柄を対象とした時価総額加重平均型の指数です。1971年に始まった指数で、当時の値を100として算出しています。

NASDAQには、テスラ やマイクロソフト 、アマゾン 、ネットフリックス 、ペイパル

3.勢いのある代表500銘柄から算出されるS&P500

S&P500は、ニューヨーク証券取引所やNASDAQなどに上場していて、流動性のある大型株から選ばれた500銘柄で構成されています。NYダウ同様、ダウ・ジョーンズ社が算出しています。日本市場のTOPIXと同じように、時価総額を指数化したものです。

S&P500の構成銘柄には、フォード やゼネラル・モーターズ 、バンク・オブ・アメリカ 、エクソン・モービル などがあり、構成銘柄は定期的に見直されます。

FXで値段が動きやすくなる時間帯は?【初心者向け】

FX

1日中休みの日だと「今日はFXをするぞ」と朝から張り切ってしまいますよね。でも、いざモニターの前で待っていても一向に値段が動いてくれません。結局、値段が動き出したのは21:00を過ぎてから、なんて経験はありませんか?

FXで値段が動きやすくなる時間帯は?

FXの世界三大取引市場

外国為替市場では三大取引市場が開いている時に値段が動きやすくなります。

三大取引市場とは「東京市場」「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」のことです。

東京市場:9:00〜15:00

この時間帯によく取引される通貨はクロス円が多いです。

ロンドン市場:16:00〜24:00

ユーロ、ポンドの値段が良く動きます。

また、ロンドン市場には、早出組と呼ばれる投資家がおり、実際は1時間早い15:00から値段が動きやすくなることが多いです。

ニューヨーク市場:21:00〜6:00

ロンドン市場とニューヨーク市場が重なる21:00〜24:00が一番活発に値段が動きます。

アメリカの経済指標の発表が多くあります。

米ドルは世界の基準通貨なので多くの通貨に影響があるので注意が必要です。

ヨーロッパやアメリカには冬時間というものがあります。

冬時間になると市場の時間が1時間繰り下がるので注意が必要です。

冬時間は11月第1日曜日の2:00〜3月第2日曜日の2:00までです。

仲値決め:9:55

それら商品にリアルタイムでレートを適用するのは効率が悪いため、その日1日はこのレートで行きましょう。というその日の基準レートがあります。

その基準レートを仲値と呼びます。

その仲値は9:55に決まるため、その時間の直前になると少しでも自分たちに有利な価格にしたい機関投資家同士の攻防が起こります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる