投資徹底攻略

サポートラインとレジスタンスライン

サポートラインとレジスタンスライン

↑ ↑ ↑ サポートラインとレジスタンスライン
また、特にローソク足が何度も同じような価格に近づいては離れる事を
繰り返しているところは、大きなサポートライン、レジスタンスライン
があると把握しましょう。

ローソク足研究所

☆価格は人によって作られる ☆価格は悲しい事に敗者が決めている ☆価格は恐怖と欲望のギャップとバランスで成り立つ ☆価格変動には出来高というドラマがある ☆テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・理論・法則は強く意識され時に無視される

【仮想通貨:ビットコイン】高値9160ドルからの下落…どこまで落ちるの?恐怖を支えるラインとは??

この記事のポイント

  • 支持線(サポートライン)8280ドル
  • 支持線を割ると次のステージ8000ドル、7700ドル、7600ドル
  • 上値は重そうなので8450ドルが抵抗線(レジスタンスライン)となりそう
  • 上昇は9160ドルを超えたのを確認してから
  • 買い遅れる事を今は意識しすぎないように注意する(狼狽売りの急落はまだ起こる可能性あり)

ちょっと余談話…よだばな

私は浸しみやすく 『仮想通貨』 と呼ばせてもらってるけど、金融庁としては 『暗号資産』 と呼ぶ事になっているのを皆は忘れてないかい??

いやね、この前たまたまお店で見てたNHKのニュースで普通に 『仮想通貨』 って言ってたのでね 。

いやいや、これはね仮想通貨は 『仮想通貨』 として流行った過去があり『通貨』という言葉がジャパニーズ円やUSドルのような通貨と同じように思われないように金融庁は 『資産』 サポートラインとレジスタンスライン と言う言葉で国民が勘違いしないように決めた呼び名なんだけどね、

『暗号資産』 って言葉に皆ついて来ないのなんのw

だから金融庁も 【暗号資産(仮想通貨)】 って()の中に仮想通貨って書いてる始末(…じゃあええやんけ)

そもそも 【仮想通貨】 の名で有名になったビットコインその他アルトコイン達は 【仮想通貨】 として流行ったのだから、

ゴールド相場見通し|FX/GOLD/XAUUSD/金価格|2022年7月6日チャート今後の予想


(参照:FRED)

具体的には、 雇用の状況であったり、企業ごとの決算/ガイダンス などです。

中期的には下目線優勢なテクニカル状況

4時間足ベースで見ると、グレーの中期レンジを下にブレイクして、 高値の切り下げを大きな波の単位で継続 していることがわかります。

短期的にはファンダメンタルの変数が多い

中長期の話をすると金価格の見通しは暗めでしたが、 短期的なお話をすると中立気味 となります。

こういったファンダメンタルの要素も週の後半には控えているので、 短期的には反発が1800ドル近くまで登ってくるのも想定の1つ として事前に認識しておくと良さそうです。

ゴールド相場(GOLD)_今後の注目ポイント

中期下降トレンドライン

1800ドルのレジスタンスエリア

1760ドルのサポートエリア

ゴールド(GOLD)の初トレードが不安な方へ

まず、 不安を感じることは大変良いこと です。
リスクを把握しようとする姿勢はトレードに欠かせません。

ボラティリティが高いゴールドでは、慣れない内に大きく損失を出す可能性があります。
急激な変動を見せるため、人によっては 1時間で資産をすべて溶かすケース も・・・

それを防ぐための 最低限の1意見 を書かせてください。

ゴールドのトレードなら海外業者の利用がおすすめ

ゴールドのトレードをするなら、海外業者のご利用を推奨いたします。
海外業者には ゼロカットシステム が採用されているためです。

FXを含め、CFD(差金決済取引)の際には レバレッジ をかけることが多いです。
レバレッジとは「入金額以上の金額規模でトレードを行うことができる仕組み」を指します。

レバレッジは諸刃の剣なので、100万円で1,000万円分の取引ができる反面、
100万円の資産でトレードしたにもかかわらず、1億円の負債を抱えるリスク もあります。

厳しい話をすると、 サポートラインとレジスタンスライン 初心者であろうと投下資金以上の借金を抱える可能性 があります。

それを回避するのが海外業者採用のゼロカットシステムで、
「 投下資金以上の損失は計上しない仕組み 」となっております。

ゼロカットシステムによって、
最大損失は自分が入金した金額に限定しつつ、
勝ち分は無限に膨らませることができます。

それでも、「 海外 」という単語にアレルギーがある方もいらっしゃると思います。

「よく分からない不安がある中で、海外業者も複数あるがどうすれば・・・」
という方には、 まずはXMという業者をおすすめいたします。

中には危険な海外業者も

逆に不安が全く無いというのは危険なので、
海外業者で起こり得る以下の事例 も紹介しておきます。

上記は私も相談を受けたことがありますが、
「よく分からないけどすごく条件が良かった」という理由のみで
口座開設をしてそうなったという内容がほとんどです。

ただでさえ金銭が動くトレードで、このような無駄な不安は取り除きたいと思います。
その観点では、「 海外業者に迷ったら最初はXM一択 」ぐらいで捉えておいても良いです。

私は ボーナスが充実している海外業者のGEMFOREX も活用していますが、
こちらは少し海外業者のトレードに慣れてからのほうがうまく活用できる印象です。

ローソク足研究所

☆価格は人によって作られる ☆価格は悲しい事に敗者が決めている ☆価格は恐怖と欲望のギャップとバランスで成り立つ ☆価格変動には出来高というドラマがある ☆テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析・理論・法則は強く意識され時に無視される

【仮想通貨:ビットコイン】高値9160ドルからの下落…どこまで落ちるの?恐怖を支えるラインとは??

この記事のポイント

  • 支持線(サポートライン)8280ドル
  • 支持線を割ると次のステージ8000ドル、7700ドル、7600ドル
  • 上値は重そうなので8450ドルが抵抗線(レジスタンスライン)となりそう
  • 上昇は9160ドルを超えたのを確認してから
  • 買い遅れる事を今は意識しすぎないように注意する(狼狽売りの急落はまだ起こる可能性あり)

ちょっと余談話…よだばな

私は浸しみやすく 『仮想通貨』 と呼ばせてもらってるけど、金融庁としては 『暗号資産』 と呼ぶ事になっているのを皆は忘れてないかい??

いやね、この前たまたまお店で見てたNHKのニュースで普通に 『仮想通貨』 って言ってたのでね 。

いやいや、これはね仮想通貨は 『仮想通貨』 として流行った過去があり『通貨』という言葉がジャパニーズ円やUSドルのような通貨と同じように思われないように金融庁は 『資産』 と言う言葉で国民が勘違いしないように決めた呼び名なんだけどね、

『暗号資産』 って言葉に皆ついて来ないのなんのw

だから金融庁も 【暗号資産(仮想通貨)】 って()の中に仮想通貨って書いてる始末(…じゃあええやんけ)

そもそも 【仮想通貨】 の名で有名になったビットコインその他アルトコイン達は 【仮想通貨】 として流行ったのだから、

ゴールド相場見通し|FX/GOLD/XAUUSD/金価格|2022年7月6日チャート今後の予想


(参照:FRED)

具体的には、 雇用の状況であったり、企業ごとの決算/ガイダンス などです。

中期的には下目線優勢なテクニカル状況

4時間足ベースで見ると、グレーの中期レンジを下にブレイクして、 高値の切り下げを大きな波の単位で継続 していることがわかります。

短期的にはファンダメンタルの変数が多い

中長期の話をすると金価格の見通しは暗めでしたが、 短期的なお話をすると中立気味 となります。

こういったファンダメンタルの要素も週の後半には控えているので、 短期的には反発が1800ドル近くまで登ってくるのも想定の1つ として事前に認識しておくと良さそうです。

ゴールド相場(GOLD)_今後の注目ポイント

中期下降トレンドライン

1800ドルのレジスタンスエリア

1760ドルのサポートエリア

ゴールド(GOLD)の初トレードが不安な方へ

まず、 不安を感じることは大変良いこと です。
リスクを把握しようとする姿勢はトレードに欠かせません。

ボラティリティが高いゴールドでは、慣れない内に大きく損失を出す可能性があります。
急激な変動を見せるため、人によっては 1時間で資産をすべて溶かすケース も・・・

それを防ぐための 最低限の1意見 を書かせてください。

ゴールドのトレードなら海外業者の利用がおすすめ

ゴールドのトレードをするなら、海外業者のご利用を推奨いたします。
海外業者には ゼロカットシステム が採用されているためです。

FXを含め、CFD(差金決済取引)の際には レバレッジ をかけることが多いです。 サポートラインとレジスタンスライン
レバレッジとは「入金額以上の金額規模でトレードを行うことができる仕組み」を指します。

レバレッジは諸刃の剣なので、100万円で1,000万円分の取引ができる反面、
100万円の資産でトレードしたにもかかわらず、1億円の負債を抱えるリスク もあります。

厳しい話をすると、 初心者であろうと投下資金以上の借金を抱える可能性 があります。

それを回避するのが海外業者採用のゼロカットシステムで、
「 投下資金以上の損失は計上しない仕組み 」となっております。

ゼロカットシステムによって、
最大損失は自分が入金した金額に限定しつつ、
勝ち分は無限に膨らませることができます。

それでも、「 海外 」という単語にアレルギーがある方もいらっしゃると思います。

「よく分からない不安がある中で、海外業者も複数あるがどうすれば・・・」
という方には、 まずはXMという業者をおすすめいたします。

中には危険な海外業者も

逆に不安が全く無いというのは危険なので、
海外業者で起こり得る以下の事例 も紹介しておきます。

上記は私も相談を受けたことがありますが、
「よく分からないけどすごく条件が良かった」という理由のみで
口座開設をしてそうなったという内容がほとんどです。

ただでさえ金銭が動くトレードで、このような無駄な不安は取り除きたいと思います。
その観点では、「 海外業者に迷ったら最初はXM一択 」ぐらいで捉えておいても良いです。

私は ボーナスが充実している海外業者のGEMFOREX も活用していますが、
こちらは少し海外業者のトレードに慣れてからのほうがうまく活用できる印象です。

サポートライン・レジスタンスラインとは

サポートライン3


↑ ↑ ↑
また、特にローソク足が何度も同じような価格に近づいては離れる事を
繰り返しているところは、大きなサポートライン、レジスタンスライン
があると把握しましょう。

空白 bar

FX攻略コンテンツ


FXブログ・コンテンツ

グランビルの法則
ダウ理論
エリオット波動
フィボナッチ係数 サポートラインとレジスタンスライン
マルチタイムフレーム分析
移動平均線分析
ボリンジャーバンド分析
サポートラインとレジスタンスライン MACD分析
サポートライン
レジスタンスライン
ネックライン
切り上げ・切り下げライン
移動平均線とMTFの時間軸
FX相場の用語集
FX注文形式と使い方
FXブログ・カテゴリーリスト

FX攻略ブログチャート

上昇起点チャート(4H)
上昇押し目チャート(4H)
下降起点チャート(4H)
下降戻り売りチャート(4H)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる