成功事例

ストップ注文でトレンドを掴む

ストップ注文でトレンドを掴む
炭鉱のカナリアこと「HYG(ジャンク債)」です。 債券はお金を貸して見返りとして利子を受け取り期間満了時には元金が戻ってくる行為を証券化したものです。 ジャンク債は下手をしたら資金が戻ってこなくなる恐れがあるため、危機時には株価に先行して下落するためチェックしておく必要があります。 pic.ストップ注文でトレンドを掴む twitter.com/xuyH5xWZt6 — cohamizu (@cohamizu1) June 11, 2022

FXの板とは?板情報の見方とトレードで活用するポイントを解説

例えば、下の画像のような板情報があったとします。

数が多いブロックの場所こそ反転位置と予想ができ、反転位置から流れは切り替わるケースが多いです。

全体を比較して相場感を読み取る

板情報では買いと売りの反転箇所を確認できるだけではなく、これから上がるか下がるかおおまかに予想することができます。

例えば、下の画像のような板情報があったとします。

特に初心者の人で、相場観がなかなかつかめない人は、数の多さを比べるようにするようにしましょう。

FXトレードで板情報が実際に見られるわけではない

FXトレードの場合では株と形式が異なってくるため、板情報が確認できないのが一般的になります。

為替のFX板情報が確認できるFX会社

LIGHT FX

LIGHT FX

最小取引単位 スプレッド 米ドル/円 スワップ
1,000通貨~ 0.2錢(米ドル/円) 37 (買い)
-40(売り)
※2021/06/25時点
※10,000通貨単位

  • 新規口座開設50,000円キャッシュバック【2021年7月1日~2021年9月30日】

LIGHT FXではタイムリーに板情報が更新されるため、最新の情報を手に入れやすいことが特徴です。

外為どっとコム

外為どっとコム

最小取引単位 スプレッド 米ドル/円 スワップ
1,000通貨~ 0.2錢(米ドル/円) 4(買い)
-29 (売り)
※2021/06/25時点
※10,000通貨単位

  • 『外貨ネクストネオ』口座開設キャッシュバックキャンペーン
  • 人気No.1(※)の米ドル/円で上限なしキャッシュバックキャンペーン
  • 高金利通貨は外為どっとコムにお任せ 高金利通貨上限なしキャッシュバックキャンペーン
  • 提示時間帯拡大!スプレッド縮小キャンペーン

外為どっとコム内で取引しているトレーダーの売買の指値と逆指値の注文状況が確認できます。

FXの板の注意点

板情報のみでは売買タイミングはわからない

板だけでは買うべきか売るべきか判断がつかないこともあり、トレンドをおさえておくことが価格推移をする上で重要ポイントになります。

一部の情報しか確認できない

闇雲に取引することがNGのため、正確な情報や根拠を手に入れるために、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析2つの分析が有効な手段です。

FX会社を活用して板情報を読み取れるようにしよう

反転位置や、相場の流れを板情報からつかむことがFX取引で失敗しないためのポイントです。

狼狽売りとは?正しい損切りとの違いや暴落した時の見極め方を解説

FXの損益計算(利益計算)方法は簡単?トレード実例から計算のやり方を初心者でも分かりやすく解説

ドルコスト平均法とは?始め方・銘柄の選び方やメリット・デメリットをわかりやすく解説

RANKING

trayaout

  • 当サイト限定53,000円キャッシュバック
  • 収益率160%超
  • FX取引高世界一
    ※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月
  • 最大30万円キャッシュバック
  • 最短即日取引

外為オンライン

gaitame

  • ユーザーの9割が利益を出す圧倒的な実績
  • 15万円キャッシュバック

Category

【免責事項・取引リスク】『ユアFX』における情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、会社やツールの評価に関する正確性・信頼性等について100%保証するものではありません。 掲載されている情報はFX投資を検討している方などに向けた有益情報の提供を目的としており、FXへの勧誘を目的としたものではありません。 また、掲載しているFX会社などの評価・ランキングは、8つの項目をもとにした総合評価を算出した上で作成しています。 ただし、ランキング上位のFX会社などの安全性を100%保証するものではありません。 当サイトは投資家が自分の意志に基づいた最適な取引を実現できることをミッションに掲げており、記事情報に基づいて被った損害に対して、弊社や情報提供者・監修者は一切の責任を負いません。また、『ユアFX』の掲載情報を複製、販売、加工、再利用することを固く禁じます。

スイングトレードのコツが掴める銘柄選びと取引手法

スイングトレードのコツが掴める銘柄選びと取引手法

スイングトレードとは、数日~数週間という短いスパンで取引を繰り返す投資スタイルです。
「 利益を得られるまでの期間が短く、少額な資金でも効率的に回せる 」という短期投資ならではのメリットはもちろんのこと、日をまたいで株式を保有することで「 決算発表や取引時間外の材料による値上がりも儲けのチャンスにできる 」という中長期投資のメリットまで併せ持つ、まさに「いいとこ取り」な投資スタイルと言えるでしょう。

ウェルスナビ

スイングトレードとは

スイングトレードとは

スイングトレードとは、数日~数週間という短いスパンで取引を繰り返す投資スタイルです。保有日数に明確な定義がないことが特徴で、その理由は、 トレンドが続く間保有するという投資手法 ストップ注文でトレンドを掴む だからです。

スイングトレードとデイトレードの違い

デイトレードは、一日に複数回取引を行い、その日の内に取引を完結させることで株を持ち越しません。取引時間中、板に張り付いてトレードを繰り返さなければいけないことから、日中時間のないサラリーマンの方には厳しい投資スタイルです。

頻繁に売買を行うことで少額な資金でも効率よく回転させることができるので、多くの株初心者が株式投資を始めようと思うキッカケになっています。しかし、細かな株価の動きを儲けのポイントとすることで 利益を得る機会が多い反面、損失の機会も多い ことから、安定して利益を得るには難易度の高い投資スタイルと言えます。

つまり、スイングトレードは、「デイトレード」と「中長期投資」両方のメリットを実現させた投資スタイルと言えるでしょう。

【メリット】スイングトレードはサラリーマンでも始めやすい

1日1回仕事終わりに銘柄チェック

また、基本的にその日の終値を元に銘柄を選ぶため、 取引時間外に余裕を持って株価や材料をチェック することができます。仕事終わりなどの時間のあるタイミングで情報収集ができるので、無理せずじっくり投資活動を続けることができます。

少ない資金でも利益を積み重ねられる

スイングトレードは、数日間というスパンで売買を繰り返すことから、少額な資金でも効率的に回転させることができます、そのため、一回一回の利益が小さくても売買の回数でカバーし、利益を積み重ねることができます。

トレンドを最大限に活用できる

売却益を得るにあたって、購入額と売却額の差、つまり差額を大きくするには、トレンドの活用が必要不可欠です。デイトレ・スイング・中長期投資など、実践する投資スタイルによって適したトレンドの大きさは様々です。

また、冒頭でもご説明したように、スイングトレードは「トレンドが続く限り保有する投資スタイル」なので、明確な保有期間が決まっておらず、トレンドの発生から終了まで最大限活用することができます。このように、トレンドを最大限に活用できる・活用しやすいという面でも、スイングトレードは非常に魅力的な投資スタイルと言えるでしょう。

決算発表の恩恵が受けられる

スイングトレードは、デイトレに近い短期投資でありながら、中長期投資のような業績による値上がりも期待できます。

基本的に、決算発表をはじめとする企業からの材料報告は、取引時間の終了した15時以降に発表されます。つまり、その材料が株価に反映されるのは翌営業日の寄り付きとなるので、自分の保有している銘柄についての好材料が発表された場合は、それに伴う値上がりが期待できます。

しかし、 このメリットは裏を返せばデメリットにもなるので注意が必要 です。次は、スイングトレードのデメリットを2つご紹介します。

【デメリット】スイングトレードは予想外の損失も?

保有株の持ち越しリスクがある

つまり、値上がりが期待できる代わりに、下落するリスクも持ち合わせているということです。しかし、このリスクはスイングトレード特有のものではなく、投資をする上では当然のように付きまとうリスクなので、スイングのデメリットというよりは投資全般におけるリスクと言えるでしょう。

損切りが曖昧になりやすい

これが原因で、含み損が許容範囲を超えても損切りができなくなる可能性が高くなります。デイトレであれば、一日で完結する投資スタイルであることから強制的に売却になる一方、スイングでは、「 次のトレンドまで待とう」「まだ戻るかもしれない」という気持ちが芽生えやすくなります 。

投資で大損を経験した人のほとんどが
損切りを怠ったことによる損失の拡大が原因
と言われています。

【スイングトレードのコツ】銘柄の選び方と注文方法

スイングトレードにオススメの銘柄選び

時価総額と流動性

スイングトレードに限った話ではなく、投資先の銘柄を選ぶ時にベースとなるのが、「安定した動きでいつでも取引できる銘柄」です。この条件を満たす銘柄が、時価総額の高い銘柄です。

そして、流動性とは「どれくらいの頻度で売買されているか」のことで、流動性が高い=頻繁に取引されている銘柄ということになります。
流動性が高ければいつでも売買することができますが、流動性が低い場合は売りたい時に売ることができず、せっかくの売り時を逃してしまう ことがあります。

信用倍率とは、信用取引における「信用買い」と「信用売り(空売り)」のバランスを表した指標で、貸借倍率や取組倍率とも呼ばれます。

信用倍率は、「信用買い残高÷信用売り残高」で求められ、
数値が高い=信用買い残高が多い=将来的に売りが多くなる可能性が高い
数値が低い=信用売り残高が多い=将来的に買いが多くなる可能性が高い
と考えられます。

銘柄を選ぶ際に、 信用倍率の高い銘柄を除外することで、「将来的に買われる(株価が上がる)」銘柄を選ぶことができます 。目安としては、2.5倍以下の銘柄を選ぶと良いでしょう。もちろん、この流れは絶対ではなく、あくまで可能性が高いということを忘れてはいけません。

移動平均乖離率

移動平均乖離率とは、現在の株価が移動平均線からどれくらい離れているかを表すテクニカル指標です。
現在の株価が移動平均線より上である場合はプラス、現在の株価が移動平均線より下である場合マイナスで表され、トレンド中の「押し目買い・戻り売り」の目安として使われます。

移動平均線とは、過去の終値から平均値を出して線で結んだ指標です。例えば、25日移動平均線であれば、当日から過去25日間の終値を合計し、25で割った平均値を線で結んでいます。スイングトレードの場合、この25日移動平均線を元に算出された「25日移動平均乖離率」が多く使われます。

RSI(相対指数)

RSI(相対力指数)とは、上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いかを表すテクニカル指標です。50%を軸に0~100%の範囲で変動し、上昇局面だと50%以上、下降局面だと50%以下で推移します。

スイングトレードに便利な注文のコツ

指値注文と逆指値注文

成行注文とは、早く売買したい時に使う注文方法で、値段を問わずその時に約定できる値段で売買します。
指値注文とは、値段を重視する注文方法で、自分の指定した値段以上で売却・以下で購入する代わりに、株価がその値段にならなければ約定しません。

そして、スイングトレードの強みを最大限に活かせる注文方法が「逆指値注文」です。

逆指値注文とはその名の通り、指値注文を逆に行う方法で、
自分の指定した値段以上で購入→上昇トレンドに乗るために◯円を超えたら購入
自分の指定した値段以下で売却→自動で損切りするために◯円以下で売却
といった使い方ができます。

PTS取引(夜間取引)

PTS取引とは、「私設取引システム」のことで、証券取引所を経由せずに株式を売買できる証券会社独自の取引システムです。取引所を介さないことから、通常取引の時間外でもリアルタイムで株取引が行えるので、早朝・夜間でも取引ができるというメリットがあります。

しかし、デメリットも多いのが難点です。
まず、そもそも利用している人が少ないことから流動性が低くなってしまいます。また、自分の指定した値段で約定される指値注文しか利用できません。そして、この2つのデメリットが要因となり、株価変動が激しいというデメリットが発生します。

流動性が低い上に各投資家が値段を指定するため、株価の動きが安定せず、株初心者の方がPTS取引をメインにするのはあまり望ましくありません。しかし、取引時間外の材料に対応できることは大きなメリットとなるので、 スイングトレードの欠点をカバーする1つの手段 として頭の隅に置いておきたい取引方法です。
PTS取引については「夜間取引・PTS取引 とは」にて詳しくご説明しています。

株初心者でもできる!スイングトレードのテクニカル手法

移動平均線

まずは、移動平均乖離率でもご紹介した「移動平均線」です。多くのテクニカル指標のベースとなっている上に、単体でも売買タイミングの目安として使えるので、スイングトレードに関わらずテクニカル分析の初歩といえる指標です。

移動平均線による売買タイミングの読み取り方
買い: 短期の移動平均線 が 長期の移動平均線 を下から上に抜ける「ゴールデンクロス」
売り: 短期の移動平均線 が 長期の移動平均線 を上から下に抜ける「デッドクロス」

以下は、 5日移動平均線 (短期)と 25日移動平均線 (長期)によるゴールデンクロスとデッドクロスです。ゴールデンクロスの後に株価が上昇、デッドクロスの後に下落していることが見て取れます。

移動平均線画像

MACDとは、移動平均線をベースに作られた「MACD」と「シグナル」の2本線から構成されるテクニカル指標です。先程の移動平均線同様、売買タイミングを読み取ることができますが、指数平滑移動平均が使われているため、最近の株価をより重視した移動平均となっています。

MACDも「ゴールデンクロス」「デッドクロス」によって売買タイミングが表されます。
買い: MACD が シグナル を下から上に抜ける「ゴールデンクロス」
売り: ストップ注文でトレンドを掴む MACD が シグナル を上から下に抜ける「デッドクロス」

MACD画像

また、ヒストグラムは、MACDとシグナルがどれくらい離れているかを表します。
ヒストグラムが0以上であれば、MACDがシグナルより上に推移
ヒストグラムが0以下であれば、MACDがシグナルより下に推移

つまり、ヒストグラムが下から上に切り替わればゴールデンクロス、逆に上から下に切り替わればデッドクロスを意味することから、MACDやシグナルなどの線を表示しなくても、ヒストグラムだけで売買タイミングを読み取ることができます。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、移動平均線を中心に帯が表示され、「株価の大半がこの帯の中に収まる」という統計学を応用したテクニカル指標です。

買い・売りの均衡により株価が一定の範囲内で動いている状態を「スクイーズ」、一方の勢いに偏り株価が大きく動いている状態を「エクスパンション」と呼びます。
スクイーズ時は、株価の値動きか小さく帯の幅も狭いことから、 ボリンジャーバンドを使ったテクニカル分析は、主にエクスパンション時の方が成功しやすい と言われています。

ボリンジャーバンド画像

株価がそれぞれの範囲内に収まる確率は、
-1σ~+1σ の中に収まる確率 約68.3%
-2σ~+2σ の中に収まる確率 約95.4% ストップ注文でトレンドを掴む
-3σ~+3σ の中に収まる確率 約99.7%
と言われています。

基本的に、株価が-2σに触れたら買いシグナル、+2σに触れたら売りシグナルとして利用されます。また、MACDと併用した方法で、 MACDが前回よりも高い所でゴールデンクロスを作り、なおかつボリンジャーバンドの-2σから上へ反転したタイミングで買う という方法もあります。

ストキャスティクス

ストキャスティクスとは、株の「売られ過ぎ・買われ過ぎ」を判断するためのテクニカル指標です。一定期間における最高値から最安値までの範囲で、直近の終値がどの位置にあるかを表します。

ストキャスティクスは2種類あり、お互いを補う形でメリット・デメリットが存在します。
ファスト・ストキャスティクス: %K(短期線) と %D(中期線) で構成され、先行性があり素早い一方、サインと違う動きをするダマシが多い。
スロー・ストキャスティクス: %D(中期線) と %SD(長期線) で構成され、ダマシが少ない代わりに遅行性がある。

両方に共通して
20を下回ると売られすぎ→買いポイント
80を上回ると買われすぎ→売りポイントと判断することができます。

ストキャスティクス画像

ファスト・ストキャスティクスの売買サインは、
低水準エリアで %K(短期線) が %D(中期線) を下から上に抜けると買いサイン
高水準エリアで %K(短期線) が %D(中期線) を上から下に抜けると売りサイン
になります。

また、同じようにスロー・ストキャスティクスでも、
低水準エリアで %D(中期線) が %SD(長期線) を下から上に抜けると買いサイン
高水準エリアで %D(中期線) が %SD(長期線) を上から下に抜けると売りサイン
になります。

スイングトレードは、 短い期間で利益が得られ、資金を効率的に回転させられるという短期投資のメリットと、決算発表などの好材料やトレンドによる値上がりを掴めるという中長期投資のメリットを併せ持つ 「いいとこ取り」な投資スタイルです。

スイングトレード FX 株 手法 銘柄 ブログ 初心者

スイングトレード=数日~数週間の短期売買

FX 為替 株式 投資 経済 用語

スイングトレードとは?

数日~数週間の短期売買

FXとは? 意味 FXとは「Foreign Exchange」の略で、日本語の場合「外国為替証拠金取引」と言う意味になります。 FXは外貨を売買する外貨商品 FXは、外国為替相場の動向を予測して外貨を売買する外貨商品で.

スイングトレード チャート

1日でもスイングトレード

スイングトレード 語源

女性 女の子 ボウリング ボウラー

スイングトレードを使う投資家

ジェイコム男BNF氏

BNF氏 ジェイコム男とは? 日本の個人投資家 ジェイコム20億男「B・N・F(ビーエヌエフ)氏」(通称 こてっちゃん)は、1978年3月生まれの個人投資家で、主に日本株を取引しているトレーダーです。 「ジェイコム.

BNF ジェイコム男 資産 推移

FX スイングトレード

FX スイングトレード 手法

    し、スプレッドが狭いFX業者の口座を開設します。

ストリーミング注文とは? ストリーミング注文とは、FX 外国為替証拠金取引の売買における注文方法の1つです。 為替レートを押して注文 ストリーミング注文は、FX取引画面に表示されている刻々と変わる為替レートを見なが.

指値注文とは? 指値注文(さしねちゅうもん)とは、株やFX 外国為替証拠金取引などの取引で 指定した値段以下になれば買う。 指定した値段以上になれば売る。 と言う注文方法です。つまり 「買い又は売りの際に、.

FX スイングトレード コツ

  1. スイングトレードでは、短期間で売買を完結させるため、ファンダメンタルズ分析よりも、テクニカル分析(過去の株価や為替レートの値動きを分析して、買い時や売り時を探すこと)を重視します。
  2. スイングトレードで最も重要なのは、トレンドの転換点(節目)となる売買シグナルを上手く見付ける事です。節目を発見できれば、その後の為替レートのトレンドを掴む事ができ、多くの利幅を取る事が出来ます。
  3. トレンドの転換点を見つけるには、数多くの為替チャートを常に監視して、売買シグナルを見つけるスキルが求められるので、FX売買シグナル FXテクニカル分析ツールを使用すると便利です。
  4. スイングトレードを連続して行う場合、1クリックでドテン売買が出来るライオンFX ワンクリックドテン機能を使うと便利なほか、IFD注文(イフダン注文)や、マネースクウェア・ジャパン(m2J)のトラップリピートイフダン トラリピを使えば、自動的に行う事も出来ます。

ヒロセ通商 ライオンFX ワンクリックドテン機能 店頭FX ストップ注文でトレンドを掴む 相対FX取引のFX 外国為替証拠金取引業者のヒロセ通商 LION FX(ライオンFX)は、ワンクリックドテン機能という他社に無い便利な機能が有ります。 経済指標 重要指.

ストップ注文でトレンドを掴む

指値申し込みの手続き

対象通貨 ソニー銀行取扱い全12通貨の対円通貨ペア
ご利用時間 原則24時間365日。システムメンテナンス時を除く。
指定可能範囲 現在の為替レートから一定の範囲は指値のご指定ができません(例えば、米ドルなら±15銭)。指値ができない範囲については各通貨ごとに異なりますので、お申し込み画面にてご確認ください。
お申し込み可能数 1通貨につき2つまで。ただし、同一通貨にて指値と複合指値(OCO、IFD)を同時にお申し込みいただくことはできません。
有効期限 お申し込み日から最大30日まで1時間おきに指定可能。指定がない場合はお申し込み当日の午後11:59までとします。
最低申込単位・金額 日本円で10万円以上1円単位、または各外国通貨における当社所定の通貨単位以上でのお申し込みとなります。詳細はこちらよりご確認ください。お申し込み上限金額はありません。

お申し込み・お取り消し・ご確認の方法

指値到達の判定レート

取引レート

指値が到達したのち、判定に使用したレートから優遇プログラム Club S やキャンペーンでの為替コスト優遇幅を反映した「指値お取り引きレート」で取り引きが成立します。

例:優遇プログラム Club S シルバー(為替コスト優遇幅5銭)のかたの米ドル取り引きの場合

ストップ注文でトレンドを掴む

購入時 指値 - 為替コスト優遇幅 ストップ注文でトレンドを掴む = 指値お取り引きレート
申し込んだ指値が1ドル101.50円だとすると101.50円 - 5銭 = 101.45円 で購入。
売却時 指値 + 為替コスト優遇幅 = 指値お取り引きレート
申し込んだ指値が1ドル101.50円だとすると101.50円 + 5銭 = 101.55円 で売却。

取引成立日

取引停止時間中の取り扱い

指値の応用「複合指値」

上がったら利益確定、下がったら損切りを同時発注 「OCO」

片方の注文が成立したら、もう一方は自動キャンセル!

親注文が取り引き成立したら、子注文を自動発注 「IFD(If Done)」

親注文が成立したら、子注文を自動発注!

IFDお申し込み時のご注意 有効期間と取引の成立 有効期間中にご購入のお取り引きが成立したものの、ご売却の指値に到達しない場合は、成立したご購入のお取り引きのみが有効となり、ご売却のお申し込みは失効します。 取引停止時間のお取り扱い IFDお申し込み後、取引通貨の取引停止時間終了後に指値お取り引き1および2が同時に到達する場合、指値お取り引き1、2ともに取引停止時間終了後最初に提示する当社の為替レートにて成立します。 売却指値の指定範囲 IFDの売却指値の指定範囲は、
ご購入指値 - (ご購入時基準為替コスト + ご売却時基準為替コスト)
の値となりますのでご注意ください。

【なぜ暴落?】PayPay ポイント運用の7月以降の予想と見通し

PayPayボーナス運用の攻略方法とメリット・デメリット

PayPayポイント運用

PayPayポイント運用は利用者が600万人を突破した大人気のポイント運用サービスです。

アメリカの代表的な株価指数「S&P500(エスアンドピーファイブハンドレッド)」・世界最大の新興企業株価指数である「NASDAQ100」に連動するETF(上場投資信託)に擬似投資され、その値動きが反映しポイントの出し入れは365日24時間出来ます。

ですのでPayPayポイント運用のスタンダードコース・チャレンジコースの見通しはS&P500の今後の予想・見通し判断と同一、テクノロジーコースはNASDAQ100の判断と同一になります。

PayPayポイント運用の現在から7月の判断は「 売り(引き出し) 」とします。

PayPayボーナス運用をチャートで攻略!【3つのコツも解説】

この記事では、今後のPayPayポイント運用の見通しを株式投資には欠かせない金利で長期分析し、GMOクリック証券CFDチャートで週単位で分析してPayPayポイント運用のみならず株価指数への投資に役立てることを目的としています。

PayPayポイント運用の元手となるPayPayポイントを貯めるなら、PayPayカードの発行・PayPayモールYahoo!ショッピングの利用でもハピタスを経由することでポイントが貯まり、ポイントはTポイント(最大5%増量)に交換後、PayPayポイントにリアルタイムで交換できます。

またハピタス経由でGMOクリック証券もFXネオ案件から口座開設することで5,000円相当のポイントを稼ぐことができます。

ハピタス2022年7月紹介バナー

①広告の数が非常に多く、高いポイント還元が魅力のポイントサイトです。
②ネットショッピングも高還元率で「お買い物あんしん保証制度」も完備。
③広告を利用して会員ランクをアップさせるとポイント交換時に最大+5%増量して交換できます。

【なぜ暴落?】2022年7月PayPayポイント運用の予想と見通し

7月のS&P500NASDAQ100への投資判断は、冒頭に記述したとおり「 売り(引き出し) 」です。

おはようございます。#PayPayポイント運用 6/9のサマリーです。

S&P500は注目された遅行スパンの実線上抜けに失敗したようです。

RSI上昇トレンドラインも下にブレイクしたりと本当に弱いです(リーマンショック以来)。

ですので引き出してCFDではブレイクと同時に空売りを再開としています。 https://t.co/4HdyOiAz6p ストップ注文でトレンドを掴む pic.twitter.com/ob9MuHbXJW

— cohamizu (@cohamizu1) June 9, 2022

S&P500NASDAQ100が下落している理由は、直近5月では前年同月比+8.6%もの高進するインフレが原因です。

これまでS&P500NASDAQ100が10年以上もの長きにわたって上昇してきたのは、FEDが量的緩和をしてきたからです。

なぜ暴落?現在と酷似する1973~1974年はS&P500は暴落し半値にまで叩き売られた

アメリカの消費者物価指数が8%を超えて高進していますが、同水準のインフレが進行し始めた1973年は現在と非常に酷似しています。
FEDがインフレを抑えるため金融引締を行った結果、株価指数は低迷し1974年9月には約半値まで下落します。
1973年1月の高値を更新したのは7年後の1980年8月のことでした。 pic.twitter.com/HwDHc0aju4

— cohamizu (@cohamizu1) May 21, 2022

SBI証券販売ランキング

PayPayポイント運用などのポイント運用では基本「買う」のか「売る」しか選択肢はありませんが、CFD取引ではこういった下落局面では、ショート(空売り)のポジションメイクをすることで下落を逆に収益機会にすることもできます。

CFD取引は、上昇だけでなく下落も収益機会に変えることができますし、FXと同じく買いは何処でするのか?損切りはどこか?利益確定はどこか?という戦略に沿ってIFDON・IFOCOなど多彩な注文を出すことができます。

PayPayポイント運用で株価指数の運用に慣れてきたら、このようにリアルタイムで値動きが確認できて便利なCFD取引に移行していった良いでしょう。

PayPayポイント運用の予想と見通し(S&P500のアノマリー)

アノマリーとは、「具体的な根拠がないものの、予測が当たりやすい経験則」のことであり、S&P500NASDAQ100の過去10年間の月度別騰落率のデーターを取るとある程度判明していきます。

S&P500月度別平均騰落率比較

1973年~1982年のスタグフレーション時代のデータを抽出した月度別平均リターンで7月度のS&P500-0.29 とマイナスの運用成績となっています。

そこで判断は「 売り(引き出し) ストップ注文でトレンドを掴む 」を維持し、10月以降では反発を想定して「 買い(追加) 」を実施するという基本戦略が良いのではないかと思います。

PayPayポイント運用の短期の予想と見通し(ジャンク債)

炭鉱のカナリアこと「HYG(ジャンク債)」です。

債券はお金を貸して見返りとして利子を受け取り期間満了時には元金が戻ってくる行為を証券化したものです。

ジャンク債は下手をしたら資金が戻ってこなくなる恐れがあるため、危機時には株価に先行して下落するためチェックしておく必要があります。 ストップ注文でトレンドを掴む pic.twitter.com/xuyH5xWZt6

— cohamizu (ストップ注文でトレンドを掴む @cohamizu1) June 11, 2022

PayPayポイント運用の長期の予想と見通し(イールドカーブ)

長短金利差は4月初旬にマイナスを示現(逆イールド)

政策金利の見通しを示す2年国債利回りと経済見通しを示す10年国債利回りとの差である長短金利差も更新しました。

ダメ押しの二度目の逆イールドが発生しています。

この逆イールドが発生すると100%の確率で景気後退が発生します。

ストップ注文でトレンドを掴む

また景気後退の前には大規模な株価の暴落が必ずあります。 pic.twitter.com/1XJqtlXnXE

— cohamizu (@cohamizu1) June 17, 2022

イールドカーブはフラット化

3Dイールドカーブ更新しました。

今度はイールドカーブが完全にフラットになり、全体の利回りがピークを打って低下し始めました。

つまり景気後退を折り込み始めています。

景気後退の前には大規模な株価下落がありますが、VIXを見る限り序の口であることは明らかです。https://t.co/LxRfXw775I pic.twitter.com/ZmZAImTvgj

— cohamizu (@cohamizu1) July 2, 2022

高インフレ・低成長だった1970年台の主役はS&P500ではなく金などの貴金属

物価高・低成長だった1973~1980年のCPI・S&P500・金価格・銀価格です。

1973年は2022年と酷似しています。

ストップ注文でトレンドを掴む

この期間の金価格の上昇は最高で約10倍・銀は25倍にまで高騰しています。

S&P500はこの間のリターンは15%止まりです。

これからの時代の投資の主役は金・銀になるでしょう。 pic.twitter.com/WsjwhHQQ4x

— cohamizu (@cohamizu1) May 28, 2022

【dポイント投資攻略】日興フロッギー+docomoで銀(Silver)投資する3つのコツと最新実績

PayPayポイント運用の予想と見通し(テクニカル分析)

現在のS&P500は、常に重視している3つのテクニカル要素で2つに売りサインが点灯しているため、「 売り(引き出し) 」の判定を下しています。

  1. 遅行スパン(紫線)・・・【6/28】遅行スパンが実線上抜け失敗「売り(引き出し)」
  2. 62EMA(黄線)・・・【4/21】62EMAの上抜け失敗「売り(引き出し)」
  3. 水平線(白線)・・・【?】6/17の安値ブレイクで「売り(引き出し)」

GMOクリック証券CFDチャートを活用したPayPayポイント運用攻略法

GMOクリック証券【CFD】のチャートでは、62EMA・200SMA・遅行スパンを表示し以下の3つのタイミングで追加すると良いと思います。

  1. 遅行スパンの実線上抜け・実線までの調整からの反発「買い(追加)」
  2. 62EMAの上抜け・上昇トレンドでは62EMAまでの調整からの反発「買い(追加)」
  3. 直近高値水準に引いた水平線の上抜け「買い(追加)」

S&P500水平線20220618

PayPayポイント運用の予想と見通し「遅行スパン」

S&P500日足遅行スパン20220630

PayPayポイント運用の予想と見通し「62EMA(指数平滑移動平均線)」

62EMAは62本(日)の指数平滑移動平均線でもともとはFXコーチのロブ・ブッカーが考案したもので、フィボナッチ黄金比率61.8を四捨五入したものです。

主にS&P500では、ローソク足>62EMA>200SMAという配置になっている場合は上昇トレンド判定であり、「押し目買い」で機能しやすい移動平均線です。

S&P500テクニカル20220503

もしくは一旦下抜けた場合、再度上昇し62EMAを奪回すれば「追加(買い)」という判定を行う場合もあります。

62EMAに接触してから逆張りして「追加(買い)」を行うのは、そのまま下抜けリスクがあるため厳禁だと思います。

PayPayポイント運用の予想と見通し「水平線」

スパイクロー

しかし逆もあり、5/20に示現したスパイクローから反発したS&P500は、遅行スパンの実線上抜けに失敗して下落速度が加速し、このスパイクローを下抜いてしまっています。

S&P500水平線20220618

PayPayポイント運用のメリット・デメリット

PayPayポイント運用は、ポイントのままS&P500NASDAQ100に連動するETFに擬似投資するポイント運用です。

ですのでPayPayポイント運用は、間接的な株式投資を非課税でできるというメリットがあります。

ポイントで投資できるサービスは2016年にクレディセゾンが始めてからドンドン増えています。 いままでポイントを使ってお買い物するしか使いみちがなかったものが、投資に使うという選択肢が増えています。 ポイントで投資なら大した額ではない[…]

ポイント運用するなら「PayPayボーナス運用」!その仕組とPayPayボーナスの集め方を解説!

年間50万円までの利益ならPayPayポイント運用のほうが有利

株式投資・投資信託への投資だと、上場株式等の譲渡所得(分離課税)により利益に対して20.315%の課税があるため、50万円までの利益ならポイントのまま運用するPayPayポイント運用のほうが有利です。

PayPayポイント運用のデメリット

それ以上の利益を求める場合は、同じようにほぼ24時間取引できるCFD取引がオススメです。

PayPayポイント運用はあくまで投資に慣れてもらうためにPayPayとPayPay証券が提供しているポイント運用サービスに過ぎず、金額面でも制限があり、何よりもし思惑と異なる方向に相場が動いてしまったときにそれ以上の損失を防ぐ「逆指値(ストップロス)」の存在がありません。

しかし下落相場なら売りから入れるCFD取引なら収益機会を逃すことがありません。

ですのでPayPayポイント運用で投資に慣れたら、CFD取引で「逆指値(ストップロス)」などの多彩な注文形態を使いながらPayPayポイント運用よりもはるかに多彩な投資対象(例えばNASDAQ100や日経平均・Apple・Amazonなどの個別株など)に投資するサービスに移行したほうが良いでしょう。

CFD取引会社 S&P500 NASDAQ100 ストップ注文でトレンドを掴む 日経225
GMOクリック証券 0.3 0.8 2.0
IG証券 0.6 2.ストップ注文でトレンドを掴む 0 7.0
サクソバンク証券 0.5 1.5 5.0
OANDA Japan CFD 0.4 1.7 6.0
DMM CFD 0.5 2.0 7.0
楽天証券CFD 0.5 2.2 10.0

GMOクリック証券【CFD】S&P500の取引を行うと最小1単位からだと54万円(54,000円ほどの証拠金から取引できます)ほどのサイズの取引ですが、スプレッド0.3pipsですので手数料としては33円相当(0.007%)ほどと非常に低コストです。

株価指数をCFD取引するなら「GMOクリック証券」が低コストでオススメ

S&P500をCFD取引する利点

CFD取引とは別名「差金決済取引」と呼ばれ、取引開始から取引終了までに発生した差額分を決済する取引です。

GMOクリック証券【CFD】なら株価指数をCFD取引で利用できます。

利点その1:CFD取引は為替ヘッジが効いた取引

CFD取引の利点として1つ目は、CFD取引は為替ヘッジを効かせた取引が可能であることです。

FXは為替の値動き自体から差益を獲得することを目指した取引であるのに対し、CFD取引は取引開始から取引終了までに発生した差額分から利益を獲得することを目指しているので、この差額分に対して為替レートが適用されます。

利点その2:リアルタイムで売買でき売りからも買いからも入れる

CFD取引の利点として2つ目は、23時間稼働しているため、FXのようにリアルタイムで「売り」からも「買い」からも入れることです。

CFD取引は23時間稼働しているため、日本の株式市場が閉まっている時間帯でも取引ができます。

そのため、好機も捉えやすく、危機も回避しやすいという点もCFD取引のメリットです。

株価の下落時には、現物株の損失をヘッジするため、危機時には現物株を日本株で保有していた場合、日本の市場が閉まっており売買できないため危機を回避できない問題を、CFD取引でニューヨークタイムで日経平均を空売りすることでヘッジするということができるのです。

現物株へ投資している構成比が大きく、CFD取引の空売りポジションにさける資金が乏しくても、CFD取引はは10倍のレバレッジが掛けられるため、レバレッジを掛けて同額のヘッジを行うというというようなオペレーションができます。

そのためCFD取引を株式投資に組み入れることで「売り」も「買い」もできる機動的な運用が可能になると考えて良いと思います。

利点その3:注文方法が豊富

PayPayポイント運用の欠点は、このような予めこの価格になれば「買い」・「売り」というような注文ができないため、日本人が寝ているニューヨークタイムで仮に暴落した後ならば全く後の祭りになってしまう点ですが、CFD取引はこれを防止できます。

PayPayポイント運用S&P500の値動きに慣れてきてCFDにステップアップする場合は、現在だと45,000円~くらいの資金からS&P500CFD取引ができます。

【暴落注意】PayPay ポイント運用の7月以降の予想と見通しまとめ

2022年7月のPayPayポイント運用の予測は以下の要素から9月末まで「 売り(引き出し) 」とします。

  • 現在と同じ高インフレが進行し景気後退に陥った1970年代の1973~1974年でS&P500は半値近くまで叩き売られています。
  • インフレ抑制のためアメリカの中央銀行(FED)が性急な量的引き締め・利上げを行っているため現状は株式投資には逆風です。
  • テクニカル分析でも遅行スパンの実線上抜けに失敗したため「 売り(引き出し) 」判定とします。

以上から7月のPayPayポイント運用は、「 売り(引き出し) 」で判断しています。

PayPayポイント運用は今回のような急落時に安全弁とも言える「逆指値(ストップロス)」などの本来あるべき注文形態がないサービスですので、慣れていけばS&P500をリアルタイムでほぼ24時間自由自在に取引できるCFD取引で運用したほうが良いと思います。

今回の記事でもチャートを活用しているGMOクリック証券CFDは、PayPayポイント運用で擬似投資されている株価指数のチャートなどをリアルタイムで確認でき、S&P500や日経平均などの株価指数を最も低コストでリアルタイムで取引できます。

GMOクリック証券CFD300250

①FXと同じ仕組みで世界中の株価指数・商品・株式・ETFに投資できます。
②S&P500のスプレッドは0.3pips、NASDAQ100は0.8pipsと最も低コストです。
③米国株も厳選された30銘柄に低コストで投資できます。
④PC用取引ツール・スマホアプリも直感的でダントツで使いやすいです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる