FX口座開設

低スプレッド

低スプレッド

クルーグマン教授 低インフレと持続的需要の弱さに再び戻る

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

MT4対応会社の主要通貨スプレッドを比較!計測してわかった、本当にスプレッドが狭い業者をプロトレーダーが解説 ~ FX

MT4対応会社の主要通貨スプレッドを比較!計測してわかった、本当にスプレッドが狭い業者をプロトレーダーが解説

MT4対応会社の主要通貨スプレッドを比較!計測してわかった、本当にスプレッドが狭い業者はコレだ!

スプレッドが広ければ広いほど、取引コストとしてトレーダーの重荷になりますす。 もし業者間でスプレッドが0.5pips差があり、1日に5回ほど10万通貨で取引をしたら、「10万通貨×5回×20日×12カ月×0.5pips=600pips(60万円)」と、60万円もの利益が削られてしまうことを意味します 。つまりFXで利益を上げるためにはなるべくスプレッドが狭い業者を選ぶのが鉄則です

結論としては、 現在最も狭いスプレッドを提供しているのはFXTF です。2019年9月末に突如「日本 No.1 最狭スプレッド挑戦計画」を発表し、毎月他社と比較したスプレッドの見直しや、月中でも、ホテルのベストレート保証のように他社の方が狭いスプレッドを提供していることが確認できた場合、随時スプレッドの縮小に対応します。

MT4が使える国内会社の中ではスプレッドが最狭

  • ドル円スプレッドは0.1銭(8時~翌5時)
  • その他EURUSD、EURJPY、GBPJPY、GBPUSD、AUDJPY、NZDJPYいずれも他社より低スプレッド
  • 40種類以上のオリジナルインジケーターが無料で使える
手数料 通貨ペア数 最小取引単位
無料 30 1000
スプレッド
ドル円 ユーロ円 ポンド円
0.1銭 0.3銭 0.6銭

スプレッド比較ならFXTFが最強(最狭)! ドル円0.1銭をはじめ、主要通貨ペアでいずれも狭いスプレッドを安定して配信中 。もちろんMT4対応なので、MT4取引に慣れた人に最適。40種類以上のインジケーターが無料で使えるのも嬉しい。

キャンペーン情報

暮らしの達人経由での新規口座開設+10営業日以内に対象通貨ペアのいずれかで 1取引するだけで現金3,000円プレゼント!
さらに400万通貨以上の取引で最大20万円キャッシュバック!

低スプレッドで選ぶなら(外国為替証拠金取引FX比較と基礎知識)

と考えていた方は迷わず、手数料無料かつドル円のスプレッド0銭~である上記3社のどれかに口座を持ちましょう!!

と、いうのもこのDMM.com証券はドル円の最小スプレッドが0銭なのはもちろんなのですが、なんと上限スプレッドが設定されており上限スプレッドが0.8銭(12月31日までは0.5銭!)となっているのです!!

なんと不満を持ったことがある方であれば、このDMM.com証券上限スプレドッド0.8銭(12月31日までは0.5銭)のスゴサがわかるのではないでしょうか?

オススメの理由はFX ZEROも、 ドル円だけでなく、ユーロ円、ポンド円、ポンドドルの4通貨ペアがスプレッド0銭~となっているため です!

LION FXは、信託保全を完備しており、6社のなかで唯一、1000通貨単位での取引が可能となっているため、FX初心者の方や少額資金でFXを行い方にオススメです!

アプローズFXドル円のスプレッドが0.6銭と0銭と比較すると0.6銭だけ大きいのですが、スプレッドが固定制となっていることとユーロ円のスプレッドが1.2銭と業界最狭なのが特徴です。

また、クリック証券(FX)はドル円のスプレッドは0.8銭とアプローズFXよりスプレッドは広いのですが、豪ドル/円2.0銭、スイスフラン/円3.0銭、南アフリカランド/円4.0銭と3通貨は固定スプレッド制の中で最狭となっています。

アプローズFXドル円のスプレッドが固定0.6銭は、変動性のスプレッドを採用しているスプレッド0銭~のサービスを提供しているFX会社よりもスプレッドが狭くなる時間が多く存在するため、常にもっともお得なスプレッドで取引をしたい!と考えている方には、是非、併用してほしいFX業者です。

上記に紹介したスプレッドがドル円0銭~のFX会社を試してみて、いまいち使いづらいという印象を受けた方には、パンタ・レイ証券みんなのFXと同じくドル円のスプレッドが1銭で固定されている外為オンラインや、 ドル円のスプレッドが2銭で固定されており独自のチャートシステムである VTトレーダーが圧倒的支持を得ているCMSFXも試してみる価値がある会社としてオススメです。

2010年5月の現在、もっとも高いスワップポイントを維持しているのは、フォーランドオンラインです。「フォーランドオンライン」などの「スワップ派におすすめのFX業者について」はコチラの記事で解説しています!

CMS FXFX中級者におすすめ! 分析に用いることのできるテクニカルはなんと100種類以上の「 VTトレーダー 」は1度、使ってみる価値あり!(CMS体験談はコチラ)

◆ サーバに絶対的な強さ を誇る「マネーパートナーズ」が 100通貨単位で取引できる という新サービスパートナーズFXnanoを始めました!「最低証拠金100円」から取引ができる、これからFXを始める方全てに初めての口座としてオススメしたい「パートナーズFXnano」についての記事はコチラから!

FX会社人気口コミランキング

クリック証券 ・・・・ 固定スプレッドでドル円スプレッド0.8銭、ユーロ円1.8銭~、ポンド円2.8銭~ と他を圧倒する低スプレッドで業界を席巻!!もちろん「信託保全も完備」しており、人気1位も納得のスペックを誇っています

フォーランドオンライン・・・・ユーロ/ドル≪1p≫+ドル/円2銭、配信率93.4%!最速1click発注×"瞬間約定"注文。 低スプレッド 口座開設の申込はわずか15分、全サービ スが最短翌日から完全無料で利用でき ます。(フォーランド体験談はコチラ)

CMS FX・・FX中級者におすすめ! 分析に用いることのできるテクニカルはなんと100種類以上の「 VTトレーダー 」は1度、使ってみる価値あり!(CMS FX体験談はコチラ)

みんなのFX ・・・・ 手数料無料&ドル円スプレッド固定0.7銭&信託保全完備 という圧倒的なコストパフォーマンスで人気!現在、「キャッシュバックキャンペーン」を行っており、最大15,000円のキャッシュバックを行っています!(みんなのFXの体験談はこちら)

スター為替・・・・くりっく365の中でNo.1の人気!独自システムを導入し使い勝手は抜群。クイック入金やトレール注文、無期限注文にも対応。土日のログインや翌週の発注も可能。9月30日までに当サイトのリンクからスター為替に申し込むと口座開設+初回取引で1万円のギフト券がもれえるキャンペーン取引額に応じて最大13万円のキャッシュバッククーポン券が貰えるキャンペーンも行っていますので、有効にご利用ください!

低スプレッド

トレード画面のスプレッド表事例

上は GMOクリック証券 の注文画面で、画面上部の青枠が「BID(売値)」、赤枠が「ASK(買値)」です。

その間にある「 SP 0.2 」が現在のスプレッドです。

低スプレッド GMOクリック証券 は、スプレッドが一目でわかる仕様ですが、一部の会社ではスプレッドを表示せず、売値と買値を自力で計算させる仕様もあります。

スプレッドの計算方法

次にスプレッドのコスト計算方法です。

【1万通貨を手数料0.2銭でトレードした時のコスト】

10,000通貨 × 0.低スプレッド 002円(スプレッド) = 20円

スプレッドが引かれるタイミング

スプレッドってどのタイミングで引かれるの?

実際にコストとして金額が引かれるタイミングは 決済注文のタイミング です。

スプレッドの違いでどれだけ年間コストが違うのか?

手数料でどれだけ損する?

スプレッドの違いで、年間コストはどれくらい変わるの?

質問の具体的な答えを出すために、米ドル/円を1万通貨スプレッド0.2銭1銭年間50回トレードした時のコストを比較してみましょう。

【1万通貨をスプレッド0.2銭で50回トレードした時の総コスト】

0.2銭(スプレッド) × 10,000通貨 × 50回 = 1,000円

【1万通貨をスプレッド1銭で50回トレードした時の総コスト】

1銭(スプレッド)× 10,000通貨 × 50回 = 5,000円

この後でも触れますが、特に短期トレード中心のトレードを考えている人は、スプレッドが狭い(安い)会社を選びましょう。

短期トレードはスプレッドに要注意!

デイトレードとスキャルピングは低スプレッド

短期トレーダーは必ず最狭水準スプレッドのFX会社を選びましょう。

スプレッドは取引回数が多くなるほどコストが高くなるため、取引回数勝負の短期トレーダーはできるだけ安い会社を選ばないと損をします。

短期トレーダーは、1日以内に取引を終えるデイトレードや、数秒や数分で終えるスキャルピングをメインとしているトレーダーです。

逆に日をまたぐスイングトレードや数ヶ月単位の長期トレードがメインの長期トレーダーは、取引回数が少ないためスプレッドの影響は小さいです。

コストの違いがイメージできるように、スプレッド1銭年間5回の長期トレーダーと年間100回の短期トレーダーを比較してみましょう。

【1万通貨を手数料0.2銭で5回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料) × 10,000通貨 × 5回 = 500円

【1万通貨を手数料0.2銭で100回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料)× 10,000通貨 × 100回 = 10,000円

短期はスプレッドを重視し、長期の場合は手数料よりも金融経済ニュースの豊富さ取扱通貨ペア数など別の要素で会社を選びましょう。

スプレッドで会社を選ぶ時のポイント

手数料で会社を選ぶポイント

ポイントは、スプレッドが業界最狭水準であるか原則固定方式であるかの2点だけです。

米ドル/円 = 0.2銭以下を目安にしよう

米ドル/円のスプレッドを 0.2銭以下 に設定している会社を目安にしましょう。

なぜなら、0.2銭は国内最狭水準で十分狭いスプレッドです。

米ドル/円を0.2銭に設定している会社は、相対して他の通貨ペアも安く設定している傾向があります。

原則固定制を採用しているFX会社を選ぼう

原則固定を採用しているFX会社 を選びましょう。

理由はスプレッドが安定しているからです。

スプレッドの値を決める方式は、会社ごとに異なり国内では原則固定制変動制の2種類あります。

原則固定制は、FX会社が設定しているスプレッドが原則固定される方式で、スプレッドが安定しており初心者向けです。

変動制は、為替レートの値動きに合わせてスプレッドが変動する方式で、常にスプレッドが変動しているため、取引タイミングを計るのが難しく上級者向けです。

ただし原則固定制は「原則」とあるように、常時固定ではなくスプレッドが変動する時間帯があります。

変動する時間帯は、取引が停滞する早朝指標発表などのイベント発生時が多く、これらの時間帯は通常よりスプレッドが広がりやすい傾向があります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる